FC2ブログ

偏愛的独白

『エリザベート』本公演17回目

今回のキャスト

エリザベート:花總まり
トート:城田優
フランツ・ヨーゼフ:田代万里生
ルドルフ:京本大我
ゾフィー:香寿たつき
ルイジ・ルキーニ:山崎育三郎
少年ルドルフ:大内天


ローチケ貸切公演。
10列以内保証で、10列目でした><
J列センターブロック

久々のセンターブロックうれしいです。
オペラグラスなしでも、よく見えました。

古川くん大好きな私なので、ルドルフが古川くんだったら最高だったのですが、京本ルドも好きなので、ローチケさん、すばらしいキャストをありがとうと言いたいです。
京本くん、今回は少し声が弱いかな?という部分もありましたけど、弱々しい演技と透き通る声が好きです。

カテコの最後に、城田くん、花總さんの挨拶があるとのことでしたが、残念ながら、用事があり、挨拶を聞けませんでした。

花總さんのシシィがすばらしくて、涙がこみあげてきます。
それでも、ややお疲れも見えて、前回のほうが、「私だけに」は震えが来ました。
でも、ハンガリー訪問シーンで、「エーヤン、ハンガリー」と言うところは、自分がハンガリー市民になったかのように感激。
また、「私が踊る時」も、もっと易しい歌だと思っていたのですが、実は難しいのですね。

花總さんの歌唱力と城田くんの歌唱力がぶつかり合い、ゾクゾクしました。

城田トートを正面から観るのは、久しぶりで、まばたきする時間がもったいなくて、ガン見してしまいました。
歌は、最後のところで、裏返ってしまい、残念でしたが、あとは心地よく聴けました。
それから、箇所は忘れましたが、前と違ってささやき調になっている部分もありました。

それから、闇広のあと、エルマーが「ドイツが狙ってる 帝国の分裂を」と歌いながら、地図か何かを破るシーンがありますが、今回、破る紙がなくて違う仕草をしてました。
何度も観てると、つい細かいシーンが気になってしまって、すみません。

久しぶりの山崎ルキーニ。
松也ルキーニが続いたので、恋しかったです(笑)。
あれ?髪型が変わった?
小鳥ちゃんのアドリブは、自然な笑いが起きて、しつこくなく終わったので、よかったです。

全体的に、松也さんと比べると、薄いのですが、これはこれで、好きです。
Wキャストの面白さですね。
松也ルキーニは、時々うざく感じて、邪魔に思うことがあり、山崎ルキーニは、逆に、存在を忘れてしまい、もう少し前面に出てもいいかなと思うこともあります。
山崎くんの声のほうが、私の耳に優しいせいかもしれませんね。

休憩時間には、花總さん絶賛の声があちこちで聞こえてきました。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blackjubi.blog53.fc2.com/tb.php/1054-e21361d4