偏愛的独白

あの曲に涙した~テニミュ氷帝feat.比嘉 東京凱旋公演~

行って来ました。東京凱旋公演初日。

遅刻するかと思いました。池袋に着いたのが、開演10分前で、駆け足で会場へ。
物販はガラガラだったので、新しいパンフと和樹&工の生写真購入。
写真は、2種類あると言われたので、両方買いましたが、帰宅して中身を見たら、ほとんど同じショット(アングル変えただけ)で、がっくり。
しかも、和樹くんの写りはいまいち。

gaisen


キャパが少ないので、トイレも空いていました。
ギリギリで着席。
下手のサイドシートで、下手側ベンチが観づらい以外は気になりませんでした。
むしろ、キャストが下手に来たときにはおいしい席でした。

そういえば、入り口でチラシのあとに、古川くんの宣伝用リーフレットをもらいました。
中に、古川くんのメッセージと楽曲ダイジェストの入ったCDが1枚。
うれしいです。古川くんは好きですが、CDは買っていないので。

yuuta


東京芸術劇場は、青年館に比べると、こじんまりして落ち着いていますね。
席についてからも、緊張感がありません。
元々、行けないと諦めていた公演なので、実感がわかないのです。福島公演のときのほうが、ワクワク感が高かったかもしれません。

そして、いよいよ幕が上がります!


(以下は、後日追記したものです。30日と11月3日前楽の感想が入り混じっています。)



当日券、ネオロマその他

東京凱旋公演の当日券の発売方法が変更になりました。
当然でしょうね。
しかしながら、この方式で、当たったこと、ないんですよ(;_;)。
一人一枚ですし、本人確認もあるらしいので、とりやすいと思ったんですが、当日並ぶ必要がないので、エントリーする人が多いのかもしれないですね。
補助券さえも当たったことがありません。
エントリーするのに、電話が繋がらなくて、気が狂いそうになったことも(^^;)。

▼ネオロマンス・ステージ『遥かなる時空の中で 朧月夜』に、アクラム役で、汐崎アイルくんが出演するそうです。
今回の新作、ぜひとも観にいきたいのですが、公式サイトには、「泰明死す!」って書いてあるんですよ。
ショックな内容じゃないですか。私は、キャラの中で一番泰明が好きなのに。
それと、日程が厳しいです。現在、チケット先行販売していますが、私は会員じゃないので、一般発売を待ちます。
ただ、一般発売だと、良席はとれないでしょう。
このブログは、訪れる人も少ないのですが、その中で、なぜか、『遥か』の舞台の記事の拍手が一番多いんですよね。いつも不思議に思っています。

▼『フルーツバスケット』の舞台化も気になりますが、ミュージカル『緋色の欠片』も発表されました。
こちらのゲームはやったことがないのですが、キャストが、ミュージカル『学園ヘヴン』とかぶっています。
船越真美子/水野夏美/伊藤陽佑/苅羽 悠/二津一行/岡田 光/川久保雄基/谷 和憲/澤田樹里亜/一岡杏奈/島村 勝/長塚 全/吉田晃太郎/加藤純奈

伊藤くんや谷くんも出ますし、苅羽 悠くんを、観たい気もするのですが、日程が無理っぽい。

会場・東京公演 池袋シアターグリーン
日時:
2008年12月31日(水)①13:00 ②16:00 ③19:00
2009年 1月 1日(木)④13:00 ⑤16:00 ⑥19:00
    1月 2日(金)⑦13:00 ⑧16:00 ⑨19:00
    1月 3日(土)⑩13:00 ⑪16:00 ⑫19:00
    1月 4日(日)⑬12:00 ⑭15:00 ⑮18:00

チケットは、11/1(土)発売。

▼馬場くん出演の『スーザンを探して』ですが、G2プロデュースと東宝では、どちらの先行のほうが良席なんでしょうか。
G2プロデュースでとれたのですが、席は、公演日近くじゃないとわからないのです。東宝は当選した時点でわかりますが。
もう一つ、中河内くん出演の『ALTAR BOYZ』は、イープラス先行でとれましたが、思ったより倍率は高くないのでしょうか。座席はまだわかりません。
時々、主催者先行よりも一般発売のほうが、良席だったりして、がっかりすることがあります。テニミュも良席が当たったことがありません。最前列も当たるらしいのですが。


>23日20時ごろ拍手コメントくださった方へ
少しでもお役に立てて幸いです。まだまだ先だと思っていましたが、今週から凱旋公演が始まりますね。

>23日21時半ごろ拍手コメントくださった方へ
井上くん情報ありがとうございます。キャスト様のブログ巡回も怠っていたので、気づきませんでした。
寂しいので、掲載雑誌でも買おうかと思います。

