偏愛的独白

『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』2回目

最近は、プログラムやグッズも購入を控えめにしているのですが、この公演が楽しすぎて、
ついプログラム以外にもトートバッグと写真を買ってしまいました。

2018woman-3.png

写真は、宮尾さんの写真セットです。
サイン入り。

DVDは、S席購入特典でもらいました。
こういうのは、販促のために、後から特典が出て、悔しい思いをすることがありますが、
赤坂ACT倶楽部での購入なので、先行で買った人にも配布されました。
ありがたいですね。
内容は、5月に都内稽古場で実施された会見にて、出演者が披露した楽曲やダンスシーンの模様や囲み取材の様子を収録したものです。

2018woman-4.png

トートバッグは1500円。
ワインレッド、ダークグリーン、ネイビーの3色でした。

2回目の観劇は、1階G列センターブロック。

終始明るくて笑いの多いミュージカルなのに、メッセージ性は高くて、1980年代の作品でありながら、現代にも通じる問題をはらんでいるところが、すごいと思うんですよね。
それでいて、重くない。
ヒロインと一緒になってちょっと悩むんだけど、最後は明るい気持ちで劇場をあとにできる。

テスというキャラクターは、どうなんだろう?

早霧せいなさんが演じているから、嫌味がないのか、それとも、誰が演じてもそうなのか?

正論を吐く人気キャスターでキャリアウーマン(死語?)で、バツイチで、大統領や有名バレエダンサーとも親しい。
一見憧れの存在のように思えるけれど、ギスギスしてなくてかわいく演じられるのは、早霧さんの持ち味と芝居心なのかもしれない。

男性のお客さんにはどう映ったのかしら?

私は女性なので、どうしても、テスに感情移入しちゃうし、応援したくなるし、一緒に悩んでしまう。
でも、テスのわがままな部分もあるから、それに不満を持つサムの気持ちもわかる。

サムもちょっと子供っぽいところがあるし(テスの予約した高級レストランに行きたくないと言い出したり)、
肩書や境遇は違うけれど、考えていることや悩みは私たちと変わらないような気がする。
そこがいいんだと思う。

テスのスーパーウーマンぶりは、大袈裟に面白おかしく描かれているけど、テスの心の中は、私たち女性と同じなのだと思わせてくれる。

不器用で極端すぎるテスの行動はあきれちゃうけど、憎めない。

そして、何より素敵なのは、サムの言葉。

「君の人生に僕の居場所を少しだけ残しておいてほしい」と。

キャスターをやめようとしたテスに言うんですよ。

うわー、もう相葉くん演じるサムが素敵すぎて、ウルウルしちゃいました。

更に、衝撃的なエピソードとして、世界的なバレエダンサーのアレクセイ(宮尾)が、アメリカへ亡命せずに
妻のいるロシアに帰国することをテスに告げるのです。
この告白には私もびっくり。

そういえば、宮尾さんはバレエを踊っているときは、死ぬほど素敵なのですが、歌とセリフは、宮尾さんでした(笑)。
アドリブも面白かったですよ。
早霧さんにインタビューっぽく、いろいろ質問してました。

「相手役に原田優一さんと咲妃みゆさんのどちらを選びますか?」みたいな日もありました。

内容や楽曲についても語りたいのですが、先にまだ言及してないキャストについて書きますね。

ヘルガ役の春風ひとみさん。
テスの家政婦さんです。
春風さんといえば、シシィママなのですが、この役は「魔都夜曲」での役柄に近い強烈おもしろタイプのキャラです。
それでいて、バレエシーンでは、団員の一人として美しく踊るんですよね。

バレエシーンは、何度観ても面白いです。
原田優一さんがおてもやんのようなメイクでふくよかなボディで乙女のように踊るんですもの。

それからジャン役の樹里咲穂さん。
最初は出番が少ないと思っていたんですが、ジャン役以外で、アンサンブルと混じって大活躍なんですよ。
ジャンとしての演技も、自然体でとてもいいです。
個性を出しつつ、やりすぎない演技。
力の抜けた演技というのでしょうか。

