偏愛的独白

明日海りおディナーショー「ASUMIC ADVANCE」

*注 過去に書いたものをアップしています。

明日海りおディナーショー「ASUMIC ADVANCE」
第一ホテル東京

構成・演出:中村暁 
出演:明日海りお・大河凛・華雅りりか・優波慧・真彩希帆

チケットとれないかと思いましたが、一生懸命電話して何とかゲット。
蘭寿さんのディナーショーは、ダメでした。
退団されるので、競争率が高かったのかもしれないですね。

会場は、所狭しとテーブルと椅子が並べられ、ぎゅうぎゅう詰め状態でした。
お席は、真ん中あたりで、意外と舞台が見えてうれしかったです。
一人参加でしたが、お隣の人とおしゃべりが盛り上がり、楽しかったです。

明日海さんはもちろんですが、壮さんのディナーショーに続いて、大河凛さんが出演なので、テンション上がりました。

当日のプログラムは、

プロローグ
Fantasy
September
Mission:Impossible
It Ain't No Mountains High Enough

Tango
Adios Nonino
リベル・タンゴ

Spanish
このまま帰らないで
Ti Amo
情熱の翼

Takarazuka
豊穣の海
春の雪
戦国BASARA
白ばらのひと
本当の俺じゃない
AIMER
世界の王

Pops
Good Time
キミライフ
女々しくて
誰にも似ていない自分だけのもの

黒タキシードの明日海さんがかっこよすぎる。
プログラムの写真も、とっても美しいんですよ~。
明日海さんって、かわいい感じなのに、かっこよさも出せるって、すごいなあと思います。
トップになるべくしてなるんだろうな~。

宝塚の歌は、やはり、ロミジュリの歌が、印象に残ります。

ポップスコーナーが意外な選曲でしたが、明るくて楽しかったです。

アンコールは、「チェリー」でした。

このディナーショーが、2013年最後のお楽しみとなりました。
明日海さんの人気がすごすぎて、圧倒されました。
今後の公演も楽しみです。

宝塚歌劇宙組公演『風と共に去りぬ』

*注
2013年に書いたものをアップしています。


宝塚歌劇宙組公演『風と共に去りぬ』

宝塚グランドロマン
『風と共に去りぬ』
Based on
GONE WITH THE WIND by Margaret Mitchell
Copyright © by GWTW Partners LLC
原作/マーガレット・ミッチェル
脚本・演出/植田 紳爾 演出/谷 正純

2013年11月22日(金)~12月23日(月)
東京宝塚劇場

出演
レット・バトラー 凰稀 かなめ
スカーレット・オハラ 朝夏 まなと/七海 ひろき
アシュレ・ウィルクス 悠未 ひろ/朝夏 まなと
メラニー・ハミルトン 実咲 凜音

マミー 汝鳥 伶
ミード博士 寿 つかさ
ミード夫人 鈴奈 沙也
ピティパット 美風 舞良
メリーウェザー夫人 大海 亜呼
ベル・ワットリング 緒月 遠麻
ジョージ 蓮水 ゆうや
スカーレットII 純矢 ちとせ/伶美 うらら
令嬢 愛花 ちさき*
ルネ 悠未 ひろ/七海 ひろき
リンダ 花音 舞
エルシング夫人 風羽 玲亜
司会者 天風 いぶき
令嬢 花里 まな
ワイティング夫人 天玲 美音
スタンレー 澄輝 さやと
プリシー 綾瀬 あきな
ファニー すみれ乃 麗
ウィリー 凛城 きら
ピーター 松風 輝
チャーリー 愛月 ひかる
フィル 星吹 彩翔
夫人 瀬音 リサ
令嬢 愛白 もあ
青年 蒼羽 りく
マリリン 結乃 かなり
北部の淑女 夢涼 りあん
青年 風馬 翔
青年 美月 悠
北部の紳士 星月 梨旺
北部の紳士 春瀬 央季
ベティ 咲花 莉帆
青年 桜木 みなと
夫人 彩花 まり
令嬢 真みや 涼子
メイベル 純矢 ちとせ/伶美 うらら
青年 和希 そら
令嬢 瀬戸花 まり
令嬢 花乃 まりあ

3公演チケットをとったものの、事情が許さず、2公演しか観られず。
ただ、役替わりの両パターンを観られたのが救いです。
座席は、2回とも、2列上手ブロック。

「風と共に去りぬ」は、小さいころに、映画(テレビ放映)を見た印象が強烈で、ヴィヴィアン・リーとクラーク・ゲーブルで、刷り込まれています。
でも、お話自体は、そんなに好きではありませんでした。
登場人物もスカーレットにもレット・バトラーよりも、アシュレーとメラニーのほうがずっと好きでした。
ヴィヴィアン・リーは、美しいけれど、「哀愁」のほうがずっといいです。
スカーレットは、当時は気が強すぎて、理解できなかったのでした。

そんな作品を、なぜに凰稀 かなめさんで観なくてはいけないのか><
大作ものじゃないほうがよかったな~。
きれいなお顔なのに、わざわざ髭をつけて、おっさんになるなんて;;

発表されたときは、こんなふうに思っていましたが、いざ、ビジュアルを見ると、元が美しいと、なんでも似合うのだなと感動しました。

原作通りに、描くと、やや退屈なのでしょう。
ヒロインの分身である「スカーレットII」というキャラを作り出し、彼女の本音を語る役目が与えられています。

私は、てっきり、スカーレットは、実咲さんが演じると思っていたのですが、なんとメラニーでした。
メラニーは、天使のような素晴らしい女性ですが、出番が少ないので、残念です。

それに、原作がそうであるように、この作品の主役は、スカーレットなんですよね。
だから、宝塚版になって、バトラーの比重は大きいものの、スカーレットの印象が強烈に残ってしまいます。

役替わりがありましたが、まずは、こちらのパターンを観劇。

スカーレット・オハラ:朝夏 まなと
アシュレ・ウィルクス:悠未 ひろ
スカーレットII:純矢 ちとせ

うーむ。
二番手男役が、スカーレットか><
朝夏さんは演技もいいし、歌もうまいです。
でも、女装すると、あめくみちこさんにしか見えない><
声が気になってしまって、集中できず。
ドレスはお似合いでしたが・・・。

逆に、純矢さんのきれいさとお茶目さが際立ってしまいました。
お茶目というと語弊があるかもしれませんが、イケイケで本能のままのスカーレットを演じる純矢さんが面白いし、かわいいし、その表情に釘づけでした。

二人のスカーレット登場シーンは、面白かったです。

アシュレーの悠未さん。この公演が退団公演でした。
いきなりの退団で驚きました。
アシュレーのキャラクターは、あまり合ってなかったように思います。

レット・バトラーの凰稀かなめさん。
渋くて素敵でした。
このような役柄もできるのだなあと改めて好きになりました。
歌も・・・うまくなってますか?
冒頭の歌、聞き惚れました。
二幕での、酔いつぶれた姿、痛々しかったですね。
演技、すごくよかったです。
そして、メラニーの死にショックを受けたスカーレットが、自分を通り過ぎて、アシュレーに駆け寄った時の、失意の表情がなんとも切なく胸が苦しくなります。

メラニー役の実咲凜音さん。
すごくよかったです。メラニーに感情移入してしまいますね。
でも、やはり、スカーレットを観たかったです。
トップ娘役なのになあ。

ベル・ワットリング役は、緒月遠麻さん。
うーん、どうして男役がこの役をするのでしょうか><
緒月さんは、杉本彩さんみたいでした。

宙組の娘役の皆さんの役が、残ってなくて、かわいそうな気がしました。

そして、役替わりの別パターンは、

スカーレット・オハラ:七海 ひろき
アシュレ・ウィルクス:朝夏 まなと
スカーレットII:伶美 うらら

ビジュアル的には、こちらが好きですね。
七海さんのスカーレット、美しくて、かわいくて。
歌がいまいちだと聞いていたので、覚悟してましたから、そんなに気になりませんでした。

朝夏さんも、キャラ的には、アシュレーですよね。

怜美さんも、きれいなので、純矢さんほどのインパクトはないのですが、合っていたと思います。

一般的には、朝夏スカーレットのほうが人気だったのかな?
私は七海スカーレットのほうが好みでした。

ウィーン・ミュージカル・コンサート2

『ウィーン・ミュージカル・コンサート2』

2013年7月5日~6日 オーチャードホール
2013年7月20日~22日 東急シアターオーブ

演出・振付 :ドリス・マーリス
音楽監督・指揮:塩田明弘

美術:金井勇一郎
音響:佐藤日出夫
照明:氷谷信雄
ヘアメイク:中原雅子
演出助手:河合範子
舞台監督:上田光成/本田和男
構成・演出・製作アドバイザー:高島勲

S席\11,500 A席\9,000 B席\5,000

出演
マヤ・ハクフォート
マーク・ザイベルト
アンネミーケ・ファン・ダム
ルカス・ペルマン
イングヴェ・ガーソイ・ロムダール
ケヴィン・タート

ダニエラ・ハルバウアー
エマ・ハンター
マリアンネ・タルノフスキー
ゲオルク・プロハツカ
ヨハン・ファンダム
ユリアン・ブレス

企画・制作:梅田芸術劇場
主催:梅田芸術劇場/キョードー東京(東京)
協力:THEATRO
オリジナルプロダクション:ウィーン劇場協会

「エリザベート」20周年記念コンサートに行ってから、海外キャストのすごさを見せつけられたので、
今回も、行くことに。

シアターオーブ公演に行きました。
座席は、3階3列センター。
5000円でこんなに素晴らしいものが観られたのは、本当に幸せです。

パンフレットの売り方が下手でしたけど><
パンフレットを買うと、サイン会の券がもらえるらしく、そのために行列が長いんです。
実際、サイン会は大盛況だったようですが、パンフレットだけが欲しい客には、すぐに買えるようにしてほしかったなあと。

