偏愛的独白

ミュージカル「テニスの王子様」Dream Live 3rd 覚書その4

その4は、ほとんど感想です。
サイトを巡っていると、初演から見ているから、山吹から、氷帝から・・・といろんな方がいらっしゃいますが、そういうの、余り関係ないというか、いつから見ていようとも、好きなら好きでいいんじゃないかと思っています。
だって、今更、過去にさかのぼって、初演を観られるわけじゃないし。私も、たまたま初演(いかも初日)から観ちゃっているんですが、はっきり言って、あのころは、キワモノというか(^^;)、テニプリが好きだからって、普通ミュージカルまで観るか?!という目で見られていましたしね。このブログにもアップしてあるとおり、観ていて赤面してしまったぐらいのものでした。
でも、これまでは、ただ好きな芝居を観るだけだったのが、舞台に立つ人たちの成長を見守る気持ちになれたのは、テニミュが初めてでした。だって、ほんと、下手なんだもん。だけど、一生懸命さが熱くて、すごくいいと思いました。一公演ごとに成長していくキャストを観ているのが幸せでした。
高騰してしまったチケットのこととか、常に段取りの悪い物販のことか、観劇マナーのこととか、不満もあるんですけど、でも、これからも、応援していきたいと思っています。
「いろいろ、あるね。生きるって~」(@氷帝新曲)の部分が頭でぐるぐるしています。早く、全部の歌詞を知りたいです。あるいは、気がつくと、「グッドコンビネーション」や「Do your best!」を口ずさんでいます。
そういえば、卒業挨拶のときに、カチローが「僕たちは卒業しますけど、氷帝は、残るので。」と言ったんですよ。
私は、このライブで、氷帝もお別れだと思っていたので、びっくりしました。キャストの皆さんのスケジュールが会うとは思えないんです。だけど、興行的には、氷帝が残ってくれたほうがいいとも思いますし、真相はわかりません。心は、既に、六角や立海へ飛んでいたので、何となく、山吹公演のときに、聖ルドがミックスされたように、六角と氷帝の合わせわざでくるのかしらとか。
前置き長くなりましたが、以下は全体の感想とキャスト感想です。


ミュージカル「テニスの王子様」Dream Live 3rd 覚書その3

20060328.jpg


続きです。
千秋楽では、2階席に、和田くん(千石)とYOHさん(不動峰二代目橘部長)が見えましたが、ほかにも、どなたかいらしたかも。
以下ネタバレです。

ミュージカル「テニスの王子様」Dream Live 3rd 覚書その2

その1の続きです。
既に、記憶があやふやです(^^;)。
ライブが、終わったあとも、会場がZepp東京じゃなかったらなあと思います。ライブにはふさわしいし、ここで卒業ライブというのは、かっこいいと思うのですが、NKホールや東京体育館に比べると収容力がない。
NKホールは、なくなってしまったから仕方ないけど、せめてもう少し大きい会場で、舞台が見えない人も、スクリーンで見られるとか、中央にも舞台を作ってアリーナの後ろの人も楽しめるとか、そのあたりを考えてほしかったです。
会場周辺には、「チケット譲ってください」と書いた紙を持った人が多くいました。その中で、「加藤さんのライブチケットと交換してください」というのに、一瞬心惹かれました(^^;)。あのライブチケットだって相当のプラチナチケットなのに。
オールスタンディングは、疲れました。あちこちで、開演前に、疲れて、床に座っている人がいました。座るといっても、40cm四方ですから、完全にはみ出して座っているわけですが。
スクリーンもないので、立ち位置は、運です。前に背の高い人が並ぶと、全く舞台が見えず、歌は聞こえますが、何をやっているのか、踊りも見えないです。千秋楽は、Eブロックでしたが、ほとんど見えませんでした。
ジャンプしても背伸びしても(;_;)。私よりも背の低い方は、厚底ブーツをはいて見ていました。
AやBブロックで見たときのほうが、感動が深かったです。まあ、見られただけでも幸せなんですが。
あとは、いろいろとマナーの問題があるのでしょうが、今回は、ライブなので気になることは余りなかったのですが・・・。強いて言えば、自分が応援してない学校メンバーの歌のときに、おしゃべりしてばかりいるのは、どうかと思いました。ファンじゃないのは、自由ですが、そのおしゃべりは、周りにとっては雑音で、耳障りですから。
拍手も疲れますから、拍手をしないのはまだしも。
青学メンバーの卒業なのに、氷帝ファンが盛り上がりすぎているのが気に入らないのかもしれません。
でも、ライブを作り上げているのは、両校メンバーですし、私は、氷帝メンバーのほうが好きですが、どちらも応援しています。それに、青学あってこその氷帝、氷帝あってこその青学なので、露骨な差別にちょっと引きました。
以下ネタバレです。

