偏愛的独白

『神様ヘルプ!』舞台挨拶

『神様ヘルプ!』舞台挨拶

2010年8月20日(金)21:10開演
シネクイント
座席指定:2000円

登壇者:加藤和樹 小西遼生 佐藤めぐみ 佐々木詳太監督

今更ですが、DVD発売も決まったようなので、8月20日の『神様ヘルプ!』舞台挨拶の感想など。
真夏の映画の感想を、冬に書くのもなんですが、自分の覚え書きってことで。

神様ヘルプ!初回限定版 [DVD]

B00475CJ3A
ポニーキャニオン 2011-01-19
売り上げランキング : 526

Amazonで詳しく見る



神様ヘルプ!通常版 [DVD]

B00475CIWC
ポニーキャニオン 2011-01-19
売り上げランキング : 14403

Amazonで詳しく見る



レイトショーに行ったことがなかったので、躊躇していましたが、友人が先行でチケットをとってくれたので、行って来ました。
パンフレットは、2種類ありました。両方買う人も多かったです。

座席は、B列サイド。
2列目かと思っていたら、サイドブロックは、B列から始まっているので、最前列でした。
下手だったので、出演者が入ってくるところもばっちり。

シネクイントは、初めてでしたが、舞台(壇)がないんですね。
客席と同じ高さに、出演者が立って、挨拶するんです。
あまりの近さにクラクラしました。
センターブロックの方は更に、接近していたはず。

出演者の挨拶が始まると、佐藤めぐみさんのところで、いきなり、「めぐみちゃ~ん!」という野太い声が。
会場もどよめき、加藤くんと小西くんも、驚いた様子。
でも、そのおかげで、小西くんが、目をまん丸にして、ニコニコしながら、こちらを見てくれました。
私の近くのその男性が座っていたのです。
彼は、舞台挨拶後に、サクっと帰ってしまいました。

今回の舞台挨拶の倍率は、5倍だったと監督が話していました。
それで、全国を回って、凱旋で東京に戻ってくると。
わーい!
そしたら、また舞台挨拶あるのかなあと期待しちゃいました。

トーク内容はほとんど覚えていません(汗)。

司会の方が、「お化け屋敷に名前をつけるなら?」と質問すると、
加藤くん、小西くん、佐藤さんが一緒に「Tower of sugarだけど、何か?」って答えたのですが、すべってました。
加藤くんは、がっかりして、崩れ落ちていました。
あらかじめ、3人で決めていたみたいなんですけどね。

キャラクターについて聞かれて、
小西くんは、「朝倉は、KYで、自分はかっこいいと思っているけど、丈の短いズボンで、チャックから黄色いシャツで出ていて・・・」と説明。
加藤くんにも、画面の中で目立つと言われてました。
小西くんは、黄色いシャツを出して何かやるはずだったのに、意外と触れられてなくてとちょっと不満そう。

見所を聞かれて、加藤くんは佐藤さんが呪文を唱えた後の自分のリアクションに注目してと。
小西くんいわく「和樹くんの目にはコスモが見える」って。
佐藤さんは、佐藤二朗さんのアドリブに笑いをこらえているみんなを見てほしいと。
そこに、小西くんが「アンツーオーって何だよ~と」と突っ込むと、加藤くんが、「ネタバレ」とか言ってたような。

監督に「小西くんはまさに等身大」と言われてました。

最後、退場するときに、小西くんが出口を間違えてしまって、会場大受け。
間違えた分、こちらに近づいたので、ちょっとうれしかったです。

短い時間でしたが、とても楽しかったです。
そのあとで、映画を上映したのですが、ホラーということで、観たくなかったんですが、とてもいい映画でした。
スプラッター的な描写もありますが、涙を誘われる感動的な映画に仕上がっています。
監督が言いたいこと、何となくわかりました。
やるせない、切ない気持ちで一杯になります。
人を愛する気持ちの大切さを感じました。

原作はDHE@stage×穴吹一朗コラボレーション公演「Tower of Sugar」です。

公式サイトは、http://kamisamahelp.com/

以下は、キャスト感想などです。
ネタバレしていますので、ご注意ください。

レ・ミゼラブル 25周年記念コンサート in ロンドン

2010年10月3日「レ・ミゼラブル」25周年記念コンサート in ロンドン(日本語字幕つき)

ワーナー・マイカル・シネマズ
板橋 市川妙典 羽生 茨木
11月6日(土)~11月12日(金) 1週間限定

料金:2000円

ロンドン:2010年10月3日(日)夜に世界最大のドーム「The O2」で行われた『レ・ミゼラブル』の25周年記念コンサートがイギリス及びヨーロッパのおよそ200の映画館で衛星生中継されました。このイベントはイギリスで過去最高の動員を記録したライブシネマイベントとされています。
イギリス中の多数の映画館でチケットが完売し、地方の劇場に多く寄せられる要望にこたえて、本公演は追加スクリーンで上映され、イギリス全土で90%の平均稼働率を記録しました。