2008年、ウィーン版『エリザベート』招聘公演1周年を記念して上演された、『ウィーン・ミュージカル・コンサート』。
 マヤ・ハクフォート、マテ・カマラス、ルカス・ペルマン、マジャーン・シャキ、アンドレ・バウアーを迎えて、“ウィーンミュージカル”の人気曲目をふんだんに盛り込んだコンサートは、大阪のみの超プレミアコンサートとして大好評を博しました。今回は、なんと前回より更に豪華なキャストが結集!
 ウィーンからは、エリザベート役で世界一の出演回数を誇る至高のディーヴァ、マヤ・ハクフォートが『エリザベート』を終え、更なる魅力を発揮。『エリザベート』20周年の記念すべき年にウィーンにてトート役を務め、ドイツ語圏ミュージカル界で注目度ナンバーワンの新星、今回が初来日となるマーク・ザイベルト。若くしてエリザベート役に抜擢され、現在ウィーン・ライムント劇場の『エリザベート』20周年記念公演でも好演、美しさと抜群のスタイルを兼ね備えた新世代のディーヴァ、アンネミーケ・ファン・ダム。そして、『エリザベート』のルドルフ役として注目を集め、圧倒的な歌唱力と女性ファンを虜にする端正な容姿で、世界各国で大人気のルカス・ペルマン。『モーツァルト!』初代ヴォルフガング役ほか、その独特のパワフルな歌声と高い演技力で数々の大作ミュージカルに出演、幅広い役柄を自由自在に演じるイングヴェ・ガーソイ・ロムダール。そしてドイツからは、『ダンス・オブ・ヴァンパイア』ドイツ初演を始め各地で1000回以上の出演を重ね、クロロック伯爵としてお馴染みのケヴィン・タートが初来日を果たす。(※出演を予定していたマジャーン・シャキは、本人の事情により来日が不可能となり降板することになりました。)
 さらに今回は、スペシャルゲストとして韓国から『エリザベート』のエリザベート役や『レベッカ』のダンヴァース夫人などを演じ、韓国最高の女優でありウィーンも認める超一流のディーヴァ、オク・ジュヒョンの出演が決定。(7/5・6・13・14・15のみ)
国境、言語を超えて、これ以上望めない豪華競演が2013年夏、実現します!(公式より)



この紹介が、大袈裟ではないことが、わかるほど、感動的な舞台でした。
一度しか観られないのが本当に残念でした。

素人の私が、歌がどうとか批評のしようもなく、(日本版の場合は、どうしても、キャストについて不満も出ますが)
ただただ、至福のときを過ごしました。

字幕も出ますが、読まなくても、わかるんですね。耳と心で受け取れる。
もちろん、ビジュアル面も衣裳も、素敵なんですけど。

指揮者は塩田さんでした。ノリノリでした。

以下、セットリスト

『ダンス・オブ・ヴァンパイア』より

オーバーチュア
愛のデュエット
サラへ
抑えがたい欲望

山口さんのクロロック伯爵しか知らないので、ケヴィン・タートの伯爵は少し違和感を覚えるが、さすが1000回以上演じてきただけに、貫禄がある。
圧倒的な歌唱力。
サラは、アンネミーケ、アルフレートは、ルカスが。
美しい。

司会者が出てきて、出演者へインタビューもあり、いろいろと笑わせる。

『ルドルフ』より
二人を信じて(アンネミーケ)
それ以上の(ルカス、アンネミーケ)

美男美女です。
もう耳も眼も、大満足。

『モーツァルト!』より
僕こそ音楽(イングヴェ・ガーソイ・ロムダール)
何処だ、モーツァルト!(イングヴェ・ガーソイ・ロムダール、マーク・ザイベルト、ケヴィン・タート)
星から降る金(マヤ)

コンサートなんだけど、舞台を観ているような感覚。
『モーツァルト!』の楽曲も、みな、すばらしい。
うぅ、舞台が観たくなる。
マヤさんの「星から降る金」なんて、涙出そうだった。

チョッピリ・オツムに、チョッピリ・ハートに

これをルカスが歌うなんて!
客席も大盛り上がりで手拍子。

何故愛せないの?(イングヴェ・ガーソイ・ロムダール)

さすが、本家というか・・・やはり、日本人には出せないオーラがあるのかなあと思う。

神よ、何故許される(ケヴィン・タート)
影を逃れて(イングヴェ、マーク、ケヴィン、マヤ、ルカス、アンネミーケ)

ここで第一幕終了。
かなり興奮状態です。

第二幕は、『ロミオ&ジュリエット』からスタート。

舞踏会(アンサンブル)

本当の俺じゃない(マーク・ザイベルト)

世界の王(ルカス、マーク、アンサンブル)
衣裳は当時のものらしい。
ルカスがロミオです♥
そして、マーク・ザイベルトのティボルトがセクシーすぎて直視できません><
これまた客席も盛り上がってました。

『レベッカ』より
何者にも負けない(マヤ)
レベッカ(マヤ)

恐ろしいくらいの迫力に圧倒されました。
マヤさん、すごいわ。

そして、いよいよ、『エリザベート』。

オーバーチュア(アンネミーケ)
愛と死の輪舞(アンネミーケ、マーク)
最後のダンス(マーク)
私だけに(アンネミーケ)
私が踊る時(マーク、マヤ)
魂の自由(マヤ)
僕はママの鏡だから(ルカス)
闇が広がる(マーク、ルカス)
夜のボート(マヤ、ケヴィン)
愛のテーマ(マーク、マヤ)

エリザベートを演じる二人とも素敵すぎて…もう海外に行きたい病が><
マヤさんの貫禄、そして、アンネミーケの可憐な美しさ。

マーク・ザイベルトのトートも、かっこよかった。声もいい~。
ルカスのルドルフとの「闇が広がる」は絶品!

終わってほしくないよ~。

特別カーテンコールは、「ひとりは皆のために」(『三銃士』より)「星から降る金」「私だけに」でした。

日本版の『エリザベート』も大好きだけど、最高のキャストに魂もっていかれちゃいました。

それから、司会者の話で、大震災に遭われ、津波で何もかも失った人が、初演の「ウィーン・ミュージカル・コンサート」のCD(会場限定販売したようです。)をiPodに入れてあって、それを聴いて励まされたというのがありました。
そんなこともあり、梅芸の人たちが、このコンサートを成功させたかったとか。
司会者も言葉に詰まっていましたが、私も思わず涙しました。
音楽で救われること、ありますもんね。

すばらしいコンサートをありがとうございました。

ヴェニスの商人

『ヴェニスの商人』
2013年9月5日~22日
彩の国さいたま芸術劇場大ホール


演出:蜷川幸雄
作:W.シェイクスピア
翻訳:松岡和子

出演
シャイロック:市川猿之助
ポーシャ:中村倫也
バサーニオ:横田栄司
ジェシカ/シスター:大野拓朗
グラシアーノ/僧侶:間宮啓行
老ゴボー/テューバル/僧侶/シスター/高官:石井愃一
アントーニオ:高橋克実

青山達三、手塚秀彰、木村靖司、大川ヒロキ、岡田 正、清家栄一、新川將人、鈴木 豊
市川段一郎、鈴木彰紀*、隼太*、坂辺一海*、丸茂 睦(楽師) ほか
*さいたまネクスト・シアター

主催:公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団
協力:松竹株式会社
制作:公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団/ホリプロ
企画:彩の国さいたま芸術劇場シェイクスピア企画委員会

S席9000円
A席7000円
B席5000円

上演時間:2時間55分(一幕 1時間15分/休憩15分/二幕 1時間25分)

座席はE列センターブロック。
珍しく、チケット手配は友人任せでした。

「ヴェニスの商人」は、一番最初に知ったシェイクスピア作品かもしれない。
それくらい有名なので、今更、ストーリーを説明するまでもないのだが、
小さいころに読んだジュブナイル版の印象が強烈過ぎて、実は、正確な展開を覚えてなかったみたい。

なので、これまで、シャイロックは悪人で、それを機転をきかせてこらしめた話だと単純に思い込んでいた。

いやー、今回、そんな簡単な話じゃないということを知り衝撃的だった。

もちろん、シャイロックは、ひどい奴なんだけど、最後は、いじめみたいになっちゃって、逆にシャイロックが
かわいそうになってしまった。
これは、現代の制裁社会に対する風刺・・・いや警告なのかもしれないと思った。
最後に、ボロボロになって去っていく猿之助シャイロックが何とも切なくて涙が出そうだった。
通路を通るので、間近に姿が見えて、つらかったです。