初見では、テスとジャンのやりとりソングが少し長く感じたのですが、歌詞の中身を把握してからは、
なかなか含蓄のあるやりとりで、うなりました。

子供もいる専業主婦と第一線で活躍するキャスターがお互い「隣の芝生は青い」的な感じで歌い合うのです。

そして、サムの漫画仲間もいい味出してます。

俵和也さん、大野幸人さん、木内健人さん、新井俊一さん。
俵さんは、髭スタイルがとても素敵です。
大野さんは、早霧さんのSSにも出ていましたよね。
バレエシーンでは、もちろん、大活躍でした。

木内さんも、何度も観ているのでうまいなあと思います。
新井さんは、もしかしたら、初めてかもしれません。

ほかには、漫画仲間の集うお店のマスターが角川裕明さんなのです。
エリザのエルマーですよね?
角川さん、マスター役が渋くて素敵なんです。
エルマーより好きかも。
こんなマスターいたらいいなと思うような存在。
テスとサムのことも応援しています。
角川さんは、番組シーンでは、テレビスタッフとして出ていて、そちらのスーツ姿もかっこいいです。

そして、声も素敵な田村雄一さん!
テスの元夫の役ですが、ほかのシーンでも、声ですぐにわかります。

まだまだ感想は続きます。

『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』

2018年6月1日~10日
赤坂ACTシアター

脚本:ピーター・ストーン
作曲:ジョン・カンダ―
作詞:フレッド・エッブ
上演台本・演出・訳詞:板垣恭一
音楽監督:玉麻尚一
振付:桜木涼介
美術:乘峯雅寛
照明:高見和義
音響:佐藤日出夫
衣裳:十川ヒロコ
ヘアメイク:宮内宏明
演出助手:髙野 玲
歌唱指導:西野 誠
稽古ピアノ:太田裕子 安元汐里
オーケストラ:新音楽協会
舞台監督:藤崎 遊
台本翻訳:天沼蓉子
制作:杉上紀子 今野亜希
宣伝美術:東 學
宣伝写真:渞 忠之
宣伝衣裳:十川ヒロコ
宣伝ヘアメイク:宮内宏明

出演
テス・ハーディング:早霧せいな
サム・クレッグ:相葉裕樹
ジェラルド:今井朋彦
ヘルガ:春風ひとみ
チップ:原田優一
ジャン:樹里咲穂
アレクセイ:宮尾俊太郎

俵 和也
大野幸人
木内健人
池谷京子
角川裕明
田村雄一

新井俊一
佐々木崇
染谷洸太
山本大貴
天野朋子
木村晶子
栗山絵美
原 広実

S席12,500円 A席8,500円

上演時間:2時間55分(一幕65分 休憩20分 二幕90分)


早霧せいなさんの退団後初主演ミュージカルです。
初日に駆けつけたかったのですが、M!のチケットをとってしまっていたので、出遅れました。
屋外の大きな垂れ幕を撮り忘れてしまいました。
代わりにこれ。

2018woman-2.png

公演カクテルです。
ノンアルコールのほうです。

その年の最も輝いた女性に贈られる賞“ウーマン・オブ・ザ・イヤー”の授賞式を控えた人気ニュースキャスターのテス【早霧せいな】。お互い一目惚れでスピード結婚した風刺漫画作家・サム【相葉裕樹】との新婚生活をスタートさせ、公私共に順風満帆の筈だったが・・・!?バリバリのキャリアウーマン(バリキャリ)道まっしぐらのテスは、何よりも仕事が最優先。気付けばサムとの関係には亀裂が生じ、早くも離婚危機に陥ってしまう。愛するサムの事は大切にしたい、でも今まで築き上げてきたキャリアは絶対的なもの。そんな時、テスが取材をした亡命中の有名バレエダンサー・アレクセイ【宮尾俊太郎】の思いがけない決断が、彼女の心を大きく突き動かす。家庭と仕事、女性の本当の幸せは、果たしてどちらにあるのか?キレっ切れのテス・ハーディングが目指すパーフェクトな人生とは・・・ (公式より)



