偏愛的独白

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学vs立海

東京:2017年7月14日(金)~23日(日)TOKYO DOME CITY HALL
大阪:2017年8月3日(木)~13日(日)大阪メルパルクホール
愛知:2017年8月26日(土)~27日(日)名古屋国際会議場 センチュリーホール
福岡:2017年9月2日(土)~3日(日)福岡サンパレス ホテル&ホール
宮城:2017年9月9日(土)~10日(日)多賀城市民会館 大ホール
上海:2017年9月15日(金)~17日(日) 虹橋芸術中心
東京凱旋:2017年9月22日(金)~10月1日(日)TOKYO DOME CITY HALL

原作:許斐 剛『テニスの王子様』(集英社 ジャンプ コミックス刊)
オリジナル演出:上島雪夫
演出補佐:三浦 香
音楽:佐橋俊彦/坂部 剛
脚本/作詞:三ツ矢雄二
振付:本山新之助/上島雪夫
主催:【日本公演】テニミュ製作委員会
【上海公演】上海奈尔可演艺有限公司  春秋永乐演艺投资(北京)有限公司
協賛:ファミリーマート

【日本公演】6,000円

キャスト
〈青学〉
越前リョーマ:阿久津仁愛
手塚国光:宇野結也
大石秀一郎:松村優
不二周助:定本楓馬
菊丸英二:永田聖一朗
乾貞治:加藤将
河村隆:鈴木雅也
桃城武:吉村駿作
海堂薫:牧島輝
堀尾聡史:相馬眞太
加藤勝郎:奥井那我人
水野カツオ:畠山紫音

〈立海〉
幸村精市:立石俊樹
真田弦一郎:田鶴翔吾
柳蓮二:井澤巧麻
仁王雅治:後藤大
柳生比呂士:大隅勇太
丸井ブン太:大薮丘
ジャッカル桑原:川崎優作(※「崎」はたちざきが正式表記)
切原赤也:前田隆太朗

〈六角〉
葵剣太郎:矢代卓也
佐伯虎次郎:二葉要
黒羽春風:陽向謙斗
天根ヒカル:坂垣怜次
樹希彦:高木眞之介
木更津亮:佐藤祐吾
首藤聡:千葉冴太

上演時間:一幕1時間15分 休憩15分 二幕1時間30分

20170714.png

初日行ってきました。

座席は、第2バルコニーセンターブロック。
やっぱり、バルコニー席はいいわ~。視界を遮るものがなくて、ストレスがない。
TDCって、こんなにも見やすかった?って思うくらい、快適だった。

上記の写真は入口にあったもの。
テニミュ撮影スポットなのかしら?
第2バルコニーにも設置されていて、前で写真を撮っている人たちがいたわ。

開演前アナウンスは、リョーマ役の阿久津仁愛くん。

氷帝公演が、思ったよりのれなかったので、今回は、事前チェックもなしに会場へ。

期待しないせいか、意外と面白かったし、立海キャストは、迫力があって、見ごたえもあり。

六角チームがかなりお笑い部分を担当してくれて、緊張感と笑いとのバランスがまあまあよくて長い公演時間、退屈せずには済んだ。
たぶん、評判いいんじゃないかな。

ただ、もう私が傍観者モード的になっているので、リピートしようとか、DVD買おうとか、そういう盛り上がりはなかった。
新曲も多かったし。
そして、結局、ファイナリストとかファーストの曲が流れると、涙ぐんじゃうんだよね。
レミゼと同じで、懐古モード。

目の前の生の試合もいいけれど、家に帰って、ファーストのDVDを観たい!って思っちゃう><

青学は、前よりかなりよくなっていた。
仁愛くんのリョーマ、やっぱり好きだな。
あのかすれ声は、ちょっと残念だけど。
表情とかすごくいい。

菊丸役の永田くんも、前の不安定さがなくなっていて、よかった。

手塚の宇野くんは、あんまり手塚っぽく感じない。
そして、不二の定本くんは、女の子に見えてしまう。
女の子っぽい不二が、最近は流行りなのか?

