FC2ブログ

偏愛的独白

8月の観劇予定と気になる公演情報

8月は、お盆もあるので、帰省回数が増え、あまりチケットを買えませんでした。

今のところ、宝塚雪組と「オペラ座の怪人~ケン・ヒル版~」だけです。
「ゴースト」を入れたかったけれど、希望日がとれず断念しました。
ほかにも行けたら行きたい公演がありますが、チケットは確保してません。


そして、気になる公演情報。

音楽劇『道』
2018年12月8日(土)~28日(金)
日生劇場

演出:デヴィッド・ルヴォー
キャスト:草なぎ剛 ほか
オンステージシート10,000円/S席10,000円/A席8,000円


フェデリコ・フェリーニの映画を音楽劇に。
ミュージカルではなくて、音楽劇なのですね。

映画は知らなくても、ニーノ・ロータの音楽を知ってる人は多いのではないでしょうか。
この舞台で、それが使われるかどうかはわかりませんが。

ちょっと観てみたいけど、もしかして、チケット難かしら?

さらにチケ難っぽいけど、こちらも行きたい。

グリーン&ブラックス・オン・ステージ(仮)
2018年9月5日(水) 開場18:00/開演18:30
東京・メルパルクホール
出 演
福田雄一、井上芳雄 他 ドリームキャスト!!!<ほぼ準レギュラー>


厳しそうですが、チャレンジはしてみます!

それから、相葉くんが出演?と思ったら、映像だけらしい。

『怜々蒐集譚 Reirei Syusyu Tan』
2019年2月16日~27日
新国立劇場 小劇場


ポスターのかっこいい姿を見ると、映像だけなんてもったいないなあと思ってしまいます。
スケジュールの都合かもしれませんね。

それから、ようやくアウトデラックスの加藤和樹くんのラーメン二郎、見ました(笑)。
和樹、映像でもイケメン!
さすが、いつも料理をしているだけあって、手つきもいいし。
味もよかったようで、マツコさんたちが満足していたように見えて、ほっとしました。
本格的にラーメンを作るのもすごいけど、有名な首の骨が折れてた事件も紹介され、笑いました。

最後になりましたが、台風が心配です。
私のところは、警報は出ていませんが、ものすごい風が吹き荒れてます。
皆さま、くれぐれもお気をつけてくださいね。

ロミジュリだったか><

ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」の再演が発表されましたね。

一部では、昨夜から情報が流れていまして、そのときは、葵わかなさんがジュリエット役ということと、古川くん、大野くんがロミオということしかわかりませんでした。
今朝のスポーツ紙に大きく取り上げられ、その後、ネットで次々に情報解禁されました。

予想外でした。

古川くんの来年2月以降の予定がわからなかったので、何か決まっているとは思いましたが、まさかロミジュリとは。
3回目のロミオですか。

スポーツ紙だと、葵わかなさんありきの記事で、ロミオも朝ドラコンビ再びという大野くん中心でしたね(^^;。
一応、古川くんのコメントも掲載されてましたが。
主要キャストは、葵さん以外変更なし的な書き方だったので、てっきり、馬場くんと矢崎くんは続投だと思いましたよねw

ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』
2019年2月~4月
東京国際フォーラムホールC
ほか愛知、大阪公演

原作:W.シェイクスピア
作:ジェラール・プレスギュルヴィック
潤色・演出:小池修一郎

出演
ロミオ:古川雄大、大野拓朗
ジュリエット:葵わかな、木下晴香、生田絵梨花
ベンヴォーリオ:三浦涼介、木村達成
マーキューシオ:平間壮一、黒羽麻璃央
ティボルト:渡辺大輔、廣瀬友祐
死:大貫勇輔
キャピュレット夫人:春野寿美礼
乳母:シルビア・グラブ
ロレンス神父:岸祐二
モンタギュー卿:宮川浩
モンタギュー夫人:秋園美緒
パリス:姜暢雄
ヴェローナ大公:石井一孝
キャピュレット卿:岡幸二郎

そういえば、前回のロミジュリは、思ったほど通わなかったんですよね。
フランケンシュタインと重なっていたというのもあるけど、演出がさらに苦手方向に行ってた感じで。

とはいえ、古川ロミオ続投なら、通うことになるのかなあ・・・どうしようかなあ。

新作ミュージカルとかライブとか、M!再演とか、そういう発表を心待ちにしていたので、ちょっと肩透かし。
贅沢な悩みではありますよね。
作品自体が好きなので、私はロミオの年齢はあまり気になりません。

