偏愛的独白

5B最高!~福島千秋楽~

ボロボロになって帰宅しましたが、涙なみだの感動の福島千秋楽でした。

泣けて泣けて仕方ありませんでした。

5Bを最後に観られて本当に幸せでした。ありがとう。

5B最高!愛してる!

でも、青学4代目も5代目も、氷帝AもBも、みんな大好きです。

レポは、遅くなりますが、いずれアップします。

福島公演始まる

今日から、福島公演ですね。
私も、日曜日に行きます。

ネルケハ会員数1万人突破記念 『ネルフェス’08』を開催するそうですね。
メルマガ会員は全員無料招待。
会いたいゲストもいますけど、ひとりで行くのはつらそうなので、パス。

中河内くん、『シラノ』出演、おめでとうございます。すごいですね。
http://www.tohostage.com/cyrano/index.html
浦井くんとのWキャストですか。

しかし、次々と、テニミュキャストを追っていくと、体もお金も続きません(^^;)。


ネットで、思わぬ情報を見てしまいました。
早売りジャンプネタです。
ここには書きませんけど、また、大変そうだなあと。はあ(ためいき)。
月曜日まで待てない方は、検索すると、ヒットしますよ。


>25日に拍手コメントくださった方へ
私も、「電王」大好きでした。
城田くんは、いつかは卒業すると覚悟していましたけど、やはり、寂しいですね。
ディアミュのレポは、時間がたちすぎていて記憶があいまいで、ごめんなさい。

ミュージカル『DEAR BOYS』vs.EAST HONMOKU

ミュージカル『DEAR BOYS』vs.EAST HONMOKU

2008年7月25日(金) 〜2008年8月3日(日)
全労済ホール/スペース・ゼロ

原 作:八神ひろき(講談社「月刊少年マガジン」連載)
演 出:宇治川まさなり
脚 本:九堂はるな/三井秀樹
音 楽:坂部 剛
キャスト:池田竜治 鶴見知大 南圭介 石橋脩平 安岡新八
岡田亮輔 兼崎健太郎 渡部紘士 小島裕 藤沢大悟 夛留見 啓助
鯨井康介 六本木康弘 寺崎裕香
湯澤幸一郎

スタッフ:
【バスケコーチ】池田二郎
【歌唱指導】杉江 真
【舞台監督】 大山慎一
【照明】 関口裕二
【音響】 山本浩一
【美術】 浅井裕子
【衣裳】 兵頭奈々子
【ヘアメイク】 宮内直人
【演出助手】 奥田園子
【装置】 C-COM
【制作】 ネルケプランニング

提 携:全労済ホール/スペース・ゼロ
協 力:講談社「月刊少年マガジン」編集部
主 催:マーベラスエンターテイメント / ネルケプランニング

昨年12月の初演がよかったので、今回も楽しみにしていたが、日程がきつい。
テニミュと重なりそうで、かなり悩む。
結果、テニミュより先に観ることになった。1公演のみ。
チケットは、イープラスでとったので、真ん中通路より後段センターあたり。
全体を見渡せる席だった。

物販は、パンフレットと生写真。
セット買いすると、特典(キャスト写真にサイン入り)がつくので、つい本牧東セットを買ってしまった。
DVD予約も受け付けていて、イベント参加券がもらえたようだが、内容が決まっていないので、パス。

今回の続編は、天才プレイヤー・哀川和彦の入部により、廃部寸前から見事復活を果たした瑞穂高校バスケ部が、自由奔放で個性溢れるプレイヤー揃いの本牧東高校と出会い、合宿をしたり、新人戦神奈川大会で対決するお話。

前回と音楽担当が変わったんですね。
評判悪かったのかな(^^;)。

思えば、前回出演していた秋山真太郎くんがテニミュの忍足になり、テニミュに出演していた兼崎くんと渡部くんが新たにディアミュに来ている。
主催が同じなのだから、当たり前だけど、不思議でもある。

今回は、「bambino」で好演した岡田亮輔くんの加入に期待が大きかった。岡田くんの舞台をもっと観たかったので。

公演からかなり日にちがたっているので、記憶が薄れてきているが、楽しい舞台だった。
これを観た後に、テニミュを観たので、ディアミュのほうをもっと行けばよかったなんて思ったり(^^;)。

詳しい感想は…。

D-BOYS STAGE vol.2『ラストゲーム』

D-BOYS STAGE vol.2『ラストゲーム』

2008.6.20-6.27 青山劇場
2008.7.5-7.6 シアターBRAVA!
S席:7000円 A席:6000円 立見席:3000円

脚本:羽原大介 演出:茅野イサム
協賛:東洋水産株式会社 / Essential
企画:製作:ワタナベエンターテインメント / ネルケプランニング

出演:
柳浩太郎、城田優、和田正人、鈴木裕樹、荒木宏文、加治将樹、中川真吾、柳下大、牧田哲也、中村昌也、三上真史、他
W-CAST  A / 遠藤雄弥、中村優一、熊井幸平  B / 五十嵐隼士、瀬戸康史、碓井将大、足立理
*熊井くんが出演できなくなり、どちらの公演も足立くんになりました。

