FC2ブログ

偏愛的独白

宝塚歌劇雪組公演『凱旋門』『Gato Bonito!!』初見感想

かんぽ生命 ドリームシアター
ミュージカル・プレイ
『凱旋門』
-エリッヒ・マリア・レマルクの小説による-

脚本/柴田 侑宏 演出・振付/謝 珠栄

かんぽ生命 ドリームシアター
ショー・パッショナブル
『Gato Bonito!!』
~ガート・ボニート、美しい猫のような男~

作・演出/藤井 大介

2018年7月27日(金)~- 9月2日(日)
東京宝塚劇場

主な配役

ラヴィック 轟 悠
ボリス・モロゾフ 望海 風斗
ジョアン・マヅー 真彩 希帆

フランソワーズ 美穂 圭子
ウージェニー 梨花 ますみ
リュシェンヌ・マルチネ 舞咲 りん
シュナイダー 奏乃 はると
ビンダー夫人 早花 まこ
ケート・ヘグシュトレーム 沙月 愛奈
娼婦 千風 カレン
アンドレ・デュラン 透真 かずき
ヴェーベル 彩凪 翔
アーロン・ゴールドベルク 真那 春人
マルト 笙乃 茅桜
アンリ・ジャルダン 彩風 咲奈
ビンダー 久城 あす
マルクス・マイヤー 煌羽 レオ
デミアン夫人 杏野 このみ
ハイメ・アルヴァレス 朝美 絢
娼婦 愛 すみれ
アべール 桜路 薫
アコーディオン弾き 桜路 薫
警官 天月 翼
バーテン 橘 幸
ルート・ゴールドベルク 朝月 希和
イヴェット 妃華 ゆきの
警官 真地 佑果
ローゼンフェルト 永久輝 せあ
警官 叶 ゆうり
ペペ 綾 凰華
黒い影 綾 凰華
シビール 星南 のぞみ
絵描き 叶海 世奈
黒い影 鳳華 はるな
黒い影 諏訪 さき
ギャルソン 陽向 春輝
花売り娘 野々花 ひまり
ユリア 彩 みちる
黒い影 眞ノ宮 るい
ヴィーゼンホーフ 縣 千
黒い影 日和 春磨
黒い影 彩海 せら
オットー 潤 花

既に実家におります(^^;。

忘れないうちにちょこっとアップしておきたいと思います。

「凱旋門」の映画は、観てないと思いますが、母がイングリッド・バーグマンの大ファンで、映画雑誌やバーグマン自伝などを読んでいたので、あらすじを聞いたことがあり、何となく知っています。
なので、私の中では、ヒロインはバーグマンなので、真彩さんとはちょっとイメージが違うなあと思っていました。

座席は、2階6列ということで、S席の一番後ろでした。
チケット争奪戦が激しかったということでしょうか。

指揮者は、塩田明弘さん。

冒頭で、帽子をかぶって踊るかっこいい人がいて、オペラグラスで観たら、望海さんでした。
帽子に隠れてお顔が半分しか見えないのですが、男の色気があふれ出ていて、美しかったです。

今回は、主役は、専科の轟さんなんですよね。

轟さんの「ドクトル・ジバゴ」がとてもよかったので、期待していました。
2000年に雪組で、轟さんが主演を務めた作品なのです。
18年ぶりに同じ轟さんで再演ということです。

初演をご覧になった方は、たくさんいるのかしら?
初演と比較してどうだったのでしょうか?

