FC2ブログ

偏愛的独白

宝塚歌劇雪組公演『ルパン三世 ―王妃の首飾りを追え!―』『ファンシー・ガイ!』4回目

4回目の観劇は、1階23列上手ブロックでした。

この日は、客席に、お笑いの千原ジュニアさんがやはりお笑いの方といらしてました。
有名な方なのでしょうが、私、お笑い関係に非常に疎くて、わかりませんでした。

千原さんがいらしたせいかな~、アドリブもお笑いっぽいもので、「ラッスンゴレライ」ネタで始まりました。
一応、この部分だけは知っていたのですが、出だしを知りませんで、透真さんが、「ちょと待ってちょと待ってお兄さん」と言い出した時に、ピンと来ませんでした。
その後、わかったのですが、ネタ元がわからなくても、面白かったので、楽しめました。

それと、早霧さんが、望海さんに無茶ぶりするときに、「すべらないギャグお願い」とか言ってたかも。
それを受けた望海さんは、現代によみがえった時、実際にすべっていたような・・・。(うろ覚えですみません。)
こんな感じで、リレーのようなアドリブを楽しみました。

早霧ルパンの自己紹介は、ジュリアナネタだったか・・・それとも、ル~パンパンパーン(ピンポンパンポーンのメロディ)だったか・・・うろ覚え><

お芝居の細かい部分、例えば、主役以外がどんな動きをしているとか、まだまだ書き足らないのですが、ショーの感想も忘れないうちに書いておきます。

前にも書きましたが、ファンの間でも不評なショーなのですが、私にとっては楽しくて楽しくて仕方なかったです。
というか・・・一体どこがダメなのかわかりませんでした(^^;。
観れば観るほど楽しくて、目が一つしかないのが残念でした。
早霧さんを中心に観ると、どうしてもほかの方々に目がいかないじゃないですか><

ショーの作・演出は、三木章雄さんなのですが、私はほかの作品を観てないかもです。
曲も古臭いように言われてましたが、私的には、懐かしいようなそれでいて新鮮な感じで、どれもこれも好きでして、私のような素人には最適のショーでした。

冒頭ですが、幕にNew Starと書いてあって、早霧さんがこれまで演じてきた役の写真が飾ってあるんですよ。
これだけで、感無量ですね。
ロミジュリのマーキュシオ、JINの龍馬、ベルばらのオスカル、ニジンスキーなど。

そして、その幕の中心から、早霧さん登場!
このシーンの色遣いはかなり強烈ですね><
皆さん、かっこいいのに、衣装がいまいち。
そして、娘役の皆さんもパンツスタイルなんですけど、これは不満でした。
みゆさんに全然似合ってないんですよね。
ここは、スカートにしてほしかったなあ。

歌はノリノリで、「ファンファンファンファンファンシーガイ!」と盛り上がります。
衣装以外は踊りも楽しいので、観ていて気持ちいいです。
新しい雪組パワーを感じます。

盛り上がったあとは、早霧さんとみゆさんのデュエットダンス。
そして、早霧さんが銀橋に来て、ちょっと客席降りもしてました。

続くファンシー・スパゲティのシーンは、何がスパゲティなのかと思ったら、ファンシー・スパゲティのCM撮影という設定みたいです。
エルビスとなって登場の月城かなとさん!
オーソレミオを歌います。
かっこいいし、貫禄ありますね~。
もっと観たいと思っていたら、次なるイケメンは、永久輝せあさん!
これまたかっこよすぎて、眼福。

更に銀橋には、鳳翔 大さんと蓮城まことさんが。

と思ったら、舞台に、彩凪さんが(≧▽≦)。
娘役5人とのからみもあって、素敵。
続いて、彩風さん登場。ここでは、男役の皆さんも一緒に踊るのですが、これがかっこいいんですよ。
もう次々とイケメン出てきて、一体誰を見ていいのかわかりません。

そしたら、イケメンたちが、銀橋に出てきて、更に客席に来るじゃないですか。
もう、楽しすぎて楽しすぎて。

続いては、ふわふわピンクの望海さんが登場。
ベルリンのキャバレーに、いざなうMCらしいです。

キャバレーでは、戦争前のつかの間の快楽を楽しむ将校たち。

早霧さんの軍服姿が、素敵すぎて涙出ます。
望海さんの歌に合わせて踊る男役の皆さんがかっこよくて。
軍服って、萌えますよね~。

早霧さんと夢乃さんのダンスもよかった。
私はBL好きではないけれど、美しい者同士の踊りは、男女関係なくいいなあと思う。
ここで、女装の彩風さんが登場。
普通にきれいでした。彩風さん、やっぱり、女性っぽい顔立ちだもんなあ・・・。

