FC2ブログ

偏愛的独白

ミュージカル「タイタニック」キャスト感想など

昨日あっという間に東京公演が終わってしまいましたね。
東京千秋楽おめでとうございます。

2回目の観劇も、A席。つまり2階席でしたが、通路演出などは2015年版を思い出して脳内で補完(笑)。

できれば、CDを出してほしいですが、無理なんでしょうか。

歌詞を全部把握しているわけではないので、メロディーが浮かんでも、すぐに消えてしまって
あの素晴らしい音楽が日々泡となっていくのが残念でなりません。

映画の「タイタニック」を観ていないことは前も書きましたが、実は遭難ものって苦手なんですよ。
「ポセイドンアドベンチャー」は幼いころにテレビで観て、恐怖におののきました。
山でも海でも遭難するって、人間の醜いところを暴き出すじゃないですか。
あなたはどうするの?という質問を突き付けられている気がして怖いのです。
たぶん、私は、我先にと逃げる人を軽蔑するし、決して許せないんだろうと思います。
ただ、逃げることは悪いことでないんです。そのときに人を踏みつけさえしなければ。

タイタニックでは、避難で男性よりも女性と子供が優先されましたね。
そういう史実はとても勇気づけられます。

自分は助からなくてもいいけど、愛する人には助かってほしいから、やはり私もエゴイストなんだと思います。

クライマックスでのイスメイ、アンドリュース、船長の責任のなすりつけあいソングは、心が痛みます。
でも、船員たちがそれぞれの使命を最後まで果たそうとしている姿は胸を打ち、人間のすばらしさを再認識させてくれます。

キャスト感想を書いておきます。

まずは、アンドリュース役の加藤和樹。
シアターコクーンで近くで観たときよりも、存在感が増していました。
今回は2階から観たわけですし、オペラグラスを常時使っていたわけではないのに、和樹くんの凛とした佇まいに感動を覚えました。
スーツ姿、かっこいいですね。
いつもはワイルドな和樹くん。
色気もあるけど、今回のスーツ姿は上品さも感じました。
いい役者さんになりましたね。
歌は前から評価していたけど、演技がすごくよくなったと思います。
東宝ミュージカルのようにがんがん歌う作品だとわからないけれど、ストプレの和樹くんの演技、やや弱いなあと思っていたので。
(なんか上から目線ですみません。テニミュの子はみんな母親モードで見ちゃうので)

イスメイ役は、石川禅さん。
鈴木壮麻さんのイスメイが好きだったので、最初は違和感ありました。
壮麻さんの熱い演技、いまだに忘れられないのです。
前方通路席に座った時、壮麻さんがすぐ近くに来て、その燃えるような目と目が合いそうになってドキドキした記憶が。
イスメイが降臨したかと思ったぐらい。

私の印象ですが、禅さんのイスメイのほうが冷静で優しいかも。
壮麻さんのイスメイ、憎らしかったもの(^^;。
禅さんの歌声、絶品でした。

バレット役は藤岡正明さん。
こちらの作品があったので、「ジャージー・ボーイズ」に出られなかったのですね。
歌も演技もうまくて、感情移入します。
感情が高ぶるような歌がとてもうまくて、聞き入ってしまいました。

エッチス役は戸井勝海さん。
戸井さんも、JBと重なってしまった一人ですね。
スマートな給仕係がお似合い。
船に残ったストラウス夫妻とのやりとりが好きです。

チャールズ・クラーク役は相葉裕樹くん。
レミゼのアンジョを経て、安心して観られるミュージカル役者となった相葉くん。
「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」でも素晴らしかったけど、今回は群像劇ということでやや抑え気味の演技。
今回のチャールズ夫妻は、かなり若い印象。
初演は、佐藤隆紀さんと未来優希さんだったので、年上の彼女?って思ったのですが、
今回は、菊地美香さんが相手なので、同い年くらいの感じ。
親に反対されている若いカップル感がとても出ていて、微笑ましい二人でした。
菊池美香さんの声、かわいくて癒されます。

ストラウス夫妻は、佐山陽規さんと安寿ミラさん。
大好きな安寿さんは、きれいなんだけど、今回は、おとなしめな夫人というメイク。
「グランドホテル」のときとは違います。

長年連れ添ってきた二人の絆が泣けます。
妻を助けたい気持ちもわかるけど、やはり二人一緒に行きたいのでしょう。
このお二人のエピソードが悲しみの中にも心があたたまります。

ジム・ファレル役は、渡辺大輔くん。
この役は、古川雄大くんが演じた役ですね。
全然違うw

元漁師が納得できるのは、渡辺くんのほうだわ(笑)。
こちらも、初演とはやや違うカップル。
初演の古川くんと則松さんは、則松さんが積極的でがんがんおされていたような。

