FC2ブログ

偏愛的独白

『王様と私』

リンカーン・センターシアタープロダクション
ミュージカル『王様と私』

2019年7月11日~8月4日
東急シアターオーブ

脚本・作詞:オスカー・ハマースタインⅡ
作曲:リチャード・ロジャース
演出:バートレット・シャー
出演:
アンナ:ケリー・オハラ
王様:渡辺 謙
チャン夫人:セゼラー・ボナー 
オルトン船長/エドワード・ラムゼイ卿:フィリップ・ブルコック
タプティム:キャム・クナリー
ルンタ:ケヴィン・パャンミーチャオ
クララホム首相:大沢たかお

S席:15,000円
3階立見引換券:6,000円

201907king1.png

201907king2.png

201907king3.png

「一生に一度の来日公演」という宣伝文句に大袈裟だなあと思っていました。
確かに、そうだけど・・・。

デボラ・カーとユル・ブリンナーの映画を何となく知っていましたが、結末などは全く覚えておらず。
イメージ的に、古臭い昔の作品。
2月にチケットの先行発売の案内が来た時に、ちょっとサイトをのぞいたら、チケットが取り放題だったので、日本人にとって、渡辺謙さんの来日公演なんてそんなものかと少し残念に思っていました。
かといって、自分が観るには、高いなあと思っていて(^^;、そのまま放置。

いつの間にか、チケットは完売。立見席まで出ました。

日ごろ、あまりミュージカルを観ない友人が誘ってくれて、2階席センターブロックで観劇。

なんかね・・・いろいろ反省しましたよ(^^;。

ミュージカルを本格的に観始めて、15年近くたって、その前にストプレもたくさん観てるつもりでいて、傲慢になっていた自分に気づきました。
渡辺謙さんのファンでもないし、来日するから観に行くなんて、ミュージカルを観ない人が、謙さん目当てに行くだけでしょとか、演目が古いんだから、面白いとは思えないとか、まあ、いろいろ上から目線な考えでいましたよね><

観もしないで、勝手に公演に対する評価をしてました。
ああ、ごめんなさい。
まだまだ井の中の蛙、視野が狭いです。

何事も、観てから評価しろってことですよね。

実際、客席は、普段の日比谷、赤坂界隈とは違ってました。
いつもは観ないけど、渡辺謙ブランドにひかれて、やってきましたという感じの方々。

今回誘ってくれた友人ですが、私からも一年に2回くらい帝劇や宝塚に誘うのですが、彼女が、終演後いきなり、「客層違うんじゃない?マナー悪すぎだよね」って言ってました。

そうなんです、ちょうどエリザ上演時期だったので、帝劇のマナーのよさをかみしめたくらいでした。
私語や遠慮のない咳が目立ったんです。
あるいは、ケリー・オハラさんが歌っている間、ずーっと、バッグの中の何かを探し続けている音が響いていたりとか、カテコのラストでスタオベしたら、見えない見えないって大声で言ったりとか。


でも、作品が素晴らしくて、誘ってくれた友人に感謝です。

いまだに、タイでは、上演禁止だそうですが、あまりそういう面は感じられなかったです。
頑固な王様が、アンナに反発しつつも心を開いていく”いいお話”ととらえていたからかもしれません。

とにかく、アンナ役のケリー・オハラさんの歌が最高なのです。
終始圧倒されました。

で、渡辺謙さんは、正直、歌がうまいのかよくわからなかったです(^^;。
英語も同じく。
謙さんが話す英語という感じでした。
声も、悪いし。

それでも、王様オーラがすごかったんですよ。
彼の存在感は、半端ないですね。

ファンでもなんでもない私が言うんだから、ほんとですよ(笑)。

ラストに亡くなるなんて、思ってなかったので、驚くとともに、涙がとまらなかったです。
謙さんの存在感があったからこそ、泣いてしまったのだと思います。

歌唱力も英語の発音もどうでもいい。
とにかく謙さんが、王様だったんですよ;;