時間があったら、原作読み直さないとダメだわー。

簡単なキャスト感想。

シャイロック:市川猿之助
以前、出演した時もそうだったけど、この人、全部持って行っちゃうね。
猿之助さんのためのシェイクスピアだった(≧▽≦)。
あと、歌舞伎ファンの人は、意外と観劇マナーを知らないのかもしれない・・・。

ポーシャ:中村倫也
今回、月川悠貴さんが出てないのよね。
でも、中村くんの女装、すごおおおおくよかった。
賢くてかわいい女という感じがよく出ていて、観るたびに成長している気がします。
もちろん、法廷でのシーンは、男らしくかっこよかった。

バサーニオ:横田栄司
普通にかっこいいです。

ジェシカ/シスター:大野拓朗
ルドルフ~!
ルドルフより、こっちのほうがよかったです。
女性らしい仕草はもう少し学んでほしいけど、顔がきれいなので。

グラシアーノ/僧侶:間宮啓行
間宮さん、大好きなんです。
少し老けましたけど、演技はますます磨きがかかって。

そういえば、客席に、成宮寛貴さんがいました!
足が長い人がいるので、何気なく見たら、成宮さんでした。かっこよかった~。

宝塚歌劇星組公演『ロミオとジュリエット』Aパターン

役代わりAパターン
ティボルト  紅ゆずる
ベンヴォーリオ 礼 真琴
マーキューシオ 壱城あずさ
パリス  天寿光希
死  真風涼帆
愛   鶴美舞夕

お芝居が始まってから気づきました。
真風さん、死だったのですね!さすが二回目なので、安定しています。
私は、てっきり、紅さんと交代で、ベンヴォーリオかと思っていたのでした。

ティボルトは、紅さんにぴったりですね。
ベンも悪くないですが、ティボルトのようなキレキレの役のほうが、紅さんの美しさが目立ちます。

えー、でも、礼さんが、ベン???
なんか、すごい役代わりだなあと思いました。
愛だった人が、ベンかあ・・・。観ているこちらも切り替えが難しいです。

壱城あずささんのマーキューシオも素敵でした。
Bパターンの記事で、天寿光希さんをかわいすぎると書いてしまいましたが、どちらのマーキューシオも、
個性は出ていたのでよかったと思います。


どちらかと言うと、Aパターンのほうが好みでした。

舞踏会のシーンで、フラメンコが追加されていましたけど、必要だったのでしょうか。
舞踏会は個人プレイではなくて群舞のほうがいいと思いますし、メインは、ロミオとジュリエットなので、
少々、冷めてしまいました。
出会いのシーンも演出変えたんですね。

柚希さんはかっこいいし、夢咲さんはかわいらしいです。
初演よりも、洗練された公演でしたが、宝塚版でやる以上は、フレッシュなトップコンビで観たかったです。

と、素人は思いました><

宝塚歌劇月組公演『ルパン -ARSÈNE LUPIN-』『Fantastic Energy!』

宝塚歌劇月組公演
ミュージカル
『ルパン -ARSÈNE LUPIN-』

モーリス・ルブラン作「ルパン、最後の恋(ハヤカワ・ミステリ刊/ハヤカワ文庫近刊)」より
脚本・演出/正塚 晴彦

グランド・レビュー
『Fantastic Energy!』作・演出/中村 一徳

8月30日(金)~10月6日(日)
東京宝塚劇場

出演
アルセーヌ・ラウール・ルパン:龍 真咲
カーラ・ド・レルヌ:愛希 れいか

ビクトワール・エルヌモン 飛鳥 裕
モーリス・ルブラン 北翔 海莉
ヘリンボーン 越乃 リュウ
ジュスタン・ガニマール 星条 海斗
フラヴィ 憧花 ゆりの
トニー・カーベット 沙央 くらま
ドゥーブル・チュルク 綾月 せり
フィナール 光月 るう
ドナルド・ドースン 凪七 瑠海
ヘアフォール伯爵 美弥 るりか
オックスフォード公エドモンド 宇月 颯
プス・カフェ  紫門 ゆりや
ウィリアム・ロッジ  煌月 爽矢
エメット 鳳月 杏
ジョゼファン 珠城 りょう
マリ・テレーズ 咲妃 みゆ

原作は未読ですが、ルパンは好きなので、楽しみにしていました。
座席は、2列上手ブロック。

当日、舞台装置に不具合があったそうで、演出を変更しましたと休憩時間にアナウンスがありました。
一度しか観ないので、どこが変わったのかわかりませんでした。

大空祐飛さんが観劇されてました。すぐわかりました~。

お芝居は、割と楽しめました。
休憩時間に何度も観ないと意味がわからないというご意見をちらほら耳にしたのですが・・・そうかなあ。
私がミステリ好きだから、感じなかったのかしら。

ルパン役の龍さん、すっかりトップの貫禄ですね。
ルパンには少し若いかなあと思ったけど、素敵です。
それと、専科から、北翔さんが出演されてます。
狂言回し役ですね。
歌は、相変わらず上手で、気持ちいいですが、うーん、なんか、こんな中途半端な役柄でいいのでしょうか?

月組は、明日海さんが花組に異動されて、どなたが二番手なんでしょうか?
全然わかりません。

沙央 くらまさんも、雪組から移ったんですよね。(この後で、専科に行かれました><)

凪七さんか美弥さんが二番手なのかなあ?

ショーは、群舞が多かったけど、楽しかったです。
龍さん、きれいだな~。
龍さんは素顔もメイク顔もきれいなので、好きですね。

越乃さんがこの公演で退団されてしまうのが、残念です。
結構、渋い演技で好きだったので。

宝塚歌劇星組公演ミュージカル『ロミオとジュリエット』Bパターン

宝塚歌劇星組公演
ミュージカル『ロミオとジュリエット』

Roméo & Juliette
Le spectacle musical de GÉRARD PRESGURVIC
D’après l’œuvre de WILLIAM SHAKESPEARE
原作/ウィリアム・シェイクスピア
作/ジェラール・プレスギュルヴィック
潤色・演出/小池 修一郎

7月26日(金)~8月25日(日)
東京宝塚劇場

出演
ロミオ 柚希 礼音
ジュリエット 夢咲 ねね

キャピュレット卿 一樹 千尋
ロレンス神父 英真 なおき
モンタギュー卿 美稀 千種
乳母 美城 れん
ヴェローナ大公 十輝 いりす
モンタギュー夫人 花愛 瑞穂
キャピュレット夫人 音花 ゆり
愛 鶴美 舞夕/礼 真琴
ティボルト 紅 ゆずる/真風 涼帆
マーキューシオ 壱城 あずさ/天寿 光希
パリス 天寿 光希/壱城 あずさ
ピーター 真月 咲
死 真風 涼帆/麻央 侑希
ジョン 輝咲 玲央
ベンヴォーリオ 礼 真琴/紅 ゆずる

役代わりBパターン
ティボルト 真風 涼帆
ベンヴォーリオ 紅 ゆずる
マーキューシオ 天寿 光希
パリス 壱城 あずさ
死 麻央 侑希
愛 礼 真琴

ロミジュリは大好きな演目だけど、また星組でやるの??って思いました。
どうせなら、違う組でやったらよかったのに。

初演の星組公演は、東京公演がなかったので、博多座まで観に行き、非常に感動しました。
フィナーレがないバージョンだったのが残念でしたが。

とりあえず、チケットとったら、良席でびっくり。
なんと、3公演中、2公演が最前列(上手と下手)で、1公演が2列目でした。

そんないい席にもかかわらず・・・うーん、初見の時の興奮は味わえなかったですね。
あのときのロミオとジュリエットの初々しさは、年を重ねて演技がうまくなろうとも、出せないと思いました。
貫禄つきすぎのお二人でした><

愛を演じる礼さんは、前も同じ役でしたが、今回のほうが女らしさを感じました。

真風さんのティボルト、かっこいいですね。
真風さん、ワルな役というか影のある役が似合ってますね。

ベンヴォーリオの紅さん。
マーキューシオを演じた紅さんが好きだったけど、年数を経た今、ベンヴォーリオも安定してました。

マーキューシオの天寿 光希さん・・・ええと、かわいすぎないですか?

