FC2ブログ

偏愛的独白

PIPPIN

ブロードウェイミュージカル『PIPPIN』

2007.10.4-10.14 天王洲 銀河劇場

脚本: ロジャー・O・ハーソン
音楽・作詞: スティーヴン・シュワルツ
翻訳・訳詞:小田島恒志
演出・振付:上島雪夫
音楽監督・編曲:奈良部匠平
主催:テレビ朝日
企画・製作:ネルケプランニング

出演:
Kimeru / 相葉弘樹(ダブルキャスト)
パパイヤ鈴木
杏子 鈴木蘭々 石原慎一 進藤学 中河内雅貴
佐々木誠 岩崎大輔 熊谷拓明
紀元由有 小嶋亜衣 高橋千佳 映美璃
田川颯眞 / 佐原弘起(子役)
中尾ミエ

(サイトより引用)
1972年10月23日にニューヨーク、インペリアルシアターで幕を開けた「ピピン」は、 1944回にわたるロングラン公演を記録。コメディでありファンタジーでもある内容と、オーソドックスなバラードとハードロックな音楽が融合している多様性から、72年度に5つのトニー賞を受賞し、ブロードウェイの歴史にその名を刻んだ。1976年には日本人スタッフ、キャストにより翻訳上演を果たした。そしていよいよ2007年10月、30年の時を経て衝撃のブロードウェイミュージカルコメディが日本で再び幕を開ける!!


…というふれこみ。
ネルケからは、早い段階でメルマガ登録が来ていたので、チケットも先行で入手。
もちろん、Kimeruくんと相葉くんの両方の公演をとる。どちらも良席。E列とB列。
すごく楽しみにしていた。
ところが、直前になって、目のトラブルにより、コンタクト禁止となり体調も今いちで、Kimeruくんの公演は行けなかった(;_;)。残念。
相葉くんの公演だけ観る。
銀河劇場は、名前が変わってからは、初めて。
ロビーでは、パンフレットが2000円。豪華な感じなので買う。冊子になっていなくて、バラバラの大きなカードが入っているようなものだった。

公演時間は休憩を含む2時間40分。S席8400円。ちょっと高いよね~。
でも、前から2番目ということで、わくわくしながら、開幕を待つ。

感想は、微妙。
席がよくなかったら、どうだったかなと思う。

キャスト目当てとしては、最高の舞台だった。細部の動きも表情もはっきり見えたし、目が合いそうな近さだし。
相葉くんは、細くてかわいくて、不思議ちゃん。もっと踊ってくれてもよかったのになあ。
中河内くんは、すばらしい肉体美とダンスで、観客の目を釘付けにしていた。テニミュは、彼の魅力をまだまだ伝えきれてなかったのだと感じた。脇役なのに、印象的なシーンで、少しセリフがあったりして、ファンにはたまらない舞台だったはず。
衣装も、似合っていた。
リピートするとしたら、中河内くんばかり観てしまったかもしれない。
学さんも、堂々と演じていて、かっこよかった。いつも濃い役柄なのね。

ハプニングも少々。
途中で、相葉くんのマイクが外れちゃって、直そうとして更にもつれちゃって、パパイヤ鈴木さんがフォローしていました。
カーテンコールでも、学さんが中河内くんとじゃれていて、中河内くんの衣装が破れてしまいました(笑)。

鈴木蘭々は、「ジキルとハイド」以来だけど、きれいな声で、素敵だった。

とにかく、音楽と踊りがすばらしい。
音楽は、CDが欲しいし、ムーディなメロディが耳に残る。
踊りも、さすが上島先生。
主にダンスを披露する中河内くん以外のキャストも、レベルが高く、ブロードウェイミュージカルの名前に恥じないものだった。
舞台降りもあって、通路席の人はラッキーだった。
子役の男の子もかわいかった。

で、何が不満だったかと言うと、ストーリーがつまらなかった。へっ?って感じで、感動もしないし、感情移入もしなかった。

休憩時間に、ロビーで珈琲を飲む。
Kimeruくん、相葉くん、パパイヤさんのオリジナルカクテルがあったので、飲みたかったけど、酔っ払っちゃうと困るので。

余談だけど、ロビーのバーにあるテーブルは、バーで購入した人が飲食する場所だと思うのね。もちろん、混んでいるから相席。椅子はないから、立ったままだけど。
飲み物を置けなくて困っている人がいるのに、堂々とバッグを置いてペットボトルを取り出して飲む女性がいた。これも、一つのマナー違反だと思うんだけど。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blackjubi.blog53.fc2.com/tb.php/101-fe6b5628