真田風雲録

アクション×ダンスバージョン『真田風雲録』

2008年10月9日(木)~15日(水)
東京芸術劇場 小ホール1
全席指定4800円

作:福田善之(ハヤカワ演劇文庫刊「真田風雲録」より)
構成/演出:宇治川まさなり
出演者:
佐伯太輔 / 笠原竜司 / 月ゴロー / 高島広芳 / 幸村吉也 / 富永研司
兼崎健太郎 / 加藤良輔 / 佐藤美貴 / 吉田仁美
矢嶋俊作 / 清川明子 / 水谷誠司 / 岡雅史 / 茶谷英司朗 / なかつ伸一 / 福田英和 / 戸田信太郎 / 小菅博之
堂屋将也 / 徳城慶太 / 純 / 高木寿和 / 長谷川芳明 / 榊原峻平 / 黒田龍矢 / 二村正樹 / 奥野雄太
村山歩 / 山本佳代 / 堀江亜樹 /ほか

舞台監督:西川也寸志
美術:仁平祐也
照明:関口裕二(balance,inc. DESIGN)
音響:山北史郎(山北舞台音響)
音楽:むらかみけいじゅ
殺陣指導:Ryuji
振付:MIE
小道具・衣裳:TEAM “スクワット”
衣裳協力:大角裕子 / 兼子雅美 / 宮城くみ子
ヘアメイク: 田沢麻利子
演出助手:村山歩
制作:TWIN-BEAT
制作助手:宍戸円(ミヤコハンター)
制作協力:オデッセー
主催:スタンダードソングエンタテイメント

スタンダードソングエンタテイメントのお芝居を観るのは、2005年の「Knock.Out.Brother」以来です。

兼崎くん、佐藤美貴ちゃん、加藤良輔くんが出演するし、新たなスタソンワールドの誕生との触れ込みにチケットをとりました。
DM先行ではなく、ローソン先行で。
前から2列目という良席でした。

すごく楽しみにしていたのですが…。


テニミュ先行

メールが来たけど、どうしようかな?

まだショックが残っていて、日程を考える気力がわかない。
ほかに行きたい舞台もあるので、1公演とれればいいかな。
千秋楽は、日程的に無理そうだから、土日のどこかで。
平日のほうが、倍率低いかな。
実際のところ、倍率、どうなのかな?チケット完売するのかな?

氷帝の日替わり日程は、発表されてないけど、井上くんが出ないので、悩むこともなさそう。

四天宝寺キャストのフルネームが覚えられずに終わってしまいそうで怖い。


>19日に拍手コメントくださった方へ
ブログには書かなかった私の心の叫びまで伝わっていたようですね(;_;)。
ほんと、何から何までおっしゃるとおりです。
とりあえず、先行にエントリーしてみます。

Pure BOYS act.2『7Dummy's Blues.』~セブン・ダミーズ・ブルース

Pure BOYS act.2『7Dummy's Blues.』~セブン・ダミーズ・ブルース

2008年8月20日(水)~8月27日(水)
青山円形劇場
全席指定5500円

作・演出:坪田 塁
企画・製作:ケイダッシュステージ

キャスト:
武田航平
馬場 徹
南 圭介
八神 蓮
崎本大海
佐藤雄一
永岡卓也

水谷あつし

夏に観たので、記憶も曖昧。
来月には、DVDも発売される。

B001EWQ8MC7Dummy’s Blues.
PureBOYS
ポニーキャニオン 2008-11-05

by G-Tools



Pure BOYSの舞台第2弾。
博品館劇場から青山円形劇場へ。
円形劇場は、どこから見ても楽しめるのがいい。後ろの列でも、6列目ぐらいだから、役者が近い。
チケットは、2公演とる。千秋楽はとれなかったが、1公演は、最前列をゲットできた。

物販は、会場の外。
パンフレット、舞台生写真、携帯ストラップなど。写真は、公演ごとに増えていくようだった。
DVDかCDを買うと、握手会へ参加できた。今回は、事前に誰と握手できるかわかる仕組み。

今回、舞台を引っ張るベテランは、水谷あつしさん。
みんなの兄貴って感じで、かっこよかった。

あらすじは、こんな感じ。
ライブ前に誘拐された“Pure BOYS”。ライヴを中止しないためにプロダクションが集めたメンバーのそっくりさん達。
どこか違う7人の熱い群像劇。
本物の“Pure BOYS”のためにと、ダミーの7人が一致団結していくが果たして無事に本番は迎えられるのか…。

ショック…

正式には、明日発売のジャンプに載っているようですが、ネットで見てしまいました。

四天宝寺公演の日程にもびっくりなんですが、日替わりゲストの氷帝メンバーが発表されてまして、
彼の名前がないんですけど(;_;)。

福島千秋楽での涙の意味は、こちらが思う以上に深いものがあったのですね。

うわーん(号泣)。


噂では、某特撮に出るとか出ないとか…。

ショックで、魂抜けちゃってます。

ミュージカル『学園ヘヴン』

ミュージカル『学園ヘヴン』

2008年7月25日(金)~30日(水) (7/28、29、30:追加公演)
築地ブディストホール

PCゲーム『学園ヘヴン』より
原作 : Spray
キャラクターデザイン : 氷栗優
脚本・作詞・演出 :天美幸
音楽 : Pankenukanan
振付:椎木三奈
制作 : STC事務局
協賛 : 株式会社コスパ・リブレ出版株式会社

