FC2ブログ

偏愛的独白

宝塚歌劇雪組公演『凱旋門』『Gato Bonito!!』2回目

201808snow.png

2回目の感想です。

といっても、2回目は、座席運が悪くてですね・・・ほんと悲しいというかしょぼい観劇となったのです。
1階の20列だったんですけども、サイドブロックだったので、斜めに舞台を観るわけですよ。
ちょうどその視線の先、つまり私の斜め前のお席に、男性お二人が座ってらして、舞台の真ん中が全く見えないのでした。

いやはや、残念至極です。

マナーが悪いということは一切なくて、ただただ、舞台が見えないだけなんですよね。
両端は見えますが、真ん中は、頭二つが見えてしまうんです><

なので、端っこに来た下級生を見たり、望海さんの歌を聞いたりして、半分は脳内補完してました。
銀橋に出てきても、真ん中に立つと見えないですしね。

こればかりは、どうしようもないですね。
一応、劇場の方に話してみましたけど、後ろに誰もいなくても、特に対策はなしでした。
ちなみに、座布団は、お子様のみだそうです。

私の隣の方も観づらそうでした。首を左右に動かしてましたから。

そんなわけで、思わぬ落とし穴でしたが、かといって、男性客が悪いわけでもないので、諦めるしかないですね。
立ち見でもいいかと思ったら、立見席も完売でダメだったのです。

それでも、お芝居は、真ん中が見えなくても楽しめましたが、ショーは、逆にストレスがたまってしまいました。
観たいものが見えない感じで。

なので、雑感になってしまいますが、思いついたことだけ書いておきます。

主演の轟さんの声が、前回よりもかすれ気味になっていました。
感情をこめて早口でしゃべると、非常に聞き取りづらかったです。

真ん中が見えないので、ひたすら端っこを見てました。

望海さんの姿は見えないけれど、歌声は救い。
「男と女、女と男~」

演歌みたいな歌詞ですが(^^;、望海さんの艶のある声になじんでいます。

前回、なかなか出てこないと思っていた彩風咲奈さんの登場、今回はばっちりです。

「いのち」のコーラスで、上手から、登場します。
うへ~、かっこいい。

それから、黒い影もわかりました。
眞ノ宮るいさん、暗い中でも顔立ちでわかる。

バカンスのシーンでは、眞ノ宮さんも、星加梨杏さんも、スーツ姿で目立ちます。
ここは、真ん中では、彩風さんも活躍してるんですが(^^;、見えないので、仕方ない。

何となく、彩風さんは、ダークな感じのほうが素敵だなあ。
明るい笑顔だと、八重歯が見えるのでかわいらしくなってしまって。

望海さんを中心に、真那さん、煌羽 さん、朝美さん、永久輝さん、縣さんで踊るシーンとか好きなのに、よく見えない><

シュナイダーを襲う前の、真っ黒の衣装で踊る永久輝さんが観たいのに。

ラスト近く、轟さんと望海さんがキス&ハグするシーン、笑っちゃうけど、泣けます。

2回目だし、下級生チェックしていたから、真ん中が見えなくても乗り切れましたが、これがほかの組だったら、もっとつらかったでしょうね。

ショーは、客席から登場する望海さんは、チェックできました。
前回は、2階席だったので、どこから出て来たのかわからなかったのです。

冒頭の白猫たちも、誰が誰だかわかりました。
かわいくて萌え~。
なんで、前回、彩海せらさんがわからなかったのか?
それは、かわいすぎたからw
娘役だと思っていたw

望海さんのアドリブも絶好調で、「今日は、僕のクンバンチェロの師匠が来ています」って。

「僕のクンバンチェロ、どうでしたか?」
「サイコー!!」というようなやりとりがありました。

蘭寿とむさんが観劇していたのです。
あとから知りましたが、蘭乃はなさんも一緒だったようです。

コパカバーナでの望海さんの真彩さんの歌のぶつかり合いがすごい。
真彩さんの娘役を超えた男前な歌いっぷりに驚くとともに、カタルシスを感じてしまうw
娘役としては、繊細さは感じないけれど、とにかく堂々としていて、私の知らないタイプだなあと思っています。

黒塗りのショーですが、その黒塗りがハマっている人と、違和感がある人といますね。
黒塗りも慣れなのかしら?

私の好きな永久輝さんが、娘役二人を連れて銀橋渡るシーンが好きです。
彩みちるさんと星南のぞみさんです。
彩みちるさんは、お芝居でも、朝美絢さんとカップルで、活躍しています。

久城あすさんの歌があるのも、うれしいです。
このシーンは、真那さん、煌羽さん、沙月さん、笙乃さんたちが登場していて、盛り上がります。

ショーでは、トップコンビと二番手以外は、彩凪さん、朝美さん、永久輝さん、綾さん、縣さんが常に目立っている気がします。

雪組生のビジュアルが素敵すぎて、うっとりしてしまいます。

タンゴクラブで彩凪さんが登場して、スーツを手で払うシーンとか、あれ、誰が考えたんですか??
振付なのでしょうか?
もうかっこよすぎて。

やっぱり、彩凪さんは、貴重な男役だと思います。
もうトップはないでしょうが、少しでも長くあの美しい姿を見たいものです。

望海さんを誘惑する猫たちのシーン。
好きなんですけど、衣装がちょっと苦手かもしれません。

女装というか中性的なんですよね。

パンツスーツで、胸はしっかりあって、女性っぽいけど、完全な女装でもないような。
ここでは、彩風さん、彩凪さん、朝美さん、永久輝さんが、誘惑します。

あとは、目立つのは、朝月希和 さんです。

お顔は苦手なんですけど、歌も踊りも目立ちます。
次の「ファントム」でも、いい役が来るのかなって思います。

ショーの振付も気になるものがあったので、また次回にしっかり観たいと思います。

Comment

緋紗緒(ひさお) says... ""
>まっくくまさん
あ~、やはりANJU先生でしたか!
プログラムを買ったのに、どこに置いたのか見つからず(^^;、確認できずにおりました。ありがとうございます。
ちょっとした振付でも、男役の色気を引き出し、素敵だなあと思います。
私もトップを観つつも、目移りしてしまい、あっという間にシーンガ終わってしまいます。
今回は、映像は買わなくてもいいかと思っていたのですが、やはり、買ってしまいそうです。


2018.08.29 01:52 | URL | #- [edit]
まっくくま says... ""
こんにちは。
タンゴの場面はANJU先生(安寿ミラさん)の振付ですよね。Super Voyagerのプロバンスの場面も素敵でしたが、今回も最高ですね♡ その翔くんの仕草も含め、すべて先生が付けた振りだと思います。
最初のうちは、いつもだいもんをオペラで追っていたのですが、ふと思いついて全体を見てみたら、あーさと翔くんに順にスポットが当たるところとか、だいもんを取り囲む3つのグループが順にだいもんに挑んでいくところとか、もうカッコよすぎて、それからは全体を見るようにしています(^^)
2018.08.27 16:21 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blackjubi.blog53.fc2.com/tb.php/1570-c819a5d6