パリスの壱城 あずささん。役代わりとはいえ、もったいない気がしました。
それと、お顔がきれいなので、パリスっぽくないんですよね。

キャピュレット卿の一樹 千尋さんは、見慣れているのもあり、もはや、この役柄以外では考えられないくらい、
刷り込まれてしまっています。

乳母の美城 れんさんは、今まで知りませんでしたが、乳母らしい包容力を感じました。
変な癖がないところも好感がもてます。

ヴェローナ大公は、 十輝さんです。長身を生かしてかっこいい大公となっています。

ネクスト・トゥ・ノーマル

『ネクスト・トゥ・ノーマル』

2013年9月6日~9月29日
シアタークリエ

脚本・歌詞=ブライアン・ヨーキー
音楽=トム・キット 
オリジナル版演出=マイケル・グライフ

出演:
ダイアナ(Wキャスト):安蘭けい、シルビア・グラブ
ゲイブ(Wキャスト):小西遼生、辛源
ダン:岸祐二
ナタリー:村川絵梨
ヘンリー:松下洸平
ドクター・マッテン:新納慎也

S席11,000円
A席8,500円

上演時間:約2時間30分(休憩20分)

オフブロードウェイから進出し、ブロードウェイ公演も大ヒットした作品が日本初上陸!
ロック&ポップスが響き渡り、力強い家族の絆と優しい人間の心が謳い上げられる本作は、2009年トニー賞3部門制覇、そして2010年にはミュージカルとしては『RENT』以来14年ぶりにピューリッツアー賞に輝く。まさに”魂のミュージカル”と言える。
作品タイトルから連想される「何が普通で、何が普通ではないのか?」というテーマは、価値観の多様化で生きる道標を見失いがちの現代人にとって、この上なく切実で興味深い今日的な問題である。であるからこそ「ありのままの自分で良いのだ」というメッセージは我々の心を激しく揺さぶることになるだろう。
この作品は、現代に生きる全ての人への応援歌なのだ。



あらすじ

父と母、娘と息子の4人の現代アメリカの平凡な家庭のはずだった。
慌ただしくも明るい朝の風景の中、母親であるダイアナはサンドイッチ用のパンを床一面に敷き詰め始めたりして、行動が次第に不自然になっていく。そんな精神を病んでいる彼女に、夫のダン、娘のナタリー、息子のゲイブは優しく接し、なんとか回復させようと努力する。しかし…。



安蘭けいさんと小西くんの共演ということで、大喜びでチケットとりました。
Wキャストですが、もちろん、お二人の組み合わせのときを選び、最前列センターです!

が・・・この舞台は、最前列では観ないほうがいいかもです・・・。

音が響きすぎて、内容がシビアすぎて、第一幕からぐったりしてしまいました><
何度か観劇できれば、それでも、内容を吸収できたのかもしれませんが、
リアル多忙で疲れ切った体には、刺激が強すぎたようです。

というわけで、まともな感想書けませんm(__)m。
以下、どうでもいいつぶやき。

ミュージカル『二都物語』追記

*注 過去に書いたものをアップしています。

初見の感想は、こちら

その後、二回観ました。
1階C列で一度、2階席(B席)で友人と。

2階席で観た時は、ダメだったすみれさんのなまりも乗り越えることができ、ただ、ひたすら、井上シドニーの崇高な魂に、涙なみだでした。
身代わりに死ぬなど、現代ならあり得ない設定でしょう。
時代ならではというか、あの状況では、井上シドニーの選択は、彼にとっても幸せだったのだと思いたいです。

まだ書いていないキャストについて。

ドファルジュ:橋本さとし
もっと出番欲しかったけど、抑えの演技が光っていました。

ドクター・マネット:今井清隆
レミゼ思い出しました。ああ、今井バルジャン観たい~。

バーサッド:福井貴一
初めて観る人かな?
とてもいい味出してました。
最後は泣けました;;

ジェリー・クランチャー:宮川浩
久々に観た気がしますが、演技いいですね~。

サン・テヴレモンド侯爵:岡幸二郎
残虐な役柄ですが、ビジュアルは素敵です。
髪型も衣裳もお似合いです。
冷酷な残忍な感じがよく出ていましたが、出番が少ないので、もったいない使い方だと思いました。

ミス・プロス:塩田朋子
こちらもたぶん初めてですが、脇役ながら、非常に演技派なので、舞台を引き締めてました。

脇役陣がことごとくすばらしいです。

続いて、楽曲についてですが、巷では印象が薄いという感想が多く見受けられましたね。
確かに、レミゼやエリザベートと比べたら、イカンですよ><

これも、日本版CDが発売されれば、もう少し違ったと思うんですが。
アマゾンで探したら、こんなのが出てきました。

B003ZWGIIITale of Two Cities: International Studio Recording
Tale of Two Cities: International Studio Recording
Libra Verde 2011-11-13



<収録内容>
PROLOGUE
THE WAY IT OUGHT TO BE (Paris)
WHO ARE YOU
YOU’LL NEVER BE ALONE
THE WAY IT OUGHT TO BE (London)
NO HONEST WAY
THE TRIAL
REFLECTION
LETTER FROM UNCLE
THE PROMISE
I CAN'T RECALL
RESURRECTION MAN
NOW AT LAST
WEDDING
IF DREAMS CAME TRUE
OUT OF SIGHT, OUT OF MIND
LITTLE ONE
UNTIL TOMORROW
EVERYTHING STAYS THE SAME
THE TALE
IF DREAMS CAME TRUE (Reprise)
WITHOUT A WORD
HE BLUFF
THE WAY IT OUGHT TO BE (Reprise)
LET HER BE A CHILD
THE LETTER
DEFARGE GOODBYE
FINALE
NEVER SAY GOODBYE (Bonus Track)

再演は・・・ないかな><
でも、あったら行くと思います。
ただ、キャストは、井上&浦井のままがいいな~。
この演目だけは、歌がうまくないときつい気がします(^^;。

宝塚歌劇宙組公演『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』

*注
2012年に書いた感想をアップしています。

NTT東日本・NTT西日本フレッツシアター
スペース・ファンタジー
『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』 

田中芳樹作「銀河英雄伝説」(東京創元社刊)より
脚本・演出/小池修一郎

作曲・編曲:太田健
指揮:塩田明弘
衣装:有村淳
映像:奥秀太郎

2012年10月19日(金)~11月18日(日)
東京宝塚劇場

出演
ラインハルト・フォン・ローエングラム 凰稀 かなめ
ヒルデガルド・フォン・マリーンドルフ 実咲 凜音

ブラウンシュヴァイク公爵 一樹 千尋
リヒテンラーデ
ムーア中将  磯野 千尋
皇帝フリードリヒⅣ世
グリーンヒル 寿 つかさ
アマーリエ 鈴奈 沙也
ベーネミュンデ侯爵夫人 美風 舞良
パウル・フォン・オーベルシュタイン 悠未 ひろ
ドミニク 大海 亜呼
ヤン・ウェンリー 緒月 遠麻
ジークフリード・キルヒアイス 朝夏 まなと
オスカー・フォン・ロイエンタール 蓮水 ゆうや
アンスバッハ
ラップ少佐 凪七 瑠海
ジェシカ 純矢 ちとせ
アンネローゼ 愛花 ちさき
ウォルフガング・ミッターマイヤー 七海 ひろき
ルビンスキー 鳳樹 いち
クリスティーネ 花音 舞
リッテンハイム侯爵 風羽 玲亜
マリーンドルフ伯爵
ラオ少佐 天風 いぶき
サビーネ 花里 まな
ラインハルトの父/シトレ 天玲 美音
ビッテンフェルト 澄輝 さやと
エリザベート 綾瀬 あきな
アンネローゼの女官 舞花 くるみ
フレデリカ すみれ乃 麗
フレーゲル男爵 月映 樹茉
ルッツ 凛城 きら
グレーザー(医師) 松風 輝
ワーレン 愛月 ひかる
トリュー二ヒト 星吹 彩翔
アンネローゼ(少女時代) 瀬音 リサ
ケンプ 蒼羽 りく
ヴェストパーレ男爵夫人 夢涼 りあん
リンチ 美月 悠
オフレッサー 風馬 翔
ラインハルト(少年時代) 彩花 まり
キルヒアイス(少年時代) 真みや 涼子
ユリアン 伶美 うらら

宙組トップスター・凰稀かなめさん、トップ娘役・実咲凜音さんのお披露目公演です。
この日をずっと待っていました!
しかも、演目が銀英伝とは。

かっこいい男役が一杯の宙組にぴったりの演目ですが、逆に女性陣は少ないので、娘役には不利かも。

3公演観ました。
座席は、1階2列下手×2、1階21列センター。

劇場には、いつもより男性客もいて、原作ファンなのかもしれませんね。

複雑なストーリーをよくまとめていたと思います。
映像を駆使して、人物紹介もあり、わかりやすいなあと思いました。

舞台は、光線が飛び交い、キラキラです。
友達がまぶしすぎて、目が疲れたと言ってました。

凰稀かなめさんのラインハルト、無茶苦茶かっこいい!
あんなに衣装が似合うとは。
銀色のロングヘヤも似合っていて、ラインハルトがそのまま漫画から出てきたようです。
松坂桃李くんのラインハルトも好きでしたけど、イメージ的には、こちらのほうがぴったりですね。

衣装の再現性と美しさもすばらしい。
帝国、同盟どちらもいいですね。軍服萌え~。

小池センセ、また素敵なミュージカルを作りましたね。
再演時のキャストのハードル高そうですが、ビジュアル的に。

以下、キャスト感想など。

壮一帆ディナーショー「So in Love」

壮一帆ディナーショー「So in Love」

2012年11月26日(月)
第一ホテル東京「ラ・ローズ」

構成・演出:中村一徳
出演
壮一帆
遼かぐら
春花きらら
天真みちる
大河凛

どうしても行きたくて、頑張って電話しまくりました。
ディナーショーも初めてだし、出費が痛いけど、でも、行ってよかった~。

FCも入ってないので、あまりいいお席ではないと思っていましたが、真ん中あたりのテーブルでした。
舞台に背を向ける形で座りましたが、ショーのときは、椅子を反対にして観ることができました。

何より、壮さんが、会場を回りながら歌ったり、踊ったりするので、臨場感が半端ない。
目の前にスターがいるんですよ~。
それから、共演の大河凛さんがとってもかっこよくて、近くに来た時に、ガン見しました。
これまで知らなかったので、舞台でもチェックしてみます。
それから、天真みちるさんは、独特のキャラクターで、宝塚っぽくなくて、驚きました。

壮さんは、次期雪組トップも決まり、最高に輝いていました。
私も雪組公演を観に行き、応援していきたいと思います。

以下、セットリストです。


ミュージカル『RENT』

ミュージカル『RENT』

2012年10月30日(火)~12月2日(日)
シアタークリエ

脚本・作曲・歌詞:ジョナサン・ラーソン
演出:マイケル・グライフ
振付:ラリー・ケイグウィン
装置:マーク・ウェンドランド
衣裳:アンジェラ・ウェント
日本版リステージ:アンディ・セニョール Jr.

