偏愛的独白

宝塚雪組東京公演初日おめでとうございます。

とうとう・・・ですね。

早霧せいなさん&咲妃みゆさんの退団公演の東京初日を迎えました。
残念ながら、私の初日はもう少し先です。

今日は、間違って別の公演のチケットをとってしまって><
そちらも人気公演ですし、観たかったので、仕方ないです。

同じ今日、帝劇では、レミゼスペシャルウィークが続いており、ゲストに剱持たまきさんが登場したようですね。
リーフレットにはお名前がなかったので、急遽決まったのでしょうか。
剱持たまきさんのコゼットは未見ですが、CDでいつも聞いていて、きれいな声だなと思っていたので、拝見したかったです。
たまきさんつながりで、ご主人の阿部よしつぐさんも、突然来れたりしないかしら?
だって、今週のクロパン、別の人だったから、もしやと思っているのですが。
どちらにせよ、チケットないので、行けませんけど。
明日は、スペシャル中のスペシャルなのかな?
サプライズゲストあり?
想像しただけで、ワクワクしますね。
行かれる方は楽しんでくださいね。

『レ・ミゼラブル』本公演3回目

スペシャルカテコが素晴らしすぎて、本編の感想が薄くなりそうです。すみません。

入口入ってすぐの垂れ幕、やっと撮れました。↓

20170613-2.png

座席は、2階B列。

ジャン・バルジャン:ヤン・ジュンモ
やはり、「ジ」の発音が難しいのだな。
シャン・バルジャンと聞こえる。チャンじゃないだけいいのか。
それ以外は、気にならず。
今回初めて気づいたけど、ジュンモさんの声、あまり好みじゃなかった><
歌がうまいので、これまで思わなかったけど、声質は苦手。

ジャベール:吉原光夫
吉原さんのバルジャンが今期観られないことになったので、ジャベで堪能するしかない。
吉原さんは、一時スリムになったけど、また少し貫禄がつきましたね。
でも、歌は、好き。
ソロを聞いていて、私は、どちらかと言うと、泥臭いジャベよりも、スタイリッシュ手前くらいのジャベが好きなのかもと思った。
だから、過去の岡さんとか禅さん、今さんが好きなのかも。
吉原ジャベも、ほかのジャベに比べて、ややかっこつけてるところが好き。
自殺の前も、髪の毛を整えるよね。

ファンテーヌ:知念里奈
ファンテの役作りとしてはありなんだろうけど、以前よりやつれた気がします。
和音ファンテと対照的。二人とも結婚したのにw
ファンテの薄幸な感じがにじみ出ていて、しんみりしました。

エポニーヌ:松原凜子
うーん、やっぱり演歌っぽい。
田村マリウス相手だとお姉さんモード。それも悪くないけどね。
江戸っ子エポ、がらっぱちエポって感じかなあ。
そのうち、「てやんでぇ」とか言い出しそう。
歌はうまいので、可能性は感じる。
エポニーヌの髪がロングじゃなくなったのは、今期から?
坊やに間違えられて、帽子をとるけど、髪が前より短いのが気になる。

マリウス:田村良太
あはは、私の好きなマリウスだったー。
変わってない。
ふわふわしていて、表情も豊かで、ぽやーんとしたマリウスだったw
ほかの出演舞台は、観に行けてないけど、ミュージカル俳優として頑張ってほしいなあ。

コゼット:小南満佑子
ちょっと今までにないコゼットかも。
修道院育ちと庶民との間くらいの感じで、愛嬌があるコゼットだった。
表情も豊かだけど、歌うときの口の開き方が、とても目立つので気になってしまう。
「SHOCK」ではヒロイン感がなかったけど、コゼットでは、かわいさが出ていてよかった。
娼婦シーンでは、胸のボリュームがあるように見えた。

アンジョルラス:相葉裕樹
田村マリウスとも合いますね。
お坊ちゃんを引っ張る感じで。
工場シーンでは、背が高いし、顔も目立ちますね。
結婚式シーンも、2階席からはよく見えました。

