FC2ブログ

偏愛的独白

「ジャージー・ボーイズ」BLUE

東京公演
2018年9月7日~10月3日
シアタークリエ


翻訳:小田島恒志
訳詞:高橋亜子

演出:藤田俊太郎

音楽監督:島 健
音楽監督補・ヴォーカルデザイン:福井小百合
振付け:新海絵理子
美術:松井るみ
照明:日下靖順
音響:山本浩一
映像:横山翼
衣裳:小林巨和
ヘアメイク:井上京子

音楽コーディネート:東宝ミュージック(株)
技術監督:小林清隆
舞台監督:山本圭太
演出助手:落石明憲
アシスタントプロデューサー:佐々木将之

プロデューサー:今村眞治(東宝)松本有希子(WOWOW)

撮影協力:東京キネマ倶楽部

写真:HIRO KIMURA

出演
フランキー・ヴァリ:中川晃教
トミー・デヴィ―ト:中河内雅貴/伊礼彼方 ダブルキャスト
ボブ・ゴーディオ海宝直人/矢崎 広 ダブルキャスト
ニック・マッシ福井晶一/spi ダブルキャスト

ボブ・クルー:太田基裕
ノーム・ワックスマン:畠中洋
ジップ・デカルロ:阿部裕

綿引さやか 小此木まり まりゑ 遠藤瑠美子
大音智海 白石拓也 山野靖博 石川新太

全席指定11500円

上演時間:2時間55分(一幕80分 休憩20分 二幕75分)

Jb2018.jpg


初演が2016年の7月。もう2年たったのですね。

初演は、人気公演とは言え、チケットはそこそことれたんですよ。
私はナビザではなくて、先行で、しかも一つは割引でとりました。

今回は、待望の再演ですし、キャストも一部変わりましたが、有料先行ならとれると余裕かましていたら、
BLUEチームしかとれませんでした。

チケットが即完売だったので、すぐに凱旋公演が発表されましたね。
11月に神奈川県民ホールで。

新メンバーを加えたBLUEもいいけれど、円熟味を増したであろうWHITEチームも観たかったなあと未練を残しつつ、劇場へ。

満員御礼の立て札があり、当日券には10人以上並んでいました。

入ってすぐに、藤田俊太郎さんが!
初演でもお見掛けしましたが、相変わらずのさわやかイケメンでした(≧▽≦)。

BLUEチームは、藤岡正明くんに代わって、伊礼彼方くんが、吉原光夫さんに代わって、spiさんが入りました。

この日は、イープラスの半館貸切でした。
前方席先行でとったので、かなり前方の通路席でして、近くで彼方くんや矢崎くんを観ることができました。
手数料が1108円でしたけどもw

初演時は、REDじゃなくてWHITEチームにやられたので、今回のBLUEには、ハマれないかもと思っていましたが、杞憂に終わりました。

もうね、音楽がかかった瞬間、私たち観客も出演者の一人だから、テンション上がります。

盛り上がったらしいコンサートにも行けなかったので、本当に久々のジャージー・ボーイズで、うれしかったです。

世界に誇れる出来栄えと藤田さんが話していましたが、その通りです。

中川さんの歌声はますます磨きがかかり、神がかっている。
やんちゃな感じもいい。

トミーは中河内トミーが大好きだったけど、彼方くんもめちゃくちゃよかった!
とっても濃い。
濃すぎるくらいだけど、でも好きだなあ。
イケメンすぎるから、クズ野郎なのに、憎めないよ。
彼方くん、「TENTH」のときも、スリムになってかっこよくなったと思ったけど、今回も、大人のかっこよさ。
一時、貫禄つきすぎて見るに堪えないときがあったけれど、あれから努力したのね。

彼方トミーが濃いから、矢崎ボブは、薄まるかな?と思ったら、そんなことなかった。
初演では、海宝ボブを絶賛した私だけど、再演の矢崎ボブは、別人のように歌がうまくなっていた。
一体、どんな魔法を使ったの?
ロミジュリではビジュアルもいまいちだったのに、今回は、スマートで洗練されたボブそのもの。
芝居はもともと評価されていたと思うけど、歌がうまくなって、更に存在感が増した。

ニックは、spiさん。
ニックという役柄は難しいよね。
つかみどころがない。
ましてや、吉原さんのあとだと、印象が薄い。
それは歌のせいなのか、演技のせいなのかわからない。
ふわふわした雰囲気のニックだった。

ボブ・クルーの太田基裕くん。
初演は、頑張ってる感があったけど、今回は自然にキレキレでいいわ。
歌はほかの人に比べると弱いし、線が細いなあと思うけど、年齢を重ねて、大人っぽさが出てきたので、これからも東宝界隈で活躍してほしい。

戸井勝海さんの代わりに入った畠中洋さん。
トミーのお兄さんとしては、老けすぎていて、びっくり。
痩せていて小柄だから、逆に目立ってしまう。
ワックスマンの役柄はよかったと思う。

女性では、綿引さやかさんが目立つようになった。
劇団四季にも出ているし、メイクも上手になって、きれいになったと思う。

石川新太くんは、今、大学生ですよね。
初演では幼い感じが残っていたけれど、今回はちょっぴり大人になりました。
これからが楽しみですね。

日ごろ、あまり事前情報を仕入れていかない私なのですが、カーテンコールで、ペンライトを使っていいとの情報を得まして、ペンライト1500円を購入しました。
これは、5月のコンサートグッズですが、前方席なのに、ペンライト持ってないと悪いかなあと思って(^^;、
一度しか使わないのに買いました。
その後、売れ切れていたようで、申し訳ない気分。

カテコの英語歌詞メドレーから使えるのですが、割と早くから点灯してる人、多かったです。

チケット完売だから無理なのですが、WHITEチームも観たかったです。
CDを出すのは、権利関係上、難しいのでしょうか。

YouTubeに英語歌詞カーテンコールメドレー映像がアップされていて、そればかり聴いています。
11月30日までの期間限定です。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blackjubi.blog53.fc2.com/tb.php/1576-c6a399ad