偏愛的独白

不二会&メリー・ポビンズチケットなど

テニミュの歴代不二が集合という夢のような飲み会があったんですね。
少し前に、キメさんがお店の予約をしたと書いていて、もっと先かと思っていたら、6日に開催されたようです。

記事になっています。→http://news.livedoor.com/article/detail/13862243/

そのほか、キメさんのブログhttps://ameblo.jp/kimeru-days/entry-12326305629.htmlにも、とてもいいお話があります。

詳しく書いてくれているのは、三津谷くん。

https://ameblo.jp/ryo-mitsuya-we/entry-12326379998.html
https://ameblo.jp/ryo-mitsuya-we/entry-12326672982.html
https://ameblo.jp/ryo-mitsuya-we/entry-12327035012.html

不二というキャラは大好きだし、特にテニミュでは、不二を気に入るかどうかが、私の重要なポイントでもあったので、思い入れが強いです。
9人全員が集まって、おまけにサプライズゲストで甲斐田ゆきさんまで!
素晴らしいですね~。
これ、キメさんじゃなかったら、難しかったかも。
ほんと、奇跡ですね!
最近テニミュのDVDを観る時間もないけれど、観るとたぶん泣いちゃうと思うわ~。

話は変わって、気になる情報。

キューブ所属若手俳優のサポーターズクラブが誕生するそうです。
発足イベントもあり。

キューブ若手俳優サポーターズクラブ発足記念!!
『キックオフトークイベント』

日時:2017年12月17日(日)
1回目 13:30開場 14:00開演
2回目 16:00開場 16:30開演
3回目 18:30開場 19:00開演

会場:CBGKシブゲキ!!
料金:前売3,000円(全席指定・税込)
※お土産(当日渡し)、ハイタッチ会参加付き、フォトタイムあり

出演者
●1回目 13:30開場 14:00開演
白洲迅、冨森ジャスティン、金井成大、
井阪郁巳、中谷優心、市川理矩 他

●2回目 16:00開場 16:30開演
加藤諒、白洲迅、冨森ジャスティン、金井成大、
坂口涼太郎、永田崇人、井阪郁巳 他

●3回目 18:30開場 19:00開演
加藤諒、坂口涼太郎、永田崇人、
井阪郁巳、中谷優心、市川理矩 他

上記に名前のあるメンバー以外に、川原一馬、阿久津仁愛、木戸邑弥も。

3,000円で、お土産つきで、ハイタッチ会参加付きフォトタイムありというのは、お得ですね。
昔の私だったら、ホイホイ行っていたと思うんですけど、今は無理かなあ。
井阪くんとか好きだけど。

何となく、若手というひとくくりにしてしまうのは、雑な気がしますが(^^;。
新人とキャリアの長い人が一緒だし、人気にも差があるしなあ・・・。

続いて、チケとりのお話。

日曜日が、「メリー・ポピンズ」の先着先行だったので、チャレンジしてみました。
ホリプロのシステム、ダウンしたみたいで、お詫びと別のURLが送られてきました。
そんなにアクセスがあったことのほうが驚きです。
人気あるのかなあ?

私は、小野田くんともう中学生さんの両方を観たいと思い、B席狙いだったんです。
B席は、無茶苦茶少ないんですよ。
シアターオーブの3階の後ろの2列のみなんです。
抽選先行で1公演は確保したのですが、もう1公演は、落選したのでした。

で、結局、ホリプロがつながりにくかったので、別のところで、確保したのですが、希望日とは別のB席です。
希望日は、学生団体が入っていて、A席もB席もとれなかったんですよ。
仕方なく、S席取りましたけど、予想外の出費です。
メリポ、それほど熱意はないのですが、「ビリー・エリオット」がよかったから、期待してもいいのかなと思って。

ほかには、『 ブロードウェイと銃弾』のナビザ先行も、申し込みました。

そういいえば、「4Stars2017」ですが、出演者変更がありました。

本公演に出演を予定しておりました、パティーナ・ミラーは、本人の都合により来日することができなくなりました。
代わってシンシア・エリヴォが出演いたします。
出演者変更に伴い、既に発表している楽曲の一部が変更となる可能性がございますので、ご了承ください。
パティーナの出演を楽しみにしていらしたお客様には心よりお詫び申し上げます。
なお、この変更に伴うチケット料金の払い戻しはございません。
何とぞご理解いただき、ご了承くださいますようお願い申し上げます。(公式より)



海外の方に弱いので、パティーナ・ミラーさんも存じ上げないのですが、シンシア・エリヴォさんという方も、すごい人らしいので、楽しみです。

早霧せいな退団後初主演ミュージカルが決定!

