FC2ブログ

偏愛的独白

宝塚歌劇星組公演ミュージカル『スカーレット ピンパーネル』2回目

2回目の観劇は、1階17列サイドブロック。

友の会でゲットしたお席です。
最大限申し込んでも、1公演しか当たりませんね><

今回も、紅パーシーの暴走(笑)は続く。
それをあたたかく見守る感じの客席がいいですね。
皆さん、待ちに待った紅パーシーなのでしょうね。

楽曲は、どれもが素晴らしいのですが、宝塚版で特にいいのは、「ひとかけらの勇気」の使われ方でしょうね。
非常に印象的に使われており、これが歌われるだけで、じわ~っと来ます。

帰宅してもなお、この歌を口ずさんでいる自分に気づきます。

紅パーシーの熱唱を聞きながら、3月の「スパークリング・ヴォイス2」での姿月あさとさんを思い出していました。
姿月パーシーも素敵でした。

この作品は、夫婦のすれ違いも描いているわけですが、石丸パーシーを観た時に、安蘭マルグリットにすごく冷たい感じがしていました。
演出上、それでOKなのですが、宝塚のパーシーは、さほど冷たくない気がします。
紅パーシーは、綺咲マルグリットに疑いを持ちながらも、優しい感じがしました。
実際に、紅さんが綺咲さんを見守る気持ちが出ていたのかもしれません。

一方の綺咲さんは、若いだけに、緊張感があふれていて、余裕のない感じを受けます。
ちょっとツンケンしすぎかなと。
これまでのマルグリットは、もう少し落ち着きがあったと思うので。
でも、童顔で初々しいマルグリットも、新鮮ではありました。

礼ショーヴランの歌声は、ますます心地よく、必死のアドリブ受けも、かわいく思えます。
タイプとしては、月組の明日海さんのショーヴランに近いのかな?

星組は、礼さん以外は、どなたが、歌がうまいのでしょう?
そのあたりが、まだ把握できませんでした。

そして、ピンパーネル団ですが、ちゃんとチェックしました!
ファーレイ役の紫藤りゅうさんとベン役の天華えまさんが、キラキラしていて、私の好みでした♥

アルマン役の瀬央ゆりあさんは、きりりとしたかっこよさで目立っていましたが、メイクのせいか、ややきつい顔立ちに見えました。

梅芸版も、宝塚版もどちらもいいと思いますが、宝塚版の王太子エピソードを考えた小池先生は、やはりすごいなと思いました。
物語にメリハリがつき、わかりやすくなっているのです。
ただ、梅芸版は、安蘭マルグリットの男前な姿を観たいので、そのままでいいと思っています。
お笑いネタが、もう少しスマートなものになると、更にいいのですが(笑)。

ところで、今回の観劇の前に、初演の星組版をDVDで観ました。

安蘭けいさんが美しくて、感動しました。
紅さんとは、また別の美しさです。
初めて、好きになった男役ですからね~。(といっても、生では、2作品くらいしか観てません。)
「祈り」を聞いて、泣けてしまいました。

そして、ショーヴランの柚希さんも、こんなにかっこよかったのかと。
礼さんとは、タイプ違いますね。
柚希さんのトップ時代の役柄よりも、ショーヴランのほうが好きかも。
安蘭さんとの並びも麗しい。

ああー、ベンは、紅さんじゃないですか!(忘れてましたw)

エルトンは、夢乃聖夏さん!
ハルは、壱城あずささんです。

アルマンは、和涼華さんです。
書いたことないと思いますが、和涼華さんの顔(素顔よりメイク顔)が、大好きだったんですよね。
和さんが、トップになる可能性って、全然なかったのでしょうか。

夢咲ねねさんが、マリーを演じていて、かわいらしいです。
蒼乃夕妃さんも、出演しています。
この二人が、「グレート・ギャツビー」で共演するとは、感慨深いですね。

このころの星組、いいですね~。
当時は、さほど、宝塚に興味がなくて。

もちろん、今の新生星組も、立派な組だと思いますが、安蘭けいさんトップの星組は、初恋の味がします(笑)。

だから、王太子と安蘭パーシーの「ひとかけらの勇気」のシーンも、涙が出ました。

そういえば、今回の観劇では、まだ泣いてませんね。

残すところ、あと1回となりました。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blackjubi.blog53.fc2.com/tb.php/1379-a630717f