テナルディエ:KENTARO
派手さはないけれど、安定していて好きです。

マダム・テナルディエ:森公美子
普段より気合いが入っていました。
テナ妻というより、森さんそのものなんだけど、前ほど気にならないです。
毎回は濃すぎて飽きるけど。

ほかには、工場長で田村雄一さんが出ていて、うれしかった。
田村さんの工場長好きなんだわ。
それと、最初のシーンの歌も、声が素敵で、しびれます。

グランテールは、菊地まさはるさん♥
随分老けた学生だけど、留年したと想定するw
まあ、リアルで老けた学生もいるし。

学生では、コンブフェールの大田翔さんが、目立つ。
背も高くイケメンに見える。
歌もうまい。
と思ったら、上原くんと同じ事務所所属の人だった。
オペラに出たり、劇団四季にも出てるの??

クラクスーは、石飛さん。
顔を汚くしているから、目立たないし、出番が少ない。
学生や地下道の死体もやってたけど。

そして、ガブは、廣田礼王恩くん。
歌も演技もうまくて、末恐ろしいわー。
ガブは、まだ制覇してませんが、大西くん、廣田くんは、どちらもいいね。

おめでたいニュースと・・・

おめでたいニュースから先に。

新妻聖子さん、ご結婚おめでとうございます!
ふふふ、なんかお綺麗になった感じがしましたわー。
これからも、一層のご活躍を期待しています。

ああ、先日の新妻エポ、ほんと最高だったもんね♥

続いては、気になる舞台。
花總まりさんの主演舞台の発表が先日ありました。

『ROMALE ~ロマを生き抜いた女 カルメン~』

演出・振付:謝珠栄
出演:花總まり/松下優也 ほか

東京公演
2018年3月23日(金)~4月8日(日)
東京芸術劇場 プレイハウス
大阪公演
2018年4月11日(水)~4月21日(土)
梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ


花總さんは、宝塚時代も、カルメンを演じたことがあったとか。
今回の宣材写真がとても素敵で、花總さんは、ドラマより舞台のほうが好きです。
プレイハウスは、今回も料金一律なのかな(^^;。

最後に、残念なニュース。
『花・虞美人』にも、代役として出演した黒川拓哉氏が逮捕><

グループ内でもイケメンで期待していたのに、残念至極。
LE VELVETSのコンサートなどは、残りの4人でやるのかしら?
今週末のBSの番組にも、黒川氏出演の予定だったけど、差替えかしら。
『花・虞美人』のDVDは、発売されるのかしら。
色々と気になります。

しかし、薬や賭博、淫行など、ほんといい加減にしろって思う。
多少のやんちゃはスルーだけど、素質や才能を持った人は、それを生かしてほしい。ファンを悲しませないでほしいわ。

『レ・ミゼラブル』日本初演30周年記念スペシャルウィーク特別カーテンコール

小雨まじりの肌寒い中、行ってまいりました!

本日のキャスト
20170613.png

スペシャルウィークも、相葉アンジョでとったので、この組み合わせになりました。
本編の感想は、後日にします。
特別カテコが素晴らしくて、そちらを先に。

今日のゲストを見て、テンション上がりました!

20170613sp.png

昨日の小西マリウスにも会いたかったけれど、さすが東宝さん、どの日程も不満がでないように、ファンが喜ぶキャストをちりばめているのですね!

もうね、鹿賀さんはもちろんですが、新妻さん、禅さん、岡さん、今井さんと、私のレジェンドが!

現役キャストも、おそらく過去のキャストと遜色ないのでしょうが、思い出補正というか、初めてレミゼに出会ったときのキャストというものは、格別なのですよ。

アンサンブルには、林アキラさん、藤田玲くん、小宮明日翔くんのお名前も!

