偏愛的独白

宝塚歌劇雪組公演『るろうに剣心』3回目

これ以上チケットをとれなかったので、3回目にして見納めです。

座席は、1階22列通路席。
通路席演出では、大興奮でありました。

プログラムに書いてある小池先生の話では、「るろうに剣心」は、数年前にも宝塚で企画があったけど、実現しなかったそうです。
今回も、絶対に無理だと思っていたら、原作者と集英社に快諾してもらい喜んだようです。

感慨深いですね~。
早霧せいなさんがトップのときに、雪組で実現となりました。
ファンの声で、「早霧さんのるろ剣が観たい」というのがあったそうです。
ファンの声がちゃんと劇団に届いているということを知り、うれしくなりました。

今回は、開演前に、公演デザート食べました!

今回は、好きなシーンについて語ります。


「幕末血風録」

維新志士たちがあらわれ、歌い出し、反対側に新撰組も登場して歌うんですけど、それが超かっこいいんです。
剣心と加納にもパートがあります。

維新志士たちは、専科のお二人と蓮城まことさんで、新撰組は、彩風さん、月城さん、永久輝さんです。
ん~、イケメン祭り♥
着物での群舞もいいですよね~。

維新志士たちは、「古い時代に別れを告げて~」と歌い、新撰組隊士は、「古きよき国を守り抜く~」と。

なぜか、わからないけど、「力合わせて幕府を倒すぞ~」ってところで、テニミュ思い出しちゃうんですよねw
テニスも戦いだからでしょうか。
小池先生演出の「銀河英雄伝説」のときも、テニミュを思い出す歌がありました。

剣心は、「修羅となりて、剣を抜く~」と。

そして、加納は、「悪鬼となりて髪を切る~」と。

続いて明治になり、
「文明開化」
瓦版売りの真那さんと新聞売りの久城あすさんが、登場。
二人の掛け合いが楽しいです。

極道の比留間組の賭博のシーン。
武田観柳が偉そうに座っている。
観柳の予想と違う結果が出たら、観柳の言う通りに言い直す極道。

「また勝っちゃった、悪いね~」とゲスっぽく言う彩凪さんが、面白い。
観柳は、アヘン取引のために、薫の道場を狙っていて、比留間組を使っている。

スリをさせられていた弥彦を、比留間組から救いだす剣心。
そして、神谷活心流道場へ。

ここで、薫が、剣心と弥彦に技を教える歌&振付が、好き。

咲妃みゆさん、ほんとにかわいらしく快活で、薫に合っているので、本調子じゃなかったのが、悔やまれる。
宝塚の北島マヤもさすがに喉が不調だと、つらいね。

薫が教えるいろんな技を決める剣心と、決められて痛がる弥彦が微笑ましい。

そこへ、比留間組がやってくる。

蹴散らす剣心。
剣心のセリフ、「薫殿の言う戯言のほうが好きでござるよ」がいいわ~。

「不殺の誓い」のシーンも好きです。

剣心の傷についてのエピソードが回想シーンで描かれます。

清里を斬った時に、頬についた傷。
そして、その後、巴と出会って、巴が剣心の頬につけた傷。

剣心の早霧さん、抜刀斎の永久輝さん、巴の星乃あんりさんが、イメージぴったりです。

剣心は、薫の道場にしばらくとどまることに。
薫、弥彦、剣心で、お祝いのごちそうということで、牛鍋屋へ。

牛鍋屋赤べこのシーン。

明るいシーンで、娘役が活躍する数少ないシーン。
このあたりは、宝塚っぽいですね。

いきなり「べこ!」で始まる楽しい歌です。
合いの手で、「べこ!」「牛」と入ります。

ここで、左之助登場。
鳳翔 大さん、背が高くてかっこいい。

剣心に勝負を挑む。
このシーンが、歌舞伎調になっていて、笑える。

剣心に敗れたが、仲間になる左之助。

恵に逃げられて、アヘンが大量生産できず、ガトリングガンが買えず、イラつく観柳。
蒼紫を呼び出して、恵の捜索を命令する。

蒼紫とお庭番衆のシーンは、何回観てもいいわ。
最強ソングもいい。
「闘うことしか知らない俺たちが闘うことを禁じられ~」とお庭番衆が歌うところ、またしてもテニミュを思いだした。
しかも、立海w

