FC2ブログ

偏愛的独白

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学vs六角

東京:2016年12月22日(木)~25日(日)TOKYO DOME CITY HALL
大阪:2016年12月30日(金)~2017年1月8日(日)大阪メルパルクホール
愛知:2017年1月20日(金)~22日(日)日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
宮城:2017年1月28日(土)~29日(日)多賀城市民会館 大ホール
福岡:2017年2月3日(金)~5日(日)キャナルシティ劇場
東京凱旋:2017年2月9日(木)~12日(日)TOKYO DOME CITY HALL

原作:許斐 剛『テニスの王子様』(集英社 ジャンプ・コミックス刊)
オリジナル演出:上島雪夫
演出:本山新之助
音楽:佐橋俊彦/坂部 剛
脚本/作詞:三ツ矢雄二
振付:本山新之助/上島雪夫
主催:テニミュ製作委員会
協賛:ファミリーマート

出演
<青学>
越前リョーマ:阿久津仁愛
手塚国光:宇野結也
大石秀一郎:松村 優
不二周助:定本楓馬
菊丸英二:永田聖一朗
乾 貞治:加藤 将
河村 隆:鈴木雅也
桃城 武:吉村駿作
海堂 薫:牧島 輝
堀尾聡史:相馬眞太
加藤勝郎:奥井那我人
水野カツオ:畠山紫音

<六角>
葵 剣太郎:矢代卓也
佐伯虎次郎:二葉 要
黒羽春風:陽向謙斗
天根ヒカル:坂垣怜次
樹 希彦:高木眞之介
木更津 亮:佐藤祐吾
首藤 聡:千葉冴太

<氷帝>
跡部景吾:三浦宏規
忍足侑士:井阪郁巳
宍戸 亮:小早川俊輔
向日岳人:北乃颯希
芥川慈郎:田村升吾
滝 萩之介:山﨑晶吾
樺地崇弘:八巻貴紀
鳳 長太郎:渡辺碧斗
日吉 若:内海啓貴

上演時間:一幕50分 休憩15分 二幕50分

初日、行ってきました!

前回公演の座席がひどくて(段差のないアリーナ席)楽しめなかったので、今回は、どこでもいいから、バルコニー席当たれ!と思って、TSCでエントリーしたら、またしても、アリーナ席で、がっくり。
が、実際に行ってみると、アリーナは、3列ごとに段差がついていて、互い違いになっているので、私が座った10列センターブロックは、それなりに舞台が見える席だった。
といっても、バルコニー席からのように全体は見渡せず、舞台の両袖近くで演技をされると、前の人の頭に隠れてしまうが、それでも、前回よりは、マシ。

それにしても、前回も書いたけど、テニミュの客は、偉いな。
ほんと、みな、微動だにしない。
オペラグラスの上げ下ろしも、静かだし。
きっと、私の後ろの11列の人たちは、かなり見づらかったはずなのに。
トイレダッシュして、人の足を踏みつけていく人もいないしw

そして、惜しみない拍手。

初日で緊張していた役者にとっては、非常にあたたかい観客だったと思う。

ほんと、9代目青学陣は、緊張度が半端なかった。
大丈夫か?と思った。
セリフとか歌い出しとかラケットさばきとか、冷や冷やしたぞw

以下、雑感。

完全にネタバレしていますのでご注意ください。








開演前アナウンスは、手塚役の宇野結也くんでした。

開幕して、舞台中央奥に誰か立っている。
顔が見えなくて、シルエットというか、髪型で、跡部だとわかったんだけど、一瞬、加藤和樹が見えてしまった><
こりゃ、かなり重症だなと思った。
加藤和樹じゃなくて、三浦くんだったんだもの。フツー、間違えないのになー。
幻、見ちゃったんだよね。

跪け、崇めろ、奉れが、遠くで響く感じ。

そして、氷帝との試合の簡単なおさらいっぽいシーン。

ちなみに、ワタクシ、新曲かどうかわかっていません><
ファーストのときの曲以外は、あやふやなのですみませんm(__)m。

回想シーンのあとは、青学の歌。

リョーマが何か歌い出したけど・・・えっ?
失敗したのか、これが通常なのか、わからなかった。
声が出ないのか、風邪引いているのか、喉つぶしたのかと思った。
リョーマ役の阿久津仁愛くんは、帽子をかぶっているので、顔はよくわからない。
声は甲高い。
歌が、危ういのは、緊張のせいかもしれない。

