偏愛的独白

Pure BOYS act.2『7Dummy's Blues.』~セブン・ダミーズ・ブルース

Pure BOYS act.2『7Dummy's Blues.』~セブン・ダミーズ・ブルース

2008年8月20日(水)~8月27日(水)
青山円形劇場
全席指定5500円

作・演出:坪田 塁
企画・製作:ケイダッシュステージ

キャスト:
武田航平
馬場 徹
南 圭介
八神 蓮
崎本大海
佐藤雄一
永岡卓也

水谷あつし

夏に観たので、記憶も曖昧。
来月には、DVDも発売される。

B001EWQ8MC7Dummy’s Blues.
PureBOYS
ポニーキャニオン 2008-11-05

by G-Tools



Pure BOYSの舞台第2弾。
博品館劇場から青山円形劇場へ。
円形劇場は、どこから見ても楽しめるのがいい。後ろの列でも、6列目ぐらいだから、役者が近い。
チケットは、2公演とる。千秋楽はとれなかったが、1公演は、最前列をゲットできた。

物販は、会場の外。
パンフレット、舞台生写真、携帯ストラップなど。写真は、公演ごとに増えていくようだった。
DVDかCDを買うと、握手会へ参加できた。今回は、事前に誰と握手できるかわかる仕組み。

今回、舞台を引っ張るベテランは、水谷あつしさん。
みんなの兄貴って感じで、かっこよかった。

あらすじは、こんな感じ。
ライブ前に誘拐された“Pure BOYS”。ライヴを中止しないためにプロダクションが集めたメンバーのそっくりさん達。
どこか違う7人の熱い群像劇。
本物の“Pure BOYS”のためにと、ダミーの7人が一致団結していくが果たして無事に本番は迎えられるのか…。

オープニングに、「乾杯ジュテーム」が流れる。

ダミーとして現れたPure BOYSが、皆、個性的で、インパクトがあった。
観客も大笑い。


八神くん:ダジャレ王子。ダジャレばかり言っている。
南くん:「拙者は・・ござる」とかサムライになりきっている。
崎本くん:おフランスの雰囲気。バラの花びらを巻きながら登場。
↓足元に落ちたのを拾ってきてしまった(^^;)。

pureboys.jpg

佐藤くん:ロック最高。元気のいいロッカー。
永岡くん:ぬいぐるみのシリウスと一緒に登場。シリウスと会話している。
馬場くん:熱いキャラ。
武田くん:マントをはおり、「その者、あおき衣を」と言いつつ登場。

7人を面白いキャラ設定にしたのは、正解。見ているだけで楽しかった。
舞台からはけたり、出てきたりするときも、非常に近くて、がん見状態。
通路席のときは、王子や南くんが至近距離で。

ただ、リピートのつらい脚本だった。
7人同時に、舞台に立っている時間が短い。
たぶん、一緒に練習するのが、難しかったんだろう。
ドラマに出ている人たちもいるし。
もっとからみがあったほうがよかった。

水谷さんが、一人ひとりと対話して、彼らのトラウマを聞いていくのだが、その解決が安易というか浅い印象を受けてしまう。
馬場くんが、手紙を読むシーンなど、しんみりする部分もあったけど。
これでもか、これでもかとトラウマを安売りする脚本は、かえって白けてしまう。
休憩はなかったので、途中でトイレに行く人や寝ている人もいた。
関係者だと思うけど、笑いどころでも一切反応せず、つまんなそうな顔で見てる人も。それも仕方ないけど、上演中に携帯だけは勘弁ね。携帯の光、邪魔だから。

途中で、アドリブコーナーがあって、椅子とりゲームがあった。
椅子を減らしていくときに、最前列のお客さんのバッグを借りて、椅子の上に水谷さんが置いていた。
そのバッグは、キャストが返していた。

ほかの日は、万歩計をつけて、腰ふり大会。
武田くんが優勝。南くんが罰ゲーム。物真似をしろと言われて、佐藤くんの真似。
その後、全員で、江頭の真似。
カオス状態(笑)。

全員が円陣になったところで、水谷さんが「夢にときめけ~」とルーキーズのセリフを言うのがおかしかった。

歌と踊りは、ミニコンサートみたいで楽しかった。
このために行ったようなものかな。
口パクなのが、残念だけど。
「バンビーナ」「きみの手」「乾杯ジュテーム」

最後に、武田くんと永岡くんが、ハイタッチしてくれた。特に、武田くんは、サービス精神旺盛だった。

キャストのミニ感想。

八神くん:王子はやはり王子でした。かっこよかった。
南くん:武士のセリフがあっていた。水谷さんが「お前の目きれいだな。」ってマジで言っていた気がする。
っている。
崎本くん:ドラマ「四つの嘘」より更にかっこいい。細くて小さい。人形みたい。舞台に慣れていないみたいで、必死に踊ると顔がこわばっていた。
佐藤くん:こういうキャラも演じられるのね。「グリーンウッド」のキャラのほうが好きだけど。
永岡くん:サイトで見たときよりずっといい。これから人気出るかも。
馬場くん:かっこよくて、演技もうまかった。
武田くん:存在感があった。意外とファンサービスがいいので、びっくり。

武田くんは、今回で卒業。
そのうち、馬場くんや王子も卒業なのかな。
そしたら、次の公演は行かないかもしれない。

そういえば、滝口くんが観に来ていた。背が高いのですぐにわかった。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blackjubi.blog53.fc2.com/tb.php/152-1d353acf