FC2ブログ

偏愛的独白

宝塚歌劇雪組日生劇場公演『伯爵令嬢』その1

先日、余りに興奮して、宝塚雪組の『伯爵令嬢』が面白すぎる!の記事を書きましたけど、ちゃんとした感想も書きたいと思います。

初見の座席は、M列上手ブロック。
セディナでとったのですが、こんなことなら、もっと確保しておくんだった><

あれから、頭の中を「ジュ・テーム」の歌が駆け巡り、普段は閲覧を控えている動画サイトに日参しています。
「伯爵令嬢初日舞台映像」でご覧になってください!

本編もいいんですけど、カテコの早霧さんの挨拶が受けます。
すごく一生懸命なのが伝わってくるし、早霧さんは、計算された挨拶とかできないタイプなんだと思うんですね。
でも、熱い想いを率直に言葉にしていて、好感がもてます。
お客様にも、「ジュ・テーム もうお客様を愛さずにはいられない」ってww
「そして、みんなもジュ・テーム!」と仲間にも言ってるんですよ~。
おかしいやら、楽しいやら、最高なのです。

そのあとの囲み取材かな?
咲妃みゆさんが「こんな素晴らしい方と巡り合えて・・・」と言うのを受けて、すかさず「結婚します」と早霧さんww
ぽか~んとしている咲妃さんに「いやいや、冗談だよ」と余裕をかます早霧さんと崩れ落ちる咲妃さんが微笑ましくて、こちらも幸せでした。

『エリザベート』を観に行っても、キャトルレーヴでチェックするのは、雪組のDVDばかりww
お金ないので、買いませんでしたけどね><

最初に、この公演のポスターを見た時は、面白くなさそうと思ったんですよね~。
壮さんがいないショックもあって、貸切公演は申し込まず、惰性でチケットとっただけでした。
原作は、面白いかもしれないけど、(『王家の紋章』好きだったので。)それを舞台化してもなあ・・・と甘く見てました。
宝塚の脚本家のセンセに謝りたい。

今回の脚本・演出は、生田大和先生です!
めもめも。

そして、覚えやすいっていうか、歌いやすいっていうか、雪組の皆さんが歌うまに聞こえる名曲を作ってくださったのは、
太田健先生です!
そして、やはり、衣裳は、有村淳先生でした!

この公演DVDは、絶対買う予定です。
公演プログラムは、キャトルレーヴで売り切れで、劇場で限定販売らしいです。

さて、舞台ですが、冒頭は、孤児院で暮らすコリンヌのシーン。
コリンヌは、みんなのお姉さん的役割。
咲妃さんのコリンヌ、漫画から出てきたそのまんま。
かわいいです。
咲妃さんは、前回公演で、生意気な役柄だったのは知っていますが、まさか娘トップになるとは知らずにいました。
素顔はほかのジェンヌと変わらない気がしますが、メイクがとても上手ですよね。
あと、少女漫画的キャラって、ともすると、ぶりっこしていて、うざく感じられますが、そういうマイナス部分が全く見えないんですよね。
声も、かわいいのに、キンキンしてなくて、セリフが聞きやすいです。
あとは、タイトルロールなので、男トップを食ってしまう危険性も秘めていますが、そこは、うまく回避して、早霧アランのかっこよさを引き立てているところがすごいと思いました。

「鳥のように翼広げて~」と歌いだすコリンヌ、声ものびやかですね。

パリの舞踏会のシーンも素敵です。
そして、階段の上から登場する早霧アラン!
かっこいい!
これほど、さらさらロングヘアの似合う男役がいるでしょうか?
衣裳もぴったり!
やはり、漫画そのものですね。

歌いだす早霧アラン。
いい歌だ・・・ジュテーム。前奏も少し切ない旋律でいいんですよ~。

場面はそのまま、アランの新聞社のパーティへ。

貴婦人に迫られても、そっけない早霧アラン。萌え~。

そこへ乱入してきた紳士。アランの記事で叩かれた鉄道会社の社長である。抗議しに来たが、捨て台詞を残して去っていき、その後銃声が聞こえる。自殺したのだ。

アランは、二束三文で土地を奪われた市民の味方となり記事を書いたわけだが、

「ジャーナリズムとは時に虚しいものだ」と嘆く。
この嘆く早霧アランがまたいい。

父親の墓前でアランへの復讐を誓う夢乃フランソワ。
夢乃さんって、三枚目役かと思ったら、二枚目イケメンです。
「蛇のように~」って怖い顔で歌ってました。

続いて、村長と孤児院を訪ねるアラン。
村長は、借金取りに来たようだ。

アランが買収に来たと勘違いして、アランをビンタするコリンヌ。
アランも、「だったら、どうなんだ?」みたいに挑発していたので。

ここで、「なんてまっすぐな娘だ、明るい光のようだ」とかなんとか言ってコリンヌに惚れてしまうアラン。

そして、「ジュテーム~」と歌いだす。

いや、もう、このあたりで、早霧アランに堕ちました><

泣きながら、彩凪リシャールのもとへ行くコリンヌ。
盲目の美青年リシャールは、コリンヌに告白。
コリンヌもそれに答える。

え?
あれ?

ええええ??

コリンヌとアランじゃないの??
ええええ??

アランとリシャールは、友人で、兄のように面倒を見るアラン。
アランの紹介で、目の手術をすることにするリシャール。
コリンヌとのことが、リシャールの背中を押したのでした。
歌いだすリシャール。
彩凪リシャールのビジュアルも完璧ですね。あの時代の漫画全部演じられますねww

ええと、彩凪さん・・・顔は知ってました。
名前が、彩風 咲奈さんと区別がつかなくて><
雪組に若手で、二人の彩のつくひとがいるのは、認識してました。
顔も、彩風さんが八重歯がある人ですよね?
なのに、二人の名前がごっちゃになってしまっていました。
今回やっと把握。

そして、いよいよ、話題の壁ドンシーンなのですが、今夜は眠いのでまた明日m(__)m。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blackjubi.blog53.fc2.com/tb.php/906-3f594314