私は初めてなので、とても新鮮な気持ちで観ましたが、戦時中の話なので、古い映画を観ているような感じでした。

作曲が寺田瀧雄さんなのですが、とてもいい歌なんですよ。
一度聞いただけでも、比較的記憶に残ります。
切ない昭和歌謡風ですけど、私は好きです。

轟さんは、男役の頂点なのでしょうね。
男役以上に男っぽいなあと思います。
そして、年齢を感じさせないギリシャ彫刻のような顔立ち。
時々、早口になったときに、聞き取りづらいセリフがありましたが、歌は、「ドクトル・ジバゴ」のときよりも、
ずっと声が出ていて聞きやすかったです。

主役が轟さんで、ヒロインが真彩さんなので、望海さんの出番が少なく思えます。
歌での存在感がありますが、やはり、寂しいです。

ボリスは、ロシアからの亡命者で、ナイトクラブのドアマンで、ラディックの友人です。
このお話の語り手なので、どうしても、一歩引いたような感じになります。

専科の方が主役ならば、トップは、ライバル役とか悪役とか観たかったなと思いました。

とはいえ、作品としては、割と好きです。
悲しい話なので、リピートできるか不安だったのですが、歌がとてもよくて、気に入りました。

不満と言えば、私がいつもチェックしている下級生が全くわからなかったことです。
もちろん、あとから、プログラムで確認しましたが、黒い影とかは、さすがに初見ではわかりません。
綾凰華さん、鳳華はるなさん、眞ノ宮 るいさん、彩海せらさんは、見つけることができませんでした。

亡命者を演じた皆さんは、割と出番もあり、わかりましたが、いつまでたっても、彩風咲奈さんが出てこなくて、
驚きました。
しかも、役柄的に、よくわからない性格でした(^^;。

亡命者の一人、縣さんは、新人公演で主演をするのですが、以前より、あか抜けてかっこよくなっていました。
濃くてギラギラした感じが抜けていて、洗練されていました。
グラスを持つ手が、男役っぽくなっていて、感動しました。

専科からは、美穂さんも出演しています。
歌声がすばらしいですね。

彩凪 翔さんは、医者の役で、白衣がとってもお似合いです。
ちょっと早霧さん主演の「双曲線上のカルテ」を思い出しました。(DVDでのみ観ています。)

シュナイダー役の奏乃はるとさん。
いやらしく、狡猾な感じがよく出てきて憎らしいです。
ただ、あのシーンは、知らなかったので、衝撃的でした。

真彩さんのジョアンは、私が思っていたバーグマンとは違うけれど、メイクも前よりうまくなっていて、女性らしさが出ていたと思います。
ジョアンの役は、個人的には、あまり共感できないのですが、当時の世相を思うと、気持ちがわからないでもありません。
実際、今でも、こういうタイプの女性はいますね。

ジョアンとの別れのシーンでは、泣いている人も多かったです。

続いて、ショーです。

ショーは、最近の藤井大介先生は、私の好みじゃないので、どうかな?と思っていましたが、雪組ということもあり、普通に楽しめました。
ややガチャガチャしすぎだったかもしれません。
それと、前回の「SUPER VOYAGER!』のほうが好きです。

タイトルは、ポルトガル語で「美しい猫」を意味するそうです。

猫好きとしては、雪組の組子が猫になっているのは、うれしくて仕方ないのですが、猫にこだわりがあるだけに、
もうちょっと違う雰囲気も期待していたので、そのあたりがまだ見慣れないのかもしれません。

望海さんのアドリブシーンが、ノリノリで楽しかったです。
客席に柚希礼音さんが来ていたので、それにからめてました。
二階席からも、退場するときの柚希さんが見えました。
かっこよかったです。

柚希さんしか気づきませんでしたが、実咲凜音さんも観劇したようです。

それにしても、望海さんの歌が気持ち良すぎる。
私って、歌のうまい人が好きだったのかな?
それとも、望海さんのかっこよさが好きなのかな?
自分でもわかりませんw

まー、あり得ない願望なんですけど、しばらく東宝の「モーツァルト!」漬けになっていたじゃないですか。
そのときに、ふっと、宝塚のことを思い出して、あー、宝塚でやるなら、雪組でやってほしいわ~って思いました。
望海さんがヴォルフガングで、真彩さんがコンスタンツェです。
真彩さんのコンスは、元気すぎるんじゃないかと思うけれど(笑)。

ショーの話に戻りますが、猫の名前がたくさん出てくるんですけど、「アビシニアン」と「シンガプーラ」は、なぜか笑ってしまいました。

藤井先生は、猫がお好きなのかな?