ストーリーもあまりチェックしないまま、劇場へ。
全くもって勘違いしていたのですが、早霧さん演じるテスが、サム(相葉)とうまくいかなくなり、それを相談しているうちに
アレクセイ(宮尾)に心惹かれてしまい、二人の間で揺れる女心という話かと思ってましたw

全然違った><

座席は、1階F列サイドブロック。

チケットは完売してなかったようですが、客席はかなり盛り上がってました。
とにかく楽しいいミュージカルでした。

古臭くて、不倫ちっくで無駄に長いミュージカルなのかな?と思っていたら、実際は楽しくて可笑しくて、あっという間の3時間でした。
特に一幕は短かったです。
それから、早霧さん応援の気持ちもあって、頑張って3回チケットとったのですが、リピートつらかったら、どうしようと思ってました。
ところが、楽しすぎて、もっと観たかったくらいです。

ほんとは、公演期間のうちに感想書きたかったのですが、すっかり遅くなりすみません。

音楽も楽しいですよ!

早霧さんの歌は、ひそかに心配していたのですが、テスというキャラクターにぴったりで、全然大丈夫でした。
このミュージカルの主演を早霧さんにと考えた方は、すばらしいです。
彼女以上に合う女優はいないかも?

色気はないんですけどね(笑)、かっこよくて、かわいいんですよ。
ちょっと肩に力が入っているところも早霧さんっぽい。

1981年にブロードウェイで上演されたそうなんですが、全然古臭くないの。

あまりに面白いから、休憩時間にプログラムを買ったのね。
そしたら、上演台本&演出が、板垣恭一さんだった!

それで、納得。
板垣さんなら、面白くないわけがない。
(「フランケンシュタイン」はちょっと不満もあったけど。)

そして、早霧さん以外の出演者が、これまた豪華。

早霧さんの夫役が相葉くん!
うれしいわ~。

宝塚とテニミュのコラボ♥
好きな二人が共演してくれるとは。

相葉くん、大人っぽくなったなあとしみじみ。
早霧さんとのツーショットも素敵だった。
早霧さんが女性らしく見えたもの(笑)。

もちろん、歌でも聞かせてくれた。
レミゼのアンジョもよかったけど、コメディも合ってる。

それと、大収穫が、ジェラルド役の今井朋彦さん。
テスの秘書役なんだけど、テレビでしか観たことがなかったけど、お芝居がうまい上に存在感が半端ない。
三谷幸喜さんの舞台などストプレで活躍しているようですが、ぜひぜひ今後もミュージカルに出ていただきたいです。

それと、原田優一さんが捨て身の演技で(笑)。
クラブセブンに出ていた時から、わかっていたけど、アドリブも含めて楽しませてくれました。

そして、宮尾俊太郎さん!
宮尾さんは、ロミジュリの死で、惚れてしまい、バレエ公演のチケットを買う寸前まで行きましたが(^^;、
お値段にびびってしまったという過去があります。

今回は、てっきり、早霧さんとラブシーンがあって、ドキドキさせてくれると思っていたのに、
ドキドキどころか、大笑いさせてもらいましたw

演技なのか素なのか、棒読みなのかわからないw

なのに、バレエシーンになると、かっこいい王子様でした。

書いていると、いろいろ思い出してしまい、とまらなくなります。
とりあえず、今夜はこのへんで。

『モーツァルト!』東京千秋楽の感想など

まだ夢から醒めてない感じがします。

千秋楽の帝劇はいつも以上に熱気に包まれていました。

物販も最後ということで、慌てていた方がいらしたようで、ロビーに落とし物があったので届けました。

そういえば、帰りにいつも違うルートで劇場をあとにしたら、馬場徹くんに遭遇。
かっこよかった!
馬場くんも、また帝劇出てほしいな~。
ドラマもいいけどね。

古川くんに関しては、いつの公演からかわからないのだけど、急に進化した気がする。
何かを会得したのかな?

