FC2ブログ

偏愛的独白

阿佐ヶ谷スパイダース『桜飛沫』

阿佐ヶ谷スパイダースpresents 時代劇 『桜飛沫』 世田谷パブリックシアター 2006年2月10日~19日

作・演出:長塚圭史
出演:山本亨/橋本じゅん/水野美紀/峯村リエ/山内圭哉/猫背椿/市川しんぺー/真木よう子/吉本菜穂子/富岡晃一郎/川原正嗣/前田悟/横山一敏/大林勝/中山祐一朗/伊達暁/長塚圭史/下村はるか/高橋大輔/津江健太/福澤諭志

客演で中山祐一朗と伊達暁の芝居を観てから、阿佐ヶ谷スパイダースを一度観たいと思っていた。先行抽選に外れたが、何とか追加公演をゲットすることができた。下調べもなく行ったので、当日初めて時代劇だということを知る。
第一幕 『蟒蛇如』と第二幕 『桜飛沫(さくらしぶき)』で、休憩をはさみ3時間15分って、正直つらかった。しかも、N列の左側から、舞台中央が非常に見づらくて、中央で何かやっていても、よく見えないのだ。これは劇場の問題かもしれないけれど。
ちなみに、『蟒蛇如』は、「うわばみのごとく」って読むそうだ。ネットに書いてあった。でも、私が休憩時間にスタッフの方に聞いたら、「うわばみのごとし」って教えられて、メモってしまったよ(^^;)。
このパンフレットが、2000円。分厚いのだが、もう少し舞台や役者の写真を入れてほしかったと思うミーハーな私。
一幕のあらすじは、貧困にあえぐ農村が舞台。医者の徳市(橋本じゅん)は、避妊法を研究中。徳市を手伝う産婆のタネ(水野美紀)は、ひそかに徳市に恋心を抱いている。村では、郷地3兄弟が、産児制限を課したため、村人は中絶、口減らしに悩んでいた。そんなとき、賞金稼ぎの浪人(伊達暁)と女郎(猫背椿)が徳市を探してやってきた。
二幕は、舞台が変わって、寂れた宿場町。街を牛耳るならず者たち(山内圭哉、中山祐一朗、前田悟)のもとで、売春をさせられているマルセ(真木よう子)と虐待されている姉のグズ(峯村リエ)。そこへ流れついた佐久間(山本亨)は、賞金稼ぎに狙われていた。
あらすじを書いていると、面白そうだけどね・・・(^^;)。
以下、ネタバレで感想を。







うーん、ちょっと残酷すぎたかなあ。特に第一幕は、子減らしということで、子供や親が、バッサリ斬られちゃって。
全体的にエログロっていうか。下ネタが嫌いなわけじゃないが、あんまり笑えなかったんだよねぇ。笑っている人も少しいたけど、私には、笑うほどのネタには感じず。
役者は、みんなよかったと思う。
物語としては、第二幕のほうが、好きかな。こちらも、グズが虐待されていやだし、町民たちが生首サッカーみたいのをして、やりきれなかったけどね。敢えて、こういう嫌な面を描いているんだろうと思うが。
でも、グズと佐久間の桜の木の下でのやりとりとか、少しほっとした。山内圭哉も、ホモ侍を熱演していたし。
最後の徳市と佐久間のラストシーンも印象的だった。これを演るために、このお芝居を作ったのかなと思うぐらい。
全体的に、必殺仕事人テイストなのに、仕事人が活躍しないみたいな感じで、カタルシスがないまま終わってしまった。もったいない気がする。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blackjubi.blog53.fc2.com/tb.php/26-0c506148