FC2ブログ

偏愛的独白

宝塚歌劇花組公演『『MESSIAH(メサイア) -異聞・天草四郎-』/『BEAUTIFUL GARDEN -百花繚乱-』2回目

2回目の観劇も、2階席でした。
2階1列サイドブロック。

お芝居の感想は、初回とあまり変わらず(^^;。
すみません、やはり好みじゃないみたいです。

ただ、観劇後にNHKの「歴史秘話ヒストリア」で「キリシタン不屈の物語」を見まして、いろいろと興味深かったです。
特に、柚香光さんが演じた山田右衛門作については、諸説ありそうです。

というわけで、お気に入りのショーの感想を。


オープニングの紫の衣装で、袖をバサバサしながら踊るシーンは、ヴァンパイアが踊っているようで、ポーを思い出しました。

このショーは、振付にANJUさんと三井聡さんが入っているのですよね。

ANJUさんは、すぐにわかりました!
「アンダルシアの赤い薔薇」のシーンです。
明日海さんが闘牛士を演じていて、ドラマ仕立てになっており、楽しめます。
悲しいけれど美しい。

こういうシーンを観ると、明日海さんの役の幅の広さを感じます。
何となく、卒業も見えているのかもしれませんが、その時期が延びることを祈ってしまいます。

柚香さんの「雨に濡れても」のシーンは、てっきり三井聡さんの振付だと思っていたのですが、Oogur(is**t kingz)さんとありました。
有名な方なのかな?

柚香さんが恋に落ちる少女が、舞空瞳さんです。
二人の息がぴったりで素敵なカップルです。
花組の娘役さんも、みんなかわいいのですが、若手の華さんと舞空さんが時々ごっちゃになってしまいます(^^;。

みんなで傘を持って踊るのですが、傘じゃなくてラケット持って踊ってほしいとか・・・妄想してしまいました。すみませんっ。

三井聡さんの振付は、第5章の「TROPICAL GARDEN」のところでした。
夏歌が次々と歌われていく場面です。

私は、アロハシャツが好きじゃないのですが、宝塚の男役が着ると、なんてかっこいいのでしょうか。

ほかにも、第7章の「ニューヨークのカーネーション」も、三井聡さんの振付です。
ガーシュウィンの音楽が使われています。
ブルーの衣装で踊る柚香さんと娘役の皆さんが素敵でした。

花組の男役は、トップの明日海さんがオールマイティで、その周りを個性的な男役が支えているというイメージです。
その個性が生かされた野口先生のショーだったと思います。

二番手の柚香さんは、歌は得意とは言えませんが、とにかく華があって真ん中で観たい。
「ローマの白百合」のシーンでは、美女を演じていますが、インパクトがすごいです。
個人的には、女装じゃなくて、色気のある男役を演じてほしいです。
柚香さんの女装は、顔が明日海さんよりも男っぽく見えるので、ふと、明日海さんが美女で、柚香さんが剣闘士というパターンでも観たくなりました。

色気と言えば、鳳月杏さんのオーラはすごいですよね。
鳳月杏さんのお顔は苦手だったのですが、最近は、その存在の大きさを感じています。
アロハシャツ、一番似合っていたかも。
スタイリッシュに着こなしていました。
銀橋を渡っていくのですが、脚が長くて目立ちました。

また瀬戸かずやさんも、年上っぽいというかおじさまっぽいというか独自の路線ですね。
渋いおじさま役としては、専科の華形ひかるさんも好きなのですが、最近あまり観る機会がなくて。

水美舞斗さんも、このショーでは一番目立ってましたね。
歌よりも踊りに目が行きます。

下級生では音くり寿さんの癒しの歌声や聖乃あすかさんの美しいお顔に注目。

美青年集団「花美男子」には、柚香さん、水美さん、優波さん、綺城さん、飛龍さん、帆純さん、聖乃さん、一之瀬さん、愛乃さん、太凰さん、希波さんが登場します。

まだ一ノ瀬さんまでしか認識できませんでしたが、全員かっこいいことは間違いないです。

あっという間に大階段のシーンになってしまい、名残惜しくて仕方ありませんでした。
ブルーレイ、欲しいけれど、NHKBSで放送してくれたらもっとうれしい。

野口先生のショーは、次はどの組なのでしょうか。期待しかありません。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blackjubi.blog53.fc2.com/tb.php/1581-ef4836d4