古川くんは、ジム役よりも、ほかの役のほうが似合っていた気がする。

渡辺くんは、かなり絞ってきていますね。
「1789」のときよりも、顔がシュッっとしてました。
これなら、来年のティボルトもいいかもしれない。

ケイト・マクゴーワン役は、小南満佑子さん。
初演のケイトよりも、パワーがおさえてあり、バランスがいいかも。

長くなったので、いったん切ります。
(つづく)

観に行くなら今だ!~ミュージカル「タイタニック」~

2018年10月1日(月)~13日(土)
日本青年館ホール

原作:ピーター・ストーン
音楽・作詞:モーリー・イェストン
演出:トム・サザーランド

キャスト
アンドリュース:加藤和樹
イスメイ:石川禅
バレット:藤岡正明
エッチス:戸井勝海
チャールズ・クラーク:相葉裕樹
マードック:津田英佑
ジム・ファレル:渡辺大輔
ブライド:上口耕平
ライトーラー:小野田龍之介
ハートリー:木内健人
ベルボーイ:百名ヒロキ
フリート:吉田広大
エドガー・ビーン:栗原英雄

アリス・ビーン:霧矢大夢
キャロライン・ネビル:菊地美香
ケイト・マクゴーワン:小南満佑子
ケイト・マーフィー:屋比久知奈
ケイト・ムリンズ:豊原江理佳

アイダ・ストラウス:安寿ミラ
イシドール・ストラウス:佐山陽規
スミス:鈴木壮麻

須藤香菜

上演時間:2時間30分(一幕80分休憩20分二幕50分)

S席 11,500円
A席 8,000円

2018titanic.png

新演出版の初演は、2015年。
そのときは、シアターコクーンでしたので、チケット完売だったように思います。
私も3回ほど観ました。

音楽も素晴らしいのですが、脚本と演出が感動的で、観終えたあとに涙と震えがとまりませんでした。

再演を熱望していましたが、10月というのが、不運でした。
ほかの観劇予定が入っていて、2公演しか行けませんでした。

劇場のキャパが大きくなったので、チケットは完売はしていません。
割引や特典も発売されていました。

で、のんびり感想を書いていたら、東京公演が13日までということに気づきました。
もしかして観に行っていない人が読むかと思って、今すぐチケットとって観に行ってほしいと思って書いています。

今からでも遅くないです!
ぜひ日本青年館へ足を運んでください。


つらいストーリーですが、超おすすめの作品です。
リピートはしなくても、一度観れば、心に残ります。
(もちろん、リピもおすすめだけど。)

気づくと、音楽が脳内を流れ、タイタニックの人々(客、乗組員)の生涯に思いをはせることになります。

私は初演を観たときに、かなり事件にも興味を持ち、いろいろと調べたりしました。
史実をそのままミュージカルにしたわけではありませんが、非常によくできた群像劇だと思います。

座席は、A席、2階I(アイ)列。
初演の時は、前方席でも観たのですが、この作品なら、後方でも十分楽しめると思って敢えて。
青年館の2階は、見え方問題があるけれど、ここまで後ろだとかえってストレスがない。
ただし、この作品は、客席通路を使う演出も多いので、それを楽しみたい場合は、2階からは無理です。

公式HPに注意書きがあります。
「開演時間を過ぎますと、約25分間お席にご案内出来ない時間帯がございますのでご注意ください。 」とのこと。
通路での演技が多いことが理由だと思います。

2階席、あまり埋まってなかったです。

それから、日本青年館は、ほんとに女子トイレが少ない!



上演時間が2時間30分とありますが、終演時間は、15分近く遅かったと思います。
カテコ短かったのに。
おそらく、トイレ行列のために二幕開始が遅れたのではないでしょうか。
それなのに、日本青年館のHPには、トイレが足りているとか、基準を満たしているとか書いてあって、現実とのギャップが残念過ぎました。
完売公演じゃないのに、トイレ行列がすごかったのですから、また宝塚とかやったら大変でしょう><
劇場内スタッフの嘆きもこちらに聞こえちゃいましたしねw

話がそれましたが、劇場としては、シアターコクーンの狭い空間のほうが濃密で臨場感があった気もします。

ただ、今回、遠い席でありながら、音楽と演出、そして演者が訴えるものが伝わってきて、かたときも集中力が途切れませんでした。
第一幕のあれやこれやが、最後の悲劇を知る者にとってはつらいです。

開場が、開演の30分前なので、30分前に着いたら、入場の列がホテル側の入り口のほうまで続いていました。
ダラダラと並んだおかげで、専科の凪七瑠海さんと遭遇できました。
霧矢大夢さんのFCの受付でチケットを受け取っていました。
凪七さん、細くてきれいでした。

