FC2ブログ

偏愛的独白

『パジャマゲーム』その2

大阪公演も、昨日、千秋楽を迎えたようですね。

感想の続きです。

メインキャストのほか、アンサンブルさんが、素晴らしかったです。
歌はもちろんですが、踊れる人を選んだのかなあと思いました。

まずチェックしたのは、加藤良輔くん。
テニミュOBですものね。
新納シドに対して、反抗的というか、痛くもないのに、怪我をしたと騒ぐ面倒臭い奴でしたw

それから、「スチーム・ヒート」を北翔さんと踊る青山航士さんと神谷直樹さん。
圧巻でしたね~。
かっこよかった!
青山さんは、年を重ねても、踊りが衰えないし、存在感が増しています。
「グランドホテル」や「王家の紋章」でも、記憶に残りました。

神谷直樹さんは、これまで観たことがあったかなあと思ったら、「ドラキュラ」に出演していたみたいです。

「王家」つながりで、工藤広夢くんも、活躍していてうれしい。
ダンスいいね~。
ピンクのパンツ姿も、笑いを誘っていました。

木内 健人さんは、「グランドホテル」が印象的だけど、「グレート・ギャツビー」にも出ていたのよね。
そして、来年は、「タイタニック」に出演が決まっている。
今後が楽しみな人ですね。

女性では、音花ゆりさんがすぐわかりました。

あとは、鈴木結加里さんが、大活躍!
かなりはじけていて、笑いをとっていました。
ロミジュリのモンタギュー夫人のときは、あまり好みじゃなかったのですが、いろんなミュージカルに出ている実力派なのですね。
元劇団四季とは知りませんでした。

楽曲リストは、以下の通り。

第一幕

(M0)オーバーチュア
(M1)パジャマゲーム オープニング
(M2)時計と競争
がちゃがちゃしてるけど、楽しい歌。

(M3)ブルー・タウン
シドが、赴任してきて歌うソロナンバー。

(M4)時計と競争 リプライズ
(M5)恋なんてしない
ベイブが、全然恋してない、タイプじゃないと歌う。
工場のみんなは、ベイブを冷やかす。
さすが、北翔さんの歌は、歌詞がちゃんと聞き取れる。

(M7)やきもちはやかない
阿知波さんの歌、久しぶりに聞きましたが、好きです。
千弘グラディスにやきもちをやかないと言う栗原ハインズに、「こういうときは、どうする?」と阿知波メイベルが問いかけるナンバー。
「彼女を信じる。やかない、やかない、やかない」と歌う栗原ハインズ。

(M8)ねえ きみ
ベイブを誘うけど、つれなくされるシド。
「恋に落ちたね 賢かった君がどうしたんだ?」と歌う新納さんが素敵。
公式によれば、「前半は録音機に吹き込まれ、後半は録音した自分の声との掛け合い&デュエットとなる、凝った作りのナンバー」とのこと。
確かに、録音した声とデュエットしてました。

(M9)スリープタイト社歌
(M9a)彼女
千弘グラディスに迫る上口プレッツ。
上口くんって、踊りの人のイメージがあったけど、歌、どんどんうまくなっている気がする。

(M10)年に一度(&ポルカ)
「今日は年に一度、年に一度~」とみんなで歌い踊る。
まあ、無礼講ってことなんだろけど、結構、大胆な皆さんw
このシーンは、きっとリピートしたほうが、楽しめそう。

(M11a)年に一度(クロスオーバー)
(M12)おしゃべりはやめよう
(M13)愛なら負けない
(M14)スロー・ダウン
(M15)一幕フィナーレ(ねえ きみ リプライズ)

第二幕

(M17)スチーム・ヒート
こちらは、歌よりも、ダンスに惹きつけられる。
男役時代を思い出させるような北翔さんの衣装とスタイルと踊り。

(M18)ザ・ワールド・アラウンド・アス
シドとベイブのことを思いやる広瀬チャーリーのセリフ回しが、無茶苦茶いい。
優しいんだなあ。
広瀬くん、こんなにも、感情を乗せてセリフを言えるんだなあ。
もちろん、歌声も甘く切なくて、ぐっとくる。

(M19)ねえ きみ リプライズ
一幕では、シドが歌った歌を、今度はベイブが歌う。
歌うときの北翔さんは、恋する女性そのものの歌声。
「ねえ、君、彼に夢中ね。冷たいふりしても・・・」と。

そして、シドとデュエット。

(M20)ファクトリー・ミュージック ~スローダウン
(M21)時間は節約できる
(M21a)ラジオミュージック
(M22)ヘルナンドス・ハイダウェイ
あ~、なんかこの曲は、聞いたことがあるような。とてもキャッチーなメロディ。
千弘グラディスの歌も踊りも、すごくいい。

酔っ払いの千弘グラディスが、栗原ハインズに「がお~がお~」叫ぶところが、可笑しいし、かわいい。

(M24)七セント半
「七セント半じゃろくなものが買えない」「私は計算した」「今日から10年後には大きな差がつく」とか従業員たちが歌う。

ストライキは中止に、従業員たちの勝利となった。
(一応勝利だけど、社長はひどいよねw)

(M25)愛なら負けない リプライズ

ベイブ「愛してる」
シド「もっともっと」

ストレート過ぎて、こちらが照れてしまうシーンでした(笑)。

(M26)パジャマゲーム クロージング

みんながいろんなパジャマを着て、次々と登場するのが、楽しかったです。

以上、覚えている部分だけの感想です。
どの曲も、いいと思うのですが、CDにはならないのかな?
まあ、これが出るなら、「グランドホテル」も出してほしいし。
海外版のCDでも買うしかないかしら。

カテコでは、北翔さんの挨拶がありましたが、北翔さんって、天然なのかな?
とても面白くて、ほっこりしました。

北翔さんは、真面目で恋愛に不器用な感じがとてもよく出ていたし、コメディも似合うと思いましたが、ベイブ役よりもっと似合う役があると思うので、次の舞台を楽しみにしています。
いつか帝劇で観たいです。

日本青年館じゃなかったら、もう一回くらい観たかもしれない。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blackjubi.blog53.fc2.com/tb.php/1448-75994677