FC2ブログ

偏愛的独白

宝塚歌劇雪組『一夢庵風流記 前田慶次』『My Dream TAKARAZUKA』3回目

3回目の観劇は、千秋楽間近でした。
座席は、1階2列下手ブロック。

なるべく、涙をこらえて、しっかりと見届けました。

今回はショーの感想を。









オープニングから、オールキャストで、いきなりクライマックス感ありありです。
だからこそ、泣けてきちゃうのかもなあ。
雪組は、イケメン多いから、それぞれ観たいのに、壮さんを目で追ってしまいます。

中村一徳さん作詞の「My Dream TAKARAZUKA」は、壮さんの卒業にふさわしい歌詞です。

未涼さんの歌は、ひときわ目立ちます。
この歌がもう聞けないのかと思うと残念すぎます。

早霧さんは、次期トップの輝きを放っていました。
夢乃さんのスタイルのよさに釘づけ。
彩風咲奈さんと彩凪翔さん・・・どっちもイケメンなのに、ショーになると、
まだ区別つけられません><

愛加あゆさん、やっぱり、かわいいです。お姉さんのほうが人気あったと思うけど、私は、妹のほうが好み。
愛加さんに対する壮さんの優しい眼差しに、嫉妬してしまいそう。
そして、壮さんを信じ切っている愛加さんの純粋さが、伝わってくるデュエットダンス。
愛加さん、きっと短命だとわかっていたんだろうなあ・・・。

未涼さんのジゴロ、ダンディーで素敵だった。
歌も渋くて。

壮さんのスーツ姿もかっこよくて、男役スーツ群舞がたまらなく素敵で、また泣けて来ちゃった。
雪組、もっと観に来れたらよかったなあ。

私の数少ない宝塚友達が、ほかの組のトップファンなんだけど、ファンになったときに、思ったよりも喜んでなかったのね。
なんで?って聞いたら、トップになったら、あとは退団するだけだから・・・というようなことを言っていた。

そうか・・・壮さんがトップになったときに、もっと真剣に、最後の日を考えておけばよかったのかもしれない。
いろいろが遅すぎたのかもなあと思う。
もっと早くから宝塚歌劇を観て、勉強して、楽しんで、もっと早くから壮さんを応援してればよかった。

好きな人がトップになったら、FCにも入って、お茶会も参加して、大劇場や全国ツアーにも遠征して、グッズも買って、東京宝塚劇場では、悪い席でも通いまくる・・・そんなふうに応援できたら、よかったのになあ。
現実的には無理だったけど><

ダークスーツにソフト帽の早霧さん、登場!
かっこいい~。
早霧さん、やはり男役のほうが絶対いい~。

夢乃さんは、星組のイメージがあったけど、すっかり雪組になじんでいる。
ショーで観ると、柚希さんと霧矢さんに顔立ちが似てると思った。

そして、阿木燿子さん作詞、宇崎竜童さん作曲の「伝説誕生」のシーン。
純白の衣装がまぶしい。

楽しそうに歌う壮さん。
観ているこちらが幸せになる。
長い宝塚ライフの中で、短いトップ期間だったけど、充実していたことが伝わってくる。

「伝説誕生」は、いい歌だと思うけど、違うコンビに依頼してもよかったんじゃないかとふと思ったり。

フィナーレ、「A WONDERFUL DAY LIKE TODAY」を歌う3人がフレッシュ。
月城かなとさん、永久輝せあさん、星乃あんりさん。
特に、月城さんは、お芝居でもイケメンぶりが目立っていて、ちょー美人!
てか、顔がきれいすぎて、飽きてしまうくらい見つめてしまった(≧▽≦)。

黒燕尾のフィナーレは、NHKでも放送されましたね~。
「風のささやき」は、ミシェル・ルグランの曲で、私も大好きです。

壮さん、未涼さん、早霧さんの3人の並び、すごく好き。
だけど、もうこれがラストなんですね。

愛加さんの歌う「BY MY SIDE」もよかったし、ピンク色のドレスがかわいらしかった。

壮さんの歌う「CHE SARA」は、本当に壮さんらしいですね。

エトワールは、未涼さんでした。

あっという間にショーが終わり、涙をぬぐいつつ、劇場をあとにしました。
頭の中では、「My Dream TAKARAZUKA」の歌が、ずっと流れてました。

壮さん、愛加さん、未涼さん、ありがとう&お疲れさまでした。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blackjubi.blog53.fc2.com/tb.php/894-c37793a5