FC2ブログ

偏愛的独白

『U 1st LIVE』 その2

その1の続きです。







「刹那 ~a sandglass of fate~」
「La flor abadonada」

いきなり、セリフから入る歌で、驚いた。
非常にドラマティックな歌。
城田くん、かなり感情移入して歌っていた。
長いなあと思っていたら、2曲で1曲なんだって。
二部構成なんだって。

歌いながら自分でも悲しくなってしまったみたい。
でも、きれいに歌うのではなく心をこめて歌いたいって言ってました。

9歳のころ、「踊る涙」という曲を作ったそうです。自分でも笑ってました。

「夏の終わり」
ギター弾き語りでした。
イケイケな感じじゃなくて、こういう静かな曲もいいね。

「クリスマスイヴ」
おお!クリスマス過ぎたけど歌ってくれた。
大好きな曲なので、城田くんの声で聴けてうれしかった。

「Happy Xmas」
ジョン・レノンね。
英語の歌だけど、すごくいいことを歌っているんだって説明していた。
「War is over if you want it War is over now」の部分を一緒に歌ってほしいって。
カタカナ英語で説明したら、笑いが出たので、城田くん、きれいな発音で言い直していた。
「わかった?」と問いかける城田くん。なんか、幼稚園の先生みたいだ。
私もちゃんと声を出して歌ったよ。
簡単なフレーズだけど、一緒に歌おうって言ってくれる城田くんが好きだ。

「If I Say feat U」
「Worth Fighting For feat.HOWIE D」

最初に聴き始めた洋楽は、バックストリート・ボーイズだそうで。
そのバックストリート・ボーイズのハウィー・Dとのコラボレーション。
歌詞は、英語なんだけど、ちゃんと伝わってくるものがあって驚いた。
城田くんの英語、好きだ。
ネット検索すると、聞けると思うので、ぜひぜひどうぞ。

「Heart of glass」
ラストの曲は、みんなを立たせて、振付つき!
ダンサーたちを呼んで、城田くんが、振付の説明。
あはは。馬場ヘルベルトを思い出しちゃったよ。

振付は、こちらのほうが複雑。でも、すぐに覚えた。

曲も、すぐに耳になじむ曲。
ふと、城田くんに乙女ゲームの主題歌とか歌ってほしいなあと思った(笑)。
いまだに、ときメモガールズサイドのB'zの歌(OPとED)、好きなんだよね。

ノリノリで踊ってしまいました。

「皆さんのおかげで最高の誕生日になりましたっ!」って。


そして、アンコール。
熱いコールにこたえて登場した城田くんは、ライブTシャツの黒と白の両方重ね着。

「ロミオ&ジュリエット、見た人?」との問いに、会場の反応が大きくて、「めっちゃ多いやん」と喜ぶ城田くん。

そして、まさかまさかの浦井くん登場!

きゃあーっ!!!

私のテンションマックス!会場も大騒ぎ。

城田くん、「ベンヴォーリオ!」って呼んでいたよ。

そして、バースディケーキが運ばれてきた。ギターと薔薇と似顔絵が書いてあるケーキ。
みんなで、バースディソングを歌う。

城田くんが、6代目タキシード仮面で浦井くんが7代目だそうで、二人で、タキシード仮面の歌と振りをちょこっと披露。
「タキシードミッション!」とか歌っていた。

そして、前振りは、劇中のセリフ。

城田くん「違うって。・・・俺たちの王は?」
観客「俺たちだー!」で「世界の王」(ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』より)へ。

きゃあ、きゃあ、大興奮!

またこの歌が生で聞けるなんて(涙)。
会場と舞台との一体感がすごいぃ!
振付もそのまんまだよ~。

浦井くんが退場後は、最後の曲。
「Love&Peace」

3/11の大震災のことに触れながら、語りだす城田くん。
じーんときた。
城田くんの言葉は、決して奇をてらったものじゃないの。フツウの言葉なの。ともすれば陳腐になってしまう。
でもね、素直で優しい言葉なの。
気恥ずかしいくらいピュアなの。

2時間ぐらいのライブは、無茶苦茶楽しかった!
体調悪いのに、つい踊ってしまったもんなあ。
洗練されたライブだけど、あたたかい。
城田くん、ラブ&ピースをありがとう。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blackjubi.blog53.fc2.com/tb.php/717-51c67b3f