アップ遅すぎ。既に明日、DVD発売じゃないですか。
会場で予約された方には、写真特典がついたみたいです。

D-BOYS STAGE vol.2 ラストゲーム
D-BOYS
B001AX9ZOS


映画も、上映が終わってしまったかな?
ノベライズも出てました。↓

ラストゲーム 最後の早慶戦 (角川文庫 ん 29-1) (角川文庫 ん 29-1) (角川文庫 ん 29-1)
蒔田 陽平
404390701X


vol.1公演から一年以上たったんですね。早いわ~。
待望のvol.2は、スペースゼロから、いきなりの青山劇場!
前回、ファンクラブ以外にほとんど行き渡らなかったプラチナチケットですが、今回も、ファンクラブ優先枠のほうが、良席だったようです。
私は、ローチケのプレリクとぴあのプレリザーブでとりました。イープラスのプレオーダーは、落選。

Wキャストなので、AとB、両方観たかったので、2公演ゲット。
チケットをとったあとに、千秋楽公演に行けなくなり、別の日と交換してもらったチケットが、前から5列目センターという良席で、ラッキーでした。

劇場に着くと、場外のスペースで、グッズを販売していました。パンフレットとエコバッグを購入。
売り場の周りには、野球のユニフォーム姿の等身大?ののぼりが立っていて、携帯でそれを撮影する人も多かった。

最初の日は、L列センター。非常に見やすい席。

内容は、公式から引用させていただくと・・・。

ファン待望の第二弾は「野球」にいのちを賭けた学生たちの物語。
太平洋戦争下の「最後の早慶戦」をモチーフに、夢と友情に熱く生きた青年たちの人間ドラマを描きます。
「パッチギ!」「フラガール」で2年連続日本アカデミー賞・優秀脚本賞を受賞した羽原大介氏の脚本と、 鮮やかな青春劇を創り出す、精鋭 茅野イサム氏の演出によって描かれる、オリジナル青春ストーリー!
戦前、早稲田大学と慶應義塾大学による早慶戦は全国を沸かせる人気であった。
しかし戦争が始まると、アメリカ生まれの「野球」は、敵国のスポーツとして政府から弾圧を受ける。
両大学の野球部員たちは「野球の灯を消さない」と必死の抵抗をするが、徴兵猶予解除が決定し学徒出陣をすることとなってしまう。
出兵を前に「最後にもう一度野球がしたい!」との熱い思いが、様々な壁を越え、「最後の早慶戦」の実現へと実を結んでいく。

以上。

感想は…。

「キズモモ。」感想etc.

ぐわー、もう新潟公演も終わり、久保田くんが千秋楽を迎えてしまったんですね(;_;)。
観に行かれた方のブログを読み、ウルウルしておりました。
既に長野公演も始まってます。
少し前まで、長野楽に行こうと思っていたのですが、絶不調なのでやめました。
福島も、実は心配です。翌日、仕事できないんじゃないかと。

いつの間にか、ピュアボーイズも新メンバーが。写真だけでは全くピンとこないタイプでした(^^;)。

そういえば、前売り券を買っていたので、「キズモモ。」を観にいきました。
70分で、1500円!(写真特典つき前売り券)
高いなあと思いましたが、でも、観終えたとき、涙をこらえる自分がいました。

ご覧になっていない方には、DVDでいいから、観てほしいので、ここでネタバレは書きません。
あらすじだけ読むと、トラウマ系の平凡な話に思えるのですが、実際に、映画に撮ると、
全く違う世界になります。
馬場くんと古川くんそして河合くんの瑞々しい演技を、織本順吉さん、水木薫さん、甲本雅裕さんの落ち着いた味のある演技が支え、自然と時計に囲まれた美しい背景の中で、しっとりとした癒しの物語が紡がれたという感じです。
公式サイトは、→http://kizumomo.com/index.html

私も、馬場くんと古川くんが出演しなかったら、わざわざ、映画館では観なかったと思うので、もっと幅広い層に広めたいなあと思いました。

★ドラマ
NHKの「キャットストリート」にゲストで馬場くんが出ていて、びっくり。
このところ、疲れてしまって、情報に疎くなっています。
とても嫌な役柄でしたが、出番は多かったと思います。
逆に、「シバトラ!」最終回のテロップに南くんの名前があって、探したのですが、
エンディングの更にあとの不良役で出ていただけでしょうか?
セリフが一つで、顔は映らず。
また、「ここはグリーンウッド」に、椎名鯛造くんが出ていました。
鯛造くんの舞台「最遊記歌劇伝」ですが、チケットをとっていたのに、体調不良で行けず。
がっかりです。

★舞台メモ
自分が行きたいもののうち、行けそうなものだけ。(*東京公演についてのみ記述)