「アビシニアンのようなお前」という歌詞が面白すぎて。

アビシニアンって、あまり鳴かないけど、鳴くと鈴をならすような鳴き声で、誇り高く、クレオパトラが愛した猫なんですよ。
ややワイルドかな。

実は、私の飼い猫(闘病中)が、アビシニアンなんですよ。
なので、いろんな思いにかられました。
ちなみに、うちの猫は、若いころはうるさいくらい鳴きましたw

ショーは、あっという間に終わってしまったので、次回、じっくり観てきたいと思います。

8月の観劇予定と気になる公演情報

8月は、お盆もあるので、帰省回数が増え、あまりチケットを買えませんでした。

今のところ、宝塚雪組と「オペラ座の怪人~ケン・ヒル版~」だけです。
「ゴースト」を入れたかったけれど、希望日がとれず断念しました。
ほかにも行けたら行きたい公演がありますが、チケットは確保してません。


そして、気になる公演情報。

音楽劇『道』
2018年12月8日(土)~28日(金)
日生劇場

演出:デヴィッド・ルヴォー
キャスト:草なぎ剛 ほか
オンステージシート10,000円/S席10,000円/A席8,000円


フェデリコ・フェリーニの映画を音楽劇に。
ミュージカルではなくて、音楽劇なのですね。

映画は知らなくても、ニーノ・ロータの音楽を知ってる人は多いのではないでしょうか。
この舞台で、それが使われるかどうかはわかりませんが。

ちょっと観てみたいけど、もしかして、チケット難かしら?

さらにチケ難っぽいけど、こちらも行きたい。

グリーン&ブラックス・オン・ステージ(仮)
2018年9月5日(水) 開場18:00/開演18:30
東京・メルパルクホール
出 演
福田雄一、井上芳雄 他 ドリームキャスト!!!<ほぼ準レギュラー>


厳しそうですが、チャレンジはしてみます!

それから、相葉くんが出演?と思ったら、映像だけらしい。

『怜々蒐集譚 Reirei Syusyu Tan』
2019年2月16日~27日
新国立劇場 小劇場


ポスターのかっこいい姿を見ると、映像だけなんてもったいないなあと思ってしまいます。
スケジュールの都合かもしれませんね。

それから、ようやくアウトデラックスの加藤和樹くんのラーメン二郎、見ました(笑)。
和樹、映像でもイケメン!
さすが、いつも料理をしているだけあって、手つきもいいし。
味もよかったようで、マツコさんたちが満足していたように見えて、ほっとしました。
本格的にラーメンを作るのもすごいけど、有名な首の骨が折れてた事件も紹介され、笑いました。

最後になりましたが、台風が心配です。
私のところは、警報は出ていませんが、ものすごい風が吹き荒れてます。
皆さま、くれぐれもお気をつけてくださいね。

ロミジュリだったか><

ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」の再演が発表されましたね。

一部では、昨夜から情報が流れていまして、そのときは、葵わかなさんがジュリエット役ということと、古川くん、大野くんがロミオということしかわかりませんでした。
今朝のスポーツ紙に大きく取り上げられ、その後、ネットで次々に情報解禁されました。

予想外でした。

古川くんの来年2月以降の予定がわからなかったので、何か決まっているとは思いましたが、まさかロミジュリとは。
3回目のロミオですか。

スポーツ紙だと、葵わかなさんありきの記事で、ロミオも朝ドラコンビ再びという大野くん中心でしたね(^^;。
一応、古川くんのコメントも掲載されてましたが。
主要キャストは、葵さん以外変更なし的な書き方だったので、てっきり、馬場くんと矢崎くんは続投だと思いましたよねw

ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』
2019年2月~4月
東京国際フォーラムホールC
ほか愛知、大阪公演

