FC2ブログ

偏愛的独白

宝塚歌劇星組公演『黒豹(くろひょう)の如(ごと)く』『Dear DIAMOND!!』-101カラットの永遠の輝き-3回目

最後の観劇は、2階席でした。
といっても、S席だったので、柚希礼音さんとハイタッチはできず。
ただ、1階からは見えなかった衣装がわかりました。
柚希さんが、楽しそうに皆さんとハイタッチする姿を見て、素敵だなと思いました。
そもそも、退団公演を3回も観られたことが奇跡だなあと思います。

「黒豹」は、3回目となると、やや退屈になってきましたが(^^;、ストーリーを楽しむというより、個々の皆さんを楽しむ感じで、観ていました。

天寿さん、壱城さん、礼さんが歌って踊るシーンがやはり好きです。
ちょうどカフェブレイクという番組で、壱城さんの回を観た後だったので、壱城さんの柚希さんやねねさんへの想いが伝わってきて、じーんとしました。
人気沸騰で、チケット難のため縁遠くなってしまった星組ですが、華やかでまとまりのある組になっていたんですね。

セバスチャン役の 十輝いりすさんも、カフェブレイクで拝見しました。
素の姿もイケメンなんですね~。
軍服がとってもお似合いで、かっこいいです。

出番は少ないですが、フロリンダ役の音波みのりさん、結構好きで、星組を見ていたころは、トップ娘役にならないかなあと期待してました。

次期トップは、アルヴィラ役を演じた妃海風さんですが、悪女の演技が上手でした。
ショーでは、ちょっと見つけることができず><

紅さんがねねさんに迫るシーン。
「俺は惚れている」「どんな手段を使っても手に入れて見せる」なんて言いながら、強引に迫る紅さん。
最初は何だかな~と思いましたが、宝塚の演出だと、変ないやらしさがないのと、紅さん自身が、草食系なので、そんなに嫌じゃなかったです。
タイミングよくというか、悪くというか、妃海風さんが邪魔しにきて、事なきを得ますしね。
紅さんは、悪役も似合うんですけど、「オーシャンズ11」のときのようなきらめきがなかったなあ。
次回作「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」のチケットがとれたので、そちらに期待してます。

ショーは、いろんな見せ場がありますが、冒頭のタンゴは、何度見てもいいですね。

これまで、苦しいことも一杯あったということで、倒れている柚希さんを元気づける皆さんのシーンも、うるっときます。
銀橋で、紅さんと真風さんが二人で歌うシーンも、最後なんだなあと思うと、しみじみしてしまいました。

黒燕尾は、果てしなくかっこよく、この並びを目に焼き付けました。

千秋楽の劇場中継は、さいたまスーパーアリーナでもやるそうですね。
さすが柚希さんですね。

余談ですが、柚希さんの前のトップである安蘭けいさんが退団されたときの番組を思い出しました。
次のトップが柚希さんだと発表されるシーンがあったような記憶があります。
あのときの柚希さんは、まだ初々しくて、頼りなさそうなトップでした。
その方が、こんなにも大きく素晴らしく成長するなんて、本当に宝塚というところは、すごいところだと思いました。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blackjubi.blog53.fc2.com/tb.php/984-8a42ca20