いきがかり上、恵を助けることになった剣心。
道場での薫と恵のやりとりが面白い。

ジェラール山下と名乗るようになった加納の麻布の商館「プチ・ガルニエ」

このシーンも宝塚っぽく華やか。

政府要人のほか、赤べこのみんな、剣心たちも集まっている。

ここでは、ダンディな望海さんの歌を堪能。

第二幕冒頭、みんながダンスをするところ。
カトリーヌに無理やり踊らされる剣心が面白かったですね。

早霧さんの「おろ~」がかわいい。

そして、彩風さん演じる斎藤一の「悪・即・斬」は、かっこいいとしか言いようがない。
カゲコーラスも入るこの歌は、「悪・即・斬」のフレーズが印象的で、耳に残ります。

彩風さん、最近、すごくかっこよくなって、男役らしい色気も出てきましたね。
前よりもメイクもよくなっていると思います。
仕草もいいし、歌もうまいので、これからもいろんな役柄に挑戦してほしいです。

咲妃さん演じる薫が、剣心に素直に好きと言えないと歌うシーンも、切なさが漂います。

彩凪さん演じる観柳が、はじける「ガトリング砲」の歌も、笑えます。
「ガトガトガトガト」言い過ぎですw

ちなみに、ガトリングガンに撃たれて消える望海さんのアドリブは、「ガトちゃん、ぺっ!」でした。

剣心との戦いに敗れた蒼紫が、剣心を薫を助けに行かせ、自分たちは、観柳と手下たちを戦うシーンが客席通路で繰り広げられます。
これは、一階席じゃないと味わえないのですが、狭い通路を駆け抜けたり、格闘したりする組子の皆さんが、すごいです。

ガトリングガンを撃ちまくる観柳は、憎らしいキャラのはずなのですが、なぜかおまぬけで、憎めません。

そして、とらわれた薫を助けるために、加納のところへ行く剣心。
加納に飲まされたアヘン入り酒のため、幻覚に見舞われる剣心。

人斬り抜刀斎を呼び戻そうとする加納とそれを阻止しようとする薫の歌が交錯する。

過去の自分との戦いに打ち勝つ剣心。

加納と一騎打ち。
追い詰められるが最後は、剣心が勝ち、加納は、窓の外へ消えていく。

悪者はつかまり、大団円。
最後まで「ガトガト」言ってる彩凪さんがかわいかったです。

ラストは、剣心と薫のデュエットでさわやかに終わります。
コンビの恋愛ムードはかなり薄かったですが(^^;、見どころがたくさんあったので、満足です。

次回公演は、「ローマの休日」ですね。
大好きなお話なので、楽しみです。

Comment

緋紗緒(ひさお) says... ""
>きみきさん
貴サイト、拝見させていただきました。
非常に読み応えのある素晴らしいサイトなので、正直、当ブログなど恥ずかしい限りです><
こちらはリンクリストを作ってないので、こちらからのリンクはありませんが、それでもよろしければ、よろしくお願いします。

2016.06.15 01:14 | URL | #- [edit]
きみき says... ""
突然のご連絡失礼致します。
きみきと申します。
英雄伝説のアンテナサイトを運営しているのですが、
貴サイト様を拝見させていただきまして、
是非相互リンクさせていただきたくご連絡差し上げました!
URL: http://goo.gl/jerxjv
お手数をお掛け致しますが、ご検討のほどよろしくお願い致します。
2016.06.14 00:55 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blackjubi.blog53.fc2.com/tb.php/1166-ef891d80