新ジュリエットの葵わかなさんもかわいいし、期待しています。
名前が紛らわしいですね。
城田くんも今日重大発表があるって言っていて、それが森川葵さんとの主演ドラマだったんですよ。
そして、この森川葵さんは、クドカン演出の舞台「ロミオとジュリエット」(2018年11月)で、ジュリエットを演じるんです。
なので、最初に情報が流れて来た時は、ガセネタかと思いました(^^;。

ベンヴォーリオに三浦涼介くんと木村達成くん。
どうなんでしょう?
小池先生、三浦くんが気に入ったんですね。
イメージ的には、マーキューシオなんだけどなあ。
木村くんは、テニミュ以来、観ていないので、ちょっと楽しみ。

馬場くん、矢崎くんは、スケジュールが合わなかったんだと思うことにしよう。

そして、マーキューシオは、続投の平間くんと、新たに黒羽麻璃央くん。
黒羽くんの記憶は、私も薄いので、全く想像できない。
黒羽くんは、劇場ロビーですれ違っても、判別できなくらいわからないw

ティボルト役は続投だけど、別の人で観たかった気もする(笑)。

残念なのは、死がシングルキャストなこと。
宮尾さーん(涙)。

キャピュレット夫人の春野さんも、イメージ違うけど、香寿さんに近い感じかもね。

岸さんが、大公から神父に。
坂元さんの神父さんも好きだったので、寂しいな。

パリスは、姜暢雄さん。
姜さんを舞台で観るのは久しぶり。

そして、岡さんは続投で、大公が石井一孝さん。
大公の出番は少ないから、もったいない気もする。
石井さんは、小池先生とは初めてなんだって。

どれくらい行けるのかわからないけど、どの組み合わせで観るかも悩ましい。

再演は、かなり前から決まっていたのでしょうね。
フレッシュなロミオを期待する声もありますが、最近の若手に疎いので、どんな方がいいのか、思い浮かばないな~。

ところで、全く話は変わりますが、Twitterで、「#テニミュ出た人あるある」というタグがありまして、
実際にテニミュ出演経験者が、ツイートしていて、それを読んでいるだけで、楽しいやら、懐かしいやら、ウルウルしています。
私は、Twitterをしてないので、まとめサイトなどで読んでいます。
懐かしい俳優さんの名前を見て、じーんとしています。
テニミュ愛と絆を感じますね。

一番懐かしかったのは、塩澤英真くん。
初代ルドルフの観月を演じました。
私の中では、歌がうまいイケメンでした。
事務所が変わったりして、一時見かけませんでしたが、活躍しているようです。
いつだったか、ちょっとエッチな映画に出てまして(^^;、テロップ見て驚きました。
私が好きだったころと顔が変わっていたんですよね。
成長したんだと思いますが、あんなに好きだったのに、別人に思えてしまいました。
顔って大事ですね。
ファンであるということは、その人の顔も声も、演技も歌も、(表に見える)性格もすべてを好きになるということなのだとしみじみ思いました。
イケメンだから、いいわけでもないし、歌がうまいだけでもダメだし、好きになる理由っていまだによくわかんない不思議。

ホリプロさんが有料会員募集とな

もう一つ書きたかったのは、ホリプロさんの有料会員募集の記事。

ホリプロ・ステージ・メンバーズ リニューアルのお知らせ

2012年よりご案内をしておりました有料会員サービス『ホリプロ・ステージ・メンバーズ』がこのたび大幅リニューアル、更にパワーアップいたしました。
ぜひこの機会にご入会下さい!
【入会特典】
(1) 良席の最速先行予約!
(2) ポイントをためて特典GET!※チケット1枚購入につき1ポイント
●5ポイント…公演プログラムとお引換え
●10ポイント…チケット代3,000円分の割引ご優待
●20ポイント…ご希望の公演ご招待
◆会費:入会金:2,000円/年会費:10,000円
◆詳細・入会のお申し込みはこちら
http://hpot.jp/hsm/(←リンクは貼ってません。)

