偏愛的独白

今年もお世話になりました

あ~、もうすぐ2017年も終わろうとしています。

もう少し更新したかったけれど、結局時間がとれず、ダメでした。

でも、少し落ち着きましたし、なんとか倒れずにおります。

2017年は、あまりいいことがなかったけれど、観劇には恵まれたと思います。
早く総括記事を書きたいです。

むしろ、お正月のほうが、少し時間がとれるかもしれません。

皆様、今年もありがとうございました。
また来年も、遊びにいらしていただけるとうれしいです。

よいお年を!

ミュージカルが足りない

あ~、結局、12月は観劇ゼロということになりました><

星組も観られなかったし、「4Stars」も断念しました。

「4Stars」は、評判いいので、ほんと残念です。

そんな中、「特装版 古川雄大 30th ANNIVERSARY BOOK Free & Easy Limited Edition」を注文し、もうすぐ受け取れそうです。
また、古川くんのライブも東京だけですが、FCで確保できました。

ほかには、劇団四季の「ソング&ダンス65」のチケットをゲット。
もっと熾烈かと思ったのですが、ぴあ先行で好きな日程を選べました。

一か月以上観劇してなくて、ミュージカルに異様に飢えています。
劇場に行きたい!行きたい!行きたい!

でも、行けない( ノД`)シクシク…

DVDでも観ようかと思うのですが、気力が続かず。

笑ったのが、また変な夢を見たのですよ。
前回は井上くんでしたけど、今回は、なんと宝塚の夢です(笑)。

タカラジェンヌになったわけじゃなく、宝塚の海外公演に帯同という夢ですw
目覚めて大笑いです。
しかも、ウェルカムパーティー?に着ていくドレスを忘れて、普段着で参加という恥ずかしさ><

そして、組長に説教されて、落ち込んでいたら、隣に某OGが座り、非常に親しくおしゃべりしました(≧▽≦)。
某OGは元トップさんですが、早霧さんじゃないですw

その夢は、かなり長いストーリーでした。
全くしょうもないネタですみません。

年内にもう少し更新したいと思っています。

『SECRET SPLENDOUR』続き

気づけば、一か月も前のことですが、まだレポが途中なので、もうしばらくお付き合いくださいね。

SCENE8 ミュージカルなショータイム

『キス・ミー・ケイト』より「Too darn hot」

海宝くんのソロに合わせて、激しく踊る大野さん。
海宝くんも観たいし、大野さんも観たいし、忙しいです。

海宝くんの熱さと大野さんの熱さが融合してさらにホットになっていました。

『グランド・ホテル』より「Maybe My Baby Loves Me」

これは、うれしい。
海宝くんと早霧さんのデュエット。
早霧さんのスーツ姿が素敵。

しかし、海宝くんは、何を歌ってもいいなあ。
可能性が広がりすぎて怖いくらいだ。

海宝くんレベルの若手が、もっともっと出てきてほしいよ~。

『ファニー・ガール』より「Don't Rain On My Parade」

早霧さんの堂々とした歌いっぷりに感動。
楽曲は知っていたけど、好きな人が歌うと、すぐに覚えてしまいますね。
汗をかきながら、熱唱してくれました。

そして、早霧さん、一休みモードで、ほかの皆さんが活躍。

『スウィート・チャリティ』より「ビッグ・スペンダー」

CMにも使われたので、誰もが知っている曲だと思いますが、恥ずかしながら、『スイート・チャリティ』の曲だと知りませんでした。

キムさん、小野さん、原田さんが迫力たっぷりに歌ってくれます。3人とも椅子に座って歌います。

ふと、黒い衣装が、クラブセブンを思い出させた。
衣装、十川ヒロコさんだから。
でもって、小野さんのイケメンぶりが𠮷野圭吾さんを思い出すの。
そこから、妄想が広がって、今回のメンバー全員で、クラブセブンのかっこいい踊りのシーンを観たいなあと思いました。
そういえば、第一幕でも、小野さんの着物姿を見て、𠮷野圭吾さんの女装に似てるなあと思っていた(笑)。
2人ともきれいで、色っぽいんだもの。

続いては、キムさん、小野さん、原田さんがそのまま残り、安寿さんが登場して、歌います。

『Burlesque』より「Welcome to Burlesque」

ダンサーの皆さんも登場。
あやしくけだるい雰囲気が漂います。

この歌は、かつて「STARS」のコンサートで、井上芳雄くんが歌いましたね。

『ジキル&ハイド』より「Dangerous Game-罪な遊戯」

安寿さん、キムさん、小野さん、原田さんそして海宝くん。

女性陣がルーシーで、海宝くんがハイドですね。
しびれます。

海宝くんのジキハイ、いつか観たいですね。
といっても、その前にもっと若い役柄にいろいろチャレンジしてほしいけど。

次々と素晴らしい曲が出てきて、幸せいっぱいの中、お着替え終わった早霧さんが登場!

