FC2ブログ

偏愛的独白

城田優に圧倒された~「ファントム」2回目~

ミュージカル「ファントム」

2019年11月9日~12月1日
TBS赤坂ACTシアター

脚本:アーサー・コピット
作詞・作曲:モーリー・イェストン
原作:ガストン・ルルー
演出:城田 優

美術・衣裳:トム・ロジャース
翻訳・通訳:伊藤美代子
訳詞:高橋亜子
音楽監督:森 亮平
照明:吉枝康幸
音響:山本浩一
振付:新海絵理子
ヘアメイク:馮 啓孝
特殊メイク:ニール・マーツ
アクション:幸村吉也
指揮:小林恵子
歌唱指導:西野 誠
稽古ピアノ:太田裕子
オーケストラコーディネーター:新音楽協会
美術助手:トゥーツ・ブッチャー
演出助手:末永陽一 / 加藤由紀子
舞台監督:榎 太郎
宣伝美術:榎本太郎
宣伝写真:森崎恵美子
宣伝コスチューム:石橋瑞枝
宣伝ヘアメイク:馮 啓孝
宣伝メイク(愛希れいか、木下晴香):栗原里美
企画・制作:梅田芸術劇場

出演
ファントム(エリック)  Wキャスト
加藤和樹/城田 優

クリスティーヌ・ダーエ  Wキャスト
愛希れいか/木下晴香

フィリップ・シャンドン伯爵  Wキャスト
廣瀬友祐 /木村達成

カルロッタ:エリアンナ
アラン・ショレ:エハラマサヒロ
ジャン・クロード:佐藤 玲
ルドゥ警部:神尾 佑
ゲラール・キャリエール:岡田浩暉

安部三博
伊藤広祥
大塚たかし
岡田 誠
五大輝一
Jeity
染谷洸太
高橋卓士
田川景一
富永雄翔
幸村吉也
横沢健司

彩橋みゆ
桜雪陽子
小此木まり
可知寛子
熊澤沙穂
丹羽麻由美
福田えり
山中美奈
和田清香

少年エリック  トリプルキャスト
大河原爽介/大前優樹/熊谷俊輝

上演時間:一幕85分 休憩20分 二幕75分 計3時間

S席:13500円
A席:9000円

「ファントム」2回目。

キャストは、以下の通り。

ファントム(エリック):城田優
クリスティーヌ:愛希れいか
シャンドン伯爵:木村達成
少年エリック:熊谷俊輝

休演されていた大塚たかしさんが復帰されてました。

相変わらずの大混雑の劇場。
城田くん、よかったね。
演出と主演を務める舞台が、こんなにも盛況で。

ピピンのとき、ちょっとかわいそうだなあと思ったもの。

私は、ミュージカル俳優としての城田優が好きだから、演出かけもちなんてしないほうがいいと思っているけど、
本人にしてみれば、役に対するいろんなアイデアがあって、それを実現するには、自ら演出するのが一番なんだろうね。

城田くん、公演大成功おめでとう!

で、前回の座席のせい疑惑(笑)ですが、やはり、影響はあったかと思われます。

今回は、1階W列通路席。

W列は、舞台からは遠いのですが、観やすいお席で、開演前に通路をアンサンブルさんが通る楽しいお席。
少年エリックの熊谷くんがかわいくてかわいくて。

驚いたのは、2階席で見えていた以上に、客席演出があったこと。
ここも、ここも、ここにも、通路演出があったのか!と。

「チケットありませんか~」とアンサンブルさんが聞き回るシーンも、長すぎると思っていたのが、一階席だとそうでもない。

うーむ、せめて、2階の通路より後ろは、A席扱いにしてほしかったです。

いろんな方が観劇しているようで、この日は、未来優希さん、美麗さん、楢木和也さんをお見掛けしました。

笑いの演出は、やはりあまり笑えなくて。
衣装が縮んでいるじゃない!のところは笑ったけど。

前回の梅芸版と宝塚版を融合したような感じの演出で、非常にわかりやすくて初めての人にも入り込みやすいなあと思いました。
宝塚版の冒頭の歌が大好きなんだけど、あれは、やはり宝塚でしか使えないのね。

あれを、城田くんや加藤くんが歌ったら、それだけで、泣き崩れてしまっただろうなあ。

以前は、エリックと父親のシーンが大好きで、そこでボロボロ泣いたんだけど、今回は、涙は出なかった。
なぜだろう?と考え中。

最初にチケットをとろうとしたときに、一番観たい組み合わせが、加藤、木下、木村だったんです。
でも、残念ながら、その日のチケットが、どんなに頑張ってもとれなかった。

それで、木村シャンドンを中心にとれたのが、4公演だけだったという。ほんと、チケ難だったな~。

連日立ち見も出てますもんね。すごいわ~。

何といっても、待望の木村達成シャンドン!