出演
マーク:賀来賢人
ロジャー:中村倫也 ジュリアン
ミミ:石田ニコル Jennifer
コリンズ:TAKE(Skoop On Somebody) 加藤潤一
エンジェル:ヨウスケ・クロフォード 田中ロウマ
モーリーン:上木彩矢 ソニン

西国原礼子、Spi、千葉直生、伊藤友樹、海宝直人、小林由佳、セキグチタケオ、高城奈月子、田代絵麻

S席11,000円
A席8,500円
エンジェルシート(当日抽選席)5,000円

賀来賢人くんの初主演ミュージカルということで、楽しみにしていたのですが、予定が立たず、
直前になって、割引チケット(S席7500円)で行きました。
16列センターブロック。

新演出版ということですが、前回の「RENT」もそんなに覚えてないので、特に違和感なく。
歌が好きなので、それを楽しみに。

Wキャストなので、両方とも見たかったけど、叶わず。

この日は、中村、石田、ロウマ、ソニン、加藤でした。
中村くんが観たかったのです。

全体的に歌は弱かったかも(^^;。

賀来くんのマークはキャラ的には好きですし、それなりに歌えていたと思う。

中村くんもよかったけど、割と普通のロジャーだった。

ミミの石田ニコルさん。
かわいいけど、歌は、Jenniferのほうがうまいんじゃないかな。
ビジュアルは、無茶苦茶かわいいですよ~。

コリンズの加藤さん。
うーん、印象が薄いかな。

賀来くん、ニコルさん、加藤さん、みんなアミューズなのか~。

エンジェルは、ヨウスケ・クロフォードくんも観たかったけど、 田中ロウマさんも好きなので。

で、モーリーン役のソニンさんがすごかった。
さすが貫禄あり。
誰よりも落ち着いていて迫力があって、自分を捨てていて、舞台を引っ張っていた感じがした。
新鮮さはないんだけど、熟練って感じで。
個人的には苦手だけど、演技はすばらしいと思う。

アンサンブルの海宝くん。もっと観たかったな。次は、プリンシパルで。

「Seasons Of Love」では、やはり涙が出たよ;;

余り感想になってないけど、再演あったらまた行くと思う。

ウィーン版ミュージカル『エリザベート』20周年記念コンサート

ウィーン版ミュージカル『エリザベート』20周年記念コンサート

2012年10月26日~10月31日
東急シアターオーブ

脚本・歌詞/ミヒャエル・クンツェ
音楽/シルヴェスター・リーヴァイ
総合演出/ロバート・ヴァン
振付/ドリス・マーリス 
照明/アンドリュー・フォラー
音楽監督・指揮/クン・シューツ
オリジナル・プロダクション/ウィーン劇場協会
企画・招聘/梅田芸術劇場

マテ・カマラス  トート
マヤ・ハクフォート  エリザベート
ブルーノ・グラッシーニ  ルイジ・ルキーニ
アンドレ・バウアー 皇帝フランツ・ヨーゼフ
ルカス・ペルマン  皇太子ルドルフ
ガブリエレ・ラム  皇太后ゾフィー
トルステン・ティンネ バイエルン公爵マックス
マイケ・カトリン・メルケル ルドヴィカ公爵夫人/フラウ・ヴォルフ

S席 13,000円  A席 9,000円  B席 5,000円 

全然行くつもりはなかったのです。
海外キャストに興味ないし。
だけど、ふと、ヒカリエのチケットブースに寄ったら、買いたくなってしまって。
もうB席は売り切れで、S席とA席もあまり残ってなくて。
慌ててA席買いました。2階8列上手。

コンサートと言いつつ、ほとんど舞台そのまんまって感じで、感動で打ち震えました。

これまで、私は何を観て何を聴いていたの?って。

日本版だけで満足して、海外キャストなど眼中になかった自分が愚かに思えてきた。
よく掲示板とかで、海外のことばかり言ってる人に呆れていたんだけど、
その気持ちがようやくわかったような気がした。

圧倒的な歌唱力で、『エリザベート』の世界を支配している。
なのに、ビジュアルもいい!

この歌って、こういう歌だったのか・・・と改めて思ったり。

日本人キャストを貶めるつもりはありませんが、とにかくシシィ役のマヤさんは神でした。
ほかのキャストは、もちろんすばらしいのですが、マヤさんの歌の衝撃は一番ですね。

最後のシシィということですし、若いころとは多少容姿も衰えているようですが、それでも、最高のシシィだと思いました。

日本もいつか、こんなシシィが出てきますように!

そして、私もいつか海外に行ってミュージカルを観たいものです・・・。

フランス招聘版ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」

フランス招聘版ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」

2012年10月6日~21日
東急シアターオーブ

原案・原作:シェイクスピア
劇作・脚本・音楽:ジェラール・プレスギュルヴィック

出演
ロミオ:シリル・ニコライ
ジュリエット: ジョイ・エステール
ベンヴォーリオ:ステファヌ・ネヴィル
マーキューシオ: ジョン・エイゼン
ティボルト:トム・ロス
ヴェローナ大公:ステファヌ・メトロ

乳母:グラディス・フライオリ
キャピュレット夫人:ステファニー・ロドリグ
キャピュレット卿:セバスティエン・エル・シャト
モンタギュー夫人:ブリジット・ヴェンディッティ
ロレンス神父:フレデリック・シャルテール
死:オレリー・バドル

S席13000円
A席9000円
B席5000円

上演時間
1幕 1時間10分
休憩 20分
2幕 1時間20分

これは、絶対に行こうと思ってましたが、最初のチラシでは、ロミオのキャスト違いましたよね?
ダミアン・サルグですよね?
私好みのイケメンだったのにww
ウィーン初演は、ルカス・ペルマン。

シリルはこれまでベンヴォーリオ役だったそうです。

友人も誘おうと思って、いきなり先行でチケットゲット。
1階2列下手。
なんと、最前列でした!

わーい。
しかしながら、最前列なので、字幕が非常に見づらく、かつ舞台装置を見上げる感じになり、
ジュリエットのベッドとかよく見えないという罠が><

でもでも、目の前をキャストが踊り歌うんですよ~。
もう、目が泳いでしまいました。

何もかもがフランス!
何もかもが素敵!
って感じで、その迫力に友人も大興奮でした。

字幕を全部読んだわけじゃないけれど、日本版と、結構違った気がします。ニュアンスとかいろいろ。
あと人物像も違います。
ロミオも、純情青年でもないし、何より、大公が、すごかった。
日本版より重きが置かれていて、女性をはべらせてるシーンがあり、野心的な人物になっていた。

ダンスが結構激しかったですね。
これはちょっと日本では難しいかも。
とにかくレベルが高いし、喧嘩のシーンなど激しすぎて、驚きました。
そういえば、動画サイトにあるのは、こんな感じだった。

あと、パリス役がいないというか、ダンサーの一人が演じるんですよね。

ロミオ役のシリルは、うーん、写真よりはイケメンだったけど、歌は、普通かな。期待ほどではなく。
しかも、二回目の観劇の時は、アンダーの人で、お名前は忘れたけど、私は、アンダーの人のほうが好きだった。

ジュリエット役のジョイは、んもー、かわいい。素敵。
こんな人が、日本でもいたらなあと思わずにいられない。
日本人好みのフランス金髪美女でした。

ジュリママも、きれいでしたよ。

あと、ジュリパパが、全然踊れないのでびっくり。
カテコで、皆さんが歌い、踊りまくるのですが、ジュリパパのずれた動きとかぎこちない手振り身振りが面白くて、
大好きになりました。

ティボルトは、モヒカンスタイルなので、違和感が。
何となく、日本版のティボルトと違うなあと。

ベンヴォーリオは、割と、存在感薄かった。
逆に、マーキューシオがキレキレって感じで、ここまでキレてたっけ?とびっくり。
まさに狂犬でした。

あと、死が、女性なんですけど、ちょっと気持ち悪い感じなんですよね。
これは、日本の宝塚版あるいは、男女版の死のほうが、ずっといいです。
お肉柄が出るのでしょうか。
女性というのは別に気にならないのですが、衣裳や踊りがあまり好きでなかったですね。
いなくてもいいかなって><