18禁のPCゲームが原作。しかも、BL。
BLは、私の守備範囲外なのだが、美しいイラストと豪華声優にひかれ、PS2版のゲームとアニメは知っている。
ある意味、怖いもの見たさで行ってみる。
チケットは、すぐに売り切れたが、追加公演分をゲット。

久々に、築地へ。
かつて、築地に勤務していたこともあったのに、まさか、BLミュージカルを観に、しかも、築地本願寺に来るとは、お釈迦様でも知らぬ仏である。
ブディストホールって、ほんとに、本願寺境内にあるのね。
入ると、本殿では、大きな会社の告別式の掲示。右手にそれていくと、ホールがあった。
収容は、150人くらい?
自由席なので、少し前に行ったけど、かなり並んでいる。
席を取ってから、物販へ。
センターブロックから埋まっていったので、私は、サイドブロックだけど、前から2列目に。
物販では、パンフレットが売り切れ。見本のみ。
毎公演、100部しか売らないんだって。がっくり。
仕方なく、生写真とか見る。セットのものと、バラのもの。
A4版で、ツーショット写真もあったけど、興味がないので、個人写真のみ買う。
バラのものは、舞台写真なんだけど、たくさんあってよくわからない。
しかも、袋に入れずに置いてあるので、触っちゃいけないの。「これ」って指差して、スタッフの方が手袋をはめた手でとり、ビニール袋に入れてくれる。
非常に非効率的な物販であった。

舞台は、75分しかない。4500円は、安いのか高いのか。

行く前は、やめちゃおうかと思ったけど、いざ観てみると、面白かった。
レベル的には、学芸会というか、文化祭というか、ファンミーティングというか。
音響も脚本も素人っぽいんだけど、その素朴さ、雑さが、嫌じゃなかった。
B級どころかC級かもしれないんだけど、キャストは、とても一生懸命やっているし、手作り感があって、楽しめちゃったんだよねぇ、不思議なことに。

幕が開く前には、(日替わりで)キャストが出てきて、前説。
すぐ目の前に立っているので、ドキドキする。

ところどころに、笑いも散りばめられていて、何度も大笑いしたし。

舞台が狭いので、ダンスをすると客席まで振動が伝わる。
でも、あの衣装(制服)で、群舞するさまは、なかなかの見もの。
ただ、余りに近すぎて、ダンスがうまいのかどうかもわからなかった(笑)。
キャストが俯くシーンでは、目が合いそうになっちゃうし。

歌は、ソロは今いちだったかな。
うまい人もいたと思うけど。

それと、なぜか、キャストの中で、篠宮だけ削られている。人数が多すぎるから?
すごく残念だった。

以下、キャスト感想など。


チケット狂想曲

何から書いていいのか…。
愛知も台湾も終わり、今度は韓国ですね。
ネットで、あれを歌ったとか歌わなかったとか、挨拶があったとか、いろいろと読んでいます。

まだ公演中なのに、公式では、四天宝寺公演の発表があり、キャストのPVも流れています。
まだ、心は、氷帝公演なのですが、またチケットゲットに奔走しなければいけないのでしょうか。
四天宝寺キャストは、植原卓也くんぐらいしかわかりません。
できれば、東京公演と東京凱旋公演に行きたいのですが、3月末は、厳しいかもしれません。
また、Wキャストの組み合わせを考えると、最低4公演は行きたいと思ってしまいます。
更に、気になるのは、「feat.氷帝」の部分です。
どんな演出にするのでしょうか?そして、キャストは?
それから、新しい不二にも、ちょっとショックです。何となく、古川くんがずっといてくれる気がしていたので。
5代目カツオ役の渡邉将史くんが出ないのも残念です。
更に更に、気が早いのですが、次のドリライの出演者はどうなるの~?とか。

テニミュ以外にも、行きたい公演と日程と予算を考えると悩んでしまいます。
今、手元にあるチケットとこれからとるチケットと・・・頭がぐるぐるしてきました。
先行でとったチケットも、泣く泣く手放したりして、手数料分損したり。

そうそう、友人から、東京凱旋公演のチケットを譲ってもらえることになりました(感涙)。
お祝い事が入っていけなくなったそうなのです。その代わりというわけではありませんが、
友人のチケットとり(テニミュスクリーンと某ファンクラブパーティ)に協力できたので、よかったです。
ほかにも、もう1公演、チケットが回ってくるかもしれないのですが、そちらは、微妙です。
直接の友人ではないので・・・。


>10月14日に拍手コメントくださった方へ
なかなか更新できずすみません。
スクリーン公演とれたのですね。あっという間に売り切れましたね。
福島にも行かれたそうで、氷帝Bも好きになっていただけて、うれしいです。
私も、四天宝寺公演に備えて貯金しなければと思うのですが・・・12月までには貯まらないかも(;_;)。
Wキャストだといろいろと悩みも多いです。