偏愛的独白

宝塚歌劇宙組公演『白夜の誓い ―グスタフIII世、誇り高き王の戦い―』『PHOENIX 宝塚!! ―蘇る愛―』

宝塚歌劇宙組公演

ミュージカル
『白夜の誓い ―グスタフIII世、誇り高き王の戦い―』
作・演出/原田 諒

グランド・ショー
『PHOENIX 宝塚!! ―蘇る愛―』
作・演出/藤井 大介

2015年1月2日(金)~2月15日(日)
東京宝塚劇場

出演
グスタフIII世 凰稀 かなめ
ソフィア・マグダレーナ・ア・ダンマルク 実咲 凜音
カール・ポンタス・リリホルン 朝夏 まなと

テッシン 汝鳥 伶
クランツ 寿 つかさ
ロビーサ・ウルリカ 美風 舞良
レオノーラ 大海 亜呼
ヤコブ・ヨハン・アンカーストレム 緒月 遠麻
エカテリーナ・アレクセーエヴナ 純矢 ちとせ
ニルス 七海 ひろき
ジルダ 花音 舞
モルコフ 風羽 玲亜
ブラント 天玲 美音
アルムフェルト 澄輝 さやと
マーヤ 綾瀬 あきな
ベールヴァルド 凛城 きら
ヨハンソン 松風 輝
レーベンイェルム 愛月 ひかる
ロビン 星吹 彩翔
ラウラ 瀬音 リサ
バハトマイスター 蒼羽 りく
ベルジェンヌ 風馬 翔
アデルクランツ 美月 悠
ヴィクセル 星月 梨旺
キム/ラーゲルベック 春瀬 央季
グランフェルト 桜木 みなと
ヴォルゴード 実羚 淳
エーゲシュトランド 朝央 れん
エグモント伯爵夫人(イザベル) 伶美 うらら
ヴィゴ
リードホルム 七生 眞希
司祭
エリクソン 留美 絢
レクセル 和希 そら
シベリウス 秋音 光
ヴァーサ王/オロフ 留依 蒔世
イサーク/ミルヴェーデン 秋奈 るい
アンカーストレム(少年時代) 花菱 りず
ヴァレンティン 瑠風 輝
エリク 穂稀 せり
ダグ 潤奈 すばる

2015年の初観劇でした。
宙組トップの凰稀かなめさんの退団公演です。
ファンではありますが、大劇場まで遠征はできないので、東京公演を心待ちにしてました。
でも、中身が気になってしまい、感想等を、いろんなブログで見てしまい、ちょっと不安もありました。

お芝居の内容に関してあまり評判がよくなかったので。

友人によれば、それでも、大劇場とは変更部分もあり、かなりよくなっているとのことでした。

初見の感想としては、思ったほど悪くない感じです。
まずは、ストーリーを把握したり、衣装を堪能したり、キャストを目で追うのに必死でした。

不思議なことに、退団公演だと言うのに、最初から最後まで涙が出ませんでした。

演出を手掛けた原田 諒さんは、過去の作品が、割と私の好みだったりします。
華やかなりし日々、ロバート・キャパ、ニジンスキー(DVD観賞のみ)など。

ですが、今回は、ちょっと散漫な印象で、見終えた後に、何も残らなかったんですね。
飽くまで初見感想ですが。
でもって、起承転結がよくわからないというか、クライマックスってどこだったのかな(^^;。
恋愛要素が少ないし、悲劇なので、暗いイメージなのは仕方ないですが、カタルシスがないというか。

グスタフ三世の魅力がわからなかったです。
かなめさんご自身の魅力だけは、光ってましたけどね。
ただ、メイクが、うーん、あまりきれいに見えないんですよね。
舞台じゃないときのナチュラルメイクが美しい人だけに、目の周りが濃すぎるかなあと。

グスタフ三世って、スウェーデン国王だったんですね。
もう少し早く知っていれば、昨年12月にスウェーデン人の知人が来日して一緒に食事をしたので、そのときに、話を聞いてみたかったです。

ストーリーの好みはあるでしょうが、とにかく衣装が素敵で、それだけでも観る価値はあります。
有村淳さんです。

何となくですけど、原田さんは、かなめさんの宝塚人生とこのお芝居を重ね合わせて書いたのかなとか思ったりもして・・・。
もし、そうだとしたら、もっと魅力的に描いてほしかったですが。

ショーですが、藤井大介さんなので、楽しいとは思ってましたけど、ほんとに楽しかったです。
客席降りは、東京公演からだそうです。
私は通路席じゃなかったので、あまり恩恵はなかったですが、前方席だったので、銀橋からの視線がまぶしかったです。
まあ、勘違いでしょうが、七海さんと蒼羽りくさんと目が合ったような気がしました♥

ショーの冒頭のかなめさんの登場の仕方には、少し驚きました。衣装が不思議で。
ショーの衣装は、全体的に私の好みではありませんでした。あまり似合ってなかったような気がします。

歌は、全体的に覚えやすく、頭をぐるぐる駆けめぐっています。

かなめさんが、早変わりする怪盗カナメールの七変化、素敵でした。
かなめさんのお茶目な魅力が全開!

あとは、かなめさんと朝夏さんのデュエットダンスの前に、かなめさんと緒月さんとのデュエットダンスがありました。
緒月さんも退団されるからでしょうか、おいしい役どころだったと思います。
個人的には、組を異動される七海さんの出番がもっと欲しかったです。

あとは、エトワールが、朝夏さんと実咲さんのお二人でした。
お二人ってこともあるんですね。

そのあとの、階段降りが、いつもより大人数で降りてくるので、誰が誰やら、よくわからなかったです;;。

まだ観劇する予定なので、キャスト感想はそのときにでも。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blackjubi.blog53.fc2.com/tb.php/942-e8e9b63a