うーん、会費10000円は、高すぎる><

良席って、どのあたりまでを候補とするのでしょうね。
最前列なら考えるけどw

入会希望者が多ければ、競争率は上がってしまいますよね。

これまでは無料会員登録してまして、いい席も悪い席も当選しましたが。

各種プレイガイドも、先行予約=良席保証ではありませんが、それでも、年会費は安い。
ただし、一件あたりの手数料が、800円から1500円くらいかかる。
これまで、ぴあやローチケにいくらぐらい払ってきたか、計算すればいいのもしれないけど、面倒臭いなあ。
それと、あくまでホリプロの公演のみだから、ホリプロのラインナップと私の好みが合わなければ意味がない。
FCの良席との兼ね合いはどうなのかしら?
もちろん、FC先行も良席保証ではない。

たぶん入会しないなあ。
12000円払って、行きたい公演が1つしかなくて、その良席先行が熾烈な争いで、落選したら、12000円は無駄だもの。
ポイントもそんなにたまらないと思うし。
昨年だったら、ロミジュリ、フランケンシュタイン、ビリーがあったから、かなりたまったと思うけど。

ちなみに、良席の高額転売対策は、何もしてなさそうね。

それにしても、チケットとりは、大変です。

今のところ、年会費等払って登録しているサイトは、ぴあ、ローチケ、カンフェティ、赤坂ACT倶楽部、宝塚友の会です。
ほかに、FCが二つと、TSC(テニミュ)。

年会費と手数料だけでかなりの額になりそうで、そろそろ断捨離しないとダメかもと思う今日このごろです。

ご無沙汰してしまいましたm(__)m

猛暑でダウンしていたわけではなく、どこかへ遠征していたわけでもなく、ひたすら忙しくパソコンに向き合えず、いつの間にか世間は夏休みになっていました(^^;。

自由がほしい・・・。

「エリザベート」でも「モーツァルト!」でも、自由を求めるくだりがありますが、まさに、その自由こそが私が求め続けてきたもの。
とはいえ、責務を果たさずして自由は得られないと育てられてきた世代なわけですが・・・ああ。

母のことでいろいろあって、週に2回も帰省してました。
楽しいことは、どんなに暑くても我慢できますが、楽しくないことは、つらいですね。

そんなわけで、愚痴から入りましたが、ここ数日の演劇関連のことについて書いておきたいと思います。


まずは、悲しいニュース。
浅利慶太さんの訃報が飛び込んできました。
私は劇団四季には詳しくありませんが、日本でミュージカルといえば、すぐに劇団四季?と聞かれるくらい知名度が高く、各地でロングランを続けているという功績はすばらしいと思います。
謹んでご冥福をお祈りいたします。
過去に放送された劇団四季の番組を録画したDVDがあるので、久しぶりに観てみました。
NHKBSで放送したミュージカル特集でしょうか?
放送当時はあまり関心がなかったのですが、今観ると、とても新鮮です。
阿久津さんが若いし、濱田めぐみさん、柿澤勇人さんの映像もありました。
不思議なことに、当時はスルーしていたのに、今は、「春のめざめ」が無性に観たいです。
そういえば、ずっと昔、劇団四季を少し観ていたときは、野村玲子さんが好きだったんですよね。

さて、舞台情報がいろいろ更新されました。

城田くん主演舞台の出演者が発表に。

ミュージカル 『ピピン』 
2019年6月~
東急シアターオーブ
演出:ダイアン・パウルス
キャスト
ピピン:城田優
リーディングプレイヤー:Crystal Kay
チャールズ:今井清隆
ファストラーダ:霧矢大夢
キャサリン:宮澤エマ
ルイス:岡田亮輔
バーサ:中尾ミエ、前田美波里(Wキャスト)


Crystal Kayさんって、どんな方だったかしら><
ほかの出演者は、割と馴染みがありますが、何となく、東宝慣れしてる私には意外な配役でした。
主催が、フジテレビ、キョードー東京、ワタナベエンターテインメントなのですね。
もちろん、観に行きますよ!