入口で、チケット裏にハンコを押されて、リーフレットをもらいます。
ここにスタッフ人数をさいているせいか、客席はちょっと手薄に。

スペシャルウィークは、チケット代が1000円高いですし、レミゼ好きの人ばかりが来るかと思っていましたが、そうでもないみたいで、むしろ、いつもより観劇慣れしていない方々が多かった印象です。

B、A席がとれなくて、S席2階B列で観たのですが、開演前に、ステージを撮影する方が多くて、あちこちでシャッター音とフラッシュが。
ちょっと帝劇では、ここまでひどいのは、初めてでした。
開演しても、スマホの光が見えてたり。
ただ、上演中は、マナーはよかったです。

本編後、15分の休憩をはさみ、特別カテコが始まりました。
やや時間は押していたと思います。(終了は、18時20分過ぎくらいでした。)

あ、休憩の前だったかな?ジュンモさんが出てきて、韓国語で挨拶をして、特別カテコがあることを話しました。
メモを見ながらのたどたどしい日本語だったので、驚きました。
あんなに歌は歌えるのに、日本語は苦手なのですね。

司会は、最初は、きれいな女性の方で(お名前失念)、流暢で過不足ない司会っぷり。

ゲストの皆さんが舞台にずら~と並んでいるのを見て、それだけで、涙が出てきてしまい、困りました。
本編では泣かなかったのに、もう涙がとまりません。
ハンカチを出して、声を出さずに泣きました。

もう最高です。
こんなにたくさんのゲストを毎日呼んでくださって、東宝さん、ありがとうございます!

まずは、現役キャストとゲスト全員で、「ワン・デイ・モア」。

あああ、もう死んでもいい!

カメラ入るというアナウンスがあったので、これは、公式にアップされるのかしら?
それとも、DVD発売とかしちゃう??
発売しちゃってくださいよ!

鹿賀さんは、お年をとっても、オーラが違いますね。
鹿賀さんは、スペシャル公演でしか観たことがないのですが、そのお姿だけで、涙が出てきます。
そして、ジュンモさんと今井さんと一緒に歌っているんですよ。
更に、岡さんと禅さんと吉原さんが並んでる。

戸井さんと田村くんのマリウスコンビもいい。

そして、何といっても、新妻聖子さんですよ。
今回は、松原さんごめんなさい。
新妻さんばかり観てました。

中山エミリさんと菊地美香さんも、相変わらずかわいくて。

アンジョは、相葉くん、留守さん、杉山さん。
留守さんは、お初でしたが、杉山アンジョ、好きだったなあ。回数少なかったけど。

そして、ゲストの一部が残り、森クミさんがMCとなり、一人ずつインタビュー。
森クミさん、相当てんぱっていたみたいです。
汗を拭きながらの奮闘。
一緒に稽古をしていたりするので、近しい感じがしました。

鹿賀さんは、ワークショプでのスナイパーごっこの話題。
禅さんは、48歳のマリウス。
新妻さんは、カラオケバトルでの連勝が話題にされてました。
山崎直子さんは、夢やぶれての出だしを歌ってくれました。
なんと、森くみさんは、工場シーンのあと、盆から降り忘れて、乗ったままぐるっと回って、「夢やぶれて」を歌う山崎さんの横に出てしまったことがあって、それを謝ってましたw

そのあとは、歌唱披露で、新妻エポニーヌの「オン・マイ・オウン」

うわーん、涙がとまらないよ。
ほんとにレジェンドだよね。

旧演出のシーンが浮かんできたわ。

続いて、ジャベール4人の「スターズ」。
鹿賀さん、今井さん、石川さん、岡さん。
これもね、心に響く歌声なの。

今井さんは、私にとっては、バルジャンの人なんだけどね。
4人ともいい声だったわー。

よかった、今日来れてよかった。

海外からのお祝いメッセージのVTRも流れました。
脚本家や作曲家のほか、英国とブラジルカンパニーメンバーからも。
ブラジルカンパニーは、ワンデイモアの一節かな?日本語で歌って、その後ろで、ブラジルの国旗と日の丸を裏表で合わせた旗を振ってくれました。