頑固で偉そうで憎らしい王様なんだけど、だんだん愛すべきかわいらしい王様に見えてくるんです。

ケリー・オハラさんばかり誉める記事も読みましたし、どなたか忘れましたが、日本のミュージカルを憂える声も聞きましたが、
やっぱり、ミュージカルは、総合力なんだと再認識しました。

ケリーさんの歌声だけでは、この作品は成立しませんもの。

日本のミュージカルもそんなに悪くないと思うんですけどね。

大沢たかおさんが、たくましくなって登場。
かっこよかったです。
英語もよかった。

王様役ののアンダーが大沢さんだったみたいで、そちらのバージョンも観たいと思いました。

謙さんは、もう王様役はしないのでしょうか?
ほかの作品に行くのかな?

一生に一度の来日公演、観てよかったです。

これからは、初心にかえって、もっと素直に先入観を持たず、観に行ったほうがいいと思いました。

『エリザベート』13回目

20190731.png

この日は、香寿さんと京本くんの千秋楽でした。
二人とも、早抜けしてしまうんですね。
座席は、B席2階I列。

お二人の千秋楽だからでしょうか、熱量がすごくて、興奮しました。
キャストも、私の大好きな方々ばかりで、それだけで、涙ぐんでしまいます。

個人的に、花總シシィ、古川トート、万里生フランツが大好きなので(≧▽≦)。

鏡の間、無茶苦茶よかった~。

その前に、「最後のダンス」も、震えが来ました。

古川くんの「最後のダンス」、すごくいいと思うんですけど・・・いや、ファンの贔屓目なのかもしれないけども。

花總さんは、悲劇が合う人なのかな?
陰の人なのか?
どこかに孤独を抱えている感じがよく出ている。
ラストも。

逆に、愛希さんは、陽の人で、ラストに何か希望が見え隠れする。

京本くんは、おそらく、ルドルフ、最後なんでしょうね。

既に、多くのファンが語り尽くしていますが、「闇広」が、すごかった。

闇広、最後、いつも通り、京本ルドが、古川トートの頬をなでるのね・・・と思っていたら、
トートを抱きしめたんです。
はっとして抱きしめ返す古川トート・・・そして笑み。

ひやー、もう、なんか、鳥肌が立ってしまいました。
そして、なぜか、泣きたくなった。

そのいつもと違う流れが、違和感なく、自然で、驚きました。

京本ルドは、笑顔で死んでいきました。

京本くん、鬘じゃないんですね。
地毛が、ツンと飛び出していることがあって、それをなでつける古川トートw
(なでつけているわけではなく、振付なんだろうけど。)