わーい(^◇^)

朝から、うれしいニュースが飛び込んできました!

今年7月に宝塚歌劇団を退団した元雪組トップスター早霧せいなが、来年5~6月にミュージカル「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」(5月19~27日=大阪・梅田芸術劇場、6月1~10日=東京・赤坂ACTシアター)に主演することが2日、分かった。今月5日から退団後初のコンサートを行うが、女優としての舞台は「ウーマン-」が初めてとなる。(日刊スポーツより)



主人公は人気キャスターのテス。最も輝いた女性に贈られる「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれ、風刺漫画家(相葉裕樹)と結婚するなど公私ともに順風満帆だったが、取材した亡命中のバレエダンサー(宮尾俊太郎)の思わぬ決断が、テスの心を動かすというコメディー・ミュージカル。82年に鳳蘭主演で「ミズ」として上演された。



ぎゃー、なんてことなの!
あいばっちが相手役なのね??
いやーん、うれしい。
しかも、なになに?宮尾さんも出るじゃないですか。
うれしい~。

配役決めた人、私の脳内をのぞいたんじゃないの(笑)?


ミュージカル
「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」

梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
2018/5/19(土)~2018/5/27(日)

TBS赤坂ACT シアター
2018/6/1(金)~2018/6/10(日)

原作: ピーター・ストーン
作詞:ジョン・カンダー
作曲:フレッド・エッブ
上演台本・演出・訳詞:板垣恭一
音楽監督:玉麻尚一

出演
早霧せいな

相葉裕樹
今井朋彦
春風ひとみ
原田優一
樹里咲穂

宮尾俊太郎(Kバレエ カンパニー)

藤田光之
俵和也
大野幸人
木内健人
池谷京子
角川裕明
田村雄一

新井俊一
佐々木崇
染谷洸太
山本大貴
天野朋子
木村晶子
栗山絵美
原広実

東京公演主催:TBS/ 梅田芸術劇場
大阪公演主催:梅田芸術劇場

企画制作:梅田芸術劇場


コンサートのあとは、何も発表されていないし、事務所も決まっていないし、でも、FCだけはできていて、どうなるんだろう?って心配していたのです。
FCに入るかどうかは思案中ですが、このミュージカルは絶対に観に行きたいです。

時期的に、「モーツァルト!」と重なっているんですよね。
来年の6月は、超絶貧乏になりそう><

しかし、うれしい反面、正直不安もあります。
早霧さんが、ミュージカル主演って、なんか嘘みたいで(^^;。

ストプレ方面に行くかと思っていたので。
これが、いわゆる退団ご祝儀ってものなのでしょうか?
(いまだに、そういうところが、わかってないのですが。)

いろいろぐぐっていたら、難しい歌はないみたいなことも書いてあったのですが・・・。

共演者も素敵ですし、頑張ってチケットとりたいと思います。

演出が、板垣恭一さんというのも、重要ポイントです。
早霧さんが、いずれ、加藤和樹くんや小西遼生くんと共演したら、いいなあと思います。
さらには、古川雄大くんとも。

咲妃みゆさんも、FCが準備中のようですね。
彼女も早く何かミュージカルに出てほしいです。

ついでに宣伝。

早霧さんの退団公演がNHKBSで放送されます。

NHK BSプレミアム 宝塚雪組公演「幕末太陽傳」
2017年11月13日(月)15:00~17:34


私は、ブルーレイ買いましたけど、こちらも録画します。

11月はきっといい月になるわ~。
前回記事では、暗いことを書いてすみませんでした。
2009年のテニミュ記事に関してのことでした。
実家の件は、少しだけ落ち着いてます。

