FC2ブログ

偏愛的独白

『スルース~探偵~』

パルコ・プロデュース公演
『スルース~探偵~』

2016年11月25日 (金) ~2016年12月28日 (水)
新国立劇場 小劇場

作:アンソニー・シェーファー
翻訳:常田景子
演出:深作健太
出演:西岡德馬 新納慎也 音尾琢真(TEAM NACS)

【探偵バージョン】西岡德馬 新納慎也
【スルースバージョン】西岡德馬 音尾琢真(TEAM NACS)

全席指定:7,500円
上演時間:2時間10分(休憩20分)

原作者のアンソニー・シェーファーは、『エクウス』『アマデウス』などの作品で知られるピーター・シェーファーは双子の弟です。

かなり前に、映画(1972年版)をテレビで見て、好きになった作品です。
残念ながら、VHS版しか出てないようですね。
また放送してくれないかしら。確かNHKだったと思います。
ローレンス・オリヴィエとマイケル・ケインの演技もいいのですが、映像美がすばらしいのです。
機会があったら、ぜひ観ていただきたいです。

劇団四季でも上演していますが、こちらは観ていません。

というわけで、ストーリーも結末も知っていますが、新納さんが出演ということで、行ってきました。

2バージョンで、演出の違いはあるのでしょうが、私は、新納さんバージョンを一回しか観ることができません。

久々の新国立小劇場。
座席は、3列目。

あー、いろいろと語りたいのですが、ネタバレ禁止なのです><

初めて観る方にとって、これは、非常に大事なことです。
SNSで、うっかり目にしてしまうネタバレは、作品の面白さを減ずるでしょう。

ちなみに、パンフレット(1000円)も、できれば、観劇前には読まないでくださいw

内容に触れずに感想を書くのは厳しいのですが、西岡さんと新納さんのお芝居が素晴らしくて、感動しました。
もう一度観たい!

西岡さんは、さすがベテランの貫禄。
ドラマでもうまいけれど、舞台でも、自然な演技です。
新納さんが、芸達者なことは知っていましたが、更に存在感を増した気がします。
足も長くて、細くて、スタイルよすぎです。

新納さんがあんなかっこうをするとか、こういうセリフを言うくらいは、書いてもいいと思うんですが、まだ開幕したばかりなので、今はやめておきますね。
結末は、調べようと思えば、映画のネタバレレビューなどありますので、わかりますが。

座席は後ろのほうはあいてましたし、リピーターチケットも販売していたので、迷っている方はぜひぜひ劇場へ。

濃密な時間を過ごせますよ。

ひとつだけ、結末以外のことを。

新納さんが、ブルーのスーツで登場した時、速水真澄@「ガラスの仮面」を思い出しましたw
蜷川さんの舞台で演じてましたからね。

井上くん、彩乃さんと共演した『Triangle~ルームシェアのススメ~』でも、新納さん、輝いていたなと思い出し、またあのシリーズやってくれないかなあと密かに思いつつ、劇場をあとにしました。

全公演終わったら、もうちょっと語りたいと思います。

Comment

緋紗緒(ひさお) says... ""
>のあのあさん
あちこちで、すれ違いのようです^^
緊張の舞台でしたね~。
リピチケ、いいなあ。私も写真は欲しかったのですが、どうにも、日程が合わず。
千秋楽なんて、うらやましい!
新納さんの来年の予定も気になりますね。
2016.12.04 23:45 | URL | #- [edit]
のあのあ says... ""
私も観てきました(*´∀`)

お二方ともガッツリいてくださるので、もう終始ドキドキ、ワクワクでした。

新納さんもカッコいい‼可愛い!面白い!怖い!カッコいい(笑)といろんな面をみせてくれて、素敵でした。

リピチケで、音尾さんの回も追加しちゃいました←特典写真も欲しかったので。

この期間じゃなかったら、もうちょっと追加できるのにと思いつつ、前楽と千秋楽も行きます(笑)
2016.12.03 12:13 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blackjubi.blog53.fc2.com/tb.php/1292-3ad8f370