FC2ブログ

偏愛的独白

『ヤングフランケンシュタイン』

ミュージカル『ヤングフランケンシュタイン』
2017年8月11日(金)~9月3日(日)
東京国際フォーラム ホールC

作詞・作曲:メル・ブルックス
脚本:メル・ブルックス トーマス・ミーハン
演出・上演台本:福田 雄一

振付:上島 雪夫
音楽監督・指揮:上垣 聡
美術:二村 周作
照明:高見 和義
音響:山本 浩一
歌唱指導:山川 高風
衣装:神波 憲人
ヘアメイク:宮内 宏明
訳詞協力:土器屋 利行
演出助手:伊達 紀行
舞台監督:津江 健太

主催:フジテレビジョン/キョードー東京
後援:サンケイリビング新聞社
企画制作:フジテレビジョン

出演

フレデリック:小栗 旬

インガ:瀧本 美織

ケンプ警部:ムロツヨシ

アイゴール:賀来 賢人

ブリュッハー:保坂 知寿

モンスター:吉田 メタル

ヴィクター:宮川 浩

エリザベス:瀬奈 じゅん

遠藤 瑠美子
可知 寛子
香月 彩里
小暮 キヨタカ
小山 侑紀
坂元 宏旬
高原 紳輔
竹内 真里
常住 富大
丹羽 麻由美
伯鞘 麗名
辺田 友文
福田 えり
堀江 慎也
横山 敬
横山 達夫

S席12000円
A席9000円
B席7000円

上演時間:第1幕90分 休憩 20分 第2幕75分 合計185分(3時間5分)

201708young.png

本ミュージカルは、喜劇の天才メル・ブルックスが1974年に公開した映画「ヤング・フランケンシュタイン」を、後に彼自身がミュージカル化したという爆笑コメディミュージカル作品です。メアリー・シェリー原作「フランケンシュタイン」を元にして生まれたいくつかの映画を徹底的にパロディ化したことで、多くの映画ファン、コメディファンの心をつかむ作品となりました。ミュージカル版は、トニー賞12部門受賞の最多受賞記録を持ち、当時の興行記録を次々と樹立した「プロデューサーズ」のクリエイティブ・スタッフが手掛けたことでも話題となり、2007年ブロードウェイで開幕。(公式より)



あらすじ

かつて、トランシルバニアにて怪物を生み出し、人々を混乱に招き入れたマッドサイエンティストのヴィクター・フォン・フランケンシュタイン博士(宮川浩)の葬儀からすべては始まる。若い頃にヴィクターが生み出したモンスターに襲われた過去を持つケンプ警部(ムロツヨシ)を含め、村人はみな彼の死を喜んでいたが、城を相続する孫息子の存在を知り、驚愕する。

その孫息子であるフレデリック(小栗旬)はフランケンシュタイン家の末裔であることを隠しながらニューヨークの有名な脳外科医として過ごしていたが、ある日祖父の城と遺産を継がなければならないことを知らされる。彼にはエリザベス(瀬奈じゅん)という婚約者がいるためニューヨークに留まりたかったが、しぶしぶトランシルバニアに行くことに。

トランシルバニアでは少し変わった風貌のアイゴール(賀来賢人)と、セクシーな地元の女の子インガ(瀧本美織)が助手として出迎え、屋敷では古くから勤める家政婦のフラウ・ブリュッハー(保坂知寿)が待っていた。

フレデリックは数日間この不思議な城に滞在するうちに、かつて祖父のヴィクターがモンスターを造り出した実験記録を読み、自分も同じように実験をしたいと思うようになってしまう。そして、実際にモンスター(吉田メタル)を生み出してしまったことで、村中を巻き込む大トラブルに発展し…(公式より)



チケットをとったときは、絶対観たいと思っていたんです。
小栗旬主演だし、ムロツヨシ出るし、福田さん演出だし。

ただ、福田さんの演出は、無茶苦茶ハマるときと、空回りするときがあるので、今回はどちらなんだろう?とは思っていました。
元の映画もミュージカルも、全く知りません。

良席はとれないと思ったので、最初からB席狙いで。
3階9列センターブロック。
思ったより見やすかったですが、前の方が前のめり系だったので、舞台中央が見えないときもありました><