シャンドンの出番は少ないけれど、前よりもやや出番も増え、印象に残るようにしてくれたのは、うれしい。

もう、木村達成のキラキラ感が半端ないw

仕事の同僚(笑)にツレなくする表情も素敵。

クリスティーヌにデレデレする表情も、シャンパングラスを高く投げるところも、エリックとの殺陣も、どれもがかっこよくて(≧▽≦)。

宝塚のシャンドンもめちゃくちゃかっこよかったし、廣瀬くんのシャンドンも素敵だけど、

でも、私は、木村達成のシャンドンが一番好き。

廣瀬くんの大人っぽいエレガントなシャンドンのほうが人気かもしれませんね。フランス人っぽさもあるし。

木村くんのシャンドンは、日本人っぽい。
若くて、まっすぐな感じ。
身長が低いわけじゃないけど、細いので、城田くん、加藤くん、廣瀬君の中にいると小柄に見える。
製作発表のときだったか、衣装がいまいちで、(城田くんだけ合っていた)、ひどいなあと思っていたけど、
舞台の衣装がちゃんと似合っていた。

クリスティーヌを助けに行こうと、上着を脱いでベスト姿になるところとか・・・かっこよすぎ。

エリックとの攻防は結構、怖いですよね。
宙ぶらりんになるシーンは、ハラハラします。

あ、木村くんのこと、語り出すだすととまらないので、タイトル通り、城田くんのこと、書きます。

私は、城田くんは、ロミオよりも、トートやファントムのほうがいいと思っていて、前回のファントムもすごく好きだったんだけど、
今回もやっぱり、よかった。

前回とは違う役作りで、子供っぽい感じを出していたけど、それが説得力があって、切なくて、たまらなかった。
エキセントリックすぎて、苦手な人もいるかもしれないけど、これくらいのほうが、カルロッタ殺しについてもわかるというか。
それでいて、純粋で、クリスティーヌへの深い愛も感じる。

深い闇を感じるエリックだった。
城田くんは、影のある役が似合うと思う。

それと、歌に感情が乗せるのが、本当にうまくて。

困ったな、DVDをどうしよう?
前回は、買うのを躊躇していたのに、城田くんのファントムがよすぎて、欲しくなった。
でも、木村シャンドンは、入ってないし、どちらも買わないとダメか?

そういえば、私が見逃していまったのかもしれませんが、ビストロで、エリックが、クリスティーヌを見守るシーンはなくなったのかな?

あの演出が好きなので、ちょっと残念。

クリスティーヌが、顔を見て、悲鳴を上げないのは、いいと思いました。
あの悲鳴は、仕方ないんだけど、観ているこちらもショックなんだよね。
今では、クリスティーヌの気持ちもわかるけど、最初は、ひどい女!って思ったから。

声も出ず、腰を抜かして、逃げ去る感じになってました。

愛希れいかさんのクリスティーヌも、とてもよかった。
元気溌剌で明るいクリスティーヌだった。
どんな役柄でも卒なくこなすのが、すごいと思う。
だから、引っ張りだこなのかな。

木村シャンドンとのシーン、かわいらしくて好き。
やっぱり、私の中では、愛希さんは、陽なんだよね。
だから、悲劇のシーンよりも、明るいシーンのほうがいいなと思う。

歌は、どちらかといえば、木下さんのほうが好き。

歌のレッスンとビストロのときの衣装が、どぎつい色で、がっかり。

ほかの人の衣装はそうでもないのに、なんで、クリスティーヌの衣装だけ;;