そして、クリエの朝夏まなとさん主演舞台も出演者発表に。

ミュージカル 『オン・ユア・フィート!』 
2018年12月8日~30日
シアタークリエ
脚本:アレクサンダー・ディネラリス
音楽・歌詞・編曲:グロリア・エステファン、エミリオ・エステファン
翻訳・訳詞・演出:上田一豪
振付:TAKAHIRO、藤林美沙、金光進陪
出演:
朝夏まなと
相葉裕樹/渡辺大輔(ダブルキャスト)
青野紗穂、栗原英雄、久野綾希子、一路真輝
伊藤広祥、岡本悠紀、加藤潤一、当銀大輔、橋田康、ひのあらた、
井上真由子、小嶋亜衣、小林由佳、コリ伽路、豊原江理佳、中村百花


なんと相葉くんと渡辺くんがダブルキャストです!
すごいな~。
テニミュOBは、宝塚OGの相手役にぴったりなのかしら。
12月というのがネックですが、ぜひとも行きたいです。


そして、「モーツァルト!」大阪千穐楽、おめでとうございます。
東宝さんのカテコ映像がありがたかったです。梅芸での撮影なので、音声がわかりにくかったですが。
ほんとは行きたかったけれど、それどころじゃなくなってしまったので。

ほかにも書きたいこともあるので、またあとで書くかも。
とりあえず、近況報告でしたm(__)m。

城田優ミュージカルアルバム出すってよ

熱くてとろけそうな毎日ですね。

城田くんが、初のミュージカルアルバムを出すそうです!
城田くん、攻めてますね~。

内容は以下の通り。

アーティスト:城田 優
タイトル:a singer
発売日:2018年10月24日(水)発売
価格:2,778円+税 

収録曲: ※曲順未定
1.闇が広がる(エリザベート)duet with ラミン・カリムルー ※日本語歌唱
2.ホール・ニュー・ワールド(アラジン)duet with すみれ ※英語歌唱
3.エメ(ロミオとジュリエット)※日本語歌唱
4.母は僕を産んだ(ファントム)※日本語歌唱
5.僕こそ音楽(モーツァルト!)※日本語歌唱
6.コーナー・オブ・ザ・スカイ(ピピン)※英語歌唱
7.僕がついてる(スウィーニー・トッド)※日本語歌唱
8.マイ・フェイヴァリット・シングス(サウンド・オブ・ミュージック)※英語歌唱
9.ザ・グレイテスト・ショー(グレイテスト・ショーマン)※英語歌唱
10.ア・ミリオン・ドリームズ(グレイテスト・ショーマン)※英語歌唱
11.イザベル(IL DIVOカバー)※スペイン語歌唱


「ファントム」からの選曲はうれしいですが、別の曲がよかったなあ。
エメは、デュエットじゃないんですね。

闇広は、ラミンさんとデュエットなんて、すごいですね。
「僕こそ音楽」も気になるところ。
たぶん買うでしょう。

テレビ出演も予定されていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

7月14日(土)TBS系音楽特番「音楽の日」
7月25日(水)フジテレビ系列「2018 FNSうたの夏まつり」

FNSのほうは、ミュージカル・メドレーということで、城田くんのほかにも、以下の方々が出演します。

(敬称略)
生田絵梨花
石丸幹二
神田沙也加
劇団4ドル50セント
昆 夏美
別所哲也
宮澤エマ
山崎育三郎

豪華メンバーですね。
録画予約しておかなくては。

そういえば、今週の月曜日(9日)は、いろんなことが重なりました。

M!を観に大阪日帰り強行しました。感想は後ほど。

その日は、宝塚雪組大劇場千秋楽でもあり、早霧せいなさんのライブもありました。
早霧さんのライブは、FC限定なので、行けませんでしたが、中身を聞いて、興奮しています。
歌いまくったそうで、「アンダルシアに憧れて」も歌ったとか。
行きたかったけど、FCに入るのを躊躇ってしまい、断念しました。
宝塚卒業後も、思いのほか、活躍しているので、うれしいです。
「るろ剣」も、先行ではチケットとってませんが、行くつもりでいます。

新たなチケットはあまり増やしていませんが、「タイタニック」を確保。
それから、宝塚花組と月組をとりあえず。

先日、「エビータ」を観たのですが、もう少し海外ミュージカルを観ようという気になりまして、
「コーラスライン」に心が動いています。
恥ずかしながら、未見なのです。歌は知っているのですが。
でも、予定が合わないので、見送る可能性もあり。

同じ東急シアターオーブ上演ということで、「オペラ座の怪人 ~ケン・ヒル版~」にチャレンジします。
これまでケン・ヒル版が何か全く知らずにいまして、赤面しております(^^;。