原作:W.シェイクスピア
作:ジェラール・プレスギュルヴィック
潤色・演出:小池修一郎

出演
ロミオ:古川雄大、大野拓朗
ジュリエット:葵わかな、木下晴香、生田絵梨花
ベンヴォーリオ:三浦涼介、木村達成
マーキューシオ:平間壮一、黒羽麻璃央
ティボルト:渡辺大輔、廣瀬友祐
死:大貫勇輔
キャピュレット夫人:春野寿美礼
乳母:シルビア・グラブ
ロレンス神父:岸祐二
モンタギュー卿:宮川浩
モンタギュー夫人:秋園美緒
パリス:姜暢雄
ヴェローナ大公:石井一孝
キャピュレット卿:岡幸二郎

そういえば、前回のロミジュリは、思ったほど通わなかったんですよね。
フランケンシュタインと重なっていたというのもあるけど、演出がさらに苦手方向に行ってた感じで。

とはいえ、古川ロミオ続投なら、通うことになるのかなあ・・・どうしようかなあ。

新作ミュージカルとかライブとか、M!再演とか、そういう発表を心待ちにしていたので、ちょっと肩透かし。
贅沢な悩みではありますよね。
作品自体が好きなので、私はロミオの年齢はあまり気になりません。

新ジュリエットの葵わかなさんもかわいいし、期待しています。
名前が紛らわしいですね。
城田くんも今日重大発表があるって言っていて、それが森川葵さんとの主演ドラマだったんですよ。
そして、この森川葵さんは、クドカン演出の舞台「ロミオとジュリエット」(2018年11月)で、ジュリエットを演じるんです。
なので、最初に情報が流れて来た時は、ガセネタかと思いました(^^;。

ベンヴォーリオに三浦涼介くんと木村達成くん。
どうなんでしょう?
小池先生、三浦くんが気に入ったんですね。
イメージ的には、マーキューシオなんだけどなあ。
木村くんは、テニミュ以来、観ていないので、ちょっと楽しみ。

馬場くん、矢崎くんは、スケジュールが合わなかったんだと思うことにしよう。

そして、マーキューシオは、続投の平間くんと、新たに黒羽麻璃央くん。
黒羽くんの記憶は、私も薄いので、全く想像できない。
黒羽くんは、劇場ロビーですれ違っても、判別できなくらいわからないw

ティボルト役は続投だけど、別の人で観たかった気もする(笑)。

残念なのは、死がシングルキャストなこと。
宮尾さーん(涙)。

キャピュレット夫人の春野さんも、イメージ違うけど、香寿さんに近い感じかもね。

岸さんが、大公から神父に。
坂元さんの神父さんも好きだったので、寂しいな。

パリスは、姜暢雄さん。
姜さんを舞台で観るのは久しぶり。

そして、岡さんは続投で、大公が石井一孝さん。
大公の出番は少ないから、もったいない気もする。
石井さんは、小池先生とは初めてなんだって。

どれくらい行けるのかわからないけど、どの組み合わせで観るかも悩ましい。

再演は、かなり前から決まっていたのでしょうね。
フレッシュなロミオを期待する声もありますが、最近の若手に疎いので、どんな方がいいのか、思い浮かばないな~。

ところで、全く話は変わりますが、Twitterで、「#テニミュ出た人あるある」というタグがありまして、
実際にテニミュ出演経験者が、ツイートしていて、それを読んでいるだけで、楽しいやら、懐かしいやら、ウルウルしています。
私は、Twitterをしてないので、まとめサイトなどで読んでいます。
懐かしい俳優さんの名前を見て、じーんとしています。
テニミュ愛と絆を感じますね。