続いて、海外ゲスト。
ロブ・ハウチェンさんのインタビューと歌。
「カフェ・ソング」は、絶品でした。
英語なんだけど、感動は同じなのよ~。

素晴らしい海外ゲストをありがとう!
東宝さんに大感謝です。

ああ、英国行って、旧演出観たいわ。
死ぬまでに何とかならないかしら。

そして、最後は、全員で「民衆の歌」。

私の好きなレミゼが、今日の特別カテコには、詰まっていました。

最後に、赤、白、青の銀テープが飛んできましたが、2階には届くはずもなく、がっくり。
感動で会場をあとにしたら、テープを拾った若者らが、メルカリで500円で売ろうかと話していて、更にがっくり。冗談でもやめろー。

こんなことなら、もっとスペシャルウィークのチケットをとればよかった。
土日以外なら、即完売じゃなかったもんね。

ガブ役の小宮くんが、成長していましたが、今も舞台に出ているのかしら。
藤田くんは、顔立ちが変わったような気がしました。あんなにやせていたかなあ。

アンサンブルで、私が好きだったHILUMAさんや西川大貴さんは、出演がないのよね。残念。

このスペシャルに感動し、号泣し、燃え尽きたせいで、これから観る本編、大丈夫かなとちょっと不安。

小西マリウス、今日だったのか!>レミゼ日本初演30周年スペシャルウィーク

昨日から始まったスペシャルウィークですが、予想外の盛り上がりですね。
あ、予想してましたか?

私は、もっとしょぼいと思っていたので(^^;、ネットで感想を読んで、興奮しています。

終演後15分の休憩をはさんで、スペシャルカーテンコールが50分ほどあるようです。

出演者も豪華ですね~。

個人的に、山口祐一郎さん、笹本玲奈さん、阿部よしつぐさんが出演しないのが、残念だわ・・・。
仕事やプライベートで無理そうですもんね。

そして、小西くんも、出演予定との情報をゲットしたわけですが、なんと、今日出演しちゃったみたい(´;ω;`)ウゥゥ。

ああ、観たかった。

今日は、「魔都夜曲」メンバーの4人(村井國夫さん、コング桑田さん、橋本さとしさん、小西遼生くん)が出演したそうです。
小西くんといろんな方との写真も、ツイッターに上がってました。

あー、なんか、小西くんと縁が薄いなあ・・・。
遼生類も、今月末が更新なんですけど、まだ手続きしてませんの。
考えてますの・・・いろいろ。

余談ですが、6/10昼にアップされた某Nスポーツのレミゼ記事はちょっとびっくりしました。(東宝演劇部ツイッターから飛んだのですが。)
福井晶一さんと福井貴一さんを混同しており、福井貴一バルジャンは、初演のアンジョルラスと書いてありました。
私は一瞬、福井晶一さんがアンジョ経験者かと信じそうになりました。
ヤフーコメントでも突っ込まれていたので、夕方にはその部分はカットされてましたし、今は、コメントもなくなっています。
50回もレミゼ観てる記者でも、勘違いするんですね。

そういえば、第8回岩谷時子賞が発表されました。

岩谷時子賞を受賞したのは俳優・歌手の加山雄三。そのほか、特別賞が女優・歌手の斉藤由貴に、奨励賞が劇団四季の俳優・瀧山久志、発達障害を乗り越えて活躍するピアニスト・野田あすか、乃木坂46・生田絵梨花に贈られた。また、人材育成を目的とした「岩谷時子 Foundation for Youth」にはバイオリニストの服部百音が選ばれた。



皆さん、おめでとうございます!
初代コゼットの斉藤さんと現役コゼットの生田さんが受賞とは、うれしいですね。
服部百音さんは、祖父が服部克久さんで、曾祖父が故・服部良一さんですよね。
劇団四季の瀧山さんは、まだ観る機会がありませんが、一度拝見したいものです。