ミュージカル「テニスの王子様」Dream Live 3rd 覚書その1

ミュージカル「テニスの王子様」Dream Live 3rd Zepp Tokyo 2006年3月28日~29日

原作:許斐剛 演出・振付:上島雪夫 音楽:佐橋俊彦 作詞:三ツ矢雄二 主催 マーベラス音楽出版/ ネルケプランニング
キャスト:越前リョーマ(柳浩太郎)、手塚国光(城田優)、大石秀一郎(鈴木裕樹)、不二周助(相葉弘樹)、菊丸英二(足立理)、乾貞治(荒木宏文)、河村隆(小谷嘉一)、桃城武(加治将樹)、海堂薫(鯨井康介)、跡部景吾(加藤和樹)、忍足侑士(斎藤工)、向日岳人(青柳塁斗)、宍戸亮(鎌苅健太)、芥川慈郎(Takuya)、樺地崇弘(鷲見亮)、鳳長太郎(伊達晃二)、日吉若(河合龍之介)、堀尾(石橋裕輔)、カチロー(豊永利行)、カツオ(堀田勝)、上島雪夫

日にちがたつと記憶が薄れてしまうので、とりあえず、自分用に覚え書き。

今回の公演は、平日しかも、収容力の少ない会場ということで、かなりのブーイングがあったと思う。私も、チケットは惨敗。
おまけに、公演一週間前になって、不二をのぞく青学レギュラーと一年生トリオの卒業が発表され、ファンの間にはかなりの衝撃が走ったと思われる。青学レギュラーのほとんどがD-BOYSというワタナベエンターテイメントのグループなので、彼らの新番組が決まったせいじゃないかとの憶測も流れた。二代目青学メンバーは、まだ1年半なので、もう少し続くと思っていただけに残念である。
私個人としては、初代メンバーが大好きで、彼らの卒業のときに、大泣きしたし、現メンバーのキャスティングに多少の違和感を覚えていたのだが、それでも、いきなりの卒業は寂しいものだ。せっかく、彼らの演技に慣れてきて、著しい成長を感じ、応援してきたというのに。
また、一番応援していた不二役の相葉くんが、たった一人残るのも、いいのか、悪いのか。一緒に卒業させてあげたい気もするし、次のメンバーへのたすきをつなぐ役として残るなら、頑張ってほしい気持ちもある。
更にショックだったのは、柳(リョーマ)と石橋くん、堀田くん、豊永くん(一年生トリオ)の卒業だ。
柳は、事故から復帰して、かなり回復してきたけど、まだ心配だし、彼以上にリョーマが合う人材がいるのか。
また、新人ばかりのステージで、縁の下の力持ちとして、舞台を支えてきた実力派の一年生トリオがいなくなるのは、痛い。
まあ、でも、決まってしまったことは仕方ないので、彼らの卒業を笑顔で見送ろうという気持ちで、Zepp東京へ向かう。
初日の物販は、ひどく混んでいて、2時間並んだけど買えず、開演に間に合わなかった。だけど、癪なので(^^;)、並び続けて、Dream setと写真を買う。ただ、開演後に入場したので、応援グッズ(きらきらミトン、ペンライト)を出す暇はなかった。物販の人数、少なすぎ。並ぶだけ並ばせおきながら、たった4人で応援グッズ(場外売り場)は、考えられない。写真は、応援グッズのあとに通る通路で買うようになっていた。応援グッズのみの人は、会場内ロビーでも買えたようだけど。
ただ、2日目の午前には、既に、きらきらミトンの氷帝バージョンは売り切れていたそうで、何だかなあ。
加藤和樹(跡部)と城田優(手塚)の生写真も早々に売り切れたとの情報。あとで郵送になるらしいけど。このあたり、毎度のことながら、見積もり甘すぎだと思うなあ。
会場は、スタンディングでブロック指定だったが、ちゃんと立ち位置指定もあり、遅れて入っても、係の人が、私の番号の位置まで誘導してくれた。ただし、立ち位置が狭い。40cm四方ぐらい?はみ出ちゃうよぉ(爆)。荷物をコインロッカーに預けられず、持ったままだったのが、つらかった。拍手もろくにできず。ただ、ブロックの先頭だったので、区切りのバーが目の前にあり、つかまることができて、楽だった。
そういえば、実写版映画でリョーマを演じた本郷奏多くんが観に来ていた。
以下は、ネタバレ。ただし、うろ覚え記録。詳細レポと違いますので、ご注意下さい。セリフなどはニュアンスで書いています。