一年生トリオのシーン。
カチロー役の奥井那我人くんの声が、印象的。

「六角中ってどんなチーム?」ってことで、六角が、客席通路から登場。

ダビデがダジャレ言って、笑ったのに、中身忘れた。

ダビデ役の坂垣怜次くんは、遠見は、すごくかっこいい。

首藤役って、必要だったのかなあ。出番少なすぎて、なんかかわいそう。

六角の曲は、楽しくていい感じ。
声はよく出ていたと思う。
メンバー紹介もある。

六角メンバーは、うーん、サエさんが、残念;;
もう、伊礼彼方のような奇跡は起きないのかな。
ほんと、ファースト厨でごめんなさいとしか言えない。

樹役の人は、既に炎上しちゃってるし。
こういう情報って、無駄に伝わるのが速いよね。

手塚の不在を不安がる大石。
そして、「一年の頃の手塚はすごかった」エピソードに、リョーマ、桃、海堂が踏ん張るシーンは、笑える。
今回、笑いの要素が増えた?

手塚が戸惑う様子が、迷宮っぽい照明の演出になり、笑いを誘う。

ちょこちょこ出てくる一年生トリオも笑わせてくれる。
初日のせいもあって、かなり笑いが起こっていた。

大石役の松村 優くんは、私の好みかも。
手塚役の宇野くんは、思っていたよりも、シャープじゃなくて、イメージが違ったなあ。

桃城役の吉村駿作くんも、写真と違うなあ。
先代もそうだったけど、桃ちゃん役は、ヤンキーっぽい人が選ばれるのかしら。

青学の筋トレシーンが、かなりハードに見えたけど、大丈夫かな?

見送られる手塚。
新曲があったような・・・。

九州の手塚からのメッセージ画面が映し出されるときも、お笑い演出。

最初は、ピコ太郎。→タカさんのおやじさんだった。
次は、斎藤さんだぞ?→六角の顧問の先生だった。
次は、忘れたけどツーショットだったかな?
最後に自撮りの手塚の写真で、「油断せずにいこう」と。

お笑い要素は、飽きさせないための演出なのかな。

桃とダビデの遭遇シーンは、桃が、スイーツを食べようとして、
「スイーツ、吸い付くようにスイーツ食う」とか言ってたみたい。

不二役の定本楓馬くん。

セリフの言い回しは、不二っぽい。
演技もまあまあ。
だけど、うーん、でも、ビジュアルが不二じゃなかったので、全く萌えず。
不二役って、難しいのね。

そして、六角との試合が始まり、まずは、ダビデとバネさんの歌。
これは、アレンジしただけで、懐かしい曲。

ダジャレまじりです。
「面白いんじゃない?」
「俺、腿、白いんじゃない?」とか。

桃とタカさんの歌も、同じ感じ。
パワーイズエンドレスって歌っていた。

アリーナ席だと、双方のベンチが、よく見えないんだよね。
バルコニー行きたい;;

リメンバー氷帝シーン。

通路から舞台に上がったり、舞台上を走り抜けたり。

耳慣れた歌が聞こえてくると、うれしいね。

三浦くんは、テニミュの中では、レベル高いと思う。
それでも、跡部じゃないなあと思ってしまうけど。
前にも書いたけど、リョーマじゃだめだったのかな?

忍足役の井阪くんが出てくると、テンション上がる。
このメンバーの中では一番好き。

宍戸役の小早川くんは、歌うときにがなり過ぎ。

そして、岳人役の北乃くんと慈郎役の田村くんは、歌をもうちょっとガンバレー。

滝役の山﨑くんが、かっこいいと思うんだけど、やっぱり、出番が少ないよね><

そして、一幕終わり、休憩の前に、榊と氷帝メンバーの日替わりコーナーが。

榊は上島先生。

初日は、忍足です。ラッキー♥

「忍足、おまえ、斎藤工に似てると言われるか?」という言葉に、観客大喜び。

うん、ちょっと似てるよね。

「誰ですか?昼顔ですか?」と答える井阪くん。

「どうしたら青学に勝てるか言ってみろ」

「岳人がスタミナをつけて、ライザップで、頬の肉を落とし、修造チャレンジにいって、無駄口を叩かないように。
最後は、体操の白井くんに預けて、バク宙のときのドスンという音を・・・」とか言って、会場を沸かせてました。
確かに、ドスンって音したもんね><

「お前のよさはなんだ?」

「まあ、ルックス」

「悪いところは?」

「まあ、ルックスがよすぎるところ」

ほかにも、面白ネタ、言ってました。

このコーナー、日替わりなんでしょうけど、かなり時間を割いていた気がしました。

楽しかったですけど、キャストは、大変そうですね。

(つづく)

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blackjubi.blog53.fc2.com/tb.php/1303-27c2eec1