FC2ブログ

偏愛的独白

駄作ではなかった!~『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』/『Dramatic “S”!』2回目~

前回、ポスター写真をアップし忘れました。

201706snow.png

二回目の観劇行ってきました。
座席は、1階最後列。

初見の感想で、これが退団公演なのか?駄作なのかもしれないと書いてしまいまして、今回は、本当に駄作なのか見極めてまいりました。

結果、タイトルの通りでして、駄作ではないと思いました。

ただし、一回切りの観劇で、駄作と断じた方のお気持ちもわかります。
私もこの作品をどうとらえたらいいのか、最初はわかりませんでした。
早霧さんファンとしても、雪組ファンとしても。

2回目はですね、展開もわかっていますので、むしろ、一場面一場面が見どころがありすぎて、目が足りないという感じでした。
ただ、これは、私が雪組が好きだから、かなり贔屓目かもしれませんね。

もともとの映画が名作らしいですし、落語のネタもあり、それがわかった上でしみじみとかみしめるような作品だなあと思いました。

劇的なラブストーリーじゃないんですよね。
ただ、ある意味、これを宝塚で上演すること自体が、冒険であり、この出来栄えなら上出来じゃないかと思うようになりました。

この作品、今の雪組でやるのが、一番あってますよね。
そして、また、いつか、佐平次を演じられるトップが出て来たら、再演に値する作品だと思います。

ラブラブ要素があってドキドキするような作品だったら、よかったなあという気持ちもまだ残っていますけどね。

それと、二番手の望海さんと退団する香綾さんの出番がもっとあってもよかったと思いました。

この作品の音楽がまたいいんですよ。
じーんとくる歌詞で。

そして、初見で見つけたかっこいい男役の名前がわかりました!

星加 梨杏さん♥

鳳翔 大さん演じる金造の友人役なのです。
お金をだまし取ろうと、金造の棺桶をかついでやってくるのです。
星加梨杏さん、美形です!
もう一人の友人を 縣千さんが演じています。
縣さんは、いつも目立つのですが、顔が濃くて、既に完成された感じがあります。
星加さんは、初々しさもあり、これから、どう成長していくのか楽しみです。
んもー、なんやかんや言って、雪組のチケットとり続けそうw

そして、また星加梨杏さんは、ショーでも見つけることができました。
彩凪さんの後ろで踊っていたと思うんですが、星加さんと鳳華 はるなさんが、かっこよくて、釘づけでした。

若手ですと、 煌羽さん、真地さん、諏訪さん、陽向さん、縣さんの銀橋シーンもあったのですが、それよりも、強烈に私の心に残りました。
もうやだ・・・しばらく、宝塚をお休みして、来年の「モーツアルト!」貯金を始めようと思っているのに、なんで、そんなにかっこいいんだろ><

というわけで、キャスト感想を。

居残り佐平次:早霧 せいな
かっこよくないんですよ。
だけど、すごくいいんですよ。
お調子者のようでいて、実は賢くて、スマートに立ち回り、でも、ちゃっかりお金を懐に入れて、万事うまくまとまるように手配するという不思議な人なんです。
こういう早霧さんがもう観られないと思うと・・・。

女郎おそめ: 咲妃 みゆ
かわいいだけじゃなくて、こういう色気も出せるんですね。
女郎役ですが、下品にならず、お茶目でかわいかった。
早霧さんとのタンゴ、星乃あんりさんとの喧嘩、鳳翔大さんとの心中、どれもこれも、笑わせてもらいました。
就任したときよりも、洗練されましたね。
ショーでも目を引きました。

高杉晋作:望海 風斗
なかなか出てこないし、おいしい役ではないけれど、望海さんが歌うとほっとする(笑)。

やり手おくま: 舞咲 りん
こういう役をやらせたら、絶品ですね。
歌もうまいし、貴重な娘役です。

貸本屋金造:鳳翔 大
最後まで、かっこいいのに、笑わせてくれる男役でした。
そして、ショーでは、よくウィンク投げてくれましたよね。
今回は、前方席がないので、その機会はありませんが。

鬼島又兵衛:香綾 しずる
演技派なのに、もったいない使い方でした。退団するので、もう少し出番が欲しかった。
星乃あんりさん相手にデレデレするところは、大笑いでした。
煌羽さん演じる長州藩士の役でもよかったのになあ。

久坂玄瑞:彩凪 翔
出てくるだけで目立つし、かっこいいけれど、見せ所は少なく、いつもと変わらない感じ。
活躍してほしいけれど、これから、どういう役をやっていくのか、気になります。

大工長兵衛:真那 春人
かっこいい役も面白い役も、落ち着いた役も何でもござれの真那さん、貴重な男役ですね。

息子徳三郎:彩風 咲奈
観るたびにかっこよくなっていき、存在感を増してますね。
今回の役も、いい感じで力が抜けていて、放蕩息子にぴったり。
コメディも上手なのね。
かつては、三番手に不安があったけれど、今は、頼もしいし、まだまだ変わっていく気がする。

岡っ引き平六:久城 あす
今回は、出番少なかったわね><
歌もうまいし、応援してるんだけど。

志道聞多:煌羽 レオ
逆に、 予想外に出番も歌もセリフも多かった。
ショーでも、活躍していて、ちょっと驚いた。
ただ、かすれ声なので、セリフが聞き取りにくかった。
ショーのほうが、かっこいい。

女郎こはる:星乃 あんり
売れっ子女郎って感じで、きれいだった。
ああ、退団するの、もったいない。
早霧さんと共演した「双曲線上のカルテ」では、ヒロインで、お似合いだったなあ。

倉造息子清七:永久輝 せあ
お芝居では、出番が少なかったけど、ショーは、出番が多く、目立っていた。
なんであんなに、輝いているのだろう?
銀橋にずらーっと組子が並んで、永久輝さんがいないいないって思ったら、次にソロで出てきたときはびっくり。
ロケットの前のソロ。
これからが楽しみです。

女中おひさ:真彩希帆
今までほとんど知らなかったけれど、歌もうまいし、演技もよかった。
トップ娘役に選ばれたのがわかる。


残りのチケットは、3枚。
ああ、終わりが近づいてくる。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blackjubi.blog53.fc2.com/tb.php/1400-726b8484