妖精パックの冒険日記 時の城のジュリエット

聖ルドビコ学園2005年度3学期生徒会公演
『妖精パックの冒険日記 時の城のジュリエット』 2006.2.10~19 サンモールスタジオ

作・演出・振付:桜木さやか
出演:桜木さやか、上谷佳澄、工藤利恵、蒼明希、宍倉香織、林修司、宮島幸春、桑島ゆりこ、高柳俊之、仁瓶あすか、大西寿昭

昨年の秋に、初めて観て、なかなか面白い劇団だと思っていたら、DMが届いたので、早速先行予約。電話したら、最前列があいていますと言われたが、最前列は、背もたれのない椅子だったので、2列目を予約。全自由席だが、先行予約をすると座席指定ができるそうで、早めに行かなくても済む。
当日、サンモールスタジオに向かう途中のコンビニの前で、見覚えのある人を発見。なんと、ロック・ミュージカル「BLEACH」で茶渡を演じた吉田直史くんではないか!でも、声をかけるの、悪いなあと思っていたら、にこっと笑って挨拶をしてくれた。きゃああ!私もちゃんと挨拶しました。
どうやら、吉田くんもサンモールスタジオに向かう模様。「BLEACH」つながりで、林修司くん(朽木百哉役)の芝居を観に来たのだろう。
さて、会場に着くと、2列目のはずが、最前列になっている。背もたれのないソファ席はやめたようだ。狭いスタジオなので、最前列って、舞台に手が届きそうだ。
以下、内容に触れます。

間違いの喜劇

彩の国シェイクスピア・シリーズ第15弾『間違いの喜劇』 彩の国さいたま芸術劇場大ホール 2006年2月3日~19日

原作:W・シェイクスピア
翻訳:松岡和子
演出:蜷川幸雄
出演:アンティフォラス兄・弟(小栗旬)/ドローミオ兄・弟(高橋洋)/エイドリアーナ(内田滋)/ルシアーナ(月川悠貴)/エミリア(鶴見辰吾)/イジーオン(吉田綱太郎)/バルサザー(瑳川哲朗)/ピンチ(川辺久造)/アンジェロ(たかお鷹)/ほか

