FC2ブログ

偏愛的独白

謹賀新年&2016年総括その1

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

blogでは、Twitterと違って、すぐに感動を伝えられないもどかしさがありますが、なるべく率直な感想をお伝えしていきたいと思っておりますので、今年も、ぜひ遊びにいらしてくださいね。

2016年の観劇本数は、65本でした。2015年が78本なので、少し減っていますね。
もっと観たような気がしていましたが、そうでもなかったようで。
観劇が多い月と少ない月の差が激しかったです。
それから、『エリザベート』にお金を継ぎこみ過ぎて、ほかの演目を増やす余裕がなかったとも言えます><
もうちょっと計画的にチケット手配をしなければと反省しております。

演目は、こちら→http://blackjubi.blog53.fc2.com/blog-entry-1118.htmllと、
テニミュはこちら→http://blackjubi.blog53.fc2.com/blog-entry-977.htmlにあります。

マイベストですが、決めるのにかなり時間がかかりました。
なかなか絞り切れず、2016年は、いい舞台に恵まれたのだなあとしみじみ感じました。

第10位:『プリシラ』
『王家の紋章』と最後まで迷いましたが、こちらのほうが完成度が高く、ラストの感動とカタルシスも大きかったので。
使われている楽曲が、私好みというのも大きな要因ですが、出演者も素敵だったのもあります。
特に誰のファンでもなかったのですが、素晴らしい舞台でしたし、宮本亜門さんへの苦手意識が少し薄れました。

第9位:『キンキーブーツ』(来日版)
日本版と迷いましたが、字幕のお陰で、歌詞が把握できて、こちらのほうが、わかりやすかったので。
こちらも、楽曲がシンディ・ローパーというのが、大きかったですね。

第8位:宝塚歌劇雪組公演『るろうに剣心』
初見では面白さを堪能できませんでしたが、原作と宝塚システムの制限のある中で、よく仕上げていたと思います。
トップスター早霧せいなさんはじめ、雪組の皆さんのビジュアル、演技に感動しました。

第7位:宝塚歌劇雪組公演『ドン・ジュアン』
もともとの楽曲がすばらしいのもありますが、歌唱力とビジュアルで圧倒した望海風斗さんに魅了されました。
再演を希望します。

第6位:『アラジン』
劇団四季も、ディズニーも、敬遠してきた気がしますが、観てみたら、素直に感動しました。
出演者にこだわらず、今後は、チケットとろうと思いました。


第5位以降は、明日に。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blackjubi.blog53.fc2.com/tb.php/1306-0f5aece7