『ドリームガールズ』より「One Night Only」

グリーンのドレス姿の早霧さん。
背中が出ていて、後ろが長い裾のドレス。
最初のころは裾さばきにも不慣れな感じが出ていましたが、だんだん、上手に。

この歌を選んだのは正解ですね。とても早霧さんに合っていたし、音域も合っていたと思います。
ただ譜面通りに歌うのではなくて、丁寧に感情を乗せていました。
ちょっぴり涙出ましたよ。うれしくて。

『イントゥ・ザ・ウッズ』より「No One is Alone」

キムさんのソロにうっとり。

『ハウ・トゥー・サクシード』より「Brotherhood of Man」

男性陣が出てきて、歌いつなぎます。

客席も手拍子。

途中から、小野さんも出てきて歌います。

次々とメンバーが増えて、早霧さんも一緒に踊ります。
ゲストの先生(平澤さんor桜木さん)もノリノリで踊っています。

早霧さんが、みんなに「シスター??」と突っ込まれて、
「はーい、私がシスターです!」と。(ここはアドリブで。)

SCENE8

フィナーレ

失われた小鳥たち

白い衣装で、安寿さんが登場し、ソロで歌う。

I Will Follow Him
キムさんのソロから始まる。
早霧さん、白い衣装で登場。

途中でみんな出てきて歌い、踊る。
みんな、楽しそう!

カーテンコール

「ケセラ・セラ」

早霧さんのソロ。

メンバー紹介。

毎公演、早霧さんの初々しい挨拶があり、それも面白く、微笑ましかったです。

ラストは、音楽に合わせて、早霧さんは安寿さんとハグしたり、平澤先生とエアギターしたり、盛り上がって終わりました。

そして、はけてから、すぐに再登場し、皆さんを呼び、改めてお礼を言う早霧さんでした。

至福のときでした。
今思い出しても楽しいです。
リアルで大変な今も、コンサートを思い出して励まされます。

早霧さんのいろんな歌が聞けてよかった。
不思議なんですけどね、早霧さんの顔ばかり見ていると、歌が弱いなあと思うんです(^^;。
でもね、一瞬、目をつぶって歌を聞くと、男役のときより、うまくなったように聞こえるんですよね。
ファンでありながら、先入観にとらわれていた自分を反省しています。

来年のミュージカル主演、楽しみです。

そして、早霧さんのコンサートを通じ、今まで以上に海宝くんが好きになったし、安寿さんに惚れたし、荻田先生を改めて尊敬しました。
そして、ほかの共演者の皆さんのすばらしいパフォーマンスの一つ一つが記憶に刻み込まれ、今後の出演作品をチェックしていきたいと思いました。

井上芳雄の夢を見た

井上芳雄さんの夢を見て、「なんで井上くんなんだ?」と思いながら目覚めた今朝。

ダディ・ロング・レッグスの感想を書いていないからかなあ。
井上くんの夢登場は、楽しかったけれど、今の気分で言えば、古川雄大とか加藤和樹とか出てほしかったかも(笑)。

ブログの更新滞ってますが、実は母が入院してしまって帰省中なのでした。

なんだか、11月中旬あたりから、運気が低下しています><
いろんなことが起きて・・・まあ、気が向いたら書きますが、楽しい話じゃないんで。

でも、お祝い事があって、新しい服を買って、ヘアメイクもして、明るい気持ちになっていました。
ヘアメイクって、すごい!って感動したり。(←いや~、ほんとプロに任せると化けますねw)

が、直後に母のことがあり、予定していた観劇もできず、約束もキャンセル続きでして、ついてないですね。

夜は暇なんですけど、昼間の看護疲れで、パソコンも開かず寝てしまいます。
でも、ブログ更新したほうが気が紛れていいかなあと思って書いています。

『SECRET SPLENDOUR』5回目

5回目そしてマイ楽でした。

座席は、G列センターブロック。

開演直前に席に向かったのですが、やたら観客が私を見るので、変な格好してきたかと思ってどきどきしましたが、私の前を宙組生が歩いていたのでした。
蒼羽りくさんは、すぐにわかりました。ほかには、星月梨旺さん、秋奈るいさん、留依蒔世さんだったようです。
そして、鳳翔大さんも見つけました。

感想は第二幕から。

SCENE6 ピカレスクなジャズタイム
LUPIN THE 3rd 組曲

ああ、もう懐かしすぎる。
ルパンですよ!