主催は、ホリプロかと思ったら、フジテレビ&キョードー東京でした。

福田さんの笑いについていけなかったら、つまらないだろうと思っていましたが、意外と、面白く、楽しめました。
1公演でいいやと思っていましたが、観劇後は、リピートしたくなりました。チケット完売でしたが。

下ネタもありますし、時事ネタ(秘書を罵倒する議員とかw)もあり、とてもDVDにはできないアドリブもありましたが、小劇場ではなく、国際フォーラムで、こういうネタに笑う日が来るとは(笑)。
下ネタも、割とからっとしているので、大丈夫でした。

セリフもアドリブも笑えるし、歌もいいし、お芝居部分も多いので、一幕が90分と長いのですが、飽きずに観られました。

1月の暗い「フランケンシュタイン」もよかったですが、この明るい「ヤングフランケンシュタイン」も、楽しくていいなあと思います。
たくさん笑って、心があたたまって、いい気分で帰れます。

ややネタを作りこみ過ぎて、万人にわからない部分もあったかと思いますが、全体的にはよくできた舞台で、福田さんの今後の演出にも期待が持てます。

振付が上島先生なんですよね。
踊る小栗くんと賀来くん、かっこよかったな~。

ミュージカル初主演で、歌も初披露の小栗くんは、普通に歌えていました。
バズーカ系ではないし、朗々と歌い上げる系でもなく、カラオケで歌ってうまいねくらいの感じです。

どちらかといえば、お芝居部分のほうがいいですね。
イケメンだし、コメディセンスもあって、長身で舞台映えします。
髑髏城での捨之介も素敵でしたが、ちょっとおまぬけな感じもする役も、いいなあと思いました。
飲み会中に奥さんから、テレビ電話がかかってくると賀来くんに暴露されていて、笑えました。

グランドミュージカルには合わないかもしれないけれど、新しいミュージカルやオフブロードウェイ作品に、小栗くん、出てほしいです。

そして、賀来くんも大活躍。歌も踊りも、舞台度胸も最高で、さすが、福田さんに鍛えられているなあと感心。
賀来くん、イケメンなのに、自分を捨てた演技で、笑わせてくれます。

ヒロインは、瀧本美織さん。
以前に、バンドのドラマをやってましたよね。
歌も踊りもうまいらしいと聞いてましたが、ほんとに上手でした。
しかも、キュート。
なのに、おばかさん&お色気キャラなので、はじけた演技に感服しました。
いろいろとゆるいというか(笑)。
それでも、下品にならないのは、かわいさゆえでしょうか。
福田さんにここまでやらされるんだ~と思いましたよねw

ムロツヨシさんも相変わらずのムロツヨシでしたw
何役もやっていて、その大変さを舞台でばらすし、「あれ?歌がうまい?」と思ったら、口パクで、実際は陰で、高原紳輔さんが歌っていました。
でも、千秋楽には自分で歌うと豪語してましたよ。
福田さんは、高原さん推しなんですよね。
クリエでのエドウィンのときも、客席にご両親が来ていますと言ってましたが、今回もいらしていたようです。

台本通りなのかアドリブなのかわからないムロさんのセリフや演技が、面白すぎて、笑ってばかりいました。
ムロさんっていいですよね。

盲目のおじいさんを演じるムロさんが、モンスターを、意図せずに、傷つけてしまうシーンは、モンスターがかわいそうでした。
(目が見えないので、スープを頭にかけてしまったりする。)

吉田メタルさんのモンスターも、かなり印象深い役です。
そして、後半はおいしい。

ブリュッハー役の保坂知寿さん。
知寿さんは、すっかり福田組という感じですね。
貫禄の歌うまで、おまけに面白いw
ブリュッハーと呼ばれるたびに、馬がいななく設定(ブリュッハーがハイヤーというかけ声に聞こえるというもの。)は、そんなに面白くないのに、なぜか笑ってしまいました。

そして、エリザベスは、瀬奈 じゅんさん。
小栗くんの婚約者としては年上っぽいなあと思っていましたが、歌も演技も突き抜けていて、女優魂を感じました。
東宝ヒロインとしての瀬奈さんよりも、今回のような重要な脇役のほうが、ずっと素敵でした。

婚約者なのに、キスもさせないし、外見にばかりこだわっているエリザベスですが、モンスターに誘拐されたあとは、愛に目覚めて大胆になり、幸せになって、よかったと思いました。
その変わりっぷりを、瀬奈さんが豪快に演じていて、こういう役のほうが瀬奈さんは生きるなあと思いました。

