FC2ブログ

偏愛的独白

ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』(WHITE)その1

REDチームの感想は、こちら。→http://blackjubi.blog53.fc2.com/blog-entry-1214.html

ちょっと、戸惑いがちな感想というか、初見で、はまれなかった感じが、ダダ漏れ。
正直、上質な作品だけど、自分の好みとは違うかもしれないと思っていた。

一瞬、WHITEチームのチケットを譲渡に出すことも考えた。
キャストが変わったところで、どうなるものでもない。
いや、むしろ、私は、絶対に、REDチームのほうが好きになると思っていた。

なぜかって?
それは、ぴろし(矢崎広)がいるから。

ぴろしがいるだけで、期待値が高いし、テンション上がるし。

FCに入るほどのファンじゃないけど、夢に出てくるくらいには好きなのだw

いきなり、脱線するが、エリザ開幕直前、なぜか、レミゼの夢を見た。
しかも、私がレミゼのアンサンブルをやってる(笑)。
稽古場で、ファンテかエポかわからないけど、女性を運んでいて、「ああ、女優さんって、なんて軽いんだろう?」と感心しているのだ。
そして、ふと見ると、ぴろしが、アンジョを演じていたのである。
Wキャストのアンジョは、上山くんだった。
だけど、ファーストキャストは、ぴろしであった。
私は心の中で、「上山くんのほうが、アンジョとしては先輩なのに、ショックだろうなあ。」と上山くんを案じていた。
でも、上山くんは、とてもニコニコしていて、ぴろしにいろいろ教えていた。

という、冷静に考えると、大爆笑の夢であった。

そんなわけで、矢崎広がいる限り、REDチームが好きになるに決まってると思い込んでいたのだ。

で、WHITEチームのキャストは、
以下の通り。

フランキー・ヴァリ:中川晃教
トミー・デヴィ―ト:中河内雅貴
ボブ・ゴーディオ:海宝直人
ニック・マッシ:福井晶一

ホワイエで、とてもきれいな人とかわいい人を発見!
すぐに、AKANE LIVさんと菊地美香さんだとわかった。
二人とも美しい!
AKANEさんは、「黒執事」のときのどぎついメイクが苦手だったので(役柄的に仕方ないけど)、ナチュラルメイクにうっとり。

座席は、12列下手ブロック。

前回は気づかなかったけど、トミー(中河内)の登場は、上手通路からなのね。
そこで、ステージジャケットを着て、メイクさんに髪型を直してもらって、登場。

中川フランキーは、下手通路から登場。
目の前を通って行ったわ!

中河内トミーが、女性について、教えるときに、タイプAとBって言うんだけど、そのときに、下手通路前方の客席を指さすの。
それが、面白かった。
指された人は、ドキドキしただろうな~。

で、今回、まず私がやられたのは、中河内トミーなの。

中河内くんって、こんなにできる子だったんだ!
子なんて、言い方失礼ですね。
つい、テニミュから見ていて、親モードになっていて。

確かに、これまでもたくさんの舞台に出てきたし、いつも全力投球だし、代役も務めたことあったし、成長してることはわかっていたけど、今回は本当に、素晴らしかった。

もともと、踊りはうまいけど、歌もこんなにうまかった?
セリフも演技も、すごくいいじゃない(≧▽≦)。

REDチームの藤岡トミーとは違ったトミー像だけど、私には、中河内トミーのほうがしっくりきた。
こんな感じのチャラい先輩って、周りにいたよね??
トミーの兄貴っぽいところや仕切りたがりのところや、いいかげんなところや女好きなところが、もうすべて愛おしくなるくらい中河内トミーを好きになった。

わたし、今まで、何を観てきたんだろうね。

私が知らないうちに、中河内くん、すごい俳優になっていた。
ダンスは、相変わらず、中河内くんのダンスで、観ていて気持ちよかった。

中河内トミーを観るためだけに、もう一度WHITEチームのチケットをとってもいいとさえ思った。
チケット売り切れだけどね><

中河内くん、素でトミーを演じているんじゃないだろうかと思うくらい、自然な演技で、引き込まれた。

で、私を更に驚愕させたのが、ボブ役の海宝直人くん。
(つづく)

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blackjubi.blog53.fc2.com/tb.php/1216-1c3197f9