FC2ブログ

偏愛的独白

宝塚歌劇雪組公演『『星逢一夜(ほしあいひとよ)』『La Esmeralda(ラ エスメラルダ)』3回目

観劇自体が久々です。シルバーウィーク、長かった><

エリザロスでどうなることかと思った9月ですが、雑事の忙しさと雪組公演で、何とか乗り切れそうです。

今回のお席は、1階14列下手ブロック。センター寄りなので見やすかったです。
いつもと違うプレイガイドでとったので、このあたりの席は初めてかも。

宝塚OGの舞風りらさんと、月組の朝美絢さんをお見かけしました(^○^)。

お芝居は、何度かウルっときましたが、涙は出ず。周りのすすり泣きは聞こえました。

でも、冒頭から、涙腺は刺激されます。美しすぎて、はかな過ぎて、主役3人のさだめが哀しすぎて。

今回は、お芝居でのキャスト感想を少し書いてみます。
雪組は、ほんと美しい人が多くて、この組で日本物をやりたくなる劇団の気持ちもわかります。(と勝手にわかったつもりw)
洋ものも観たいんですけど、洋ものはほかの組でもできますもんね~。

天野晴興[紀之介](三日月藩藩主の次男) 早霧 せいな
もうね、ポスターから美しすぎてどうしようかと思いました。
私、NHKの時代劇とか、時代劇専門チャンネルの池波正太郎、藤沢周平ものをよく見てるのですが、それに出演するイケメン俳優に匹敵するぐらいのかっこよさ。
子供時代の屈託のない笑顔もよかったし、成長してからの苦悩する表情も萌えました。
早霧さんの声は、美声ではないけれど、強い意志を感じさせますし、絞り出すように吐き出すところがうまいと思いました。
ラスト近くの星観の櫓で、「愛したのはお前だけだ」と言うシーンが、好きです。
ここで、涙腺崩壊する人も多いんじゃないでしょうか。
何もかも捨てて、運命に逆らって、ほかの人のことは考えずに、泉と逃亡するなどということは、無理なんでしょうね。
どんなに愛していても。
そういう時代でもあったし、そういうふうに育ったわけだし。

泉(三日月藩の娘) 咲妃 みゆ
かわいいだけでなく、強がりな部分もある役柄をうまく演じていました。
源太を頼りにしながらも、いつの間にか紀之介に惹かれていく乙女心。
泉が、源太と幸せになっても、紀之介を忘れられない気持ちが、わかるだけに、見ていてつらかったです。
立派になった紀之介と再会した時のちょっとすねた感じがすごくよかったです。

源太(泉の幼なじみであり、晴興の親友) 望海 風斗
正直、望海さんが、こんなにもかわいい子供時代を演じられるとは思ってませんでした。
一途に泉を思い、紀之介のことも慕い、優しい源太。
「泉をもらってやってくれ」と土下座するシーン、胸が苦しくて泣きそうになりました。
源太には、やきもちとか策略とかないのね。
でも、一揆の時は、首領として立ち上がり、立派に戦う強さも持っている。
晴興と源太の対立は、抗いようのないさだめです。
現代人の理屈ではどうしようもない。
斬られる前に、背中を合わせた早霧さんと望海さんの姿が、印象的でした。

徳川吉宗(徳川幕府第8代将軍) 英真 なおき
重厚な家康でした。
専科というと、夏美ようさんがいいなあと思っていましたが、英真さんも、すっかり雪組に溶け込んでいました。
厳しい言葉の奥にも垣間見える優しさは、英真さんならではかも。

氷太(三日月藩の民、晴興の友) 鳳翔 大
悲しいストーリーの中で、ちょっと笑わせてくれる大さんがいいですね。
子供時代も、一人だけ背が高いけど、似合ってる。

貴姫(吉宗の姪) 大湖 せしる
後半はほとんど出てこないけど、登場時のインパクトはすごい。
生意気だけど聡明、物おじしない役柄は、せしるさんに合っている。
政略結婚ではなくて、晴興のことを本当に愛していたのでしょうね。

鈴虫膳右衛門(晴興の養育係) 香綾 しずる
老け役で、難しい役どころだと思いますが、粛々と演じる香綾さん。
演技力を求められる役柄が多いですね。

猪飼秋定(幕府天文方筆頭の青年) 彩凪 翔
これまた美しい。着物がよく似合う。
晴興のせいで、自分のミスが露呈してしまったわけだが、逆恨みすることなく、晴興の友でもあり、部下でもある素敵な青年。
出番がもう少し多かったらよかったのに。

雨吉(三日月藩の民、晴興の友) 真那 春人
子供役も上手だけど、大人になってから、一揆の相談で源太を訪れた時の貫禄がすごかった。
ここでまた、妄想が入ってしまった(≧▽≦)。
着流し姿が似合う真那さんには、極道ものも似合いそうw
って、絶対に、宝塚ではありえないけど。
でも、アル・カポネがあったんだから、日本の極道ものも、明るいストーリーでどうかな~。
だって、ほんと、真那さんがかっこよかったんだもん。
「セーラー服と機関銃」とか(笑)。

ちょび康(三日月藩の民、晴興の友) 彩風 咲奈
いじめられっこで、泣き虫なちょび康。とてもかわいかった。
彩風さん、演技がうまい。
江戸に行く紀之介のこと思って泣く姿がいじらしかった。
が、そんなちょび康も、一揆では紀之介を恨んで死んでいくことになるのが、悲しい。

天野照興(三日月藩藩主、晴興の父) 久城 あす
出番が少ないけど、インパクトあった~。
田んぼの水争いのときの悪童も演じてる。

江太(三日月藩の民、晴興の友) 煌羽 レオ
悪童1(熊本藩の悪童) 煌羽 レオ


悪童ぶりが半端ない(笑)。
目立ちますね。

細川慶勝(熊本藩藩主、晴興のライバル) 月城 かなと
出番少ない><
ちょっと嫌味な藩主です。
超かっこいいのに、出番が少ないので残念。
お月見のときに、貴姫、晴興と踊るシーンが、サービスシーンなのかしら。

永二(三日月藩の民、晴興の友) 真地 佑果
初めて視界に入ってきました。
ちょっと印象的なので、これからもチェックしてみたいと思います。

汐太<青年>(泉の弟) 永久輝 せあ
子供時代は出てこないので、出番は少ないけれど、着物も似合うし、顔がきれいなので、すぐわかります。
永久輝さんが主役の日本ものが観たいです。

娘役の人は、農民かお姫様か夜鷹なので、あまり活躍の場がないですね。
その分、ショーでたくさん出ているかも。
ショーについては、次回に書きます。
疲れるショーだけど、随分慣れてきて、楽しんでます。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blackjubi.blog53.fc2.com/tb.php/1079-cd947ecf