立海は、メンバー全員、かなり仕上げてきた感じ。
一人一人を見ると、そんなにビジュアルがいい(=原作に近い)と思わないんだけど。

その中で、注目したのは、赤也役の前田隆太朗くん。
ほとんど、赤也ばかり観てたと思うくらい惹きつけられた。

濃い顔立ちで、阿部寛さんを若くしたような感じ。
赤也の演技がすごくいいし、かっこいい。
セリフの言い回しが、赤也そのもの。

幸村役の立石俊樹くんも、かわいい女性的な顔立ちで、幸村には合っていると思った。
歌もうまいと思ったら、IVVYというイケメンボーカルユニットとして、既に活動しているんだね。
(ちなみに、公式サイト見たら、YU-TAくんという子がかっこよかった💛)

ほかには、ブン太役の大薮丘くんがかわいい感じだったけど、ブン太って、こんなキャラだったかな?

たぶん、リピートしたら、新曲にもなじむし、ハマるんじゃないかな~とは思うけど、そこまでの熱意がない><

「危険なゲーム」は、今回も佐伯が歌っていた。

病室のシーンでは、仁王が手品で花を出して、それに微笑む幸村が素敵だった。
やや女性っぽいかなあ。
私は、八神蓮くんや増田俊樹くんの幸村が好きだから。

ペテン師のシーンもまあまあ面白かった。
仁王も柳生も私の好みではなかったけれど。

大石のテリトリーは、鳥肌が立った。
やっぱり、このシーンは好き。

一幕ラストが、すごくいいシーンなのに、失笑が起きるような演出で、疑問が残る。

幸村がベッドに横たわっていて、そのまま、ベッドが立っているので磔状態なのだ。
白い豆腐、またはぬりかべが浮いているようにも見えるw

それでもって、かっこいい立海制服&マフラーのメンバーが登場して、私の好きな立海萌えシーンなのに、中央奥の幸村が気になって仕方ない。
最後は、布団をはいで、ユニフォーム姿で歌うんだけど。

笑いを我慢している人もいたし、休憩時間は、あちこちで、このシーンを笑ったり揶揄したりする会話が聞こえた。

「あの演出が許されるのは、エリザベート様だけだから!」という声に、思わず笑ってしまった。

そうだ、白い衣装のシシィが、立っている棺桶に入れられるシーンにも似てると言えば似ている。

残念な演出だが、幸村の歌はよかった。

二幕では、乾と柳の回想シーンの映像で、子役が登場して、どよめきと笑いが。

カテコは、アゲアゲ気分の歌で、客席も、一緒に、振付つきでコールしました。
一応、一緒にやる私。

でも、あの歌は、キライなのだ。
子どもっぽい気がするんだよね。まあ、中学生は子供だけど。

客席降りもあって、第2バルコニーにもキャストは来てくれた。
通路席じゃないのでハイタッチなどはできなかったけれど、手は振ってくれた。

初日なので、仁愛くんの挨拶があって、それから、知らなかったけれど、写真撮影があった。

3rdシーズン通算300回記念ということで、キャストと客席の記念撮影。
公式ブログに掲載されていますが、客席は粒で、全くわからず。
写りたくない人は、顔を隠してと言っていたので、もっとはっきりわかるのかと思った。

凱旋公演も、1回観る予定。

熱く燃え上がるものはなかったけれど、氷帝公演よりは、楽しめたと思う。
青学メンバーが成長していたのと、赤也がよかったからかな。

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学vs六角その2

第二幕の雑感です。

ネタバレご注意ください。

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学vs六角

東京:2016年12月22日(木)~25日(日)TOKYO DOME CITY HALL
大阪:2016年12月30日(金)~2017年1月8日(日)大阪メルパルクホール
愛知:2017年1月20日(金)~22日(日)日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
宮城:2017年1月28日(土)~29日(日)多賀城市民会館 大ホール
福岡:2017年2月3日(金)~5日(日)キャナルシティ劇場
東京凱旋:2017年2月9日(木)~12日(日)TOKYO DOME CITY HALL

原作:許斐 剛『テニスの王子様』(集英社 ジャンプ・コミックス刊)
オリジナル演出:上島雪夫
演出:本山新之助
音楽:佐橋俊彦/坂部 剛
脚本/作詞:三ツ矢雄二
振付:本山新之助/上島雪夫
主催:テニミュ製作委員会
協賛:ファミリーマート