カテコでは、日本版では未発表の「On prie」(祈り)と「Avoir 20 ans」(20才とは)のほかに、
「Les rois du monde」(世界の王)と「Verone」 (ヴェローナ)が歌われました。

4曲も歌ってくれるなんて、すばらしいですね。
サービス精神がすごいのね。

大公役の人のノリがよくて、「コンニチハ、トーキョー」「みんな一緒に」「お元気ですか~」とか言いながら、歌い踊るんですよ。
客席もみんな立ち上がって、大盛り上がり。

私も最前列だったので、目の前のダンサーさんたちがノリノリで踊ってくれて、満面の笑みで手を振ってくれて、感動ものでした。
日本の決まりきったカテコとは違う感じがしました。

本物ってすごいわ~。
もちろん、日本版ロミジュリも大好きだけど、こうしてフランス版も観ることができて、幸せ一杯だった。

どうしても、もう一度観たくて、B席(3階5列)をとって行きました。
舞台は遠かったけど、最前列では見えなかった舞台装置や照明が見えたし、音楽は、堪能できたのでよかった。

唯一、残念なことは、相変わらず不慣れなシアターオーブのスタッフですね><

ホワイエの飲食にはうるさいくせに(これはルールだからOKだけど)、3階席での飲食とか注意しないのって、どうなの?
ぼーっと突っ立っているだけ。
飲食って、匂いがわかるほどの飲食だよ?

あとは、座席の移動は注意したほうがいいと思うな。金額違うんだから。
宝塚とか帝劇では、ちゃんとチェックしてますよね。正規の値段を払っている客に失礼です。

そういえば、宝塚を退団された涼紫央さんをヒカリエ内でお見かけしましたが、もしかして、観劇されたのかな?

レ・ミゼラブル東京凱旋公演

『レ・ミゼラブル』東京凱旋公演

2013年11月4日~11月27日
帝国劇場

凱旋公演は、何とかスケジュールをやりくりして2公演行くことができました。

キャストは、
1回目が
バルジャン:吉原光夫
ジャベ:福井晶一
エポ:笹本玲奈
ファンテ:知念里奈
コゼット:青山郁代
マリウス:原田優一
テナ:駒田一
テナ妻:森公美子
アンジョ:上原理生

2回目
バルジャン:福井晶一
ジャベ:川口竜也
エポ:平野綾
ファンテ:里アンナ
コゼット:岩井久美子
マリウス:田村良太
テナ:駒田一
テナ妻:浦嶋りんこ
アンジョ:杉山有大

念願の福井ジャベと平野エポを観ることができました。

福井さんは、バルとジャベのどちらがいいのかな?
強いて言えば、バルかなあ。

平野さんのエポは、意外によかったです。
もっと観ればよかったなあと思わせてくれた。

それでも、ベストキャストは、以前書いたものと変わらないと思う。

レミゼ凱旋は行けただけでも、幸せ~。

宝塚歌劇雪組公演『JIN-仁-』『GOLD SPARK!-この一瞬を永遠に-』

グランステージ

『JIN-仁-』
原作:村上もとか/集英社
脚本・演出:齋藤吉正

ショー・ファンタジー
『GOLD SPARK!-この一瞬を永遠に-』
作・演出:中村 暁

2012年11月23日(金)~12月24日(月)
東京宝塚劇場

出演
南方 仁(現代の脳外科医)音月 桂
橘 咲(旗本の娘)/結命(仁の恋人)舞羽 美海
坂本 龍馬(元土佐藩士)早霧 せいな
勝 麟太郎〔海舟〕(徳川幕府の軍艦奉行)北翔 海莉
橘 恭太郎(旗本、咲の兄)未涼 亜希

緒方 洪庵(西洋医学所頭取)飛鳥 裕
新門 辰五郎(火消し「を組」頭取)夏美 よう
橘 栄(咲の母)梨花 ますみ
鈴屋 タキ(彦三郎の妻)麻樹 ゆめみ
松本敦子(看護婦)/ヨネ(老婆)舞咲 りん
鈴屋 彦三郎(廓屋鈴屋の主人)奏乃 はると
夕霧(太夫)花帆 杏奈
佐分利 祐輔(蘭方医)沙央 くらま
千吉(「を組」の火消し)夢乃 聖夏
勝乃(花魁)早花 まこ
ジャン・ルロン(フランス人商人)鳳翔 大
お駒(スリを稼業とする江戸娘)大湖 せしる
お千代(仁友堂)沙月 愛奈
中岡 慎太郎(龍馬の盟友)蓮城 まこと
忠兵衛(橘家の使用人)/兵太(「を組」の火消し)香音 有希
近藤 勇(新撰組局長)香綾 しずる
濱口 儀兵衛(醤油醸造ヤマサの頭取)朝風 れい
篠(花魁)千風 カレン
野風(呼び出し花魁)愛加 あゆ
玉(花魁)此花 いの莉
謎の急患/新之助(「を組」の火消し)透真 かずき
紫(花魁)雛月 乙葉
お春(武家娘)白渚 すず
佐吉(元簪職人見習い)詩風 翠
三木 半兵衛(刺客)/福本 若水(仁友堂)央雅 光希
茜(和菓子屋の看板娘)透水 さらさ
山田 純庵(元西洋医学所の医師)彩凪 翔
咲山 大澄丞(歌舞伎役者)大澄 れい
お花(ヨネの孫)桃花 ひな
山本 清十郎(刺客)/蓑田 玄沢(仁友堂)真那 春人
楓(くノ一)笙乃 茅桜
高岡 玄斉(京都見廻組の刺客)彩風 咲奈
澤村 田之助(歌舞伎役者)帆風 成海
つばき(禿)/運命の舞夢S舞園 るり
園田 正三(刺客)/文二(「を組」の火消し)亜聖 樹
長七郎(読売り)久城 あす
菖蒲(仁友堂)天舞音 さら
沖田 総司(新撰組)煌羽 レオ
朝霧(振袖新造)杏野 このみ
入谷 夕太郎(歌舞伎役者)悠斗 イリヤ
運命の舞夢寿春 花果
手古舞芽華 らら
運命の舞夢大樹 りょう
お夏(武家娘)愛 すみれ
城月 鉋之助(歌舞伎役者)月城 かなと
龍(龍馬の妻)花瑛 ちほ
喜市(枝豆とゆで卵を売る少年)星乃 あんり
善次(「を組」の火消し)天月 翼
運命の舞夢A桜路 薫
高尾(振袖新造)白峰 ゆり
手古舞妃桜 ほのり
金吾(「を組」の火消し)和城 るな
雪沢 氏長(仁友堂)橘 幸
美里(振袖新造)妃華 ゆきの
お秋(武家娘)蒼井 美樹
高木 信輝(刺客)真地 佑果
ひより(禿)華蓮 エミリ
運命の舞夢凰 いぶき
登勢(旅籠寺田屋の女将)/看護婦夢華 あみ
お冬(武家娘)彩月 つくし
翔和 輝衛門(歌舞伎役者)永久輝 せあ
大五郎(お駒の弟)沙羅 アンナ
運命の舞夢暁 千星
薄雪(振袖新造)遥羽 らら

座席は、1階2列下手ブロック。

音月さんの退団公演です。舞羽さんも同時退団です。
お二人とも、もったない気がします。早すぎる。
何かあったのでしょうか。
退団公演の演目が、これっていうのも・・・。

JINは、ドラマを見ていたので、あらすじを知っていますから、すんなりと入ってきましたが、知らない人には、少々複雑なストーリーだったかもしれませんね。

設定を少し変えてありましたね。

音月さんの優しい顔は、役柄にぴったりなのですが、どうしても、これが退団公演と思うと、違和感がありました。
でも、音月さんご自身は、すっきりされていて、思い切り演じられていたのかもしれません。
ショーも明るくて楽しいものでした。

至極残念ですけど、トップコンビの今後の活躍を楽しみにしています。

『DRAMATICA/ROMANTICA V』

SHOW-ism V
『DRAMATICA/ROMANTICA V』

2012/10/14~10/23 シアタークリエ

出演:彩吹真央 JKim 知念里奈 新妻聖子 井上芳雄

全席指定9500円

ドラマチカロマンチカクインクエと読みます。
座席は、8列上手ブロック。

このシリーズは、演出家と相性が悪いので、もう観ないつもりだったけど、メンバーがいいので。
井上くんが出ると言うし、ほかのメンバーも素敵なので、ついチケットとりすぎた><

4公演とったんだけど・・・1公演観たら、もうお腹いっぱいで、ほかの劇場に行きたかったので、譲渡に出したわけですが、
なんという誤算!
チケット完売なのに、譲渡がままならない。
値下げしても売れないので、仕方なく、劇場まで足を運んで引き取ってもらいました><
情けない。
ネットの譲渡版を利用しない人もまだ多いようで、何とか値下げして、チケットがはけました。
ああ、何たる不覚。

相変わらず、息の合ったメンバーだし、井上くんと新妻さんの漫才も面白いし、天然ぽい知念さんと人の良さそうなキムさん、更に人の良さそうな彩吹さんという豪華なメンバーで、すばらしいナンバーを堪能。
(なのに、リピートできなかったのは、演出のせいか><)