また、小野妃香里さんも見かけました。
足が長いしおきれいなので、すぐわかりました。

開演前の舞台上で、加藤くんが演技しているので、それを観たいと思ったのですが、入場に時間がかかり、あまり観られませんでした。
初演では、加藤くん一人で机に座って設計図を書いていましたが、再演では、途中で木内健人くんが出てきて、話しかけたりしていました。

キャスト感想は、後日アップします。

「タイタニック」も再演されたので、同じトム・サザーランドさん演出の「グランドホテル」もぜひまた観たいものです。

宝塚歌劇花組公演『『MESSIAH(メサイア) -異聞・天草四郎-』/『BEAUTIFUL GARDEN -百花繚乱-』2回目

2回目の観劇も、2階席でした。
2階1列サイドブロック。

お芝居の感想は、初回とあまり変わらず(^^;。
すみません、やはり好みじゃないみたいです。

ただ、観劇後にNHKの「歴史秘話ヒストリア」で「キリシタン不屈の物語」を見まして、いろいろと興味深かったです。
特に、柚香光さんが演じた山田右衛門作については、諸説ありそうです。

というわけで、お気に入りのショーの感想を。


オープニングの紫の衣装で、袖をバサバサしながら踊るシーンは、ヴァンパイアが踊っているようで、ポーを思い出しました。

このショーは、振付にANJUさんと三井聡さんが入っているのですよね。

ANJUさんは、すぐにわかりました!
「アンダルシアの赤い薔薇」のシーンです。
明日海さんが闘牛士を演じていて、ドラマ仕立てになっており、楽しめます。
悲しいけれど美しい。

こういうシーンを観ると、明日海さんの役の幅の広さを感じます。
何となく、卒業も見えているのかもしれませんが、その時期が延びることを祈ってしまいます。

柚香さんの「雨に濡れても」のシーンは、てっきり三井聡さんの振付だと思っていたのですが、Oogur(is**t kingz)さんとありました。
有名な方なのかな?

柚香さんが恋に落ちる少女が、舞空瞳さんです。
二人の息がぴったりで素敵なカップルです。
花組の娘役さんも、みんなかわいいのですが、若手の華さんと舞空さんが時々ごっちゃになってしまいます(^^;。

みんなで傘を持って踊るのですが、傘じゃなくてラケット持って踊ってほしいとか・・・妄想してしまいました。すみませんっ。

三井聡さんの振付は、第5章の「TROPICAL GARDEN」のところでした。
夏歌が次々と歌われていく場面です。

私は、アロハシャツが好きじゃないのですが、宝塚の男役が着ると、なんてかっこいいのでしょうか。

ほかにも、第7章の「ニューヨークのカーネーション」も、三井聡さんの振付です。
ガーシュウィンの音楽が使われています。
ブルーの衣装で踊る柚香さんと娘役の皆さんが素敵でした。

花組の男役は、トップの明日海さんがオールマイティで、その周りを個性的な男役が支えているというイメージです。
その個性が生かされた野口先生のショーだったと思います。

二番手の柚香さんは、歌は得意とは言えませんが、とにかく華があって真ん中で観たい。
「ローマの白百合」のシーンでは、美女を演じていますが、インパクトがすごいです。
個人的には、女装じゃなくて、色気のある男役を演じてほしいです。
柚香さんの女装は、顔が明日海さんよりも男っぽく見えるので、ふと、明日海さんが美女で、柚香さんが剣闘士というパターンでも観たくなりました。

色気と言えば、鳳月杏さんのオーラはすごいですよね。
鳳月杏さんのお顔は苦手だったのですが、最近は、その存在の大きさを感じています。
アロハシャツ、一番似合っていたかも。
スタイリッシュに着こなしていました。
銀橋を渡っていくのですが、脚が長くて目立ちました。

また瀬戸かずやさんも、年上っぽいというかおじさまっぽいというか独自の路線ですね。
渋いおじさま役としては、専科の華形ひかるさんも好きなのですが、最近あまり観る機会がなくて。

水美舞斗さんも、このショーでは一番目立ってましたね。
歌よりも踊りに目が行きます。

下級生では音くり寿さんの癒しの歌声や聖乃あすかさんの美しいお顔に注目。

美青年集団「花美男子」には、柚香さん、水美さん、優波さん、綺城さん、飛龍さん、帆純さん、聖乃さん、一之瀬さん、愛乃さん、太凰さん、希波さんが登場します。

まだ一ノ瀬さんまでしか認識できませんでしたが、全員かっこいいことは間違いないです。

あっという間に大階段のシーンになってしまい、名残惜しくて仕方ありませんでした。
ブルーレイ、欲しいけれど、NHKBSで放送してくれたらもっとうれしい。

野口先生のショーは、次はどの組なのでしょうか。期待しかありません。

まさかのチケ難?!