ダンスやタップもあり、モンスターへの愛もある楽しいミュージカルでした。
再演があれば、絶対行きます。

Comment

緋紗緒(ひさお) says... ""
>たまさん
ご覧になったのですね。
大阪でも満席ですか、すごいですね。
スタッフが横柄だと、楽しい観劇も気分が悪くなりますよね。
宝塚や東宝スタッフは、教育も行き届いているのかもしれません。

瀬奈さんのハゲネタは、私も大笑いしました。
こういう時事ネタが入るところが、福田さんらしさなのでしょう。
たまには、深く考えずに楽しめるこういうミュージカルもいいですよね。
主演が小栗くんだから、チケットも売れますし。
機会があれば、オリジナルも観たいと思ってます。
2017.09.08 23:56 | URL | #- [edit]
たま says... ""
今日見ました。平日の夜にも関わらず満席でした。
キョードーの仕切りなので、心配でした。
入るときはスムーズでしたが、帰りは1つ出口を意味不明にふさいでいて少し嫌な気持ちになりましたが、特に問題はなかったです。
キョードーのスタッフは観客に横柄な態度で困惑します。何か勘違いしてますよね。

宝塚や東宝や松竹のように自分の小屋を持っていない公演はキョードーに依頼するので、いつも憂鬱になります。

個人的にはピンクのワンピースを着た瀬奈さんが運転手に「このハゲー」と怒鳴った後にミュージカル調になるところが一番笑えました。
あと、ムロさんの自虐ギャグが受けました。
本当に声が悪くてミュージカルには向いてないですね(笑)
小栗旬さんは格好いいし、笑えたので、会社帰りのストレス解消に丁度良かったです。
2017.09.07 22:37 | URL | #SVUff9GE [edit]
緋紗緒(ひさお) says... ""
>のあのあさん
うんうん、美織ちゃん、かわいいですよね!
私も、あそこまでできる子とは思っていなくて、うれしい発見でした。
ムロさんは、もう、ムロさん以外は演じられないかも(笑)。
賀来くんは、「RENT」の主演もしたことがあるし、私は好きです。

小ネタは、やばいですよね~。
映像化しないからこそ、できたのかも。
瀬奈さんがはじけていて、それもよかったと思います。
福田演出は、楽しんだもん勝ちなのかもしれませんね。
グリブラ、観られてうらやましい。
トライベッカ初回は、無料放送で観てつまらなかったのですが、グリブラは、面白そう。
2017.09.02 02:06 | URL | #- [edit]
のあのあ says... ""
私も観てきました‼

美織ちゃんの舞台姿は初めて観たのですが、歌にダンスに演技とバランスがよくて、しかも可愛いなぁ~と。ムロさんはテレビで見た通りのムロさんだし(笑)
賀来くんは舞台ではお初ダッタデスガ、こちらもすごくうまくて、ビックリでした。

フランケンシュタインを、みているものとしては、怪物が幸せになってくれるのは嬉しいなと。ずっと緑なメタルさんも、元ししぃな瀬名さまにあんなことまで‼とか、そのコネタ、絶対映像化できないよ‼とか、いろいろ楽しかったです。
福田さんは、ひとまず次回のグリブラが楽しみです(*≧∀≦*)
2017.09.01 08:56 | URL | #- [edit]
緋紗緒(ひさお) says... ""
>たまさん
くれぐれも、期待せずにご覧くださいませ(笑)。
福田演出は、ほんと好みが分かれると思いますので。
そのカッキー、観たかったです!
今回も似たような感じで、ジブリやディズニーなど出てきてました。
オリジナルに忠実に演出しても楽しい作品だとは思いますが、福田色満載でした。
2017.08.30 23:39 | URL | #- [edit]
たま says... ""
私も来月観劇予定です。
面白かったんですねー(^^)

福田さんの舞台は1回しか見てないと思うのですが、その時はカッキーがライオンキングの真似をして四季の母音発声法をバカにしたり、面白かったですが、storyとかけ離れていって、結局肝心の話がよく分からないまま終わってしまった…という感じでした。
今回はそこまで脱線しないのかな?
小栗さんの初ミュージカル、どんな感じなのか楽しみにです。
2017.08.30 12:46 | URL | #SVUff9GE [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blackjubi.blog53.fc2.com/tb.php/1419-2670543d