パンフレットも買わないので、セットリストもうろ覚え。

第1部
ロックオペラ「モーツァルト」や「ナイン」「ドリームガールズ」の曲など。

「ラブネバーダイ」の中の歌を井上くんが歌っていた。

メドレーでは、彩吹さんと井上くんの「闇が広がる」が印象的。
井上トート、彩吹ルドです。
東宝の井上トート、早く実現してよ~。

新妻さんと知念さんの「夢やぶれて」もよかった~。

知っている歌、好きな歌があるとテンションが上がりますね。

「恵みの雨」は、新妻さんと井上くん、「彼を返して」は、5人で歌い、最後は井上くん。

「ルドルフ」の歌もありました。
知念さん、初演に出演されていたのですね。

「シカゴ」「ジキル&ハイド」もあり。

「ファントム」からも「.お前は私のもの」があり、彩吹さんが歌いました。

キムさんの「メモリー」も感動ものです。
「ウェスト・サイド・ストーリー」からも何曲か。

第2部 

映画音楽とかだったかな(≧▽≦)
シンディ・ローパー、セリーヌ・ディオン、ベッド・ミドラーも。

聞きなれない曲もあったので、いまいち、乗れなかったかも・・・。

出演者が豪華でも、ハマれない公演ってありますね。

宝塚歌劇花組公演『サン=テグジュペリ』『CONGA(コンガ)!!』

宝塚歌劇花組公演

『サン=テグジュペリ』-「星の王子さま」になった操縦士(パイロット)-
『CONGA(コンガ)!!』

2012年9月14日(金)~10月14日(日)
東京宝塚劇場

ミュージカル・ファンタジー
『サン=テグジュペリ』-「星の王子さま」になった操縦士(パイロット)-

作・演出/谷正純

ラテン・パッショネイト
『CONGA(コンガ)!!』
作・演出/藤井大介


出演
サン=テックス 蘭寿 とむ
コンスエロ 蘭乃 はな
ギヨメ 壮 一帆

レオン 汝鳥 伶
クレミュー 高翔 みず希
プレヴォー 悠真 倫
メルモーズ 愛音 羽麗
ネリー 桜 一花
レーヌ 華形 ひかる
コルノー 紫峰 七海
シモーヌ 花野 じゅりあ
フランソワーズ 初姫 さあや
ベルナール 春風 弥里
アビラ大佐 夕霧 らい
ノエル 華耀 きらり
ザジ 月央 和沙
ホルスト 望海 風斗
ルネ 彩城 レア
ガブリエル 芽吹 幸奈
ルイーズ 梅咲 衣舞
ルフィーノ 瀬戸 かずや
新聞記者 冴月 瑠那
マックス 鳳 真由
新聞記者 輝良 まさと
サレス 天真 みちる
新聞記者 日高 大地
新聞記者 銀華 水
アルベール 芹香 斗亜
リゲル 大河 凜
ポーレット 桜咲 彩花
デージィー 仙名 彩世
コレット 華雅 りりか

自分でチケットをとった日に行けなくなり、残念に思っていたところ、友人が急用のためチケットを譲ってくれました。
それが、なんとSS席。6列目ど真ん中。
友人は友の会に入っているのです。
その日は友の会優先公演でした。

SSで観るのは初めてです。
本当に真ん中なので、目線の先にスターがいます。
目を合わせていいのかどうか、こちらがうつむいてしまいます。
いやー、SS席って、すごいですね。

ただ、星の王子様のストーリーは微妙でした。
もともと、この物語は、苦手なんです。世界中で人気があるようですが、小さいころ読んで、ちんぷんかんぷんでした。

で、もって、この話は星の王子様の話ではなくて、それにからめながら、原作者の生涯を描いたものみたいです。

 アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリが遺(のこ)した「星の王子さま」は、全世界の子供たちに、そして子供の心を忘れない大人たちに、今でも愛され続けています。厳格なフランス貴族の家に生まれながらも、操縦士(パイロット)として、作家として天空を飛び続け、空の彼方に消えて行ったアントワーヌ。彼とその妻コンスエロ、中米マヤ族の血を引く妖艶で情熱的な妻との愛情を軸に、アントワーヌの心の世界「星の王子さま」がファンタジックに絡み合い、純真な心の美しさを描くミュージカル。



ってことです><

蘭寿さんと壮さんのかっこよさしか観てなかったかもしれません。

蘭寿さんの砂漠での姿、パイロット姿を見て、妄想が始まってしまいました。
絶対、青池保子の「エロイカより愛をこめて」をやってほしい!

そして、壮さんのきつねの姿に萌え~。

どちらかと言うと、ショーのほうが楽しめました。
ショーだけだったら、何回でも通えそうです。
藤井大介さんのショーは、いつも楽しい。
友の会優先公演ということで、ヒゲをつけた姿での群舞がありました。
蘭寿さんのヒゲ顔、かっこいいですね。

INDEX~テニプリ/テニミュ~

●ミュージカル『テニスの王子様』
ミュージカル『テニスの王子様』 初演

ミュージカル『テニスの王子様』 追加公演

Remarkable 1st Match 不動峰

Dream Live 1st

More than Limit 聖ルドルフ学院

ミュージカル「テニスの王子様」in winter 2004-2005 side 不動峰 ~special match~

ミュージカル「テニスの王子様」in winter 2004-2005 side 山吹 feat. 聖ルドルフ学院

Dream Live 2nd

The Imperial Match 氷帝学園

ミュージカル「テニスの王子様」The Imperial Match 氷帝学園 in winter 2005-2006

Dream Live 3rd 覚書その1
Dream Live 3rd 覚書その2
Dream Live 3rd 覚書その3
Dream Live 3rd 覚書その4

Advancement Match 六角 feat.氷帝学園 その1
Advancement Match 六角 feat.氷帝学園 その2
Advancement Match 六角 feat.氷帝学園 その3
Advancement Match 六角 feat.氷帝学園 その4
Advancement Match 六角 feat.氷帝学園 その5

Absolute King 立海 feat.六角~First Service 1
Absolute King 立海 feat.六角~First Service 2
Absolute King 立海 feat.六角~First Service 3
Absolute King 立海 feat.六角~First Service 4
Absolute King 立海 feat.六角~First Service 5
Absolute King 立海 feat.六角~First Service 6

Dream Live 4th その1
Dream Live 4th その2

Absolute King 立海 feat.六角~Second Service その1
Absolute King 立海 feat.六角~Second Service その2
Absolute King 立海 feat.六角~Second Service その3
Absolute King 立海 feat.六角~Second Service その4
Absolute King 立海 feat.六角~Second Service その5
Absolute King 立海 feat.六角~Second Service その6

ミュージカル『テニスの王子様』The Progressive Match 比嘉 feat. 立海 その1
ミュージカル『テニスの王子様』The Progressive Match 比嘉 feat. 立海 その2

Dream Live 5th

初日の魔力 The Imperial Presence 氷帝feat.比嘉 覚書その0
もっさりしてない忍足 The Imperial Presence 氷帝feat.比嘉 覚書その1
5代目青学に惚れた The Imperial Presence 氷帝feat.比嘉 覚書その2
5代目青学と相葉くんのコラボそして比嘉の実力 The Imperial Presence 氷帝feat.比嘉 覚書その3
やばすぎる5代目青学 The Imperial Presence 氷帝feat.比嘉 覚書その4
4代目青学の意地VS.ヘタレ跡部 The Imperial Presence 氷帝feat.比嘉 覚書その5
福島へ行きたい! The Imperial Presence 氷帝feat.比嘉 覚書その6
第一幕レポ The Imperial Presence 氷帝feat.比嘉 覚書その7
第二幕レポ The Imperial Presence 氷帝feat.比嘉 覚書その8
東京の夏は終わった The Imperial Presence 氷帝feat.比嘉 覚書その9
5B最高!福島千秋楽~テニミュ氷帝feat.比嘉~
あの曲に涙した~テニミュ氷帝feat.比嘉 東京凱旋公演~

祝・初日!~テニミュ四天宝寺feat.氷帝~
The Treasure Match 四天宝寺 feat.氷帝 第一幕
The Treasure Match 四天宝寺 feat.氷帝 第二幕

不二のハードルは高かった?~The Treasure Match 四天宝寺 feat.氷帝 東京凱旋公演初日
不二のお見送り~The Treasure Match 四天宝寺 feat.氷帝 東京凱旋公演
思い残すことはない~The Treasure Match 四天宝寺 feat.氷帝 東京凱旋公演

Dream Live 6th

見どころ満載!~ミュージカル「テニスの王子様」The Final Match 立海 First feat.四天宝寺~
The Final Match 立海 First feat.四天宝寺 第一幕 その1
The Final Match 立海 First feat.四天宝寺 第一幕 その2
The Final Match 立海 First feat.四天宝寺 第二幕 その1
The Final Match 立海 First feat.四天宝寺 第二幕 その2
The Final Match 立海 First feat.四天宝寺 キャスト感想など
The Final Match 立海 First feat.四天宝寺 東京凱旋公演