公式サイト:Les Miserables The 25th Anniversary Concert(http://25.lesmis.com/)

<キャスト>
ジャン・バルジャン/ALFIE BOE
マリウス/NICK JONAS
ジャベール/NORM LEWIS
ファンティーヌ/LEA SALONGA
マダム・テナルディエ/JENNY GALLOWAY
コゼット/KATIE HALL
アンジェルラス/RAMIN KARIMLOO
エポニーヌ/SAMANTHA BARKS
テナルディエ/Matt Lucas


一昨日、早退して行ってきました~!
板橋で観たのですが、上映時間が17:50からだったので、ギリギリでした。

気持ちが、まだ「エリザベート」モードなので、レミゼを楽しめるか不安でしたが、


何もかもがすばらしかったです。

映画館で、こんなに感動できるなんて!

涙、涙、涙です!!!



途中から涙がとまらなくなってしまって、ハンカチが手放せませんでした。
化粧が落ちてひどい顔だったと思いますが、帰り道は、コンサートの余韻で幸せ一杯でした。

上演は、明日(12日)までです。

お時間が許す方はぜひぜひどうぞ!




以下は、メモ程度の感想ですが、ネタバレしてますので、DVDを待つ方は、ご注意ください。

ワルボロ

『ワルボロ』

監督:隅田靖
製作:黒澤満
企画:遠藤茂行
プロデューサー:國松達也/菅谷英智
脚本:木田紀生
撮影:佐光朗
音楽:鮎川誠/遠藤幹雄
美術:山崎秀満
照明:加瀬弘行
録音:林大輔
編集:只野信也
主題歌:ザ・クロマニヨンズ「ギリギリガンガン」
製作プロダクション:セントラル・アーツ
配給:東映
キャスト
コーちゃん:松田翔太
山田:新垣結衣
ヤッコ:福士誠治
キャーム:木村了
小佐野:城田優
ビデちゃん:古畑勝隆
カッチン:途中慎吾
ビデちゃんの父親:温水洋一
保育園の保母さん:西原理恵子
聖子ちゃんカットの中学生:高部あい
学ラン屋の店主:ピエール瀧
コーちゃんの母親:戸田恵子
コーちゃんの父親:塩田三省




原作は未読だけど、城田優くんが出演とのことで、楽しみにしていました。同じくD-BOYSの加治くんも出ています。

一言で言えば、80年代のヤンキー映画です。舞台は立川。しかも中学生ヤンキー。
中学3年生のコーちゃん(松田翔太)は、勉強一筋だったが、ひょんなことから、不良に転身。幼馴染のヤッコ(福士誠治)とキャーム(木村了)、小佐野(城田優)、ビデちゃん(古畑勝隆)、カッチン(途中慎吾)たち5人で立川南三中・錦組を名乗る。
憧れのクラスメート山田には冷たい目で見られ、母親には怒られるが、楽しい日々を送っていた。
しかしながら、ヤンキーの勢力争いの中、喧嘩の日々が続き…。

昔の不良って、こんなだったなあとノスタルジックな気分で鑑賞。
スタイリッシュな「クローズZERO」との見比べもおすすめ。
メインキャラ以外の他校生に、テニミュや仮面ライダー系の人がいて、発見するたび、ほくそえんだり。
喧嘩シーンが激しいので、苦手な人はダメかもしれないけど、昔の喧嘩って、限度を知っていたと思う。
松田翔太は、兄よりもずっといいと思っていて、今回も、頑張っていたと思う。
だけど、何と言っても、ヤッコを演じた福士誠治が、かっこいい。惚れた。ヤッコを観るために、もう一度、映画館に行ってもいいぐらい。
新垣結衣ちゃんの出演シーンは少ないが、印象的だし、そこがまたいい。男の映画って感じで。(「クローズZERO」の黒木メイサちゃんは、少し余計な気がした。)
城田くんも、臆病でちゃっかり屋な不良をコミカルに演じていた。

加治くんの出演はほんのちょっと。
それよりも、朝鮮学校のリーダーに、北村栄基さんが!クールでかっこよかった。
それと、今をときめくPure BOYSの武田航平くんが、出ているのも、うれしい発見。最初は誰だかわからなかった。
それと、仮面ライダーカブトに出演のある方も。

もっとハチャメチャかと思っていたけど、意外に硬派な映画だった。

やけに懐かしい気がすると思ったら、エンディングテロップを見て納得。私の実家に近い街で撮影していた。

DVDは、発売されるとうれしいけど、今のところ、メイキングが出てるだけみたい。



追記:
DVD発売されます。
ワルボロ 特別版(仮)
松田翔太 新垣結衣 福士誠治
B0010E8NXG