出演
<青学>
越前リョーマ:阿久津仁愛
手塚国光:宇野結也
大石秀一郎:松村 優
不二周助:定本楓馬
菊丸英二:永田聖一朗
乾 貞治:加藤 将
河村 隆:鈴木雅也
桃城 武:吉村駿作
海堂 薫:牧島 輝
堀尾聡史:相馬眞太
加藤勝郎:奥井那我人
水野カツオ:畠山紫音

<六角>
葵 剣太郎:矢代卓也
佐伯虎次郎:二葉 要
黒羽春風:陽向謙斗
天根ヒカル:坂垣怜次
樹 希彦:高木眞之介
木更津 亮:佐藤祐吾
首藤 聡:千葉冴太

<氷帝>
跡部景吾:三浦宏規
忍足侑士:井阪郁巳
宍戸 亮:小早川俊輔
向日岳人:北乃颯希
芥川慈郎:田村升吾
滝 萩之介:山﨑晶吾
樺地崇弘:八巻貴紀
鳳 長太郎:渡辺碧斗
日吉 若:内海啓貴

上演時間:一幕50分 休憩15分 二幕50分

初日、行ってきました!

前回公演の座席がひどくて(段差のないアリーナ席)楽しめなかったので、今回は、どこでもいいから、バルコニー席当たれ!と思って、TSCでエントリーしたら、またしても、アリーナ席で、がっくり。
が、実際に行ってみると、アリーナは、3列ごとに段差がついていて、互い違いになっているので、私が座った10列センターブロックは、それなりに舞台が見える席だった。
といっても、バルコニー席からのように全体は見渡せず、舞台の両袖近くで演技をされると、前の人の頭に隠れてしまうが、それでも、前回よりは、マシ。

それにしても、前回も書いたけど、テニミュの客は、偉いな。
ほんと、みな、微動だにしない。
オペラグラスの上げ下ろしも、静かだし。
きっと、私の後ろの11列の人たちは、かなり見づらかったはずなのに。
トイレダッシュして、人の足を踏みつけていく人もいないしw

そして、惜しみない拍手。

初日で緊張していた役者にとっては、非常にあたたかい観客だったと思う。

ほんと、9代目青学陣は、緊張度が半端なかった。
大丈夫か?と思った。
セリフとか歌い出しとかラケットさばきとか、冷や冷やしたぞw

以下、雑感。

完全にネタバレしていますのでご注意ください。

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン青学vs氷帝その2

前エントリーに書いたように、ほとんど舞台が見えない状態での観劇だったので、隙間から見えた感想でも書いておきます。

音楽は、新曲も含めてよかったと思います。
とはいえ、やはり、古い曲が使われると、鳥肌立ちますね。
テニミュ、いいわ~ってテンション上がります。

特に、「Do Your Best!」は、使われないと思っていたので、うれしかったですね。
この歌は特別です。

青学メンバーは、今回で卒業。
リョーマ役が苦手で、あまり愛情を注げず、感傷もないままの見送りとなりそうです。
むしろ、早く9代目を欲してしまうほど。

色々と炎上してしまって残念な手塚役の財木くん。
歌も、演技も、よかったと思います。
なので、これからが正念場ですね。
炎上を若気の至りとして思い返せるように、盛り返してほしいと思います。

青学メンバーでは、菊丸役の本田くんが、割と好きだったかも。

山吹は、出番も少ないのに、よく出てくれてうれしかった。
日替わりアドリブとか、微妙な部分もあったけど。

千石役の森田くんは、やはり浦井くんに似てる。
壇役の佐野くんは、演技派だと思う。
アクロバティック得意の喜多役の蒼木くんの使い方がもったいない。

そして、いよいよ、氷帝メンバーの登場!
が、なんせ、真ん中が見えない。
オペラグラスに映った跡部役の三浦くん、誰だかわからなかった><
髪型で、ジローではないと思い、ほくろでやっと跡部と認識できた。

