偏愛的独白

『ダンス オブ ヴァンパイア』その2

キャスト感想です。

クロロック伯爵:山口祐一郎
やっぱり、山口さんはこの役が一番好き!人外を演じる山口さんが好きだわ。
「貴婦人の訪問」にのめりこめなかったのは、普通の人を演じていたからかしら(笑)。
あ、でも、レミゼのバルジャンは好きだけど。
主役なのに、出番は少ないのですよ。
なかなか出てこないし。
でも、出てきたときのインパクトはすごいし、オーラ全開だし、この人以外に主役を演じられる人が思い浮かばないの。
ちなみに、私は熱心な山口ファンじゃありません。(このブログ読んでいればわかると思いますが。)
前記事でも書きましたが、今回のポスターが出たとき、気に入らなかったの。
「えっ?なにこれ?」って思った。
山口さんのビジュアルが変に見えた。
だけど、実際に観たら、とてもよくて、老いを感じさせなかった。
この作品って、最後は、ぱーっと終わるけど、途中はそうじゃない。
伯爵の歌は、かなり含蓄があって、しんみりしちゃう。
それが歌いこなせるのは、山口さんだし、このチケットの売れ具合も、山口ファンのお蔭なんだろなあとしみじみ思う。
この人は帝劇の真ん中が似合う。
ただ、歌は、ちょっと弱ってるかな?と思うところもあった。
もちろん、もともとのレベルが高いので、ほかの人と比べてじゃないですよ。
ご本人の全盛期と比べてやや弱いかも?って思ったんですけどね。
CDをハードリピートしてるせいかなあ。
山口さんの歌を聴きながら、心の奥で山口トートを懐かしんでいました。
あと、カテコの3回目だったか、良知くん、舞羽さん、森山さんを一人ずつ前に出して挨拶させる姿が、お父さんみたいで、かわいかったです。
で、手を振りながら、後ろに下がる時にパネルに手が当たり、パネルをパシっと叩いていたのが、受けてました。

アブロンシウス教授:石川禅
私は、市村さんの教授を知らないので、教授といえば禅さんです。(注:CDでは、市村さんを聴いています。)
この人は、芸達者というか職人というか、文句つけるところがないですね。
演技も歌もいいし、滑舌いいし、かわいいし。
あんなにごちゃごちゃした歌詞を、はっきり歌える人って、少ないのでは?
改めて、この舞台の質をアップしてる役者の一人だなあと感じました。

サラ:舞羽美海
むちゃくちゃかわいい!
ドレスがお似合い。
ダンサーさんと入れ替わりのダンスシーン、入れ替わらずに踊れるのでは?と思いつつ観てました。
彼女が宝塚にいたころは、あまり雪組を観てなかったので、音月桂さんの相手役、ジュリエットを役替わりで演じたというくらいの認識でした。
しかも、音月さんの初々しいロミオに比べて年上っぽいと感想に書いていました><
いやー、なんか、観ていてずっと「もったいなかった」という思いが。
もっと宝塚で活躍してほしかったと切に思いました。顔もかわいいし、娘役っぽいし。
でも、東日本大震災の影響もあり、当時の雪組は不運だったと思います。音月さんも、予想外に早く退団されてしまい、舞羽さんも同時退団でした。
その後、あまり活躍を見なかったのですが、充電していたのでしょうか?
突然、帝劇のヒロインとなり、驚きました。
歌は、宝塚時代は、普通だと思っていましたが、今回は、意外と声が出ていて、きれいな声に大満足です。
知念サラも好きでしたが、舞羽サラも好きです。
かわいいは正義だなあと思いましたw
どうせなら、「1789」のオランプ役もやってほしかったなー。
もう一度、舞羽サラが観たい。平方くんとの組み合わせが観たい。

助手・アルフレート:良知真次
こちらも、かわいい系。
良知くんって、ジャニーズから劇団四季をへて、東宝芸能という異色のイケメンですよね。
東宝所属なのに、どうして、帝劇立たないのか、不思議でした。ゴリ押しってないのかと(笑)。
なんと堂本光一くんの「MILLENNIUM SHOCK」以来の15年ぶりの帝劇なんですって。
オーディション受けたそうで。
いやあ、びっくりですね。
アルフレートというキャラにぴったりの良知くん。
あたふたした演技が、似合ってました。
アドリブも頑張っていた。
汗もかいていた。
舞羽さんとのビジュアルも合っていた。
が、良知くんの声って、やや聞きとりにくいのでしょうか?
時々、歌が弱い気がしました。
浦井くんと泉見さんのアルフレートと比べちゃうせいかな?
でも、丁寧に歌っているところは好感が持てました。
これからも、良知くん、帝劇に立ってほしいな~。

と、今夜はここまで。
(つづく)

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blackjubi.blog53.fc2.com/tb.php/1094-76f1cfaa