FC2ブログ

偏愛的独白

断捨離をした話など(暗い話なので注意!)

今年に入ってから、二回ほど断捨離をしました。

一度目は、本、CD、グッズ、洋服、バッグなどが中心。
その理由は割と前向きで、部屋をきれいにしたいというものでした。

二度目は、本とDVD。
理由は、ショックなことがあって、何かをしていないと落ち着かないので、気を紛らわすために断捨離に専念。

本の買取価格は、雀の涙;;
一方、DVDは、ネットで探してからお店を決めたので、かなりいい価格でした。
我ながら、未開封DVDが多くて、反省していますが(^^;。
でも、テニミュと宝塚は、手放せなかったです。

本でもDVDでも、私の友人は買い続けている人のほうが多いのですが、私は、最近、私が死んだら誰が処分するんだろう?ということを考えて、なるべくシンプルに過ごしたいと思うようになりました。

まあ、死ということを考えることが多くて・・・。
父の死のときさえも、自分のことまでは考えなかったのですが、このところ、自分の周りや友人の話などが入ってきて、しみじみと考えてしまいました。
昨日の有賀さつきさんの死のニュースもショックでした。
女子アナというジャンルには疎い私ですが、さすがに彼女は知っています。
謹んでご冥福をお祈りいたします。

最近思うことは、人には、覚悟できる死と予期せぬ死があるのだということ。
父を看護して、闘病の苦しさがかわいそうでしたが、それでも、精一杯看護できたから、よかったのだと思うようにしています。
突然の死だったら、後悔ばかりが残ってしまったかもしれません。

明日は何があるかわからないです。
だからこそ、今を一生懸命生きる。
月並みですが、そんなふうに思う今日このごろです。

口で言うのはたやすいですが、日々流されていて、目の前の義務に追われていて、そこから逃げようともがいていて、無為な時間も多く過ごしてしまいます。

ことさら長生きしたいわけではないけれど、今は死にたくないです。生きたいです。
一日一日を大事に過ごせたらいいなあと思っています。

とても暗い話になってしまいすみません。

でも、死を意識すると、些細なことで怒ったりイラついたり、人に嫌悪感を抱いたり、心がすさんだりすることが、少なくなるように思います。
人にやさしくできるような気がします。

明日からは普通に感想書いていきます。

今は、落ち込んでいるわけではなく、普通にチケットとりに励んでいます^^
古川くんの「モーツアルト!」も、東京楽以外は、今のところとれたので、楽しみたいと思っています。
あ、DVDを売ったお金をチケット代に充てました(笑)。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blackjubi.blog53.fc2.com/tb.php/1492-d0374adc