このシーンの衣装もシンプルですが、素敵です。
赤と黒の衣装で皆さんが決めていて、早霧さんは、ルパン風衣装で登場。
早霧ルパンがそこにいるじゃないですか!

振り付けもルパンなんだけど、かっこよくて、懐かしくて、もうたまらない。

早霧ルパンは、原田さんにちょっかいを出したり、花岡さんにビンタくらったり、動きがコメディチックです。

そして、早霧さんのソロは、『ルパン三世 その2』です。
「あしもとにからみつく~」というあれです。
これ、大好きなんですよ。

続くインストゥルメンタルは、丹澤さんのサックス。
軽快な響きが心地いい。
合わせて踊る原田さん。

そして、安寿さんが登場。峰不二子っぽい。
衣装が赤いつなぎのようなドレスで、安寿さんって何を着ても似合うのね。
髪型も、がらりとかえて、さらさらボブ風。

小野さんも出てきて、「ラブ・スコール」を透き通る声で歌います。

ここでは、早霧さんは、ルパンではなくて、赤いワンピース風のドレスで踊ります。
華美すぎないデザインがいいですね。

そして、圧巻は、キムさんの「炎のたからもの」。
キムさんの迫力すごいです。

Secret Splendour

オリジナル曲。テーマ曲。
早霧さんの今の心情を歌ったような歌詞です。
歌いやすくて、さわやかな歌です。

たぶん、このとき着替えた衣装だと思いますが、黒い衣装がまた素敵なんです。
ワンピースの腰下の部分が、半分スカートで、半分パンツみたいな。
いや、パンツの上に半分だけひだスカートがついているような・・・うまく形容できずすみません。

SCENE7 先生と踊ってみよう
Shall We Dance!Special ダンスメドレー

早霧さんと安寿さんが踊ります。
同じ動きをしたり、デュエットダンスをしたり。

二人ともかっこいいです。
つい、男っぽく踊ってしまう早霧さんに苦笑の安寿さんという設定もあり。

と、そこへ、割り込んでくる男性がw

安寿さんの代わりに早霧さんの手をとり踊り出してしまう。

おまけに、安寿さんにあっちにいけという素振りで、邪魔者扱い。

安寿さんは、むくれて、はけてしまいます。
安寿さんのぷんぷん顔もかわいい。美人は何をしてもさまになりますね。

そのままゲストコーナーへ。

どちらのゲストも、「ラ・エスメラルダ」を早霧さんと一緒に踊ります。
客席も盛り上がります。

これ、テンション上がりましたよ。

もう泣けて泣けて。
早霧さんと先生、すごく楽しそうなんだもん。

短い時間なのに、一瞬で、ラの世界に引き込むラの威力に関心してしまいました。

はけようとする先生を、パントマイムで引き留めて、もう一曲踊ります。

Guest1
シティ・ラプゾディ 『私立探偵 ケイレブ・ハント』より

平澤智さんのときは、この曲でした。
これも懐かしいですね。スタイリッシュな曲です。

早霧さんは、特にダンサーとして秀でていたわけじゃないのですが、それでも、かっこよく見せることを知っています。
平澤先生は、本当に面白くて。
たしか、凰稀かなめさんの「The Beginning」で拝見しています。

Guest2
微笑みを交わして 『るろうに剣心』より

もう一人のゲストは、桜木涼介さんです。
桜木先生のお名前はよく知っていますが、生は、初めてです。
ワイルド系で、かっこいいです。

どちらの先生も素晴らしかったし、こうしてゲストで出演してくださったことがうれしいです。

Hot Stuff

原田薫さんの歌で、皆さんと一緒に先生も踊ります。

続いては、いよいよ怒涛のミュージカルコーナーに入りますが、語りが長くなりそうなので、今夜はこのへんで。
(つづく)