開演前アナウンスの神尾さんの声がいい。
神尾さん、ルドゥ警部役、かっこいいけど、もったいない。
もっと活躍する役がよかったなあ。

カルロッタのエリアンナさんは、言うことないほど素晴らしい!
歌もうまいし、演技も大袈裟だけど(そういう演出だと思う)、緩急あって、引きつけられる。

アラン・ショレのエハラマサヒロさんは、お笑いに疎い私は初めて知る人ですが、演技はよかったです。
カルロッタとの笑いを誘うやりとりには、笑えなかったんですけどね。

キャリエールの岡田浩暉さん、歌もいいし、熱演です。
とてもいいのですが、なぜか、私は、歌が弱かった前回の吉田栄作さんの演技のほうが好きです。
岡田さんは、常にテンションが高いキャリエールだなあという感じで、ちょっと疲れてしまいます。
宝塚版のキャリエールが好きなせいかもしれませんね。

「ファントム」の音楽、大好きで、気づくと口ずさんでいます。

キャストも素晴らしく、チケットも無駄にならず、公演を楽しんでます。

「ファントム」初見感想

チケットを無駄にしたくないので、何とか「ファントム」も観ています。

20191120-1.png

20191120-2.png


ぴあの先行でとったチケットですが、13500円+手数料で、S席最後列というのが、何とも切ないです;;

この日はトークショーがあったので、余計にとりづらかったのかもしれませんが。

2階席でも、前方席ならまだしも後方席は、かなりきつかったです。
音楽も好きだし、出演者も好きなのに、涙も出ず、終わってしまい、自分でもびっくり。
決して、宝塚雪組の「ファントム」を観たせいではありません。
忙しくて、体調が悪かったのは、少しあるかもしれませんが。

私の後ろは、A席で関係者が多めでした。

人気公演だけに、観劇マナーはとてもよくて、舞台に集中できたんですが・・・。

ちょっと通路演出が多いような気がしました。

城田くん、テニミュや小池先生演出の宝塚歌劇へのリスペクトなのでしょうか。

でも、でも、通路が見えないのは仕方ないけど、テニミュでも宝塚でも、舞台に人が残っているじゃん。
ちょっと寂しかったですね。

主演の加藤くんは、とってもよかったと思うんだけど、でも、想像していた感じではなかった。
きっと、座席のせいだと思う。
絶対に、座席のせい(笑)。

大好きな「ファントム」なのに、、待望の加藤エリックと木下クリスティーヌなのに、廣瀬シャンドンなのに、


何より、城田くん演出なのに!

我ながら、座席のせいにするのはよくないと思いつつ、あとから、感想などあさってみると、一階席で観た人が楽しそうなんだもん。
ちょっとすねたよね(笑)。

ずっとオペラグラスをのぞいているわけにもいかず、見逃した演出もありました。

うーん><

公式HPに開演前の場内パフォーマンスのアナウンスがあったので、一応、早めに着席はしました。

本当にチケット売れているんですね。
トイレが激混みで、ロミジュリとか宝塚のときと同じくらい大変でした(^^;。

期待が大きすぎたのかもしれませんが、次は、1階席なので、絶対に楽しめると思う。(←飽くまで座席のせいw)

私は、以前のシンプルな演出も、上演時間が短くて、好きだったし、宝塚のごちゃごちゃした「ファントム」も好きなので、
まだ城田くんの演出に慣れてないのかもね。

笑わせようとするシーンがあるんだけど、すべってましたね。
全然面白くなかったから、無理にいれなくていいんじゃないかと思いました。

あとは、レミゼっぽいシーンがありました。
楽屋に薔薇の花束をもってきたシャンドンとクリスティーヌがキスをするのを鏡の奥からじっと見つめているエリック。
エリックの手には一本の薔薇が。渡せなかった薔薇。

ここは、マリウス、コゼット、エポニーヌを思い出しました。

加藤(城田)エポニーヌ!