香寿ゾフィーの死のシーンも、拍手鳴りやまないの。
ショーストップ気味になって、それをちゃんとわかって、成河ルキーニが間をとって。

ぞくぞくしました。

だから、生の舞台は最高。

ラスト、花總シシィ、涙が一筋流れていたような・・・。

カテコも大盛り上がりです。

まずは、全員カテコのときに、キャストから歓声と拍手があって。

そのあとは、いつもは、シシィとトートの二人カテコだけど、今回は、ゾフィー、ルドルフも加えて4人カテコ。

挨拶はなかったものの、みんな、素敵な笑顔で、拍手もすごかった。

下手側から、京本くん、花總さん、古川くん、香寿さんの並びで、手をつないで出てくるんですもん。

京本くん、香寿さんがお辞儀して、盛大な拍手。
そのあと、古川くんがお辞儀したら、なぜか笑いがw
そして、花總さんのお辞儀。

くるりと回ってまた手をつなぐと、笑いが起きてました。

そして振り返り、笑顔で手を振る4人。

拍手が鳴りやまず、もう一度、4人で出てきてくれて。
花總さんが、京本くんを前面に押し出そうと気遣いしていて、微笑ましかったです。

4人で楽しそうに手を振るのを見て、ほんとにいいカンパニーなんだなあとしみじみ思いました。
ただの仲良しじゃなくて、いいものを見せてくれるカンパニーですね。

宝塚歌劇雪組公演『壬生義士伝』『Music Revolution!』

2019年7月26日~9月1日
東京宝塚劇場

かんぽ生命 ドリームシアター
幕末ロマン
『壬生義士伝』
~原作 浅田次郎「壬生義士伝」(文春文庫刊)~
脚本・演出/石田 昌也


かんぽ生命 ドリームシアター
ダイナミック・ショー
『Music Revolution!』
作・演出/中村 一徳


主な配役
吉村貫一郎 望海 風斗
しづ/みよ 真彩 希帆

大野次郎右衛門 彩風 咲奈
ひさ 梨花 ますみ
松本良順 凪七 瑠海
ビショップ夫人 舞咲 りん
谷三十郎 奏乃 はると
梅早登 早花 まこ
オトラ 沙月 愛奈
松本登喜 千風 カレン
佐助 透真 かずき
土方歳三 彩凪 翔
近藤勇 真那 春人
竹若 笙乃 茅桜
小川信太郎 久城 あす
伊東甲子太郎 煌羽 レオ
オカネ 杏野 このみ
斎藤一 朝美 絢
松乃 愛 すみれ
八木源乃丞 桜路 薫
篠原泰之進 天月 翼
原田左之助 橘 幸
みつ 朝月 希和
鍋島栄子 妃華 ゆきの
永倉新八 真地 佑果
沖田総司 永久輝 せあ
写真屋 叶 ゆうり
大野千秋 綾 凰華
藤堂平助 諏訪 さき
みつ(少女) 彩 みちる
近藤周平 眞ノ宮 るい
池波六三郎 縣 千
吉村嘉一郎 彩海 せら

201908snow.png

永久輝せあさんの組替えの発表前に観ています。
1階16列センターブロック。
オペラグラスで観ると、中央に立つスターたちの目と合うような錯覚を起こすお席でしたw

原作は未読です。
浅田次郎さん、最初は好きでよく読んだのですが、あざとさが苦手で、そのまま遠ざかっています。
そんな私にとっては、映像化作品のほうが好みだったりしますので、今回も敢えて原作を読まずに観劇しました。

新選組ものは好きですし、何となく人物の関係もわかるところがいいですね。

主人公がいわゆる新選組のヒーローではありません。
よくこの人物を宝塚トップにやらせたなあとは思いました。
地味ですし、守銭奴というところが個人的には苦手です。
ただ、その理由が家族への愛なので納得できるのですが、えっ?そこでもお金??と思うシーンはありました。

ですが、まっすぐで、優しくて、忠義に厚い男なのです。
これ、演技力のない人がやったら、ただのおっさんになってしまうと思うんですが、望海風斗さん、さすがです。
宝塚男役としてのかっこよさを保ったままで、素朴な人柄を出しつつ演じており、泣かされてしまいました。

「おもさげながんす」のセリフが、耳に残ります。

悲しい話ではありますが、お芝居がとてもよかったので、こういう作品も宝塚で上演できるのだなあと感動しました。
少しだけ、笑えるシーンもあり、ほっこりしました。
歌が少ないような気がしたので、歌うまのトップコンビなので、もったいないとも思いました。

それにしても、「ファントム」のエリックから「壬生義士伝」の吉村貫一郎って、役のふり幅がすごすぎです。
存在感を出す望海さんを観て、歌だけでなくお芝居もできる人だと改めて思いました。

新選組ものということで、娘役はあまりおいしくなかったですね。
真彩さんも、妻と、貫一郎に恋する町娘の二役でした。

貫一郎の娘みつの小さいころを演じた彩みちるさんが、かわいくて、涙を誘いました。
更に、息子の小さいころを演じた彩海せらさんが、うますぎて、胸が苦しくなりました。
彩海せらさん、きれいですし、ショーでも目立っていて、今後が期待できます。