最近のチケとりについて。

「メリー・ポピンズ」は、ホリプロの抽選先行で1公演だけ確保しました。
別キャストで、もう1公演観たいと思いますが、B席少ないので、ダメかもしれません。

それから友人に頼まれた宝塚花組「ポーの一族」も確保。
チケットがとれれば、轟悠さんの「ドクトル・ジバコ」も観るかもしれません。

「はいからさんが通る」は観られなかったけれど・・・

10月も終わりですね。今年もあと二か月。早いですね。

このところ、気持ちが停滞していました。
なんか変なコメントついちゃったりして。
真に受けないほうがいいんだろけど、気持ちがざわつく。つい考えてしまう。
書き逃げなのかもしれないけど、暴言には傷つくし、怒りも感じる。
ネットの嫌な部分はそれなりに経験してきて、簡単には心は折れないつもりだけども。
異論反論を受け入れないわけじゃない。
感じ方が違うのは、普通のこと。ただ、言い方ってあるんじゃないかな。
リアルで言っても、恥ずかしくない言い方で言えばいいだけなのに。

そんなときに限って、実家でもまた問題が起こるし、逃避行したい気分w
チケットもまた手放すことになるのかもなあ・・・。

と、暗い話から入ってすみません。


ええと、宝塚花組の「はいからさんが通る」は大好評だったようですね。
残念ながら、私にできるすべてのチケット入手方法にチャレンジしましたが、全滅。
最近では一番難易度の高いチケットでした。
DVDを買えばいいやと思っていましたが、今のところ、DVD発売情報はアップされてないですね><

でもでも、いいこともあったんですよ!
某日、弥生美術館の「はいからさんが通る展」に行ったんです。(12/24まで開催中)

はいからさんはもちろんのこと、大和和紀さんが大好きなので、それはもう至福の時でした。
じっくり見ていたら、友人からラインが。
「なんだよ~、一緒に来てるのに、ラインってw」と思って、文面見て、びっくり。

「なんか宝塚のひと、来てるよ。ひさおさんならわかるんじゃない?」って。

いやー、もう体じゅうの血がたぎりました(笑)。

その日は、体調が悪くて、友人たちとの約束もキャンセルしようかと思っていたのに、いきなり回復しました。
でも、騒いだりしてはいけないので、ひっそりとお姿を拝みました。
ストーカーはしていませんが、お土産を見ていたら、また遭遇したので、そのときは、至近距離でございました。
はあ~、ため息でました。

舞台上で観たかったけれど、リアルなタカラジェンヌさんって、素敵すぎる。

薄いメイクで、透明感のあるお肌。小さいお顔。二次元を超えたスタイル。
舞台で観るより、更に痩せていて、美人さんです。

柚香光さん、華優希さん、聖乃あすかさん、城妃美伶さん。
(城妃さんだけ、ちょっと自信ないのですが)

チケットとれなかった私に、神様のご褒美ね~。

このあと、ジェンヌの皆様は、赤坂のハンナさんをご覧になったようです。
私たちはランチを食べに行き、そこで、宝塚の説明をしました。
「ポーの一族」に興味があるようなので、チケットとれたら、一緒に行くかもしれません。

11月は、たくさんいいことあるといいな~。

もうすぐ、早霧さんのコンサートも始まるしね。
元気出そう!

未来和樹くん!

皆様、台風の被害、大丈夫でしたか?
私のところは、市内に避難勧告が出ていた地域もありましたが、大きな被害はなく済みました。
ただ、実家でいろいろ問題が発生し(台風とは関係ない)、急遽帰省しておりました。
台風直後でしたので、在来線が運休、遅延の嵐で、(実家の)最寄り駅までたどり着けず、途中からタクシーを使いました><
タクシー代で、お芝居観られるなあとか思ったりしましたわ(^^;。

そんなわけで、実家にいる間は、ネットを見る時間がほとんどないので、全く知らなかったのですが、23日に公式サイトに載ったのですね。

本公演に出演予定の未来和樹ですが、成長に伴う痛みのため、本公演をやむなく降板させていただくこととなりました。
お客様には、ご心配、ご迷惑をお掛けいたしまして、誠に申し訳ございません。
なお、この度の代役につきましては、前田晴翔と山城力が務めさせていただきます。

何卒ご了承いただき、変わらぬご声援を賜りますようお願い申し上げます。

なお出演者変更に伴うチケット料金の払い戻しはございません。何卒ご了承くださいませ。

TBS ホリプロ 梅田芸術劇場 WOWOW MBS



聞いたことはあるけど、経験したことがない成長痛。
さぞかしつらいでしょうね。
未来和樹くんのツイートも読みました。

私は和樹ビリーは、観ていませんが、心が痛みます。
和樹くんの体の痛みも、気持ちも、落ち着くのは時間がかかると思いますが、いつか舞台で観られることをひそかに祈っております。

そして、今日驚いたのは、『レディ・ベス』のDVD化決定。
なんとなく、DVDにはならないと思っていたんですよ。
圧倒的なご要望があったんですね・・・。

次回観劇時に、帝劇で予約するかなあ。それとも、FCで何か特典あるだろうか。

あれ?買う気になっているのか?