城田くん、ロマンティストだなあと思いました。

個人的には、「ファントム」のクリスティーヌとシャンドンは、もう少し距離があるほうが好きなので、キスシーンが長くて、あれ?って思いましたが、しゃれた演出ですよね。

加藤くんのエリックは、かっこよかったけれど、歌は、思ったより苦戦していた。
加藤くん、かなり痩せていて、仕事入れすぎなんじゃないかとちょっと心配になった。
いつものことかもしれないけど。
それと、何となく、「フランケンシュタイン」のときの加藤くんのほうが、好きかも。

木下晴香さんのクリスティーヌは、期待通りのきれいな声で、感動もの。
晴香ちゃん、地味だけど、いろんな役に化けられるところがいい。

衣装は、開演前からいまいちだと思っていましたが、やはり好みではありませんでした。
特にクリスティーヌの衣装が、安っぽいというか、昔、ダンス部で手作りした衣装を思い出してしまいました。

シャンドンは、廣瀬くん。
ほんとは、木村くんだけでいいやと思っていたんだけど、チケ難で、木村回が思いのほかとれず、たまたま廣瀬くんに。

廣瀬くんの貴族っぷりが素晴らしい。
彼の色気やたくましさを抑えて、上品で優雅なプリンスになっていました。
フェルゼン@1789のときよりずっと素敵。
観てよかったなと思いました。

少年エリックの熊谷俊輝くん。
歌もうまいし、かわいい。

少年エリックも、キャストスケジュールが発表されていたのを知らなかったので、あとから調べたら、大河原爽介くんに一度も会えないことがわかり、泣いています。
観たかったなあ。

以上、ちょっと辛口になっていますが、これは、座席のせいです!
残りのチケットは、1階席だから、大丈夫!

それから、出番は少ないけれど、ジャン・クロード役が女性なのは、何か意味があるのかしら?
佐藤 玲さんという女優さん。

私は男性のほうがいいと思うので、ちょっと気になりました。

DVDの発売も決まっていて、会場で予約を受け付けていました。
私は開演前は、両バージョンとも買う気満々でしたが、ちょっと考え中。

加藤和樹×愛希れいか×木村達成
城田優×木下晴香×廣瀬友祐

どちらか一枚だったら、木村達成のほうかしら?

ダンスオブヴァンパイア

9月に宝塚星組を観て以来の観劇でした。

とりあえず、写真を。

201911tdv-1.png

201911tdv-2.png

201911tdv-3.png


この演目で、「満員御礼」は、私が観劇した中では初めてかもしれません。
(初演は観てません。)

キャストは、

サラ:桜井玲香
アルフレート:相葉裕樹
ヴァンパイア・ダンサー:森山開次

久しぶりのせいか、それとも、一公演しか観られないせいか、とっても感動しました。
前日に公式の動画をチェックして、ちゃんとカテコで踊ってきましたよ!
赤いハンカチがなかったので、持ってたタオルハンカチ振りました。
よく見たら、早霧せいなさんのハンカチでした(≧▽≦)。

楽しかった。
ひたすら楽しかった。

余裕があれば、東啓介くんのアルフも観たかったんだけどね。

ざっくり感想では楽しかったんだけど、前回と舞台装置や演出が変わったので、違和感がないわけではなくて。
細かい感想は後ほど。

タッキー、早すぎるよ( ノД`)シクシク…

飛び込んできたニュースに目を疑いました。

俳優の滝口幸広さんが13日に逝去されました。
突発性虚血心不全だそうです。

34歳という若さで・・・早すぎる。

テニミュの大石秀一郎で初めて出会った。
テニミュ出身の俳優は、ずっとずっと応援している。

滝口くんは、正統派のイケメンで、テレビでも舞台でも活躍していた。

あまりにも突然すぎて、ただただ呆然としている。
しばらくテニミュのDVDを見返すことができないかもしれない。

2020年「エリザベート」製作発表

もちろん、抽選に外れて行けてません。
当然「アナスタシア」も。

エリザは、キャストも未発表だったので、昼頃からドキドキしながら、ネットチェックしてました。




ミュージカル「エリザベート」

2020年4月9日(木)~5月4日(月・祝)
東京都 帝国劇場

2020年5月11日(月)~6月2日(火)
大阪府 梅田芸術劇場 メインホール

2020年6月10日(水)~28日(日)
愛知県 御園座

2020年7月6日(月)~8月3日(月)
福岡県 博多座

脚本・歌詞:ミヒャエル・クンツェ
音楽・編曲:シルヴェスター・リーヴァイ
演出・訳詞:小池修一郎

キャスト
エリザベート(オーストリア皇后):花總まり / 愛希れいか
トート(黄泉の帝王):井上芳雄 / 山崎育三郎 / 古川雄大
フランツ・ヨーゼフ(オーストリア皇帝):田代万里生 / 佐藤隆紀
ルドルフ(オーストリア皇太子):三浦涼介
ルドヴィカ / マダム・ヴォルフ:未来優希
ゾフィー(皇太后):剣幸 / 涼風真世 / 香寿たつき
ルイジ・ルキーニ(皇后暗殺者):尾上松也 / 上山竜治 / 黒羽麻璃央
ほか