常に高みを目指すから、「残酷な人生」と「影を逃れて」は大好きだけど、まだいける気がする。
歌に必死でありながらも、感情を乗せることができている。
演技は、もう言うことないよ(笑)。
再演待ってるから。貯金しておくから。

・・・と、恥ずかしながら、盲目状態なので(^^;、
あまり本気にとらないでくださいw
私が古川ヴォルフを好きなだけなので。

この日のチケットは、FCからもお断りされたので、ナビザ先着、頑張りました。
S席買えなくて、1階のA席。センターブロック。
2月ごろにとったわけだけど、平日の千秋楽だし、古川くんの回だからとれたのかなあって漠然と思っていた。
でも、今思うと、必死にとった自分を誉めてあげたいです。

オペラグラスも持っていったけど、あまり使わずに、全体を観て音を聴いていました。
それはそれでよかったのですが、あとからネットの感想を読んでいたら、
古川くんが指を少し切って、最後血が流れていたらしく、びっくりしました。
全然気づかなかった><
カテコでは絆創膏をはって出てきたらしいです。

そのカテコですが、山口さんと市村さんのご挨拶があったんですよ。
前記事に動画をはってあります。

あの挨拶が素晴らしすぎて、感無量なのです。

なんて尊い人たちなのでしょう。

山口さんは、古川くんのことを「帝劇に新たなプリンスが誕生しました」と。

なんてありがたいお言葉なんでしょう。
長らく帝劇に立ち、プリンスでもありキングでもあり、観客を魅了してきて、今もなお素晴らしいパフォーマンスを見せてくれる山口さんがおっしゃってくださって、もう涙が止まりませんでした。

しかも、お茶目な山口さんらしく
「これからも我々の仕事を作るために多くの大作で主演を張ってくれるとと思います」と。

更には「この作品はなぜこんなにもたくさんの素敵なプリンスを誕生させるのだろうと考えてましたが、大先輩でもある人が俳優としての生きざまを見せてきたからだと思います」「人間国宝、市村正親!」と市村さんを紹介。
このカテコだけでも、価値がありますわー。

それを受けて市村さんは、「モーツァルト!」で初めて父親の役をやったそうでそれ以来パパ路線だと(笑)。
市村さんの息子さんも「ゆうた」という名前で、いつかこのようになってくれたらなと、そしたら、ほんとのお父さんできるからねって。

慈愛に満ち溢れたお言葉でした。

市村さんは、「祐一郎が出る限り出演し続ける」とも。
うれしいですね~。

市村さんは、毎回のカテコで、いつも違ったポーズをして、会場を和ませ、笑わせてくれました。
こういう方が、帝劇の舞台を支え、引っ張っているのですね。
今回の舞台は映像には残りませんが、私の心にしっかりと焼き付けることができました。

古川くんは、真面目に普通に挨拶。
「大阪、愛知と続きますが、誰一人欠けることなく、日々精進して、いい作品を届けたい」というような感じでした。

それから、キャストの皆様が、銀橋を渡りながら手を振ってくれたのです。
こういうカテコは初めてで、超楽しかったです。
私も思い切り拍手を送りました。

カンパニーがあたたかくて、カテコ終わっても、涙が出てました。

よくここまで来たと思います。
調子を崩したことは、批判されて当然ですし、いつまでも批判のネタとして残るでしょう。
ですが、その批判を素直に受け止めて、今後も、すばらしいものを見せてほしいと思います。