それほど好きな作品でもないんだけど?
税抜き10000円もするんだけど?

2つのバージョンは以下の通り。

♪Flower version
レディ・ベス: 花總まり   ロビン・ブレイク: 山崎育三郎
メアリー・チューダー: 吉沢梨絵   フェリペ: 平方元基
アン・ブーリン: 和音美桜  シモン・ルナール: 吉野圭吾
スティーブン・ガーディナー: 石川 禅
キャット・アシュリー: 涼風真世
ロジャー・アスカム: 山口祐一郎

♪Star version
レディ・ベス: 平野 綾  ロビン・ブレイク: 加藤和樹
メアリー・チューダー: 未来優希   フェリペ: 古川雄大
アン・ブーリン: 和音美桜  シモン・ルナール: 吉野圭吾
スティーブン・ガーディナー: 石川 禅
キャット・アシュリー: 涼風真世
ロジャー・アスカム: 山口祐一郎

もちろん、買うなら、Star versionですよね。
加藤和樹と古川雄大だもんね。
ベスは、どちらも好きだし、まあ、いいか。さすがに両方は買えないわ。

しかし、DVDって、老後の楽しみになってしまうかも。
これまで買ったDVDも、意外と観てないんですよね。つーか、開封してないものも多いw
買ったまま読まない本を積読本というけれど、買ったまま観ないDVDは、何ていうのかしら?

ほかにも書きたいことはあるのですが、帰省疲れで死にそうなので、今夜はこのへんで。

レミゼ大千穐楽おめでとうございます!

帝劇でしか観劇しなかったので、心から離れていましたが、ミュージカル『レ・ミゼラブル』 が本日、大千穐楽を迎えたのですね。
おめでとうございます!
特別カーテンコール映像も、上がっていますね。
次は、2019年ですか。あっという間にやってきそう。
だって、チケとりは、それより前ですもんね。

チケとりと言えば、「TENTH」が悩ましかったです。

最初は、3公演(第1部の演目が3種類なので)とろうと思っていました。
第2部の出演者を加味して。
井上くんの出演回はダメだと思っていましたが、案の定ダメ。
ほかに、候補は、中川くん、海宝くん、伊礼くんたちが出る回か石丸さん、新妻さん、万里生くんたちが出る回。

どちらも、ナビザ以外の先行で、チケットはとれそうでした。
が、2018年のいろいろを考えまして、第一週の1公演のみ、チケットをとりました。
つまり、中川くんたちの回です。
今から楽しみです。

そして、テニミュOB関連。

まず、いいこと?から。

Kimeruさんが事務所移籍。
それに伴い、名前も、「Kimeru」から「KIMERU」へ表記変更するそうです。
新しい事務所でも活躍してほしいですね。

そして、書きたくないけど、忘れちゃダメだから、嫌なことも書く。

清水良太郎・・・。

賭博の疑いで舞台降板して、復帰して反省してるかと思ったら><
そんなことで話題になるなよ。
テニミュに出たこと、もっと誇りに思って、真摯に仕事してほしかった。
七光りでも、何でもいいけど、犯罪はダメ。薬はダメ。
ほんとがっくりだなあ。

最後に、舞台情報。

「『Shakespeare's R&J』~シェイクスピアのロミオとジュリエット~」
2018年1月19日(金)~2月4日(日)
東京都 シアタートラム
2018年2月7日(水)・8日(木)
兵庫県 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール

原作:W.シェイクスピア
脚色:ジョー・カラルコ
翻訳:松岡和子
演出:田中麻衣子
出演:矢崎広、柳下大、小川ゲン、佐野岳


厳格なカトリック系の高校に通う4人の学生たちが、.シェイクスピア原作「ロミオとジュリエット」に夢中になっていくさまを描いた作品とか。
トライストーン・エンタテイメント主催なんですね。