二番手の彩風さんは、これまた辛抱役でしたね。
幼馴染ですが、最後は、致し方なく、貫一郎に切腹を申し渡します。
かっこよさはありませんが、武士としての凛としたものを感じ、渋い演技でした。

専科から凪七瑠海さんが出演していましたが、ストーリーテラーでもないし、新選組と絡むシーンもなく、
ちょっとかわいそうな気がしました。
ショーのほうが出番が多くて活躍していたのですが、インパクトは薄かったです。

メインの役柄ではないのですが、奏乃はるとさん、早花まこさん、沙月愛奈さん、透真かずきさんらベテランのお芝居が私は好きで必ずチェックしています。

土方歳三は、彩凪翔さん。

かっこいい(≧▽≦)。


「めんどくせえな~」の言い方もかっこよくて、彩凪さん主演で「燃えよ剣」とか観たい!って思いました。

近藤勇は、真那春人さん。
力の抜け具合がいいですね~。

まあ、一番おいしい役は、斎藤一でしょうね。
FNSでも、人気をかっさらった朝美絢さん!
黒髪の貴公子って感じ。

斎藤一って、アニメでも、ドラマでも、おいしい役ですしね。
ゲームでも、絶対、選んでしまうキャラです(笑)。
命など惜しくないキレキレの感じを醸し出しながら、実は長生きしているんですよね。
とにかく目立ってました。
笑いもとってました。

その斎藤とわちゃわちゃする若手が、原田左之助の橘幸さん、永倉新八の真地佑果さん、沖田総司の永久輝せあさんです。

ミーハーなので、沖田総司も大好きなんですが、永久輝せあさんの総司、優しく、はかなく、美しかったです。
明るさの中にも虚無を感じました。

朝美さんとの並びも美しくて、大好きだったのに;;
もう雪組では観られないなんて。
(全国ツアー公演、行けないと思うので。)

近藤周平役の眞ノ宮るいさんの活躍がうれしかったです。

そして、どこにいても、目立ってしまう縣千さんw
観るたびに洗練されていきますね。男役臭さがあふれています。

続いて、ショーは、中村一徳先生。
割と好きな先生です。

ようやく、思い切り望海さんの歌声が聞けます!

気持ちいい!!!

FNSのトートもよかったから、雪組でエリザしてほしいわ!!!
(今まで思ったことなかったけど。)

ショーは、はっきり言って、雪組の組子たちの美の洪水で、それを浴びた私は、うれしさと楽しさでほとんど燃え尽きておりました。
帝劇エリザもいいけど、雪組もねって感じです。

ただ、ちょっと、衣装が、私の好みではなかったですね。
担当のお名前を見たら、ああ、という感じでした。
お二人くらい苦手な先生がいるのです。

望海さんたちと永久輝さんのスペイン兵が戦うところとか、スペイン兵の衣装ばかりがかっこいいというか。
永久輝さんのスペイン兵姿見て、ベルばらを妄想しました~。

永久輝せあさん、オスカルでもアンドレでもどっちもいけるわ♥
もう無理なことですが、永久輝さんオスカルで、月城さんアンドレとか観たかったなあ。

そして、やはりブライアン先生の振付は、彩風さんのダンスね。
惚れ惚れするわ~。

朝美さんソロでも登場!

客席降りもあったけど、こういうときに限って、どまんなか席w

そして、永久輝さんのソロ「カノン」。
このときは、ワクワクして観ましたが、たぶん次に観るときは泣くと思う。

雪組の若手、最高で最強。
綾凰華さん、鳳華はるなさん、諏訪さきさん、眞ノ宮るいさん、縣千さん、彩海せらさん!
退団する鳳華さんにソロがありましたね;;

縣さんと彩海さんが、二人とも男役らしさが増してきてかっこいいんだけど、タイプが違うところがまたいいのです。
縣さんはワイルド系で、彩海さんは美人系。

ショーの最後のほうで、やっと銀橋にほかのメンバーと一緒に星加梨杏さんが出てきて、ようやく見つけることができた感じ。
お芝居でも目立たない役だったし、ちょっと残念。

黒燕尾がまた壮観!