でも、女装の彩風さんよりも、美しかったのが、後ろで踊る真那さんと永久輝さん!
上手席が多かったので、どうしても目に入るのがお二人でして、サスペンダー姿でからみながら踊る二人が美しくて、目が離せなかったです。

そこからチェ・タンゴに入る前に早霧さんが軍服の上着を脱ぎます。
男役も娘役も、踊りまくるタンゴ。
タンゴっていいですね。
このシーン、素晴らしいです。

次は、シナトラ・メドレー。
シナトラって、何となく知っているだけだけど、音楽を聞くと、聞いたことがあるものばかり。

ナイトアンドデイで盛り上がったあとに、早霧さんがスーツで登場。
これが、本当に平凡なスーツでびっくり。
でも、お芝居でスーツものもやってほしいなあと思ったり。大空祐飛さんがやったやつとか。

モスクを訪れた異邦人の早霧さん。
ルキフェルが夢乃さんで、ミカエルが望海さん。

魔女たちは、娘役の6人なんだけど、せしるさん、さらささん、沙月さんしかわからず。

恋人のみゆさんが現れて、デュエットダンス。
みゆさんの白いドレスがかわいらしい。
が、すべては幻と消えてしまう。

続くシーンは、明るく力強い。
「THAT'S LIFE」
舞咲さんと香綾さんが歌いあげる。

ここで群舞もあるが、どうしても、真那さん、月城さん、永久輝さんを探してしまう。
あとから、早霧さん、夢乃さん、望海さんが出てくるけど、早霧さんを観てると後ろに永久輝さんがいるので、つい見ちゃう。
新生雪組の元気みなぎるダンスに感動。

オペラ座のシーン。
「星は光りぬ」(トスカより)が誰もいないロビーに漏れ聞こえる。
みゆさんと出会った早霧さんが想いを寄せるも・・・みゆさんは去っていくというようなシチュエーション。
悲しみを帯びたデュエットダンス。
ひざまずき、ドレスの裾をつかみ、キスをしようとするが、みゆさんはすり抜けていってしまった。

一人残された早霧さんの想いを表すようなダンスを早霧さんと男役の皆さんが粛々と踊る。
このシーンも大好きです。
一層燃え上がる心を、赤い衣装の娘役さんたちが踊り表す。

暗転後、上手に望海さん、下手に夢乃さんが。
銀橋を歩きながら、歌うのは、「Con Te Partiro」。
夢乃さんの退団を思うと、涙が出てきますね。
この歌はもっと長く聴いていたかった。

ロケットでは、ちょっと太めの方がいました><
上手だったので、目に入ってしまう。

続く黒燕尾シーンは、もう涙なしでは観られません。

曲もまたいいんですよ。
「Adagio per archi e organo in sol minore」

一人階段を降りてくる早霧さん。
「はじめてのときに 新しい歌を 歌う私は~」と歌いだす。

感無量です。美しく立派なトップ早霧せいな。

そこへそっと歩いてくるのは、夢乃さんなんです。
早霧さんと同じ振りをして、そして、早霧さんの肩にそっと手を置く。

続いて、望海さんも降りてきて、一緒に踊ります。
この三人の並びは、最初で最後です。
新しいトップと去りゆく友と新しい友と。
出会いがあれば、別れもある。

ここの振付は、安寿ミラさんです。素晴らしいです。

続いて、男役が次々と降りてきて群舞となります。
圧巻です。

続く愛の讃歌のシーン。
みゆさんが階段の途中で座り、足を組み替えます。

アレンジした愛の讃歌を望海さんが歌います。
みゆさんと男役さんたちのダンス。

早霧さんが着替えて登場してデュエットダンスに。
みゆさんの目を目隠しして踊る振付もかわいいです。

エトワールは、夢乃さん。
明るくすがすがしく楽しそうに歌っていました。

パレードの最後に、白い大きな羽を背負って降りてきた早霧さん。
本当にトップになったんですね。
歌は弱いのは、認めますが、この美しさと熱さは、真ん中に立つべき人だと思いました。
美は正義と言いますが、本当に早霧さんの美しさは、観るものに夢を与えてくれます。
この舞台を観ているときだけはつらい日常を忘れて、気持ちよく過ごせました。
これからも、雪組と早霧さんを応援していきたいと思います。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blackjubi.blog53.fc2.com/tb.php/967-980a3f91