私は、シェイクスピア劇が好きだ。中でも喜劇が好きだ。そして、蜷川演出も大好きだ。
ということで、行ってきました『間違いの喜劇』。男性だけで演じる”男たちの、シェイクスピア”。
小栗旬ファンが何となく多いのかな?と思わせるような若々しい観客たち。ロビーでパンフは買えたが、俳優たちが黒いスーツで立ち並ぶポスターは、既に売り切れていた。
座席は、P列だったがちょうど真ん中で、段差があるので、舞台は見えやすい。
舞台の上には、古代ローマ建築のような宮殿の壁面があり、鏡になっていて観客席が映っている。あ、これは、歌舞伎の『NINAGAWA十二夜』と同じだ。扉が開くと、遠近法で描かれた街の景色が見えて、奥行きがあるように思わせる。
舞台下の左側には、生演奏バンドが控えている。
ストーリーは、タイトル通り、間違いによる喜劇。二組の双子の取り違えで起こる混乱を笑いのネタにしている。
以下、内容に触れます。

阿佐ヶ谷スパイダース『桜飛沫』

阿佐ヶ谷スパイダースpresents 時代劇 『桜飛沫』 世田谷パブリックシアター 2006年2月10日~19日

作・演出:長塚圭史
出演:山本亨/橋本じゅん/水野美紀/峯村リエ/山内圭哉/猫背椿/市川しんぺー/真木よう子/吉本菜穂子/富岡晃一郎/川原正嗣/前田悟/横山一敏/大林勝/中山祐一朗/伊達暁/長塚圭史/下村はるか/高橋大輔/津江健太/福澤諭志

客演で中山祐一朗と伊達暁の芝居を観てから、阿佐ヶ谷スパイダースを一度観たいと思っていた。先行抽選に外れたが、何とか追加公演をゲットすることができた。下調べもなく行ったので、当日初めて時代劇だということを知る。
第一幕 『蟒蛇如』と第二幕 『桜飛沫(さくらしぶき)』で、休憩をはさみ3時間15分って、正直つらかった。しかも、N列の左側から、舞台中央が非常に見づらくて、中央で何かやっていても、よく見えないのだ。これは劇場の問題かもしれないけれど。
ちなみに、『蟒蛇如』は、「うわばみのごとく」って読むそうだ。ネットに書いてあった。でも、私が休憩時間にスタッフの方に聞いたら、「うわばみのごとし」って教えられて、メモってしまったよ(^^;)。
このパンフレットが、2000円。分厚いのだが、もう少し舞台や役者の写真を入れてほしかったと思うミーハーな私。
一幕のあらすじは、貧困にあえぐ農村が舞台。医者の徳市(橋本じゅん)は、避妊法を研究中。徳市を手伝う産婆のタネ(水野美紀)は、ひそかに徳市に恋心を抱いている。村では、郷地3兄弟が、産児制限を課したため、村人は中絶、口減らしに悩んでいた。そんなとき、賞金稼ぎの浪人(伊達暁)と女郎(猫背椿)が徳市を探してやってきた。
二幕は、舞台が変わって、寂れた宿場町。街を牛耳るならず者たち(山内圭哉、中山祐一朗、前田悟)のもとで、売春をさせられているマルセ(真木よう子)と虐待されている姉のグズ(峯村リエ)。そこへ流れついた佐久間(山本亨)は、賞金稼ぎに狙われていた。
あらすじを書いていると、面白そうだけどね・・・(^^;)。
以下、ネタバレで感想を。

劇団四季「CATS」

劇団四季「CATS」 キャッツシアター 2004年11月よりロングラン公演中 2006年1月某日観劇
(詳しくは、http://www.shiki.gr.jp/applause/cats/index.htmlへ)

実に久しぶりの劇団四季だ。10年以上、観てなかった。中でも、「CATS」は、初演時から話題で、「メモリー」も大ヒットしたが、有名すぎて観るチャンスがなかった。
キャッツ・シアターは、五反田・大崎駅から徒歩圏に作られた円形の立派な劇場。舞台を取り囲む客席。通路には、レトロな飾りつけ。今回は、正面から観るのではなくて、ジェリクル・ギャラリーと名づけられた2階席だ。舞台を脇から見下ろすことになる。
ほかの2階席には、修学旅行生らしき団体も見受けられた。上演時間も長すぎず、大人も子供の楽しめる内容なので、おすすめ。シアターの飾りつけだけでも一見の価値あり。
以下は内容に触れます。