岳人のバク転も、ドスっと音がしただけで見えない。

三浦くんは、ダンスが得意らしいけど、そのダンスも見えないから、ほんとつまんなかった。
顔と身長だけだと、全く跡部様じゃないし。
ただ、歌とセリフは、ほかの人よりは上手だった。
頑張って、跡部っぽさを出しているのはわかった。
だけど、どう見ても跡部じゃない。
ほかに、いなかったのかなあ。

「一騎打ち」も、頑張っていたけど、頑張ってる感が出てしまっていた。
きっと、凱旋では、よくなっているのではないかな。

顔は、幼い感じで、好みではないけれど、跡部じゃなくて、9代目リョーマをやってほしかったなと思った。
それと、テニミュじゃなくて、玉野さんの「GEM CLUB」とかで観たい気がした。
跡部としてはパスだけど、将来は期待できる人材かと。

ビジュアルでいいと思ったのは、忍足役の井阪郁巳くん。
線が細いし、歌も微妙だったけど、ビジュアルはいい。
キューブ所属なんだね。
先日の小西くん出演の「春日町LaLaハウス」(ニコ生)にも、出ていて、やはり、歌は微妙だったけど、感じのいい人でした。

あとは、宍戸役の小早川俊輔くんも、注目した。
ほかの舞台でも観たいかな。

滝役の山﨑晶吾くんも、イケメンぽいけど、試合がないので、未知数。

試合中に、舞台の両端に青学、氷帝ベンチが配されたときだけ、ベンチの様子が見えた。
私が好きなのは、跡部忍足宍戸の並びなんだけど、その並びが、今回は、全く萌えなかった。

三浦くんは、ほんとにかわいくて上品系なので、早くシアタークリエにでも、出てくださいw

そういえば、榊の声が、加藤和樹くんでしたね。これは、すぐわかりました。
しかし、このあたりのやりとりも、何やってるかわかんなかったんですけどね;;

「俺様の美技」のときも、氷帝メンバーが踊るのがすごくいいのに、見えないから、何とも言えず。

そうそう、鳥肌ものとしては、「あいつこそがテニスの王子様」も、よかったです。
「行け越前~」と聞いた瞬間に、いろんな思いがよみがえり、涙が出そうになりました。

テニミュは、作品もよく歌もいいと思うけれど、やはり、演者が私の好みじゃないと、リピートは厳しいのかもしれません。
人材不足なのかな?
歌は下手でも、ビジュアルをもう少し原作に寄せてきて欲しかったなあ。
2.5次元舞台が、急速に増えてきて、もはやテニミュが登竜門ではなくなったのかもしれませんね。

そんなわけで、久々に私を虜にするかと思われた氷帝公演ですが、残念な結果に終わりました。
凱旋公演は、1階バルコニー席がとれているので、そこで、ちゃんと舞台を観るべきなのでしょうが、一度下がったテンションを上げるのは難しく、友人が代わりに行ってくれることになりました。

凱旋チケットは、完売しているし、巷の評判はいいようですね。

私は、青学9代目と次回公演を静かに待ちます。

観客は最高だった~ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン青学vs氷帝~

東京:
2016年7月14日(木)~24日(日)
TOKYO DOME CITY HALL
大阪:
2016年8月10日(水)~21日(日)
大阪メルパルクホール
愛知:
2016年8月27日(土)~28日(日)
名古屋国際会議場 センチュリーホール
宮城:
2016年9月3日(土)~4日(日)
多賀城市民会館 大ホール
福岡:
2016年9月10日(土)~11日(日)
福岡サンパレス ホテル&ホール
上海:
2016年9月15日(木)~17日(土) NEW!
美琪大戯院(MAJESTIC THEATRE)
東京凱旋:
2016年9月22日(木・祝)~25日(日)
TOKYO DOME CITY HALL

原作:許斐 剛『テニスの王子様』(集英社 ジャンプ・コミックス刊)
オリジナル演出:上島雪夫
演出:本山新之助
音楽:佐橋俊彦/坂部 剛
脚本/作詞:三ツ矢雄二
振付:本山新之助/上島雪夫
主催:【日本公演】テニミュ製作委員会
【上海公演】奈尔可(上海)文化发展有限公司、永乐演艺
協賛:ファミリーマート