ほかのキャストについても、もう少し語りたいのですが、レポがたまっているので、すぐには無理かも(^^;。

『モーツァルト!』東京千秋楽

8回目の観劇が、私の最後の観劇になりました。
100%あきらめたわけではないですが、遠征は厳しいので。

うだるような暑さの中、帝劇へ行ってまいりました。

20180628-1.png

20180628-3.png

20180628-2.png


初見の5月29日から、約一か月の間、新演出のM!を堪能しました。
私の観劇人生の中でも、心配したり(^^;、楽しんだり、泣いたり、感動したりと、忙しくも充実した日々でした。

この作品を作り、支えてくださったすべての皆様に感謝します。
千秋楽がすばらしくて、その余韻にいまだ浸っております。

このクオリティーを保ち、更なる進化を遂げつつ、大阪、名古屋と回っていくことでしょう。

東宝さんが、昨日早々にカーテンコール映像をアップしてくれました。

山口さんと市村さんのお言葉が、胸に染み入り、抑えていた涙がハラハラ落ちてしまいました。






少しだけ感想を書くつもりですが、今日はさすがにきついのでもう寝ます。
日帰りで実家に行ってきたところで、ヘロヘロなのです。
心は元気です!

『モーツァルト!』7回目

東京千秋楽を迎えてしまいましたが、その前にもう1公演感想を。

キャストは、こちら。

20180627.png

前方席のセンターブロック寄りの下手で観ました。
個人的には、下手のほうが、好きです。
古川くんが近くに来る感じで、うれしい。

で、これまで観た中で一番素晴らしい回でした。
いわゆる神回ですかね。

確実に進化している古川雄大がそこにいました。

そして、久々に観た平野さんがとても素晴らしくて、釘付けになりました。
平野さん、帝劇に立った時、いろいろ言われたけど、素晴らしい女優さんになりましたね。

ここまで幅の広い演技をするとは、当時は思っていませんでした。

これぞコンスタンツェという完成形だと思いました。

「ダンスはやめられない」がひりひりするけど、愛おしさも感じる。

素直になれない平野コンスだけど、古川ヴォルフとの相性がとてもよくて、二人のラブラブ感が伝わってくる。
ほかの二人のコンスよりも、恋愛色が強くて、ドキドキさせてくれました。

もしかして、古川くんって、女優を引き立てるタイプなのかな?

和音ナンネールとの相性もいいし。

そういえば、和音さんのパートのところで、ピアノがちょっと変だった。
私にもわかるくらいだったから。

新曲の「破滅への道」は、銀橋でコロレドがヴォルフの腕をつかんだりするので、「闇が広がる」に似てると書きましたが、
曲自体は、ちょっと「僕はママの鏡だから」に似てる部分があります。

で、この日の二人の対決が、素晴らしすぎて、打ち震えました。

ちょうど山口さんと古川くんが、銀橋上で近づき、赤いライトに二人が浮かび上がる瞬間がありますよね?
そのとき、私の中に電流が走りました。

二人のハーモニーといい、二人のビジュアルといい、圧倒されました。
一瞬ですが、帝劇ではなくて、当時の世界にタイムスリップしたような感覚。

正面からではなくて、下手側から見上げる感じだったから、余計にそう感じたのかもしれません。

観るたびに新しい発見があって楽しいのですが、目が足りません。

平野さんと爽介くんが楽なので、カテコの最後に銀橋に古川くんと3人で出てきてくれました。

平野さんの満面の笑み、とてもかわいい。
もしかして、私は平野さんのファンになったのかも。

そして、爽介くんは、やっぱり天使だった。
可愛すぎる(≧▽≦)。

学生団体が入ってなかったので、トイレも激込みだったし、帰りもロビー大渋滞。
だけど、みんな幸せそうなの。

誰のファンかわからないけど、感想言い合いながら、帰っていく人たちを見て、私も幸せいっぱい。