山崎くんのトートには驚きました。
ルキーニだと思っていたのもあって。
それから、一瞬、城田トート復活ある??って思っていたので。

それと、井上トートは、帝劇はないのね?

古川トートはうれしくもあり、通いたいけど、今からチケットが心配過ぎて眠れないw

フランツは、万里生くん続投なのはうれしい(≧▽≦)。
佐藤フランツも復活なのね。

地味に衝撃を受けたのが、ルドルフがシングルキャストであること。
確かに出番は少ないけれど、誰か期待の新人が欲しかった。
そして、木村ルドルフがいないのが、悲しくて悲しくて。
7月に舞台があり、全国を回れないから?

マダム・ヴォルフとゾフィーの続投はうれしいです。
みんな好き。

ルキーニは、尾上松也さんが復帰。
新たなキャストに上山竜治くん、 黒羽麻璃央くん。

成河さんが無理なのはわかっていたけど、残念。
麻璃央くんを楽しみにしている。ガンバレ~。

トートがトリプルだと、映像化はないか。
映像化してほしいけど、そこに木村達成はいないわけで、ちょっと複雑です。

遠征できるかわからないけど、お金ためる。

11月の観劇予定

10月は観劇ゼロでしたが、11月はどうにかして行きたい!

まずは、5日に開幕した『ダンス オブ ヴァンパイア』。

1公演しか行けませんけどね><

マスクやルミカライト配布の日じゃないのが残念ですが、盛り上がりたいです。

そして、明日9日初日を迎える城田くん演出の『ファントム』。

チケ難のため、前半日程がとれず、観るのはかなり先になります。
ゲネプロ写真を見ましたが、気になったのがクリスティーヌの衣装。
あまり好みじゃないですが、トム・ロジャースさんという方ですね。

もう一つは、『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』。

全部行けるといいのですが。


気になる舞台情報は、小西くん出演のミュージカル。

アンドリュー・ロイド=ウェバーの処女作だそうです。

ミュージカル『ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』

2020年4月 東京・日生劇場
5月 大阪・オリックス劇場

作曲:アンドリュー・ロイド=ウェバー
作詞:ティム・ライス
演出:ダレン・ヤップ

出演:
薮宏太(ジョセフ)(Hey! Say! JUMP)
すみれ/シルビア・グラブ(ナレーター(Wキャスト))
小西遼生(ファラオ) 小浦一優(ポティファー)(芋洗坂係長) 村井國夫(ジェイコブ)


すみれさん、久しぶりですね。
もうミュージカル出演はしないかと思っていました。
主演がジャニーズということは、チケットは電話受付なのかしら?
面倒臭い(^^;

浦井くん主演のミュージカルも発表されました。

ミュージカル「メイビー、ハッピーエンディング」
2020年8月
シアタークリエ

作:ウィル・アロンソン&ヒュー・パーク
翻訳・訳詞・演出:上田一豪
出演
オリバー:浦井健治
クレア:中川翔子 / 花澤香菜
ジェームズ:坂元健児 / 斉藤慎二(ジャングルポケット)


なんだか、だんだん、私の守備範囲外の出演者が多くなってきますね。
世代交代なのかなあ。

そういえば、「ウエスト・サイド・ストーリー」@ステアラも開幕しましたが、北乃きいさんの体調不良のため、4公演を笹本玲奈さんが出演するとか。
玲奈ちゃん、連続で大変ですが、頑張ってほしいです。
北乃さんも早く回復しますように。

観に行かない公演ではありますが、キャストの体調不良は、常に心配なので、祈るような気持ちになります。

最後に、永久輝せあさん、おめでとうございます!
三井住友カード&VJAグループの新イメージキャラクターに起用されました。
これからも応援していきたいと思います。