『イタズラなKiss』
日程:11月27日(木)~12月7日(日) 
場所:シアターサンモール
出演:安倍麻美 八神 蓮 颯  太 仲村瑠璃亜 黒木マリナ 花井ゆき 小野賢章 升ノゾミ 秋元麻衣 水野夏美 谷 和憲 疋田英美 寺田ちひろ 三田村春奈 藤岡静香 小林さり 岡田理恵 溝口真央 米田良子 本木将太 鷲尾 昇 加藤良輔 田中里枝 水谷あつし

『―THE BUTTERFLY EFFECT―バタフライ・エフェクト』
作・演出:Be Withプロデュース
会場:シアターグリーンBOX in BOX THEATER
日程:10月31日(金)~11月9日(日)
◆Blue moment Version 10月31日(金)~11月3日(月・祝)
◆Blue eternal Version 11月5日(水)~11月9日(日)
全席自由
出演:渡部紘士 真島公平 成松慶彦 植田圭輔 田中伸彦 MORITA 岩永洋昭 田井和彦
細貝 圭(ゲスト)久保田悠来(ゲスト)

『リンダリンダラバーソウル』
出演者:相葉弘樹 西島隆弘(AAA) Itsco 津田健次郎 ほか
公演日:12月3日(水)~12月7日(日)
会場:博品館劇場

『シャリトー ベルサイユ』
日程:12月24日~12月28日
場所:ル・テアトル銀座
出演:真矢みき 平澤智 TETSU IYO-P 桜木涼介 中山麻聖 加藤義宗 土屋良太

『スーザンを探して』
日程:2009年1月6日(火)~3月5日(木)
場所:シアタークリエ
出演:保坂知寿 真琴つばさ・香寿たつき(Wキャスト) 大浦みずき 加藤久仁彦 吉野圭吾 コング桑田 藤林美沙 馬場 徹 山路和弘

『テーブル・マナー~週末の食卓は修羅場~』
日程:2009年2月6日~2月16日
場所:紀伊國屋サザンシアター
出演:松尾貴史 大和田美帆 柳浩太郎 佐藤真弓 市川しんぺー 島田歌穂

『ALTAR BOYZ』
日程:2009年2月10日(木)~2月22日(日)
会場:新宿FACE
出演:植木豪 田中ロウマ 中河内雅貴 東山義久 良知真次

そのほか、
ネオロマンス・ステージ『遥かなる時空の中で』の続編とか。
ケンケンが青山劇場で主演する悲恋ものとか。
たくさんありすぎて、取捨選択しなければならないなあ。

>9月11日に拍手コメントくださった方へ
優しいお言葉ありがとうございます。
久保田くん、次の舞台が決まりましたね。
ほんと、ドリライは、どうなるのでしょう。どのキャストも出てほしいけど・・・。
少し元気になりましたので、更新頑張りますね。

ご無沙汰です。

すっかりご無沙汰してしまいました。
夏バテから回復しないところへ、プライベートでちょっと悲しいことがありまして、大したことじゃないのですが、気分が落ち込んでいました。

テニミュも福岡公演が終わってしまいましたね。次は、新潟。
福岡公演では、青学5代目カツオ役の渡邉将史くんが体調不良で降板とのことで、心配しています。
彼のカツオ、とってもいい感じでした。イケメンで、フレッシュで、見ていると目があってしまいそうなほどの初々しさでした。
福島では無事に舞台に復帰できますように祈っています。
代役を務めてくれた江口くんも、お疲れ様でした。

それから、久保田くんに続いて、細貝くんのイベントが。
すごいですね。新氷帝。
井上くんのイベントはないのでしょうか。

また、NHKを見ていたら、城田くんが真田幸村を演じるとか!
妻夫木くん、小栗くん、深キョンと並んで立っている姿に感動しました。
幸村のイメージとは違うけど、演技に期待しています。

それと、アクサル公演も発表されました。
『11人いる!』ですよ。ぜひぜひ観たいです。次公演の『BANANA FISH』も楽しみ。
公式サイト(http://blue-shuttle.com/axle/)の写真を見ると、元気くんの役はもしかして?
チケットは大変そうだけど、プレオーダーとかあるといいな。

チケットといえば、体調不良と言いつつ、チケットとりはそれなりにしています。
今はネットでとれるので、助かっています。
『真田風雲録』と『エリザベート』をとりました。
ほかにも行きたい公演はありますが、スケジュールがきついので無理そうです。
ほんとは、今公演中の『ミス・サイゴン』も行きたいのですが、お芝居を観る気力がないのも事実です。

ルドビコの『義経 紫鬼王編』も、先行予約がもうすぐですけど、チャレンジするかは未定です。

そうそう、ジャンプSQを買うと、福島・愛知・東京凱旋公演のチケットプレゼントに応募できるそうですね。
東京凱旋公演に応募しようかな。

特に新しい情報もなく、とりとめのない話ですみませんm(_ _)m。


>8月31日に拍手コメントくださった方へ
お返事遅れてすみません。
今年は、豪雨や雷雨の被害が多いですね。ご心配ありがとうございます。こちらは大丈夫でした。
更新が滞っていますが、気長にお待ちいただけると幸いです。