The Final Match 立海 Second feat. The Rivals

Dream Live 7th

●ミュージカル「テニスの王子様」2ndシーズン

テニミュサポーターズクラブプレミアムパーティvol.0

青学vs不動峰公演 初日
青学vs不動峰公演 初日その2
青学vs不動峰公演 2回目
青学vs不動峰公演 東京凱旋公演

青学vs聖ルドルフ・山吹公演
青学vs聖ルドルフ・山吹公演 東京凱旋公演 その1
青学vs聖ルドルフ・山吹公演 東京凱旋公演 その2

懐かしくて泣いた~ミュージカル テニスの王子様 青学VS氷帝 初日
懐かしくて泣いた~ミュージカル テニスの王子様 青学VS氷帝 初日 その2
初めてのハイタッチ~ミュージカル テニスの王子様 青学VS氷帝 2回目
初めてのハイタッチ~ミュージカル テニスの王子様 青学VS氷帝 2回目 その2
初めてのハイタッチ~ミュージカル テニスの王子様 青学VS氷帝 2回目 その3

ミュージカル テニスの王子様 青学VS氷帝 東京凱旋公演 千秋楽

ミュージカル「テニスの王子様」コンサートDream Live2011

ミュージカル テニスの王子様 青学VS六角

ミュージカル『テニスの王子様』 青学vs立海

ミュージカル『テニスの王子様』青学vs比嘉

ミュージカル『テニスの王子様』10周年記念コンサート Dream Live 2013

ミュージカル『テニスの王子様』全国大会 青学vs氷帝

ミュージカル『テニスの王子様』青学vs四天宝寺

ミュージカル『テニスの王子様』全国大会 青学vs立海

ミュージカル『テニスの王子様』コンサート Dream Live 2014

●映画
劇場版 テニスの王子様
スキトモ

●DVD
テニスの王子様 DVD FAN DISC Love Game Remix-Key to Victory-
OVA テニスの王子様 全国大会篇 Vol.1


ミュージカル『テニスの王子様』10周年記念コンサート Dream Live 2013

ミュージカル『テニスの王子様』10周年記念コンサート Dream Live 2013

横浜:2013年4月27日(土)~29日(月・祝) 横浜アリーナ
神戸:2013年5月3日(金・祝)~5日(日・祝)神戸ワールド記念ホール

原作 許斐 剛『テニスの王子様』(集英社 ジャンプ・コミックス刊)
構成•ステージング上島雪夫
音楽 佐橋俊彦
作詞 三ツ矢雄二
振付 本山新之助/上島雪夫
協力 『週刊少年ジャンプ』『ジャンプSQ.』編集部(集英社)
TTM
ティー ワイ エンタテインメント
日本アドシステムズ
主催 テニミュ製作委員会
(ネルケプランニング/マーベラスAQL/集英社/日本アドシステムズ/テレビ東京)
協賛 ファミリーマート

出演
<青学 >
越前リョーマ役/小越勇輝  手塚国光役/多和田秀弥
大石秀一郎役/山本一慶  不二周助役/矢田悠祐
菊丸英二役/黒羽麻璃央  乾 貞治役/稲垣成弥
河村 隆役/章平    桃城 武役/石渡真修
海堂 薫役/木村達成  堀尾聡史役/岩 義人
加藤勝郎役/三井理陽  水野カツオ役/小林瑞紀

<氷帝>
跡部景吾役/青木玄徳  忍足侑士役/菊池卓也
向日岳人役/志尊 淳  宍戸 亮役/桑野晃輔
芥川慈郎役/赤澤 燈  滝 萩之介役/西島顕人
樺地崇弘役/古家広之  鳳 長太郎役/白洲 迅
日吉 若役/伊勢大貴

<六角>
葵 剣太郎役/吉田大輝  佐伯虎次郎役/内海大輔
黒羽春風役/本川翔太  天根ヒカル役/木村 敦
樹 希彦役/橋本真一  木更津 亮役/廣瀬大介

<立海>
真田弦一郎役/小笠原 健  幸村精市役/神永圭佑
柳 蓮二役/水石亜飛夢  柳生比呂士役/味方良介
仁王雅治役/久保田秀敏  丸井ブン太役/安川純平
ジャッカル桑原役/塩田康平  切原赤也役/原嶋元久

<比嘉>
木手永四郎役/土井一海  甲斐裕次郎役/荒牧慶彦
平古場 凛役/染谷俊之  知念 寛役/吉岡 佑
田仁志 慧役/友常勇気
※田仁志の「慧」は、旧字体

1公演しか行けなかったけど、楽しかった。
座席は、アリーナDブロック2列目。

以下、雑感。

ミュージカル『テニスの王子様』青学vs比嘉

*注
2013年当時の記事です。


ミュージカル『テニスの王子様』青学vs比嘉

東京:2012年12月20日(木)~25日(火)日本青年館 大ホール
大阪:2012年12月28日(金)~2013年1月6日(日)大阪メルパルクホール
名古屋:2013年1月9日(水)~13日(日)日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
仙台:2013年1月19日(土)~1月20日(日)東京エレクトロンホール宮城
福岡:2013年1月25日(金)~1月27日(日)キャナルシティ劇場
東京凱旋:2013年2月8日(金)~2月17日(日)TOKYO DOME CITY HALL

原作 許斐 剛『テニスの王子様』(集英社 ジャンプ・コミックス刊)
オリジナル演出・脚色上島雪夫
音楽 佐橋俊彦
作詞 三ツ矢雄二
振付 本山新之助/上島雪夫
主催 テニミュ製作委員会
(ネルケプランニング/マーベラスAQL/集英社/日本アドシステムズ/テレビ東京)
協賛 ファミリーマート

<青学(せいがく)>
越前リョーマ役/小越勇輝  手塚国光役/多和田秀弥
大石秀一郎役/山本一慶  不二周助役/矢田悠祐
菊丸英二役/黒羽麻璃央  乾 貞治役/稲垣成弥
河村 隆役/章平    桃城 武役/石渡真修
海堂 薫役/木村達成  堀尾聡史役/岩 義人
加藤勝郎役/三井理陽  水野カツオ役/小林瑞紀

<比嘉>
木手永四郎役/土井一海  甲斐裕次郎役/荒牧慶彦
平古場 凛役/染谷俊之  知念 寛役/吉岡 佑
田仁志 慧役/友常勇気
※田仁志の「慧」は、旧字体

<立海>
真田弦一郎役/小笠原 健  幸村精市役/神永圭佑
柳 蓮二役/水石亜飛夢  柳生比呂士役/味方良介
仁王雅治役/久保田秀敏  丸井ブン太役/安川純平
ジャッカル桑原役/塩田康平  切原赤也役/原嶋元久

<六角>
佐伯虎次郎役/内海大輔

東京凱旋公演を1回観ました。
座席は、アリーナ11列上手寄り。

小越くん以外、新しい青学メンバーですね。

以下、簡単感想。

ミュージカル『テニスの王子様』青学vs立海

*注
2012年当時の記事です。


ミュージカル『テニスの王子様』青学vs立海

東京:2012年7月13日(金)~29日(日)TOKYO DOME CITY HALL
福岡:2012年8月4日(土)~5日(日)福岡サンパレス
大阪:2012年8月9日(木)~19日(日)大阪メルパルクホール
仙台:2012年8月25日(土)~26日(日)名取市文化会館 大ホール
名古屋:2012年9月6日(木)~9月9日(日)日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
東京凱旋:2012年9月20日(木)~23日(日)TOKYO DOME CITY HALL

原作 許斐 剛『テニスの王子様』(集英社 ジャンプ・コミックス刊)
オリジナル演出・脚色上島雪夫

音楽 佐橋俊彦
作詞 三ツ矢雄二
振付 本山新之助/上島雪夫
主催 テニミュ製作委員会
(ネルケプランニング/マーベラスAQL/集英社/日本アドシステムズ/テレビ東京)
協賛 ファミリーマート

出演
<青学(せいがく)>
越前リョーマ役/小越勇輝  手塚国光役/和田琢磨
大石秀一郎役/平牧 仁  不二周助役/三津谷 亮
菊丸英二役/小関裕太  乾 貞治役/輝馬
河村 隆役/矢口 空(※鶴見知大より改名)
桃城 武役/上鶴 徹  海堂 薫役/池岡亮介
堀尾聡史役/桝井賢斗  加藤勝郎役/大平峻也
水野カツオ役/大野瑞生

<立海>
真田弦一郎役/小笠原 健  幸村精市役/神永圭佑
柳 蓮二役/水石亜飛夢  柳生比呂士役/味方良介
仁王雅治役/久保田秀敏  丸井ブン太役/安川純平
ジャッカル桑原役/塩田康平  切原赤也役/原嶋元久

<六角>
葵 剣太郎役/吉田大輝  佐伯虎次郎役/内海大輔
黒羽春風役/本川翔太  天根ヒカル役/木村 敦
樹 希彦役/橋本真一  木更津 亮役/廣瀬大介

初日を含む2公演観に行きました。凱旋はチケットとれず。

TSC先行だったけど、第3バルコニーと第2バルコニー席でした。
バルコニー席は、見やすいので好きですが。

立海公演は長いですね。
休憩が2回とも10分で、すぐにトイレの列を切られてしまいます。

通路に近い席だったのでよかったけど。

以下、雑感。