偏愛的独白

『SECRET SPLENDOUR』2回目

東京千秋楽おめでとうございます!
赤坂は、盛り上がっていたことでしょう。

これから、大阪公演が始まりますが、そろそろネタバレしてもいいかと思いますので、感想あげていきますね。

私は、5公演行ったのですが、観れば観るほど、もっと観たい!と思わせる内容でした。
正直、チケット手配したあとは、とりすぎたかもしれないと思ったんです。
いくら早霧せいなが好きでも、リピートに耐えられる舞台かどうかわかりませんものね。

でも、実際開幕して観ると、想像以上の素晴らしさで、赤坂通いが楽しくて仕方ありませんでした。

早霧さんが宝塚を退団したあとも、ファンを続けられるかわからないなあと思ったこともありました。
でも、そういうのって、ウダウダ考えても、仕方ないですよね。
感覚的なものだから、ダメならダメだし、大丈夫なら大丈夫だし、なるようにしかならないですよね。
ディープなファンの方の中には、男役じゃない早霧さんには興味がないと、チケット取らない人もいたようです。
逆に、早霧さんのファンではないけれど、どんなものか観てみたいと足を運んだ人もいたようです。

実は、この日は、会場で知り合いに会ってしまいました。
私より宝塚に詳しい先輩で、割とはっきりとモノを言う方なんですが、楽しかったと言ってました。
一幕の最後が眠かったとも(^^;。
確かに、日本っぽいシーンがあって、ややだれる感じはあります。(詳細はまた書きますが。)

早霧さんのさよならショーまで観た方なのですが、「ちぎちゃんは、お歌がああああ」と話していて、まあ、ほんと正直です(^^;。
そんな方が、楽しかったと言っていて、とてもうれしかったです。

グッズも売れていて、開幕3日目で、ポストカードが売り切れていました。
そのうち、キーチャームも売り切れてました。

さて、二回目は、B列だったのですが、2列目だと思って油断していたら、なんと最前列でした。
アクトシアターのサイドブロックは、B列から始まることを忘れてました。

うおおおおおおん、最前列で、早霧さんとか安寿ミラさん、海宝くんを観られるなんて(≧▽≦)。
私の目はハートマークになっていたか、あるいは、舞台を凝視しすぎて、充血していたかも。

そして、やっぱり、泣いちゃいました。

宝塚時代の歌が出てくると、寂しいようなうれしいような気持ちになって。
また、早霧さんが、ミュージカルの歌を歌えば、それはそれで、ドキドキしつつも、うれしくてたまらなくて。

早霧せいなさんと海宝直人くんの並びが観られる日が来るとは思ってなかったから、それもうれしくて。

そして、特別ゲストの安寿ミラさん(ヤンさん)が素敵すぎて。

安寿ミラさんの現役時代は知らないのです。
最近の「タイタニック」「グランドホテル」では拝見してますし、雪組の振付をしたのも知っています。

でも、今回、現役時代を知らなくてよかったと思いました。
だって、素敵すぎて、怖いくらいだったから。
ハマってしまいそうだから。

もともと、素顔も美人なタカラジェンヌさんが好きですが、安寿さんも、おきれいですよね。
そして、その美しさの見せ方を知っている。
何を着ても、どんな髪型でも、男役でも、女役でも、何をしていてもかっこいい!
歌も踊りも最高でした。

そんな素晴らしい方が、早霧さんと共演し、優しい目で、早霧さんを見つめているんですよ。

先輩後輩というより、師と弟子という感じでしょうか。

安寿ミラさんのビジュアルから歌、演技、すべてに惚れました。

その安寿さんの期待に応えるべく、早霧さんもいつも通り、努力して一生懸命に舞台を作り上げていたと思います。

ヅカヲタを名乗るのは、100年早い私ですが、宝塚って、素晴らしいな~と改めて思いました。
年をとって、観劇に行けなくなったら、宝塚のDVDとスカイステージだけで過ごしてもいいかなとさえ思いましたw

というわけで、早霧さん大好きモードは保ちつつ、安寿ミラさんにノックアウトされた私でした。
現役時代の映像とか、観ちゃだめですよね?
我慢しますw

安寿さんについてまだまだ語りたいけれど、次回以降、セットリストとともに書きたいと思います。

そうそう、公演DVDは、しっかりと予約してきました。

お客さんも、みな、早霧さんをあたたかく見守る感じがあって、雰囲気よかったです。
一人観劇だったので、隣席の方が話しかけてくれたり、トイレ行列のときに、お話してくれたりと、楽しかったです。
全然違うトップさんのファンなのに、観に来て、内容がよかったから、DVDを予約してくれた方もいらして。

拍手や手拍子は、後半日程のほうが、多かったです。

最初は、早霧さんにも伝わるくらい客席が、緊張していましたね。

カテコの挨拶で、もっとリラックスしてください的なことを言われました。
一番緊張してるのは、早霧さんなのですが(笑)。

公演感想はまだまだ続きます。

Comment

緋紗緒(ひさお) says... ""
>まっくくまさん
ちぎちゃんロスで、魂の抜けた生活をしております><
ヤンさん、本当に素敵ですね。宝塚を卒業されても、なお、魅力を保ち続けているんですね。
「Super Gift」というタイトルだけは覚えているのですが、全く中身をチェックしておりませんでした。
ぐぐってみましたら、錚々たるメンバーなのですね!
いろいろと教えていただき、ありがとうございますm(__)m。

2017.11.16 23:08 | URL | #- [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.11.15 10:24 | | # [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blackjubi.blog53.fc2.com/tb.php/1457-24542f40