「タイタニック」と花組の感想をアップしようと思っていたのですが、なんだかロミジュリがチケ難のようで(^^;。

東京国際フォーラムホールCは、1500席近くあるのに、まさかチケ難になるとは。
東京公演は短いと思ってましたが、平日ならとれると思って甘く見てました。

それとも、人気公演と思わせるために先行チケット数を絞ってるのかなw?

FCで頼んでいて、昨日が当落日だったのですが、かなり多数申し込みがあったようで、当落メールが遅れるという予告があり、
実際、メールを受け取ったのは、午後10時近くでした。
1勝2敗(´;ω;`)ウゥゥ

お断りが来るとは><

当選したのは、申し込んだ中で一番優先順位が低い公演でした。
外れた平日マチネは、トークショーがあるので、競争率が高かったのでしょうね。

Twitterでは、交換や譲渡を20枚以上出している人もいるけど、どこで手配したんだろう?
主催者先行の結果が3日に出ていたので、各社の先行が全部当選したのかもしれないけど。

私も主催者先行で一枚当たっていたので、結果的には、2公演ゲットできたんですけどね。

昨日は、とっても憂鬱な用事で早朝から出かけていたので、帰宅して、当落メールが届いていないので、
驚きました。

譲渡祭りになるのも悲しいけれど、ここまでの争奪戦は予想外でした。

まあ、ロミジュリ行けない分、貯金しておきますかね。
プレイガイドの抽選先行があるなら、チャレンジしますけど。

後ほど、観劇感想はアップします。

10月の観劇予定

台風、ひどかったですね><
皆さまがお住まいのところは、大丈夫でしたか?

昨日は、JRが夜運休ということで、外出から早めに帰ったものの、夜中の風雨の音が激しくて、不眠状態でした。
でもって、朝から駅が大混雑。
歯医者の予約が入っていたのですが、担当の先生が変更になってました。

さて、あっという間に9月も終わってしまいました(´;ω;`)ウゥゥ。

台風でオタオタしていたら、某チケットの申し込みを忘れましたw
それから、古川くんのFCから届いたチケットの再配達申し込みも忘れてまだ受け取れないw

そうそう、台風の影響で、昨夜の「ジャージー・ボーイズ」公演が中止になりました。
楽しみにしていたファンの皆様はショックだったと思いますが、幸いにして、神奈川公演への振り替えが今日発表されて、
ほっとしました。
本来、クリエでの公演なので、会場の規模が大きいと、受ける印象も違うとは思いますが、
主催者はじめ、皆さんのどうにかしたいという気持ちが伝わる発表でした。
規模が大きくなった分の座席は追加販売するようです。見逃した方はぜひチャレンジを。

チャレンジといえば、本日、某カード会社先行で、「道」のチケットにトライしましたが、開始4分くらいで売り切れを知りました。
甘く見てました。
ぴあの先行も落選でしたから、ちょっと無理ですね。
ぴあも、プレミアム会員が優先される先行とは違っていたので、なおさら当たらないです。


今月の観劇予定です。

「タイタニック」
「マリー・アントワネット」3回
「生きる」2回
「るろうに剣心」
宝塚月組「エリザベート」


「ロミオ&ジュリエット」の制作発表も当たれば行きたいけれど。


先行販売期間中に、公式サイト・主催(TBS/ホリプロ/東宝/梅田芸術劇場)各サイトにてチケットご購入の方限定!
2018年10月30日(火) 都内某所にて実施のミュージカル『ロミオ&ジュリエット』制作発表に抽選でご招待いたします!
制作発表 実施概要
[日時]
2018年10月30日(火)13:00 ※予定
[場所]
都内某所(当選者のみにお知らせ)
[登壇者]
小池修一郎、
古川雄大、大野拓朗、葵わかな、木下晴香、生田絵梨花、
三浦涼介、木村達成、平間壮一、黒羽麻璃央、渡辺大輔、廣瀬友祐、
大貫勇輔、宮尾俊太郎(Kバレエ カンパニー)
※出演者は変更になる可能性がございます。予めご了承ください。
[内容]
パフォーマンス付き制作会見


前回は、当たって行けたんですよ~。
でも、今回は、FCでチケットを申し込んでいるので、主催者先行ではあまりとってないです。
現在、抽選結果待ちですが、外れていたら、そもそも買えませんよね(^^;。
先着先行もありますが、チャレンジできないかもしれないので。