出演
青学
越前リョーマ:古田一紀
手塚国光:財木琢磨
大石秀一郎:石田 隼
不二周助:神里優希
菊丸英二:本田礼生
乾 貞治:役田中涼星
河村 隆:滝川広大
桃城 武:眞嶋秀斗
海堂 薫:佐奈宏紀
堀尾聡史:志茂星哉
加藤勝郎:篠原 立
水野カツオ:晒科 新

氷帝
跡部景吾:三浦宏規
忍足侑士:井阪郁巳
宍戸 亮:小早川俊輔
向日岳人:北乃颯希
芥川慈郎:田村升吾
滝 萩之介:山﨑晶吾
樺地崇弘:八巻貴紀
鳳 長太郎:渡辺碧斗
日吉 若:内海啓貴

山吹
南 健太郎:北川尚弥
千石清純:森田桐矢
東方雅美:辻 凌志朗※「辻」は一点しんにょう
新渡米稲吉:登野城佑真
室町十次:仁科祐二
喜多一馬:蒼木 陣
壇 太一:佐野真白

上演時間:第一幕50分休憩15分 第二幕50分休憩10分 第三幕50分

【日本公演】6,000円

テニミュに関しては、もう熱中の対象ではなくて、割と、ゆるく見るモードになっているが、それでも、氷帝公演となると、期待は高まる。
チケットも、前の公演までは、連日余っていたが、今回は、平日夜以外は、当日引換券も完売していた。
譲渡も少なく、当日にふら~っと行けるような公演ではなくなっていた。
この公演で、青学8代目が卒業というのも、チケット難の一因だろう。

開幕後の評判もよさそうなので、ちょっぴり期待が高まっていたのは事実。

会場もほぼ満席な感じで、氷帝人気のすごさがわかる。

しかしながら・・・思わぬところに落とし穴があった。
私の座席は、アリーナ11列センターブロック。
舞台を観るには、ちょうどいい席のはずだったが、アリーナ席には、すべての列に段差があるわけではない。
氷帝公演ということで、列を増やしたのだろう。
私の座った11列は、9列と10列と同じ高さであり、座席が互い違いに配置されていても、9列の人の頭が私の視界を遮っている。
なんということだ><

舞台の中央が全く見えない。
上手と下手の端っこだけが見える。

辛うじて、9列と10列の人の頭の隙間が、3cmくらいあって、そこから何かうごめいているのだけは見えたw

きつい、正直、これで、6000円とられるのは、ひどいと思った。
オペラグラスを使っても、片目分しか舞台は見えず、半分は、真っ黒い人の頭だ。

それでも、すごいと思ったのは、テニミュの観客の行儀のよさだ。
誰も、頭を左右に動かしたりしない。
みんな、微動だにせず、一心に、舞台を見つめてる。

いや、天晴れです。
この日のマチネは、帝劇におりましたが、帝劇の客(の一部)のほうが、よっぽどマナーひどかったよ><

しかしながら、舞台が見えないのは、本当につらい。
ストーリーは知っているが、テニミュって、耳から得るものより、目から得るもののほうが大きいよね?
素人っぽいセリフや歌だけ聞いているのは、拷問に近いぞw

当日引換券は完売してないと思うので、2幕から、座席を変えてもらおうかとも思った。
あるいは、更に6000円だして、見切れでもいいから、バルコニー席を買おうかとも。

でも、座席を変えてもらうのは、やはりわがままだなと思い直す。
なぜなら、休憩時のトイレ行列で、ほかの人も、舞台中央が見えてないという会話を聞いたから。
みんな、我慢してるんだ。
これは、明らかに運営が悪いんだ。

また、別の座席を購入し直すことも、やめた。
なぜなら、そこまでするほどの魅力が、この舞台にはなかったからだ。残念ながら。
いや、正直言うと、ほとんど真ん中が見えない舞台の評価など、誰にもできないよね。
だから、私のこの公演に対する感想は、ただの覚書に過ぎないし、まともな感想ではないことは断っておく。

それにしても、テニミュだから、2.5次元だからって、こんなひどい席を売っていいんだろうか。
氷帝公演は、売れるから、見えない人が多くてもいいんだろうか。

私の気持ちは、萎え萎えになってしまった。
(つづく)