FC2ブログ

偏愛的独白

宝塚歌劇月組文京シビックホール公演ミュージカル『アーサー王伝説』

2016年10月14日~19日
文京シビックホール

ミュージカル

『アーサー王伝説』

The Musical ≪LA LEGENDE DU ROI ARTHUR≫
Produced by DECIBELS PRODUCTIONS, Dove ATTIA
International Licensing & Booking, G.L.O, Guillaume Lagorce, info@glorganisation.com
潤色・演出/石田 昌也

主な配役
アーサー【キャメロットの王】 珠城 りょう
グィネヴィア【アーサーの妻・王妃】 愛希 れいか
モーガン【魔女、アーサーの異父姉】 美弥 るりか
ランスロット【湖の騎士、円卓の騎士】 朝美 絢
レオデグランス公【グィネヴィアの父、隣国の領主】 綾月 せり
ガウェイン【円卓の騎士】 紫門 ゆりや
ウリエン【円卓の騎士】 貴千 碧
アヌ【グィネヴィア付きの乳母】 咲希 あかね
マーリン【魔術師、アーサーの助言者】 千海 華蘭
アグロヴァル【円卓の騎士】 貴澄 隼人
パーシヴァル【円卓の騎士】 輝城 みつる
レイア【モーガンの手下・小悪魔(姉)】 早乙女 わかば
グラーニャ【アーサー付き女官長】 香咲 蘭
メリアグランス【アーサーに恨みを持つ騎士】 輝月 ゆうま
ブルーノ【円卓の騎士】 優 ひかる
ガングラン【円卓の騎士】 颯希 有翔
アレミラ【円卓の騎士】 蒼矢 朋季
ヘラヴィーサ【モーガンの手下・小悪魔(妹)】 海乃 美月
ケイ【アーサーの兄】 佳城 葵
ルーカン【円卓の騎士】 蒼瀬 侑季
アリアンロッド【少女の神】 紫乃 小雪
カラドック【円卓の騎士】 蒼真 せれん
ガレス【円卓の騎士】 紫咲樹 れの
エクター【円卓の騎士】 英 かおと
サグラモール【円卓の騎士】 朝陽 つばさ
ペアレス【円卓の騎士】 新 斗希矢

2015年9月にパリで初演され、その後、ツアー公演としてフランス各地で旋風を巻き起こした、フレンチ・ミュージカル『アーサー王伝説』を、月組新トップコンビにより日本初上演致します。昨年、月組が日本初演を行った『1789 -バスティーユの恋人たち-』と同じくドーヴ・アチア氏の脚本・作詞・作曲によるこの最新作は、「岩に突き刺さった剣を引き抜いた者が王となる」という伝説でも有名な、イギリス・ケルトに伝わる騎士道物語をドラマティックに描いた作品です。 ケルトの王アーサーは、隣国から美しいグィネヴィアを王妃として都・キャメロットに迎え、忠誠を誓う円卓の騎士らと共にサクソン人の脅威から自国の防衛に奔走していた。ある日、湖の騎士ランスロットが円卓の騎士に加えて欲しいと、キャメロットを訪れるのだが…。若くして王となる運命を背負い、その責務と愛の間で揺れ動くアーサー王に、月組新トップスターの珠城りょうが挑みます。ケルト地方の民族音楽をポップにアレンジしたフレンチ・ロックに乗せて新生月組が船出します、どうぞご期待ください。 公式より



「1789」と同じ方の作品ということで、とても期待してました。
ただ、月組新トップの珠城りょうさんのお披露目公演ということで、チケットが難しいかと思いましたが、意外にあっさりととれました。
龍さんの退団公演の時もロビーで売っていました。

文京シビックホールは、初めてです。
知らない劇場はつい敬遠しがちですが、行ってみたら、とても行きやすく、駅から近く(出口によっては直結)、きれいな劇場でした。
1800席もあるんですね。帝劇と同じくらいって、すごいですね。

広々としたロビーで、大劇場お披露目公演の「グランドホテル」の資料、写真なども展示されていました。
トイレは、出入り口が両側にある作りなのですが、今回は、一方通行になっていて、工夫されていました。

座席は、1階15列通路席。
客席通路を使う演出も多かったので、たのしい席でした。

開演前に少々ざわついたのは、月組OGと星組の方々がいらしたからでしょうね。

休憩時間に、25階の展望ラウンジに行って、写真撮ってきました。
中央に見えるのが、スカイツリーです。

201610moon.png

レストランもありましたが、時間がないので入りませんでした。

この公演のポスターを観た時は、珠城りょうさんのたくましい姿が、なんとなくハガレンっぽいし、後ろの美弥るりかさんがマクベスの魔女みたいで、いまいちだなあと思っていました。

が、実際には、珠城さんは、かっこよく見えるし、美弥さんは、妖しく美しくきわどく、非常に印象を残す役でした。
美弥さんが二番手ってことになったのかな?

いつも、月組で見る顔ぶれがいないので、不思議に思っていましたが、別公演に出ていたのですね。
なので、割と、若手が活躍している舞台でした。

ストーリーは、突っ込みどころ満載なんですが、宝塚パワーで押し切られた感じですw

今回は、簡単なキャスト感想を。

珠城 りょう
新しいタイプのトップという印象。(あくまで私が知っている範囲ですが)
歌も演技も破たんがなく、安心感がある。
アーサー王役もよかったけれど、娘役とハッピーエンドじゃないので、もう少し萌えがほしい。
「グランドホテル」の男爵役のほうが、似合いそうな気がする。

愛希れいか
新鮮さはないし、顔立ちも苦手だけど、メイクや演技は悪くないと思う。
最後に狂ってしまったのは、死への恐怖からなのか。それとも、二人の男性を愛してしまい、アーサーが処刑を命じる結果になってしまったからなのか。

美弥るりか
非常においしい役柄。
美弥さんには、合っているし、歌も踊りも演技もよかったけれど、フィナーレで男役として出てきたときに線の細さを感じてしまい、女役が似合いすぎるのもどうかなあと思ってしまった。
客席を通って登場する時、とてもいい香りがした。

朝美 絢
なかなか出てこなかった気がする。
客席を通って登場したので、至近距離で見られた。
歌うときの声がやや高いように思った。

早乙女 わかば
モーガンの手下役で、目立つ。
きれいだし、娘役トップになってもいいと思うんだけど。

輝月 ゆうま
アーサーの敵役なので、目立つ。
ちょっと夢乃聖夏さんを思い出す顔出ち。
今回のこの役柄で初めて認識する。

海乃 美月
モーガンの手下。
早乙女さんと対で扱われてる。
たぶん、歌は、海乃さんのほうが上手だと思うけど、笑顔がかわいいというか無邪気すぎて、お姫様系じゃない感じ。

佳城 葵
アーサーの兄。
といっても、実は血がつながっていない。
頭の弱い役を演じるが、実は、キレモノだったという設定。
パントマイムの演技などもこなし、結構、気になる。

紫乃 小雪
この役は、フランス版も、こういう設定なのかしら?
かわいいけど、セーラームーンみたい。

結婚式の演出で、ドレスを来た女性たちが、客席通路を通るのですが、みんな、とってもかわいくて、月組の娘役さんをあまりチェックしてなかったので、感激しました。

ストーリーと歌については、次回に。

最後になりましたが、珠城りょうさん、トップ就任おめでとうございます!
フレッシュで、いろんな演目ができそうな新生月組に期待しています。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blackjubi.blog53.fc2.com/tb.php/1278-b0d53a7d