一番懐かしかったのは、塩澤英真くん。
初代ルドルフの観月を演じました。
私の中では、歌がうまいイケメンでした。
事務所が変わったりして、一時見かけませんでしたが、活躍しているようです。
いつだったか、ちょっとエッチな映画に出てまして(^^;、テロップ見て驚きました。
私が好きだったころと顔が変わっていたんですよね。
成長したんだと思いますが、あんなに好きだったのに、別人に思えてしまいました。
顔って大事ですね。
ファンであるということは、その人の顔も声も、演技も歌も、(表に見える)性格もすべてを好きになるということなのだとしみじみ思いました。
イケメンだから、いいわけでもないし、歌がうまいだけでもダメだし、好きになる理由っていまだによくわかんない不思議。

ミュージカル『エビータ』その2

なかなか感想書けなくてすみません。

そもそも、この公演を観に行こうと思ったのは、劇団四季の「ソング&ダンス」で、聴いたからなのです。

芝さんや瀧山さんが歌うのを聞いて、公演そのものが観たくなったのです。
おそるべし、劇団四季。

おまけに、日本公演のみ、チェ役をラミンさんが演じるということで、更に親近感が増したのです。

「エビータ」の楽曲は、コンサートなどで聞いていたので、知っていましたが、ストーリー展開は知らず。
今回の演出が初演時のオリジナル版の初来日ということでも話題になりましたが、とにかく初見なので、何かと比べようもありません。
過去の劇団四季の公演を観ている方がうらやましいです。そちらのほうが好きという感想も読みました。

私の記憶の中の「エビータ」は、久野綾希子さんです。
テレビCMをしてたような覚えがあるのですが、うろ覚えです。
そのときに、きれいな女優さんだと思いました。

今回の公式サイト(evita2018.jp/index.html)での久野さんのインタビューが興味深いので、ぜひ読んでみてください。
このサイトがいつまで有効がわかりませんが。

久野さんは、機会があれば、またエビータを演じたいと答えています。
私も、久野さんのエビータを観てみたいと思いました。

このサイトの楽曲紹介コーナーがcoming soonのまま更新されていないんですけど、このままなのかしら。

今回は、B席(3階5列)で観たのですが、残念なことに、B席でさえも完売していませんでした。
シアターオーブで、B席が完売していない公演は、珍しいです。
公演期間が長いせいでしょうか?
完売していないのをいいことに、もう一度観ようと試みたのですが、自分の予定と合わずに断念しました。

楽曲には聞き惚れたのですが、内容的に、もう一度観て、理解したい気持ちが強かったです。
一度観ただけでは、ただただ、演者に圧倒されて終わってしまいます。
もっとハマりたかったです。

舞台は、割とシンプルで、映像がかなり使われています。
歴史的なことを知らないので、映像があることで、かなりわかりやすくなっていたとは思いますが、それでも、想像力を働かせる必要がありました。

この映像の多さは、どの演出でも同じなのでしょうか?

相変わらず、オーブのB席は、観客の温度差が激しく、真剣に観る層と、マナーの悪い人と、混じっていました。

たぶん、第一幕が、退屈なんでしょうね。
寝るのはOKですが、まぶしいスマホいじりとおしゃべりは、勘弁してほしかったです。

キャストについては、私が語るまでもなく、素晴らしかったです。

エヴァ役のエマ・キングストンさんは、写真だとワイルドな感じがあります。
レミゼのエポニーヌを演じたこともある女優さんなのですね。
若いころのメイクは、ちょっときつい感じがしましたが、大統領夫人になってからは、きれいかつオーラがありました。

出番は少ないのですが、ミストレスを演じたイザベラ・ジェーンさんも超美人でした。

チェ役のラミンさんは、外国の俳優に疎い私でも知っている有名な方で、やはり素晴らしい歌声と演技でした。
後日、テレビ番組のゲストに出演したときも、歌を披露していました。
また、宝塚雪組トップの望海風斗さんと何人かが、「エビータ」を観に行ったようで、ラミンさんのインスタグラムに望海さんのサイン入りパンフがアップされていました。

ラストは、唐突に終わります。

でも、終わったのかはどうかは、すぐにわかるのですが、「終わり?終わり?これで終わり?」って、何度も確認する人がいて(^^;、余韻を感じる静けさが欲しかったです。

劇団四季では、しばらく「エビータ」は上演しないのでしょうか?