どこを切り取っても、端正で美しい。

でも、やはり、次に観たら泣く。

この並びはもうないんだと思ってしまう。

そういえば、ロケットで潤花さんが、かわいすぎて(≧▽≦)。
憎らしいほどかわいかった。
あれは反則だわ。

歌も踊りもよかったけれど、願わくば衣装が私の好みであればなあと思いました。

『エリザベート』12回目

梅雨が明けて一気に暑さが襲ってきました。

演じるほうも観るほうも、バート・イシュル状態(笑)。
私も、汗をふきふきしながら、帝劇通い。
おしゃれよりも、涼しい洋服が優先されるので、「ひどいヘア、変なドレス」が自分のことみたいで笑えます。
ドレスじゃなくて、ワンピースですけども。

キャストはこちら。

20190730.png

大好きな古川トートと木村ルドルフの組み合わせです!

座席は、B席2階L列です。
ああ、舞台が遠いです。
でも、譲っていただいた貴重なお席です。

この日から、指揮者が上垣さんから宇賀神さんに交代しました。
特に変化は感じませんでした。
金管は、ひどいと思うことはありませんでしたが、逆に、失敗しないために、恐る恐る吹いている感じがしました。

そういえば、私の見間違えでなければ、松下優也くんに遭遇したんですよ。
やっぱりイケメンだし、思いのほか、色が白いので目立ちますよね。
花總さんと共演していますし、確か、木村くんとも何かで共演していたと思います。

「愛と死の輪舞」の古川トートの甘い声、素敵です。
基本、オペラグラスでがん見するのですが、目をつぶって聞いても、とってもいいですよ!

トートの細かい仕草は、やめたものがありますね。
小池先生のダメ出しがまたあったのでしょうか。

お見合いのシーン。
冷めた成河ルキーニと違って、女子みたいにウキウキしている山崎ルキーニ。

シシィへのブーイングは、香寿さんが一番怖いんだけど、涼風さんは、表情が豊かで面白い。
涼風ゾフィーがかわいくて、好きなんですよね。
美人なのに、変顔するんですもん。
結婚後、シシィに嫉妬しているゾフィー像がもっとも合っている。

山崎ルキーニは、やはり、「結婚一年目」のところが聞きづらい。
キッチュでは、「買っとくれ~」をかなりロングトーンで、驚きました。

平方フランツは、全体的に優しいのね。
どんなときも根底に優しさが流れていて、それが、皇帝の弱さにつながっている気がする。

相変わらず、冒頭の木村くんの登場からチェックしてます。
エーヤンやミルクも、二階席だと、チェックしやすいし。

闇広では、木村くんの「我慢できない」は、普通バージョンに戻っていました。

見ていていいのかと問われ、首を降る木村ルド。
このあたりの表情と演技が好きですね。
そして、いつも汗だくw

一瞬、藤原竜也風味を感じました。

そして、木村ルドの「王座~」が大好物になっている私ですw

「ハプスブルクの崩壊防ぐため~」のフレーズは難しいですね。
このフレーズは、京本ルドが一番好き。

独立運動のダンスは、木村ルドにロックオンです。
若干、硬い感じのダンスが、木村くんらしい。

失敗に終わり、父上~の前の激しい後悔の表情とかママも僕を見捨てるんだねの言い方とか、ぐっときて、涙を誘います。

死ぬ前に微笑むのはなくなってました。

悪夢のシーンで、トートがナイフをルキーニに落とすシーン。
珍しく、ナイフをキャッチできず落としていました。もちろん、すぐに自然に拾いましたけど。

最近は、スタオベが早いですね。
ヒューヒューもあって、盛り上がっています。

そして、大満足で、ひとり帰る私の耳には、心地よいロビーの会話が聞こえます。
まあ、悪口を大声で言う人はいないと思いますけど、古川トートについて、「イケメンだった」「イケメンすぎる~!」という声ですね。

