FC2ブログ

偏愛的独白

ハプニングも楽しい~グレコメ3回目~

3回目のグレコメ。

座席は、コメットシートSのXBエリア。

初見のXBとは別のお席でしたが、こちらも予想外のキャストとの遭遇にテンション上がりましたw

もうストーリーはばっちりだし、歌も覚えてきて、あとはエッグシェカーを早く振りたい(笑)と思いつつ、
まったり観劇していました。

もちろん、小西アナトールのことは、しっかりとチェックしました。

が、思いもよらぬキャストが寄ってきて、パニック><

詳しく書くとアレなんで、書きませんが、「どうしたの?」的に話しかけられまして、予期してなかったので、顔を覆って笑うしかないというw
もちろん声を発したりはしませんが、もう少し、目を見つめるとか(笑)、マシな反応をすればよかったのに、
恥ずかしくて顔もあげられずに、ひたすらキャストが離れるのを待っていました。
うわーん、おまぬけな私。
演技&アドリブなんでしょうが、井上くんに話しかけられて、かたまってしまったのでした。
ピエールという役柄のせいか、素の井上くんがいるような感じでした。

あ~、心臓に悪いです。

それから、松原さんも、割と親しく絡んでくれました。
乾杯してくれたり、目線を投げかけてくれたり。
エッグシェカーをがんがん振っていたら、「わかってますね~」と。

観客席とは反対側に向かって座る席なので、これまでの見え方も全く違っていて、それも面白かったです。
脇からアンサンブルのみなさんが出てくるのもよく見えて、先頭の山田元さんが指揮者みたいに合図してから出てきました。

そう、アンサンブルの皆さんも素晴らしいんですよ!!!

歌とダンス、どちらも完璧。
ダンスは、狭い舞台でかなり激しく動くので、がんがんと振動が伝わってきます。
相当、技術と体力が必要でしょうね。
楽器演奏も重要な要素です。

お名前は、半分くらいの方しか知りませんでした。

わかるのは、

木暮真一郎さん、森山大輔さん、大月さゆさん、山田元さん、山野靖博さんくらいかな。

酒井翔子さんはいつも開幕前に元気に出てきて、コメットシート席を盛り上げてくれた可愛い人なので、すぐに覚えました。
山田元さんは、クールな顔立ちのイケメンで、人気ありそうでした。

そうそう、この日は、重大なハプニングがあったんです。

一幕の途中で、会場の火災報知器が鳴りやまなくなってしまい、舞台が中断したのです。

音が聞こえ始めて変だなあと思っていて、しばらく舞台は続いていたのですが、中断。
東宝のプロデューサーの方が出てきてお詫び。
火災は起きてないとのこと。

小西アナトールが階段の上の扉から登場するシーンから再開されたのですが、またもや音が。

小西ファンとしては、ハプニングながらも、ちょっとおいしい。

小西くん、「全然恥ずかしくないからw」
「でも、扉、手であけたので、誰かあけて」と言ってました。

2回目の中断では、休憩が入り、トイレに行く方も。

そういえば、レミゼ千秋楽のときも、中断に遭遇したし、地震での中断もあったし、遭遇率高いかも?

そして、小西アナトール、3回目の登場!
手にキスされる人は、同じ人で、コメットシートAの人は、3回されたみたい。

すかさず霧矢エレンが、「わたしの兄、アナトール、自信たっぷりの3回目」とかアドリブ入れて歌って、会場も大爆笑。

いやはや、こちらも驚きましたが、役者さんも緊張を保つのは大変だと思います。
何にせよ、中止にならずに済んでよかったです。

覚えにくいと思っていた楽曲も、癖があるだけに、慣れるとこびりついてしまい、結局、CDを買ってしまいました。

BWキャスト版で英語ですが、楽しめます。
歌詞カードもついているので、英語読みながら、公演を懐かしく思い出しています。
さすがに、日本語歌詞は部分的に覚えているのみです。

日本語版CDも欲しいし、再演もあったらいいと思いますが、同じキャストだと大変そうですね。

カテコも面白かったです。

井上くんが 「アナトール、3回登場するし」と言うと、会場が盛り上がりヒューヒュー。
小西くんも調子に乗ってお辞儀して投げキッスw
井上くん 「ヒューヒューじゃないよ!謝ってんだから」って。

この日は生田さんの誕生日でもありました。
ハッピーバースデー歌ってお祝い。
22歳ですって。
いいなあ(笑)。

休憩時間に、ロビーで背の高いイケメンに遭遇しました。
すぐにわかりました。
あんなに背の高い人はなかなかいない。

東啓介くんです。
東くんのアルフレートも楽しみです。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blackjubi.blog53.fc2.com/tb.php/1628-a6781eec