何となく、日本語で聞きたいし、芝さんのチェを観たいなあと思ったり。
実際に上演されたら、配役は、別の方かもしれませんが。

とはいえ、こんなふうに思うのも、主催者がこのカンパニーを招待してくれたから。

いつの間にか、シアターオーブは、海外ミュージカル(しかもアジア除く)のみを上演する劇場となっていまして、
それに対する批判も見受けられますが、実際に、足を運んでみて感じたのは、それはそれでありかと。

日本のミュージカルで満員御礼になる演目も多いでしょうが、そうなったら、来日版「エビータ」や、ホリプロのメリポピは、観られなかったかもしれません。
私みたいに、ミュージカルに目覚めたのが遅く、今後、海外へ行く機会もない人にとって、この海外ミュージカル招聘というのは、非常にありがたいことなんですね。
日本にいながらにして、本場を感じることができる。

アジアが除かれているのは、なぜなのか、わかりませんが。
欧米のミュージカルのほうが歴史が古いというだけのことなのか?

ともあれ、私も、もっともっと来日版のミュージカルを観て、心を潤していきたいと思った次第です。
もちろん、日本人による海外ミュージカルも大好きなのですが。

そんな思いで、オーブのラインナップを確認し、「コーラスライン」は無理そうなので、「ケンヒル版オペラ座の怪人」のチケットを購入しました。

ミュージカル『エビータ』その1

2018/7/4(水)~7/29(日)
東急シアターオーブ

作詞:ティム・ライス
作曲:アンドリュー・ロイド=ウェバー
演出:ハロルド・プリンス

出演
エヴァ・ペロン:エマ・キングストン
チェ:ラミン・カリムルー(日本公演限定キャスト)
ホワン・ペロン:ロバート・フィンレイソン
マガルディ:アントン・レイティン
ミストレス:イザベラ・ジェーン
エヴァ・ペロン/アンサンブル:LJ・ニールソン、ダニエル・ビトン

主催:Bunkamura/日本テレビ/TOKYO FM/ぴあ
オフィシャルエアライン:日本航空
後援:在日アルゼンチン共和国大使館/WOWOW
メディアパートナー:朝日新聞社
企画・招聘:Bunkamura

S席 13,500円 A席 11,000円 B席 9,000円 学生チケット 6,500円

上演時間:1幕 55分 休憩 20分 2幕 60分 合計2時間15分

強く逞しい女性の象徴としてエビータの愛称で慕われた実在の女性、エヴァ・ペロン。恵まれない境遇に生まれながらもモデルや女優を経て、アルゼンチン大統領夫人にまで昇り詰めた彼女の33年にわたる短くも劇的な生涯を描いたミュージカルが、1978年初演時のオリジナル演出版として遂に初来日を果たす。
アンドリュー・ロイド=ウェバー作曲、ティム・ライス作詞、ハロルド・プリンス演出という、ミュージカル界の巨匠トリオによって誕生したミュージカル『エビータ』は、1980年のトニー賞で最優秀作品賞を含む7部門を受賞。1996年にはマドンナ主演で映画化され、世界中で大ヒットを記録した。
また、記念すべき初来日に華を添えるべく、国際的に活躍する実力派ミュージカル俳優のラミン・カリムルーが出演決定!物語の案内役であるチェ役として、日本公演限定で特別出演を果たすことで話題を集めている。
 この夏、注目度№1のミュージカル『エビータ』。奇跡の来日公演をお見逃しなく!(東急シアターオーブサイト公式より)



開幕してすぐに観に行ったのですが、もう千秋楽を迎えてしまいました。
まずは、写真だけアップ。

evita1.png

evita2.png

evita3.png

感想は近いうちに。