FC2ブログ

偏愛的独白

『レディ・ベス』2回目

2回目の配役

レディ・ベス: 平野綾
ロビン・ブレイク:加藤和樹
メアリー・チューダー:吉沢梨絵
フェリペ:古川雄大

基本的には、花總さん、加藤くん、古川くんで観たいのですが、その組み合わせでとれたチケットは、前回の1公演のみなのです。
花總ベスは、人気があって、チケとりが厳しかったのです。

でも、初演のときから、平野ベスも気に入っていたので、この組み合わせも好きです。
発売決定したDVDの組み合わせが、これだったら、よかったなあと思いました。
(実際は、メアリーが未来さん。未来さんも好きですけどね。組み合わせ的な好みで。)

座席は、1階L列サブセンター。
ああ、もっと近くで観たいよ~。
これより前方席が、おけぴで売っていたし・・・。

そういえば、しまいなくしたCDがまだ見つからないので、曲をリピートできずに困っています。

ふとした瞬間に浮かぶのが、なぜかアンの歌だったりしますw

「悪魔と踊らないで」とか「ベスを消せ」も、突然浮かんできます。
楽曲は、やはり好きなのかもしれません。

意外と浮かばないのが、ロビンの歌かも。

平野ベスは、相変わらず、小動物を思い出させるかわいさでした。
歌も、更にパワーアップしている気がします。
衣装も似合っています。
未来のエリザベス女王って雰囲気はあまりありませんが、ベスの青春というテーマにはぴったりです。

男装のシーンでの加藤ロビンとのやりとりが、笑えるし、かわいいので、好きです。
初演で、このシーンの平野ベスを観た時は、あまりにかわいいので、同じシーンを花總さんでやるのは、酷じゃないかと感じた記憶があります。
しかしながら、実際の花總ベスも、愛らしく演じており、花總まりというモンスター(いい意味で)に衝撃を受けたことを思い出しました。
それは、花總さんのシシィを観る前であり、その前は、「ドラキュラ」の舞台で観ていただけだったので。

平野ベスは、吉沢メアリーと相性がいいですね。
本当に異母姉妹のように見える。

吉沢さんのメアリーは、未来さんとは全く違う印象を与えます。
性格のきつさは同じなんですけど、吉沢メアリーのほうが、孤独感が見え、ちょっと同情してしまいます。
吉沢さんは、報われない役柄が似合う女優さんですね。

古川フェリペは、もう眼福でしかない。
まあ、ちょっと丸くなったのは、不満ですが、あの衣装を着こなせるだけですごい。
DVDが加藤ロビンとの組み合わせで、よかったです。

この作品がいまいち、面白くないのは、脚本が悪いというか、物語の流れが悪いからだと勝手に思っているのですが、それでも、加藤ロビンと古川フェリペのシーンは、楽しくて、微笑んでしまいます。

ベスとロビンの物語としては、初演のほうが、好きかもしれません。
再演は、ロビンの存在がややうざく感じてしまうんです。なぜかしら。

和樹くんは、ロビンとかロナン@1789とか、庶民的な役が似合いますね。
でも、王子様ぽい役もやってほしいなあ。
「フランケンシュタイン」での軍服姿も好きなので、かっこいい系の和樹くんも観たい。
「マタ・ハリ」に期待している。

出番は少ないけれど、きっちりと印象を残す石川禅さんと吉野圭吾さんが素晴らしいです。

前回の感想で、涼風真世さんがベスでもいいわと書きましたが、メアリーでも観たいなあと思いました。


今回はまったくもって、ゆるい感想しかなくすみません。
好きなキャストが出ているのに、自分でも、あまりハマれず、残念です。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blackjubi.blog53.fc2.com/tb.php/1452-3da8a614