FC2ブログ

偏愛的独白

『エリザベート』本公演11回目

今回のキャスト

エリザベート:蘭乃はな
トート:井上芳雄
フランツ・ヨーゼフ:田代万里生
ルドルフ:古川雄大
ゾフィー:剣幸
ルイジ・ルキーニ:山崎育三郎
少年ルドルフ:松井月杜

ローチケ貸切公演です。
良席保証先行で、とりました。
最前列を期待してましたが、残念ながら1階D列サブセンター。
でも、下手なので、カテコのときは、古川くんがよく見えてうれしかった。
夜公演なので、カテコに松井くんはいません。

ほんとは、マチソワの予定だったんだけど、マチネは交換に出してしまったので、ソワレのみに。
ソワレは、客層違います。男性も多いですね。

ゲリラ豪雨が心配だったので、早めに行って食事してたら、松本幸四郎さんに遭遇!
すぐわかりますね~。
(帝劇内で会ったわけじゃないですよ。)

以下、感想&自分用メモ。










キャスト的には、かなり私の好みでして・・・まあ、もともと、古川ルドだから、エントリーしたんですけどね。
トートは、どちらも好きなのでいいのですが、やはり、シシィが・・・ちょっと・・・アレでした><

とはいえ、貸切ということで、少し頑張ったのでしょうか、許容範囲でした。ハードル下げてますので。

今回も山崎ルキーニのアドリブが長かったです。
初見の人は、楽しんでいるのかもしれませんね。

小鳥ちゃんが、階段のあたりに落ち、拾いに行きながら、いつもの感じで素になってアドリブ言ってました。
ローソンさんが観てるとか言ってたような気がします。
「トート閣下は~」のシーンも、最後伸ばして、笑いとっていました。

金管がいつも音を外しますが、今回は、「ミルク」で変な音がしてました。

井上トート、体操室で、シシィに拒否されたあとは、「なぜなんだ?」という顔して、お辞儀して去っていきます。
あと、やっぱり、闇広ラストで、古川ルドを抱擁してますね。

剣ゾフィ、好きです。
今回、ゾフィーの死で涙が出ました。
ゾフィーの気持ちもわかります。
ゾフィー、フランツ、シシィ、それぞれの言い分があり、誰が正しいとか言えないと思います。

そして、毎度、心を打つのが、万里生フランツです。
最後通告のシーンは、蘭乃シシィだと、フランツに肩入れしてしまって、シシィが憎らしくなってしまいます。

「夜のボート」は、今回は、不協和音ってほどではなく、無難で、ほっとしました。

古川ルドルフは、死ぬとき、無表情に近い。

カテコでは、最後に、蘭乃さんと井上くんが出てきて挨拶しました。

井上くんは、大拍手をかっこよく仕切ってとめたあと、腕をさする仕草をして、受けてました。
相変わらず、井上くんは、楽しい挨拶でした。
黄泉の国にも、ローソンはあるとか。

蘭乃さんが、昼間のゲリラ豪雨で、皆さんがいらっしゃれるか心配でしたと言うのを受けて、すかさず、「エリザベート様が、ゲリラ豪雨と言うなんて」と突っ込んでました。

こういう井上くん、とっても好きです。

井上トートの手持ちチケットも残り少なくなってきました。悔いのないように、観たいと思います。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blackjubi.blog53.fc2.com/tb.php/1042-03045614