FC2ブログ

偏愛的独白

MONSTER MATES

TEAM NACS SOLO PROJECT戸次重幸「MONSTER MATES」

2019年2月8日(金)~13日(水)
EX THEATER ROPPONGI

作・演出:戸次重幸
出演:本郷奏多 青柳翔 前野朋哉 戸次重幸 吉沢悠

全席指定7000円


<あらすじ>
精神科医の坂上寛人(青柳翔)。 その家の居候である三波秀和(本郷奏多)。 同じマンションに住む、坂上の元患者でもある鮮魚店店主の今野正志(前野朋哉)。 今野の借金の取り立てに現れたヤクザの桐谷憲次(戸次重幸)。
 様々な事情で4人が坂上宅に会した時、謎の男・Q(吉沢悠)が突然現れる。 そしてQは三波に告げる。<【あなたは不老不死になりました】......。
 その一言で、彼らの正常な日常は崩れ始めた。果たして、Qは何者なのか? 三波は不老不死になってしまったのか?不老不死をめぐる男たちの醜い争いの結末は...?


201902monster.png

この劇場も久しぶりですが、ストプレも久しぶりです。
EX THEATERは意外とわかりすく、方向音痴の私でも、地下鉄出たらすぐにたどり着けました。

入場の行列がすごくてびっくり。
階段あがって、外のデッキみたいなところもぐるんぐるん並ばされて、雨は降ってないけれどそれなりに寒いので、
ちょっとめげました。
会場は満員。
座席は、2階席センターブロック。

やはりTEAM NACSのファンの方が多いのかな?

私は特にファンじゃないのですが、あらすじを読んで面白そうだと思い、チケットをとりました。
なんといっても、ミステリ大好きなので、そのテイストがあると食いついてしまいます。
おまけに、本郷奏多くん、好きなんですよ。
舞台では初めて観ます。

脚本はかなり面白くできていて、再演があれば、友達を誘いたいと思いました。
ミステリ好きは、いろいろとひねくれているので(^^;、ある程度の展開は想像できちゃうのですが、
今回はそれを気持ちよく裏切られる部分もあり、満足でした。

結末を書いちゃうと完全にネタバレになるので、やめておきますね。

キャスト感想だけ書いておきます。

本郷奏多
いつまでも、若々しいですね。
繊細さを持っていて、屈折した青年という感じ。
今回は、足を引きずる役で、グズで、ニートなんだけど、演技が上手でした。

青柳翔
最初誰だかわからなかった。顔が変わったのか、単に老けたのか。
テレビドラマ「クローバー」のころ、好きだったんだけど。
最初は、もっさりした感じで、演技がいまいちだなあと思っていたんだけど、わざとだったのかもしれない。
だって、途中から変わっていったもんね。
ただ、本郷奏多くんと同じ年設定なのがちょっと違和感。

前野朋哉
あまり知らない方だったのですが、ドラマでも活躍しているんですね。
お顔は知っていました。
いい人そうで、こちらもグズな役でしたw

戸次重幸
取り立て屋で、乱暴者なんですけど、それが、だんだん、まともに見えてきてしまうようなストーリーでした。
戸次さんって、ドラマでも、いろんな役がこなせますよね。

吉沢悠
声に特徴があるからすぐわかります。
謎めいた役柄が似合っていました。

ストーリーに触れないと語りにくいので、あっさりめの感想ですが、面白かったことは確か。
休憩なしの2時間くらいでしたが、前半やや退屈な部分もありました。
いつもミュージカルばかり観てますが、たまには、こういうサスペンスもいいですね。
戸次さんの脚本、次もちょっと期待しちゃいます。

人間の嫌な部分もすごく描かれていて、ブラックでした。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blackjubi.blog53.fc2.com/tb.php/1634-0a63acc6