モーツァルトのときも、古川くんが主演と知らない人に遭遇しましたけど、やはり、まだ知名度低いんですね。

それと、木村くんですよ~。
「ルドルフいいね」の賛美を聞きます。
うふふ、うれしいです(≧▽≦)。

最近は、面倒臭いので、アンケートは書かないのですが、たまには書こうかなと思います。
今シーズンのエリザをとても楽しんでいるので、そういう声を東宝様に届けたいと思います。

『エリザベート』11回目

キャストは、こちら。

201907-4.png

前回、最高の回(音響ミスのぞく)と書きましたが、今回は、そのキャストとほとんど同じです。
シシィが愛希さんに変わっただけです。

当然のことながら、シシィが違うだけで、受ける印象は違います。
でも、愛希さんのシシィ、7月になって第二幕がとてもよくなったと思うので、今回も感動の嵐でした。

座席は、A席でしかも、2階席。
FC席でしたが、S席からA席に振替となったんですよね。うぐぐ。(←恨んでるw)

前回のような刺激的なミスはありませんでしたが、マイク入るのが遅いミスはありました。

逆に金管のストレスはほとんどなくて、もしかして、担当が変わったのかしら?

子ルドが加藤くんで、ルドルフが木村くん。
加藤くんは、ひ弱さよりも、賢さが垣間見えて、この子が、木村ルドに成長するのねって勝手に思ってます(笑)。

古川トートと木村ルド、やはり一番好きだなあ。
闇広は、繰り返し観たい。

木村ルド、「我慢できなーい」は、前回とは違ったような気がする。

「王座!」は、またしても震えが来ました。

映像化しないの、もったいないなあ。
とはいえ、京本くんはどちらにしても映像は残らないしなあ・・・。
目と耳に焼き付けるしかないのか。

無理だけど、願望書いておく。
古川くんのライブで、ミュージカルコーナーあると思うんだけど、闇広を木村くんゲストでやってくれたりしないかしら。
FCイベントのときは、「一人闇広」というリクエストがあったんだけど。

そういえば、井上くんも、10周年記念コンサートで、一人闇広やりましたよね。
トートは映像で、ルドルフパートを歌うという演出。
小池先生の演出だったんですよね。懐かしい。

古川トートの「最後のダンス」は、前回と同じくらいよかった。
歯の食いしばり?が復活してました。

個人的には、「愛と死の輪舞」が甘くて大好きなんですけどね。
トートとしては甘すぎでしょうか。

愛希シシィの「私だけに」も好きです。
伸び伸びとしていて、最後まで突き抜けています。

執務室のシーン。
フランツが、皇帝の仕事が大変で、シシィに愛と癒しを求めるのはわかるんだけど、
でも、ちょっと勝手だなあとも思ってしまう。
いつでも、妻は、耐えて、受け入れて、聖母のように包んであげないといけないのかしらと反発しちゃう部分も。

でも、そのフランツを万里生くんが演じると、なんかフランツに同情しちゃうんだけど(笑)。

甘美なトートの誘惑にも負けず、「生きてさえいれば自由になれるわ~」と歌う愛希シシィ、強くていいですね。
まだ生への執着があって、前向き。

ミルクのときの成河さん、声の使い分けがすごい。
何通りの声を操れるのかしら?

古川トートの「死にたいのか?」は、やっぱり、木村ルド相手だと恐ろしく優しい。
早く楽に死なせてあげるつもりなのか。

井上トートで観たときの万里生フランツと木村ルドの関係がすごく好きだったから、もう一度、万里生フランツと木村ルドの父子を観たい。

シシィパパの原慎一郎さんがいつ観てもいいわ~。
どの場面でも、歌声が素敵。
パパに憧れる気持ちがわかる。

公演も残り一か月を切りました。
私のチケットも、残り少なくなりました。