FC2ブログ

偏愛的独白

観に行くなら今だ!~ミュージカル「タイタニック」~

2018年10月1日(月)~13日(土)
日本青年館ホール

原作:ピーター・ストーン
音楽・作詞:モーリー・イェストン
演出:トム・サザーランド

キャスト
アンドリュース:加藤和樹
イスメイ:石川禅
バレット:藤岡正明
エッチス:戸井勝海
チャールズ・クラーク:相葉裕樹
マードック:津田英佑
ジム・ファレル:渡辺大輔
ブライド:上口耕平
ライトーラー:小野田龍之介
ハートリー:木内健人
ベルボーイ:百名ヒロキ
フリート:吉田広大
エドガー・ビーン:栗原英雄

アリス・ビーン:霧矢大夢
キャロライン・ネビル:菊地美香
ケイト・マクゴーワン:小南満佑子
ケイト・マーフィー:屋比久知奈
ケイト・ムリンズ:豊原江理佳

アイダ・ストラウス:安寿ミラ
イシドール・ストラウス:佐山陽規
スミス:鈴木壮麻

須藤香菜

上演時間:2時間30分(一幕80分休憩20分二幕50分)

S席 11,500円
A席 8,000円

2018titanic.png

新演出版の初演は、2015年。
そのときは、シアターコクーンでしたので、チケット完売だったように思います。
私も3回ほど観ました。

音楽も素晴らしいのですが、脚本と演出が感動的で、観終えたあとに涙と震えがとまりませんでした。

再演を熱望していましたが、10月というのが、不運でした。
ほかの観劇予定が入っていて、2公演しか行けませんでした。

劇場のキャパが大きくなったので、チケットは完売はしていません。
割引や特典も発売されていました。

で、のんびり感想を書いていたら、東京公演が13日までということに気づきました。
もしかして観に行っていない人が読むかと思って、今すぐチケットとって観に行ってほしいと思って書いています。

今からでも遅くないです!
ぜひ日本青年館へ足を運んでください。


つらいストーリーですが、超おすすめの作品です。
リピートはしなくても、一度観れば、心に残ります。
(もちろん、リピもおすすめだけど。)

気づくと、音楽が脳内を流れ、タイタニックの人々(客、乗組員)の生涯に思いをはせることになります。

私は初演を観たときに、かなり事件にも興味を持ち、いろいろと調べたりしました。
史実をそのままミュージカルにしたわけではありませんが、非常によくできた群像劇だと思います。

座席は、A席、2階I(アイ)列。
初演の時は、前方席でも観たのですが、この作品なら、後方でも十分楽しめると思って敢えて。
青年館の2階は、見え方問題があるけれど、ここまで後ろだとかえってストレスがない。
ただし、この作品は、客席通路を使う演出も多いので、それを楽しみたい場合は、2階からは無理です。

公式HPに注意書きがあります。
「開演時間を過ぎますと、約25分間お席にご案内出来ない時間帯がございますのでご注意ください。 」とのこと。
通路での演技が多いことが理由だと思います。

2階席、あまり埋まってなかったです。

それから、日本青年館は、ほんとに女子トイレが少ない!



上演時間が2時間30分とありますが、終演時間は、15分近く遅かったと思います。
カテコ短かったのに。
おそらく、トイレ行列のために二幕開始が遅れたのではないでしょうか。
それなのに、日本青年館のHPには、トイレが足りているとか、基準を満たしているとか書いてあって、現実とのギャップが残念過ぎました。
完売公演じゃないのに、トイレ行列がすごかったのですから、また宝塚とかやったら大変でしょう><
劇場内スタッフの嘆きもこちらに聞こえちゃいましたしねw

話がそれましたが、劇場としては、シアターコクーンの狭い空間のほうが濃密で臨場感があった気もします。

ただ、今回、遠い席でありながら、音楽と演出、そして演者が訴えるものが伝わってきて、かたときも集中力が途切れませんでした。
第一幕のあれやこれやが、最後の悲劇を知る者にとってはつらいです。

開場が、開演の30分前なので、30分前に着いたら、入場の列がホテル側の入り口のほうまで続いていました。
ダラダラと並んだおかげで、専科の凪七瑠海さんと遭遇できました。
霧矢大夢さんのFCの受付でチケットを受け取っていました。
凪七さん、細くてきれいでした。

また、小野妃香里さんも見かけました。
足が長いしおきれいなので、すぐわかりました。

開演前の舞台上で、加藤くんが演技しているので、それを観たいと思ったのですが、入場に時間がかかり、あまり観られませんでした。
初演では、加藤くん一人で机に座って設計図を書いていましたが、再演では、途中で木内健人くんが出てきて、話しかけたりしていました。

キャスト感想は、後日アップします。

「タイタニック」も再演されたので、同じトム・サザーランドさん演出の「グランドホテル」もぜひまた観たいものです。

Comment

緋紗緒(ひさお) says... ""
>のあのあさん
ご覧になったのですね。
前回の観劇は、悲惨でしたね;;
座席運ってありますよね。
どんなにいいお席でも座ってみたら、あちゃ~ということが(^^;。

初日もトークショー日もいらしたのですか。
私もトークショー日に行ったのですが、時間がなくて聞けなかったんですよ。
それでも、今はTwitter検索すると詳細なレポが出てくるのでありがたいですね。
日曜がもう1回あれば、かなりの人が観られたのにと思います。
が、結果的には、9/30は台風だったので、10/1出航でよかったのですが。
台風の影響で物販も遅れましたものね。

かちゃさん、とてもスタイルがよくて顔が小さくて肌がすべすべで(笑)すぐにわかりましたよ。
ただ、周りの人は宝塚だけど誰だろう?っていう感じで見てました。

トイレ行列もスタッフ入れるだけでかなり違うんですけどね。
些細なことですが、あいているのに、気づかなくて誰も入らない個室があったりして。
出口も、確か宝塚公演の時は2階から出られたと思いますが、今回はあけてくれませんでしたね。

思い出すだけで胸が締め付けられる作品ですが、再演を重ねていってほしいですね。
あいばっちと菊地美香さんのカップル、お似合いでしたね。

そして、のあのあさんは、きっと「生きる」もご覧になりますよね?
私も行ってきたので、そのうちに感想書きますね。
2018.10.12 01:20 | URL | #- [edit]
のあのあ says... ""
タイタニック素晴らしかったです~‼
前回は1回だけの観劇で、しかも隣席に恵まれず、沈み行く船のところで鼻をかみはじめた人にビックリして記憶が残念感で埋められてしまって(´д`|||)

再演は我慢できず、初日を追加してトークショー日を追加しちゃいました‼
それでも公演期間短いですよね。日曜が1回しかない…そして、なぜに10月……

そして、かちゃご観劇だったんですね‼
トイレも千秋楽の混雑を思うと今から気が重い……。新しい劇場なのにトイレ難民になるなんて、本当に残念。
あと出口の混雑も残念です。有事の場合に階段でなだれがおきることが想像できる(´・ω・`)

タイタニックの乗船客が希望に満ちていきいきとしていればしているほど、ラストに胸が締め付けられます。
リピ回からは、イスメイさんのオープニングでもう泣きそうでした。
あとは東京千秋楽しか乗船できないので、目一杯楽しみたいと思います。
2018.10.10 19:33 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blackjubi.blog53.fc2.com/tb.php/1582-14a9a4a7